アニョハセヨ~!久々の韓国

2013年6月3日 ニュージーランドに行く時に、秘書の藤田に成田空港まで送ってもらう道中なのに、何となく何処かに行きたくなった・・・って言うか今から海外旅行に向かう途中でそんな事を思うかな?(笑)
なんだか藤田とも随分と長い間、旅行もしていないし“なんちゃって社員旅行”でもするかって事で即決。ということで藤田は初体験、波田は久しぶりの韓国へ! 行き先を決定するのは10秒だった。 男二人もナンだから文彦も誘ったりして~~~決定!!
街がつまらない時にホテルが上等だと助かるので、高級ホテル付き、羽田空港発のパッケージを捜してもらった。そして発見されたのはリッツカールトンホテル(どこの国でもブッチギリのナンバー1はリッツカールトンかフォーシーズン辺りであるから間違いは無い。リッツは通常一泊3万円以上)そんなホテル3泊と飛行機代金、送迎が付いて54000円ポッキリのパッケージプランなんだからビックリだ。
たった二時間のフライトなので沖縄より近いのに外国なんて素敵だ。大韓航空の機内食のビビンバが美味いってウワサを聞いていたので楽しみにしていたらビビンバどころか、実につまらないチキンとガビガビのゴハン~~~が出て来てガァーーン!『ビビンバ出せっ!!』
しかし10年以上来ていなかったソウルの街は確実に激変していた。昔はどこかイモっぽい空気があったけど、今や“世界のソウル”という感じ。一つ一つ、その驚きを書いていると膨大な量になるので書かないけれど~~街々が本当にテーマパークみたいに楽しいのですよ。やっぱりグチャグチャな明洞(みょんどん)ソウルのオシャレの旬が匂うのはカルロスキル、鎌倉みたいな三清洞(さんちぇどん)。文化の香りがムンムンの仁寺洞(いんさどん)まさにカオスは東大門(とんでむん)・・・東京に渋谷に新宿、青山、原宿、下町~~~がある様にソウルにも様々な顔がある。食も本当に楽しい! 3泊4日で行くならば本当に楽しい都市です。 滞在中に10軒の店に行ったけど全て美味かったぁぁ!!一軒もハズさなかった。そしてどの店を思い出してもヨダレドロリン~だよ。(タダ一つ、韓国でダメなのは酒です。既成のマッコルリもアウト! JINROとか甲種の安い焼酎しかなくて間違い無く頭痛のタネとなる!これなにか国策なんですかね!?)  洋服も結構、お値打ち価格で気に入ったモノをみつけられました。あとソウルを走るタクシーは初乗りが240円程度。感覚的だけど日本の三分の一という感じ。だから4人とかで行動してたら地下鉄に乗るより確実に安く早く移動が出来るね。
街を歩いていると若い奴から日本語で話しかけられる事がいくらでもある。店屋で店員さんに英語で話しかけると『日本人ですよね!?』と日本語で返答されて日本語で会話する事は多々。と言う事は英語より日本語が得意と言う人が多いという事!? 南米のコロンビアでもそんな体験があったけど彼らは日本のカルチャー(アニメやゲーム)などの影響、そして韓国ファッションは間違い無くニッポンを目指しているからだろうか、確実に彼らに言える事 “日本がキライでは無い!”という事実を感じました。まぁ、竹島問題をどう思うか!?なんて論議したわけではないからかもね。とにかく想像以上に彼らは優しく接してくれました。
韓国は、たぶん安いツアーを捜したら、もっといくらでもあるだろう。とにかくどこでもいいけど海外に飛び出そう! そして深呼吸をしてみよう! 今回の韓国ツアー、本当に楽しめたぁ!
その極意は楽しめる仲間と行く事! 食への探究心が同レベルの人と行く事!(メシなんて何でも構わないなんて奴と行ったら悲劇!)
では、早速に~~~行ってらっしゃい!!!