南翔饅頭店の魔力と料金体系について考えよう。

何でしょう・・この店の魅力は!
ここの小龍包(しょうろんぽう)なる食べ物は確かに美味しいので大好きで、メニューにあればどこにいっても必ず食べる。

だいたい飲茶(やむちゃ)なる日本にはあまり馴染みの無い昼専門の中華のメニューだけど、世界中の主要都市の繁盛している中華料理店ならば昼間に営業。
焼売、餃子、小龍包など様々な点心類の総称で・・・
その中の一つが“小龍包”。

その小龍包に特化して大評判なのが、上海でも最も有名なこの店。
ここは小籠包の発祥の店なんて言われてますが、定かでは無い。
まぁ、そんな事はどうでも良い程に美味い。
そしてこの店の謎は一階、二階、三階で同じものが食せるのですが、その提供されるお値段が、それぞれの階によって違うんですよ・・・これが意味不明。
①上海
まぁ要するに、場所代という事なんでしょうけど、当然に上に上がる程に空いていて、豪華絢爛な内装になっていくし、値段もそれなりに高くなっていく仕組み・・・
③上海

一階の長蛇の列を見ると、とにかく並ぶのが嫌いなオレには無理な話・・
②上海
でも、明らかに買ってその場で食べている人々を観察すると美味しそうに食べている。
一階の行列に並んで食べるのが一番美味しそうな気がするけど、そんなに時間もないし、そこまで情熱も無いので、二階にて食べる事が常となっている。
もう、この店は上海の観光名所的になっているけれど、充分にそれに見合うお味ですぞ。

さてそのお味!
ジュルジュルにジューシーな豚肉とスープが中にギッシリ。
熱々なので気を付けて食べる事。
正しくはレンゲに小籠包をのせて、細切りの生姜醤油をかけてスープごとに頂く!
そのお味の一体感といったら昇天のイキ。
さすがにコレ一品で勝負している店のプライドを感じる!!

上海に行ったら初日に行くのが間違いない。
そして点心師なるプライドをもった特殊技能者のガラス越しに見える作業風景も素晴らしい。

④上海

南翔饅頭店(なんしょうまんとうてん)
ナンシャンマントウディェン
豫園路85号
地下鉄8号線、大世界駅から15分
営業時間 9時から19時(1階は10:00から22:00)
電話021−6326−5265