産油国クウェートの家族の味!

石油王国の中東のクウェートに行った。

空港を降りるとその国の特有の香りがする。
日本は醤油、ハワイは花、中国は南京 豆・・・
クェートは重油の香りだった。
ただ何処かで油が漏れていたのか、そもそも重油の香りなんて嗅いだ経験は無いんだけれど。

クェートと言う国は観光客に別に来てもらいたくもないという態度で、近所のアブダビやドバイとは全く異なる姿勢の国だ。
なので余計、アラブの人々は“よくわからない人々”と判断されるのだろうか。
“いらっしやいませ”“ようこそ”サービス精神なんて文化はミジンも感じない。
そもそもオレが商社の石油担当者とか、超大口の石油の買い付け業者だったりしたら、超ド派手な待遇でもしてくれそうだけど、それはまるで期待出来ない。

観光のガイドブックを見ても、見るべきところが無さ過ぎて、どうでも良い場所を無理矢理掲載している気がするし、中東方面の商社マンに聞いてもサッパリ、中東がハブ(基地)のエミレーツ航空のキャビンアテンダントに聞いてもサッパリ・・・

要は見るべきモノなど無い国みたいです。
ならば行かなければ良い・・・これもしごく全うなご意見。

ところがそうも行かないのが波田の人生目標!
(死ぬまでに153カ国を訪問する!)

今回はせっかく近所のアブダビに用事があって行くので、少々乗り継ぎを工夫。
ステイは辛そうだから滞在半日コースを組んで行って見る事にした。
午前中のフライトでカタールからクウェートに到着、タクシーで半日観光をして市内をブラブラ、夕方のフライトでカタール(ドーハ)へ戻る。
ここも間違い無くつまらないと散々言われていたので、せめて盛り上がり系のホテルという事でブティックホテル系ホテルの“ダブルホテル”に宿泊。
夜な夜な遊び人のアラブ人が沢山やってきて、その風情をバーで飲みながら見ているだけでも楽しかった。
結局はドーハは期待してなかったゆえに裏切られても無いわけ。

という事で、クウェートでのホームランのランチをご紹介。
店の名前はマターン・キンクタラブーシュの店。(オーナーの名前)
歩いている時に発見。

クウェート①
店内に入ってお客さんと店のやり取りを見て、美味しそうなモノ(シャワールマ)を教えてもらい食った!

クウェート③
激ウマい!
アラブで見かけるケバブー(デカい串刺し肉がクルクルと火の回りを廻ってドンドンと焼けながら油分が落ちていき、美味しく仕上がる。それを長い包丁で少しずつ削ぎ落としていく。)をバケット(パン)をはさんでハーブ(パセリと数種の香菜)を入れて、そのままホットサンドイッチの機械に数十秒挟んで圧着をして完成。

クウェート④
ホットサンドの機械で抑えるとパンと具材が一体化する感じ。
ここがミソ!

お値段は150円程度。
安いか高いかわからないけれど美味しかった。
他にも様々メニューにあったけれど、とにかく読めない、書けない、話せない、英語なんて無理な世界な事で、それ以上の操作は無理でした。

(後日、看板やメニューの写真を英語のわかるアラブ人に見せたら意味を教えてくれた次第です。)

一生の間で、もう一度行くかなぁ〜(笑)
自信無いなぁ。
でも万が一、行く様なことがあれば真っ先に行きますね。
それは間違いない!

 

マターン・キンクタラブーシュの店 (家族、一族の名前)

場所 クウェートのスーク(市場)入り口のマクドナルドの向かえ側。

住所不明!

クウェート②

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/ドネルケバブ

シャワールマとケバブはほぼ同意語。
これからは世界中でイスラムの人口が圧倒的に増える未来図があります。
覚えておこう!