看板に偽り有り!・・・焼き鳥“とりはる”なる小さな料亭!

“とりはる”にはダマされた。
完全なノーマーク。
この店の前の道は三十年も、
かなりの頻度で通っていたし
看板だって見て知っていた。
当然にただの“焼き鳥屋”だと思っていたし
それ以外に何かあるなんて、思いもしなかった。
悪いけれどオーラも何も感じなかった。

ある時に、
近所の食通のオジさまから聞いたんです。
そして紹介いただきまして初めての入店。
ウチのほんの近所なのに、
それなのに初めてってのも新鮮。

 

おもいっきり“やきとり”
と書かれた看板の店に入ると、
そこはタダの焼き鳥屋さんにしか見えない。

カウンターで地元の上品な客人が
美味そうに酒を飲んで、
それを老夫婦が切り盛りしている様は
どこにでもあるような光景。
照明器具も蛍光灯で飾りっ気などなにもないけれど
“凛”とした空気に満たされているのは
お掃除が徹底しているからであろうか。
しかし気が付けば誰一人として
焼き鳥を食べてはいない。(笑)

 

R0018273

 

基本的にはメニューは無く“おまかせ”のみ。
それも値段表記も無し。
その日のメニューは・・・
かじか、にこごり、ほたるいか、とうふよう、
あん肝、しらこが前菜のお通し。
そして“あん肝のにこごり”
“ハマグリとホタルイカのヌタ”
“のどぐろの道明寺”
(道明寺とは水に浸し蒸したモチ米を干して
粗めに挽いた食品)
“ふぐ刺し&アッサルの塩”・・・
いつになったって焼き鳥など出てきはしない。

 

R0018270

 

店名の焼き鳥をどうしても食べてみたかったから
注文してみた。

 

R0018278

 

すると明らかに
『あぁ、焼き鳥食べるんだぁ!
あぁーそーなんだぁ!』
的な空気がムンムン。(笑)
出された焼き鳥は普通に美味しかった。
値段が安過ぎて不安なんだけれど・・・
トリ、ヒナ、カワ、スナギモ、レバ80円、
手羽先120円、ピーマン肉詰め150円という看板。
店主いわく開店同時より値段はそのまま!

 

R0018276

 

素晴らしい時間が過ごせますよ!

 

R0018269

 

鳥はる(とりはる)

東京都目黒区中根2−13−5 (東横線都立大学駅を下車3分)

電話 03−3723−6744

営業時間 17:00〜23:00

料理の予算 5000円

要予約