旅用のベルト

空港って言う場所が好きだ。
だが多分唯一不愉快なのが空港の保安対策ゲート。
昔はそんなものなったのに911以降は別世界になった。
たぶん皆さんは日本の保安検査場を思い浮かべるから何が深井なのか分からないと思うかも。
日本はサービス精神満載な国、だから保安検査場の人々も実に紳士的。
所が海外の空港は、ほぼ例外なくキリキリしていて人をぞんざいに扱う!
(テロに対しての認識が全く違う。日本は危険なほどにゆるい)
靴脱いで、ジャケット類は全て脱がされてX線をくぐる。
靴は仕方ないとして面倒なのはベルトだ。
ベルトを外すってとても面倒なこと。
そもそもなぜベルトを外すかといえばバックルは金属だから。
~~~ある時、旅の友 玉田普一がベルトをつけたままX線をくぐった。
その直前に係り員に『ベルトを外せ!』と言われ玉田は
『イッツメイドフロームプラスティック!』とほこら気な一言。
ヤツはプラスティック製のベルトを見つけたのだ。

 

image1

 
そして二年連続でプラスティック製のベルトをプレゼントしてくれた。

 

image3

 
これは旅に行くときは必須アイテム!
軽いうえに『イッツメイドフロームプラスティック』
と言って係官が驚く顔がたまらなく嬉しい。
よっぽど珍しいのかエチオピアの係官は
『それいいねぇ!どこで買った?』
と言ってたよ。
玉田くん、改めてありがとう。