美しきメルセデスのクーペ280CE

実にエレガントなクルマだ。

 

r0015330

 
オレの独断と偏見だが
当時のメルセデスはクルマの格付けとして
今のメルセデスとは比較にならない程の威厳があったと思う。
そして残念な事だけれど、
今のメルセデス
(現代のクルマの全て)
が品質的にはずっと上回っていたのだ。
それは鉄ひとつとっても、
リサイクルなんて概念がなく、
永遠に長持ちする素材が良いみたいな概念だったので、
部品一つの出来上がりが、
本当に素晴らしい。

 

r0015323

 
ドアの開け閉めなんて全く別ものの重厚感なのだ。

 

r0015326

 
この当時、メルセデスベンツはコンパクトなEシリーズ
(現在はCシリーズを始めとして多種類のコンパクトが存在する。)
が最も小さなクルマだった。
その中でも特にエレガントだったのが、
この2ドアのCEクーペ。
真のお金持ちのダンディーな紳士とか、
エレガンな60代のマダムなんかが乗ったら似合いそうな!
このクルマはなんと香川県の大金持ちのドクターの方が購入して、
その後に亡くなられてガレージに30年以上も放置されていたクルマ。

 

r0015322

 
程度は極上を超えて新車状態。
ボクが購入した時の走行距離はなんと2、5万キロ。

 

r0015327

 
ありえない!!!!!
その走りっぷりも新車。
手に入れたときは嬉しかったなぁ。
今でもショーウインドーに映り込んだプロポーションを眺めるとタメイキが出ます。

 

 

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/メルセデス・ベンツ・W123