タスマニアで食らったナマモノ逹!!

日本人は世界で唯一、ガン患者が減っていない国。
その原因は魚を沢山、食べる事、
イコール、魚が持つ重金属が体の中に溜まってきて、
それがガンを併発させると言う説がある。
本当かも知れないが、
誰も魚を食べるのを止めようとは思わない。
それほどに魚は美味いし我々のソウルフードになっている。

海外で食べる刺身類はこれまた別の話。
鮮度の問題もあるし。
切り方の問題も大いにある。
でもオーストラリアはちょっと違った。
ミックスカルチャー
(他民族国家)
という理由も大きいのかも知れないが
一部のオージーはナマモノを愛している。

ここはオーストラリアの南はしの
メルボルンから飛行機で一時間半も降りた島のタスマニア。
世界に存在を誤解されたタスマニアンデビルの生息地だ。

島のサイズは北海道程度で、
同じ緯度に大都市がないので、
様々な環境汚染も受けていないと言われる。
ここの海の海産物、
牡蠣(オイスター)、
えび、うには美味しいに決まっている。
ところが日本の様に普通にスーパーで新鮮なものはないのが現実。

ところが専門店があったんです。
その看板を見た瞬間の高揚感といったら半端なかった。

 

 

砂漠でオアシスに水辺を見つけたような、
そんな感激だった。
道路からどんどんと入って行くと
実に簡易的な店舗がある。
その建物の簡易さから
これは近所の漁師さんで
野心がある人が作った店に違いない!と。

 

 

そしてランチタイムでも
ディナータイムでもないのに
随分と盛り上がっている。
見れば地元民に外国人も多い様に見える。

 

さて車を止めて、
高揚感とともにショーケースを眺めて見た。
そう、こんな商品を見ていると
ショーケースみたいな言葉が相応わしいと思う。
まさにショータイム!!
タスマニア産のオイスター、エビ、あわび。
ホタテ、ウニ、伊勢海老が
実に食欲をそそるようなディスプレイがされている。
散々考えて、オイスターを1ダーズ、
エビを15尾、そしてウニを1折りを購入。
合計金額が57AUSドル(5,130円也!)

 

 

全て泣くほどに美味い!
オレはこの食べ応えにして、この値段は安いと思った。
もちろん合わせたのはオーストラリア産の
キリリと冷やした白ワイン。
至福の時間でした!!!

 

 

 

FREYCINET MARINE FARM SHOP

Tel 03-6257-0261

https://www.freycinetmarinefarm.com

 

1784 Coles Bay Road. Colers Bay, Tasmania

P,O Box 35 Bicheno.TAS 7215