爽やかな仙台の朝、そして究極の花火

7月27日(土曜日)仙台の中村宅で快眠から覚め、そのまま中村夫妻と一緒にと東京に向った。(昨晩は仙台にてミーティング。そして大好きな”富久むら”で泥酔。)二人は沼津の花火大会にやってくる。買い物上手な彼らが探した物凄いチケットは16000円で二日間JRが乗り放題で沼津、軽井沢、新潟を網羅とのこと。本当にそんなモノを探すパワーには関心する。東京駅で別れて彼らは東京散策をして後から沼津に電車でやってくる。さすが割安チケット。僕は自由ヶ丘にてオフクロをひろって沼津に向った。しかし渋滞があって沼津に着いたのは二時過ぎで、空腹だったのでそのままインター近くにある”蕎麦屋ふくだ”に乱入したが、本当においしい。渋滞の間中、頭は蕎麦屋でイッパイだった。そしてイッキに生ビールを飲み干した。ここの蕎麦は極上に美味しい。そして平和な気分で自宅に戻った。さすがに街中は花火とお祭りで渋滞が激しい。なんだかウキウキするなあ・・基本的日本の夏だ。妻と子供とで祭りで賑わう街を散歩。ブルーウオーター(※)に行って久し振りに天野氏の顔を見た。その後、帰ってウタタネしたりして皆が来るのを待った。夕方5時過ぎから東京から向ってきた友達がどんどん登場。みんな、昨年に続き、沼津の花火を心から楽しみにしている。(※)僕も階下に降りて皆と談笑して買い食い大会。皆ウレしそうに祭りの屋台で色々食ってる。身体に悪い物は実に美味しい。7時チョイト前に60人近い友人が皆飲物持参で上がってきた。花火は7時半スタートで昨年以上にバージョンアップして豪勢に思えた。本当に感動的だったなあ。1時間少々で終了して解散した。みんなのウレしそうな顔を見ると本当にウレシイ・・・。その後、川原を散歩して和んだ。基本的日本の夜である。浴衣を着ていないのが残念だ。そして、疲れきって就寝した。素晴らしい1日だった。
※ “蕎麦屋ふくだ”は後日、”波田啓次郎の勝手でしょ”で御紹介します。
※ ブルーウォーターはとてもオシャレな沼津の狩野川沿いのカフェ。東京からわざわざドライブしてくる価値がある。オーナーは天野氏(イルアマーノォーと呼んでいるイタリアかぶれなナイスガイ)店内には洋服も売っていて相当にイイカンジ。
※ 沼津の波田家は14階建ての14階、目の前の狩野川で花火が上がるが、爆発するのが視線より30度位の正面で、まるで花火に顔を突っ込んでいる大迫力。感動を越して笑います。コレ以上は無いと断言してしまいます。(規模は冴えないがとにかく場所の勝利)

とーーーーっても長い1日

7月13日(旅の6日目、ベルギーのオーベルジュ・フェルメという、今評判の自然の中のレストラン&宿泊施設。)   朝起きて外を見たら当たり一面が霧でおおわれていた。結構涼しい。しかしなんだかその牧歌的な景色に魅せられてウォーキング&ジョキングに出かけた。山道を散策。ものすごい平和的空気で時間が完全に静止している。高原の霧がナントも言えない清々しい空気を運んでくる。その後、朝食をレストランでしたが以外にも普通だった。しかし昨晩のオソろしく美味のヘビーフレンチの翌朝だから当然これで充分。美味しいパンを食おうと思いレタスとチーズとくればマヨネーズと思いウエイターに頼んだら、レストラン中に聞こえるデカイ声で”マ~ヨネ~~ズゥゥゥゥ~”と叫ばれた。アンタァ、ここでマヨネーズ食うわけ!!・・・とも聞こえたし、どうしてマヨネーズ食っちゃイカンのぉ・・・・?。良くわからんが完全に今後、マヨネーズを依頼する事に恐怖心が残ってしまった。結局持ってきたマヨネーズで食ったがやっぱり美味しいjぃやないのォ。さて、4人でミーティングして地図を広げて今日の進むべき道を相談。結局、早々に出発して300キロ以上あるフランクフルトにストレートに向かうことを決めた。途中で時間が早かったのでルクセンブルグ大公国に寄ったら素晴らしい町だった。城壁というか廻りの堀が深く、現在は素晴らしい公園になっている。観光の要点のみを見て出発した。次はドイツの小さな街でランチの為にアウトバーンを下りた。最高速度無制限(最近はあるらしいが今だ全然オッケー、自己責任なんです。)そして料金タダの高速道路アウトバーンには殆どドライブインがない。ドイツということで本当に”食”に期待をしてなかった。そして何かを食うにも店がない。町外れのピザ屋を発見して立ち食い同然だが仕方なく食ったら相当に美味しかった。何故かカバブー(アラブ系の食い物)とラザニア、ピザを注文した。金額は全員分で22ユーロで激安で再度感動。(1ユーロは約110円)そのままフランクフルトに向った。たぶん、もうこの街に一生来る事は無いだろうなあ・・・と思う程に田舎で何も無い。途中で雨が降ったが速度を落とす事も無く子豚みたいな顔をしたレンタカーの三菱号は170キロで巡航した。フランクフルトに入ってレンタカーを乗り捨てる為に空港オフィスに到着、走行距離は1050キロを越えていた。わずか4日間で、この距離を走れるのはアウトバーンのおかげだ。この4日間の気分壮快ドライブは車好きにはたまらない最高な思い出だ。ルフトハンザにチェックインしてラウンジ(※)で待ち合わせをした東京から遅れて飛んできたデコ(※)を探したが飛行機は定時より早く着いていたが異なる空港ビルで捜索困難、しかし無事に会えて良かった。海外での待ち合わせは結構なスリルだ。そして、一路、ニース空港に飛び、そのままモナコの港に向かい今回の旅のメインであるシードリーム号に乗船。ここで参加者が全員集合。今回はすでに部屋番号も決まっていてスムーズなチェックイン。シーゴッデス号時代より大分、古くはなったが完璧なリニューアルをした様で快適そのもの。部屋に荷物を入れてウェルカム的な簡単なオードブルなどをつまんでシャンパンを飲んだ。キャビアは絶品に美味しかった。時間も遅かったので船内のレストランでアラカルトなオーダーをした。早々に食事を出してもらった。スープも美味しい。メインも完璧。思わず皆、各々が注文したものを交換して試食しまくってしまった。ソムリエが選んだ白ワインも相性抜群だった。メニューには24時間前までにリクエストしてくれればどんな料理もサーブしますと記載されていた。すごいじゃないの!!。なんだかメチャクチャな”味噌カツ”とか”おでん”とか注文して見ようと思ったが、本当に出てしまったら困るから中止。しかし翌日、素麺が出てきたのには驚いた。そして食事後にモナコの港の脇にあるカフェでお茶を飲んだ。夜の景色も超カッコイイ。しかし、薄目で見てみると、どうも”熱海”と似ているなあ。(皆さんには夢を打ち壊してスミマセン。)そしてF―1でお馴染みのモナコの港には世界中のセレブが集まっている。となりの推定65億円の船はプライベートヘリコプターを積んだ推定73才のジイ様、カノジョは年の差、33才・・・どうなってんだぁ。部屋に帰って就寝。夢は73才になって地中海で33才年下の○○と旅していた。(うそ・・・実際には全然ロマンティックでもなんでもない超現実的な夢だった・・・。)
※ファーストクラス、ビジネスクラスには専用のラウンジなるものがある(ウフフ・・)
※デコは波田啓次郎の妻です。40才、結婚歴16年、趣味は料理と食うこと飲むこと。

週始めの慌しき時間・・・これも楽しむ。

7月1日、朝、六時に起きてというか子供に起されて納豆和朝食を食い、その後、学校に子供を送ってから東名高速で東京に向った。週初めの月曜日の定番的ドライブ。御殿場からいくつかのトンネルを抜けたあありからJ-WAVEが聞こえ出して東京圏に入る。この1時間のドライブが相当に気分が良い(※1)。 9時過ぎに世田谷の家に到着して早速、スターバックスのエスプレッソマシーンでカプチーノを飲みながら朝のメールチエック。月末、週末を越すと結構な量のメールが届いている。11時半に日高デンタル医院で治療だが、いよいよ治療も終盤戦の空気。思い出せば1年間近く通っているナァ・・。でも自分のコンプレックスだったモノを改善するというのは前向きで楽しみだ。そして内緒だがウレシイ小学校同級生料金だ(秘密)。帰りに等々力のF&F(自然食品店)で食材を購入した。昼飯は自宅で秘書・土岐ちゃんとパスタを食った(※2)。 午後はひたすらにデスクワークをしていた。来週から半月、日本を空けるのでやらなければならない事は山積しているゾゥ。週初めはアポの確認などやる事も色々とある。夕方に日本アムウェイ本社で多摩川クリーンキャンペーンの資金集めが目的のボランティアーラリーのゲストを受けていたのでアムウェイ本社に行った。ゲストは伊藤シンペイEX、大和田剛EX、波田啓次郎の3人で相当に濃いメンツだった。その3人がどうして環境問題に関したテーマのラリーのスピーカーだかはサッパリわからないが、選んでくれたのは伊藤みどりCAなどの主催者達。大盛況で役には立てたと思う。なんだかゴミ問題の深刻さを痛感した。真剣に認識もたないと相当に地球がヤバイ状態なんだなあ・・。そしてラリーはとても面白かった。終了後は近所の豆腐料理店でメシ。美味しい料理で日本酒を結構飲んだ!!・・。タクシーで家に帰ったが記憶は無い・・・。
※1 波田は週末は静岡県沼津市に生息している。結構、そんな二重生活が気に入ってます。
※2 波田啓次郎オフィスの有能な秘書、土岐ちゃんは独身30才です。