ホノルルは幸せ。50年サーフィンしているジイ様と出会う。

≪昨晩はダイヤモンドフォーラムの最終日でグランドバンケット、昔の友人と散々盛り上がり二日酔い気味、しかし気分はホノルルへ!!。≫
2002年11月22日、ダイヤモンドフォーラムで御招待のハワイ島から脱出して大好きなワイキキにゴー!!。何度来ても悪いけどハワイ島は好きでない。そしてこのワイコロアも不自然で好きではない。朝起きて荷物部屋からポーターに渡して8時半までゆっくり小鳥にエサをあげながら朝食をして、その後タクシーが迎えに来てチエックアウト。空港でチエックインしてからコナ・コーヒーを野外の待合場でハワイ感を高めた。しかし野外の待合所というのがとってもハワイ島だ。日本航空でホノルルに向かった。ビジネスクラスはアムウェイで貸し切り状態。ホノルル空港からタクシーに無理やりロングボードを屋根にくくりつけてホテル・モアナサーフライダーに向う。このホテルはワイキキの真中の由緒正しきクラシカル・ホテル。どうしても泊りたかったのではなく、サーフィンがしやすいと判断で宿泊。(夢だったヒトはスミマセン。でもカッコ良かった。)そう!。オレはナンチャってサーファーなのだ。チエックインしてから、腹が減っては戦は出来ぬということでパンダクイジーン(※―1)に昼飯に飲茶を食いに行った。これが実に美味しい飲茶なのだ。帰って早速に着替えて海にドボーン!!。サーフポイントはポップスに向かった。300メートルのパドルは相当にキツイが気分は壮快度数100を越えた。夕方、日が暮れるまでの3~4時間は海に入って楽しんだ。こんな素晴らしいポイントに入っているのは10数人程度。そして皆、素晴らしくフレンドリーで和気藹々。日本ならみんなカリカリ状態だろう。ローカルのジイサンと仲良くなり話していたら、なん1953年からサーフィンしているという。ナンとサーフ歴50年!!。驚いた。そして憧れるカッコよさだった。ゴルフやる友人がゴルフはジイサンになっても出来るなんていうけど、このジイサンをそんな奴に見せてやりたい。他のサーファーを見ているだけでも充分に楽しめて素晴らしく気分がいい時間だった。少しの時間、波が来なくて皆、ブラブラ放心していたらデカイ波がきて瞬間緊張状態。そしたらローカルの恐ろしい巨体の男がデカイ声で”エブリバーディー、ゴ~~~”と叫んでそのポイントに居た10数人が一度にその波に乗って、皆が笑いこけていた。もちろん、オレも参加した。俺ってサーファーだ!!!。夕方サンセットを見て涙が出るほど感激。またまたオレってサーファーだ!!と認識。余力があるうちに、また300メートルパドルして帰った。ヘトヘトになってからホテルでシャワーを浴びて外食の準備。(モアナにはちゃんとサーフボード置き場があって素晴らしい。)そしてヒルトン・ハワイアンビレッジに花火を見に行く予定がナント、行ったら終っていた。増田夫妻(※―2)のマッスン号に6人乗りのところに無理やりに10人以上乗りこんでハーレベトナム(※-3)でベトナム料理を食った。物凄い楽しくて美味しい時間だったなあ。ハワイはいつでも本当に素敵だ。今晩は明日の朝も日の出前に海に入るつもりなので酒は控えめにするつもりが、またまた致死量を越していた。だって・・楽しいんだもん・・・。仕方が無いさ。11時に気持ちよいベッドで就寝。きっとヨダレたらして笑って寝ていた・・・。  (結局、翌朝は6時前に同じポイントに入って朝日も楽しめた。そしてローカル爺さん達とサーフィンも最高に楽しめた。)

※ -1 パンダクイジーンは”大三元酒楼”という中華で昼には香港スタイルの美味しい飲茶が堪能できるのだ。ホノルルランチのお気に入り。アラモアナの裏手。そして安い。
※ -2 増田夫妻(増田マッスンとナルちゃん。)、アムウェイ界きっての健康夫妻。トライアスリートで毎年、宮古島のトライアスロンに参加。ホノルルマラソンも参加。いつでもどこでもトレーニングにはげみ健康という名の不健康と言われて久しい。ルックスは驚異的なカッコよさと可愛さ。天は5ブツを与えた。京都在住、ハワイにコンドも所有、色々所有、なんでも所有。国民全員が羨ましがる二人。
※ -3 ”ハーレベトナム”はハワイのベトナム料理屋で抜群のお味。あの南国ムードにこの店の味が実にマッチ!!。そのうちに”波田啓次郎の勝手でしょ”で紹介。

“サッポロ”メイクスミーハッピー

11月12日、またまた二日酔い。これは日常である。胃は完全に営業停止した状態。軽くポジトリウムとプロテインで済ませた。しかしこの二日酔いを飛ばすには発汗でしょ。砧公園をゲボ寸前のコンディションで1時間走った。そうしていると何故だか酒気が抜けている。これって身体に悪いのかなあ。身体に悪いかなあと思いながら走るのが一番悪そうなので良いとしよう。帰ってゆっくり入浴してメールチェックをしたりして11時過ぎに羽田に向かった。意外に早く羽田空港に到着したのでサクララウンジで新聞、雑誌を読みまくった。まだ、食欲は回復していないのでプロテインバーで済ます。2時過ぎのフライトで札幌に向かった。4時過ぎに到着して、迎えは渡辺ちか子とその義兄さんが来てくれた。とても寡黙な兄さんで面白かった。東京の某有名企業で働いていたが、イキナリ北海道に帰りたくなり退職して家族で帰ってきてしまったそうだ。このユニークさというか向こう見ずな性格が好きだ。千歳から札幌市内の途中で空腹に耐え切れず、”てつや”(※1)でラーメンを食ってしまった。身体に悪いとは思いたくはないが、しかし美味しい。身体に良いと言い聞かせても絶対に良いわけが無い・・・が美味い。”テツヤ”最近のお気に入りである。今夜のミーティング会場は郊外だったが物凄い盛り上がった。200人を超えるディストが来てくれた。当然にマーケは乗っていたので完璧に出来た。終了後は沖縄グループから飛んでいる内記さんも参加して、前に井利元が連れて行ってくれた居酒屋に行った。酒も美味いし肴が美味い。しかし注文しすぎて腹一杯。十数人が参加して実に楽しい美味しい時間だった。その後、ススキノの加地君の店(キャバナントカという店!?)に男3人で寄って一時間過したがあまり楽しめないで帰った。おれ、どうも女の子の居る店が好きではないんだよね。ナンで高いお金だして女の子を楽しませてやらなきゃイカンの? まあ、いずれにしろ楽しい一日だった。エネルギーは要チャージ状態でホテルに帰って即死した。せっかく素敵な夜景のホテルなのにソファーで服をきたまま寝ていた。しかし札幌メイクスミーハッピーーーだ。
※―1 札幌で結構人気で店が増えたラーメン屋。(味は美味しいとしか言わない。)宗教とラーメンの話しはしないのだ。