世界的ピアニストが民家に来てしまった!!。

3月25日、火曜日、雨。朝8時だが、春休み中で子供も奥さんもまだ睡眠中。なんだか腹が減ったので一人で先に昨日の残り物などで和定食を食った。午前中に家族全員で出発の準備をして東京の家に向った。昼過ぎにニコタマ(二子玉川)の明治屋で買物をする奥さんを下ろしてから自宅に帰ってランチの準備をした。(※―2)土岐チャン含めて子供とパスタランチをした。自我自賛だがなかなか美味しい納豆スパゲッティーだった。午後にはナンダカンダと雑用をしたり、エアロバイクをこぎながら発汗。溜まっていた新聞を生産的な時間で読破できてとても有益だ。今晩は春休み中ということで夕方からバーベキューの準備で火を起したりテーブルセットをしたりした。6時にこの四月で小学校一年生になるスミレちゃんを連れて渡辺正人家御一行が到着。早々に乾杯してしっとりと盛り上がっていたら、ブーニン家に遊びに行っていた長男・元太朗が帰ってきて、後からブーニン氏の御子息○○君がくるという。(※―1)アッソーと聞いていたら、一緒にお母さんも来ると言う。そして、ついでにお父さんも来ると言う。それはピアニストのブーニンさんじゃないの!!。いきなり慌しいモードになって準備をしていたら本当にブーニンさんが我が家にやってきたのだ。驚いた。(勿論はじめてのことだった。)そしてブーニン夫妻歓迎の乾杯!!。ブーニン氏は相当に飲める様子で盛り上がった。そうしているうちに正人氏が至急に中島薫・御大に電話連絡をしたら偶然にも等々力の自宅にいてタクシーで吹っ飛んできたのだ。(その間わずか23分18秒)中島薫氏はブーニン氏の大ファンで前から会いたがっていたのだ。そして会話の流れは一気に薫さんになって、ファンとしての記念品贈呈大会。薫流写真集からスタートして、薫さんがデザインした伊万里の贈与、シャトーラトゥールの開栓、フルーツの贈与・・・・と目まぐるしく続き、ブーニン氏も御満悦。そして薫さんはブーニン氏の自宅でショパンを演奏してもらうお願いをして了解!。数時間、歓談した後に皆で向い側のブーニン邸に移動。泥酔する我々に世界的ピアニストが自宅の完全防音の演奏ルームにて演奏してくれたのだ。ブーニン宅でピアノを弾いてもらえるヒトなんてそうはいないだろう。それはそれは至福な時間であった。そしてナント数日後にヨーロッパツアーに出かけるにも関らず、後日、薫邸を訪問してランチをしてピアノの演奏をしてくれるという!!。なんという強力で豪華な事だろうか!!。(勿論我々も参加できるということでホッとした。)深夜に向いの波田家にハイつくばる様に戻ったら、ものすごい量のワインの空き瓶だった。それを見たらメマイがした・・・・・・・。

※ ―1 ブーニン氏はご存知世界的ピアニスト。ものすごい日本びいきで昨年から我が家の向えの豪邸に越して来たのだ。御子息と我家の長男が仲良しなのだ。

※ -2 波田のオフィスでは通常、毎昼食は僕が担当。お客さん多数の場合、土岐チャンと二人の場合、今日のように子供がいる場合も例外なく作る。料理は楽しい・・・。

ニセコで初体験のバックカントリーでスノボー。 やられました!!!!。

3月10日、月曜日、雪、昨晩の札幌のミーティングは本当に面白かった。さすがに目指している不屈の男、井利元は気合が入っているし奴のリーダーシップには関心するとしか言えない。本日より2泊2日、ニセコスノーボードツアーだ。ホテルにて朝食をしっかりして井利元号レンジローバーでニセコに出発した。約2時間半で到着。Jファーストはなかなかゴキゲンなホテルで、驫木氏(EX)、岩永氏(C)とで3人部屋にチェックイン!。早々にニセコ・ジモティー越智君からガンガン催促電話がかかってきて井利元と岩永の3人でトナリ町の岩内の越智宅に向った。岩内スキー場前の越智家は外観は質素だが中に入ったら驚くほどに快適な家だった。グランドピアノ、6匹の犬、プラズマディスプレイ、快適なソファー・・・超美人妻。素晴らしい。そして仲良し夫婦だ。今回は初めてのバックカントリー体験ということで越智氏の手ほどきで誰も登っていない閉鎖されている岩内スキー場を頂上までスノボーを担いで自力でハイクして、そこから新雪を一気に下るという超エクスタシーモノな企画なのだ。スノーシュー(かんじき)、ビーコン(遭難時の探索機)などの準備を急いで閉鎖されている岩内スキー場に向ったら、ラッキーなことに雪上車で山頂の手前まで送ってくれたのだった。なんという幸せなことだ。こんなの歩いたら大変な距離だ。しかし、そこから30分以上も強風の中をハイクして山頂に到着!。とにかく圧巻な景色でぶっ飛んだ!!。そして準備して、いよいよスノーボードで一気にパウダースノーを食いまくって下りた。約20分の相当に根性入って楽しい快適な瞬間だった。アルペンには無い爽快感にたまげた。(昔、新雪食いにはまるボーダーが最高の女、10人よりも良い位に楽しいと比喩していたが納得だ!)。林間コースはそれはそれはオソロシク、何回も木、枝にぶつかった。マンガみたいな転倒を何回もしたし、岩永は全然帰ってこれ無くて心配した。やっと下山できて皆で万歳三唱(喜びの基本)その後、越智家に行ってタカちゃん(美人妻)とともに乾杯した。その後は皆が待っているのでニセコに向った。越智君もトモキ君(プロスノーボーダー、ナイキがスポンサー)を僕らに紹介したがり一緒にニセコに入った。夕飯はトモキ君が知っている居酒屋に乱入して盛り上がり、相当な量の酒を飲んで騒いだ。(焼酎のビンがビールみたいに空いていた!)トモキ君と家族は最高だった。しかし実に美味しい夜だったなあ。その後は超オシャレなゲンテン・バーで飲んだ。上品な店なのに岩永、井利元が裸になって気合を入れる叩き合いをしていてムードはメチャクチャ!!。(客は喜んでいたが・・・)驫木氏は大の字になって熟睡。僕は何故か後ろに座っていた関西系淑女二人と話しに盛り上がり、結局AMな話しになってスポンサーリング活動に勤しんだ。(とてもナイスな女性でバッチリ!!)しかし今日は、良く遊んで騒いで飲んで滑って、すこしアムッた日だった。深夜に完全なエネルギー切れ。営業終了・・・。