第20回記念のグローバルフィッングトーナメント。 なんと参加者170人も集まって釣り大会が開かれた。普通じゃない!!。

4月29日、晴れ。朝起きたのは4時前で5時に集合の芦ノ湖(箱根)で行われるイトウシンペイの釣り大会(グローバルフィッシングトーナメント)に向った。今回は第20回ということで全国から170人もの釣り人間が集まった。僕は長男・元太朗少年とバスプロ鈴木(※―1)とその友人の4人で参加。6時に開会挨拶が行われそれぞれがボートで出港。天気もヨロシク気分が良くてついつい釣れなくてもイッカァと言う気分になってしまう。芦ノ湖は緑も深く富士山もキレイにくっきり見えて実に平和な景色だ。それにしても、今回も全然釣れない。完全に魚に無視されているではないか!!。普段魚ばかり食っている恨みなのかなあ・・・・。元太郎は過去5~6回この大会に参加しているが、一度も可哀相に魚に触れていないのだ。釣るのはマス(トラウト)かバスなのだが、目の前でジャンプしているのに釣れない。今回は絶対に釣ろうと決断していたのに!!・・・・。また、今回は元太朗に釣らせてやりたくてリールまで買ってやったのだ!!。お父さんしっかりしなくては!!。しかし結局、昼までに魚を見ることもなく、とりあえず集合というか今回は20回記念大会なので特別にランチが用意されていた。170人が平和に芦ノ湖の湖畔の駐車場でカレーやらサラダやらを食ってビール飲んで談笑。しかし、すでに釣っている人もいるんだよねぇ・・。我が班の鈴木氏はバスプロと言って本業の釣り師なのにまったく釣れないのは困ったもんだ。悠長にランチを食っている暇はないのでサッさと出陣した。午後も魚を見ることもなくリミット時間の午後3時になった。全員上がってから釣った人は計量をした。170人中釣れているのは、たったの17人。10人中1人しか釣れていないんだなあ。驚いたぁ!。表彰式は今回とても盛り上がり、賞金は15万円だった。また今回は”中島薫賞”も出ていて面白かった。今回、わざわざ神戸から来ていた細見寛氏を三島駅まで送迎して沼津に帰った。力が余る波田は夕方に香貫山頂上までウォーキング&ジョキングをした。夕飯は育ち盛りの少年、少女の強い希望で焼き肉屋になった。結構、ホルモン関係が充実していて美味しい店だ。結構、疲れた。そりゃ5時前から起きてれば疲れもするわなあ。焼き肉屋での焼酎が効いて、帰ってそのまま倒れて意識を失った・・。
(※―1)バスプロ鈴木氏。現在はプロとしての釣り師は引退しているが、ちゃんとスポンサーがついて釣りを生業としていた本物の”バスプロ”だったのだ。そんな職業があると知って驚いた。アメリカだったら億万長者も夢ではない仕事なのだ。しかし今回はそんなプロでも駄目なもんは駄目だったのだ。

日々のお仕事は種蒔き、水やり・・・・・必ず芽が出る!。うふふ~~~~!。

4月23日、曇りというか雨、昨晩は飲んだ割には、あまり二日酔いもなく快調だ。ニュートリを朝食として食い、その後、健康人間は1時間のエアロバイクをして発汗。320カロリー消費。更に最近、習得しつつある”ヨガ”で身体をほぐした。朝一から波田のお抱え大工のハマー(浜田君)がバルコニーの修理に来ていたので家具を移動する手伝いをしていたら隣人の阿部婦人と会ったので突然だったが本日の山本ヒロコのナベデモに誘ったらオッケーで10時半に家の前を出発して九品仏に向う。本日はモノスゴイ参加人数で驚いた。25人以上が来ていただろうか。阿部さんは楽しんでくれたと思うし質問も出ていたので良かった。大分、使用方法に理解をしてくれたかとおもう。帰りに参加していたノンナ( ※―1)を柿の木坂の自宅まで送りついでに阿部さんと一緒に家を見せてもらい、その後、送って帰った。というかトナリなので送るも何も無い。その後は自宅で雑務をして過した。夜は7時に山崎恵美の友人で少し老け顔の中川君にマーケを話すために目黒で待ち合わせて大戸屋で食事をした。そしてオフィスにてマケを話す予定がオフィスに行ったら渡辺文彦(※―2)が藤田とミーティングをする予定らしくて、そこに乱入させてもらった。中川氏はわかったのかわからないのか・・・。まゆっくり考えてもらっていいんじゃないかなあ。頭がヨロシイ人らしく・・・考えすぎるってソンなことなんだなあ。別に説得してやる仕事じゃないしなぁ。深夜、帰り道にある目黒通り沿いの自由ヶ丘の本屋で趣味の立読みしまくってから(約30冊は目を通した。実は2週間に1度の慣例です。)帰って2時に就寝した。今日も平和だ。
※ ―1 通称ノンナ、本名は川口文子さん。なんと78才にしてダイヤモンド。素晴らしい女性度ナンバーワン。ノンナとはイタリア語でオバアチャンという意味。娘さんとノンナ&シディーというイタリア食材の輸入会社も経営。2005年には80才のバースディーパーティーを開きますよ!!。目黒区の築30年の超オシャレなマンションに在住。(オシャレとか言ってるけど実は波田がデザインしました。)
※―2 渡辺文彦 フミヒコは多分,40才位。ルックスはもっと若いが。波田が生まれて始めて会った東京大學卒の秀才。でも、低学歴の僕が言うのはナンだが、何処か抜けていてナイスなキャラクター。交際範囲も面白い。現在S。(シングルじゃないよ!)あまり夜遊び人でもないのに西麻布に在住。

獏(ばく)さん、ごめんなさい。陰陽師(おんみょうじ)は一夜漬けでした・・・・・。

4月4日、とても快晴。朝は6時半に起床してしまった。まったく酒を飲んでいない翌日は健康度がグッとアップするのだ。日課の砧公園に向った。素晴らしいサクラを見ながらのウォーキング&ジョキング1時間はゴキゲンだ。今日はデジカメを持参していって撮影した。その後、玄米和朝食を急いで食い入浴、そして準備して10時半から行われる目黒のミーティングに向かった。今日は大島Rとの朝ミーティングで参加者は12人程度だが波田グループが沢山で嬉しかった。ミーティングは盛り上がり、そして終了後は深沢一江さん,鹿田さんと妹さん、大島、兵庫のDDの森垣さんの息子と目黒駅前の中華・上海園で円卓を囲んで中華をした。とってもオモシロイ時間だった。その後、恵比寿で沖縄から帰ってきた高橋伸二と会った。今日は天気もヨロシかったので愛車・ロータスエランだったのだが、駒沢通りに車を停めた際に100?先からでも識別可能なシンペイの1962年型のサビと汚れの塊のビートル(通称イッペイ号、絶対に年収三千万円の人間が乗ってるとは誰も信じない。)がやってきた。手を振ろうと構えていたら助手席に乗っていたのは薫DCAでビックリ仰天だった。ホワーーイ?。信ちゃんとはガゼボでミーティングをした。今後は頑張って来期にはエメラルドになれるように応援しよう。その後は恵比寿で時々寄るセレクトショップ”トゥモローランド”春物のチェック!!。そして何故か空いている目黒通りをエランでかっ飛ばして一度、世田谷の自宅に帰った。着替えたりして夕飯を自宅で軽く食った。深夜に食うのは避けたいし、またキリマンジャロから帰って3?体重が落ちて気分は壮快なのでなんとしてもキープしたいもんだ。昔は燃費が悪くてスグに空腹になったが、最近ではエコロジー仕様になって燃費ヨロシク快調だ。夜のミーティングの前にニュージーランドで最近頑張っているフロントのタケがスポンサーしたタカ君と会った。そして色々な話しをしてミーティングを見せてあげた。夜のミーティングは面白かった。パーソナルも来たし充実感ありなミーティングだった。アフターは遠距離者が多く無しで解散。次回のミーティングのチェックをして、新規の人々と挨拶をして解散。帰りにツタヤで映画”陰陽師(おんみょうじ)”を借りて帰った。何故なら、明日、誘われたホームパーティーに原作者の夢枕獏(ゆめまくらばく)氏と同席するのだ!!。映画は見ていなかったので面白かった。まあ、明日はオーパスワン(メチャウマのキャリフォルニアワイン)を飲む会なので予備知識より肝臓強化が大切かもしれない。12時半に就寝した。今日も絶好調だった。