12月31日(日) 一年の終わりはオオツカケンジ!

年の終わりというのはなんとも好きな時間だ。確かに慌ただしいし、やることは沢山ある。沢山あるけど『まぁ、いっかぁ!!』と思えばそれで済む程度のヤル事だ。そんな代表が”大掃除”といえる。今年は、昨日、お手伝いの敏ちゃんも来てくれて殆んどお掃除も済まされているし、せいぜい今日、散らかさない事を念頭に生きれば大丈夫だ。意味不明な朝の決心で気が楽になった。『ヤメェ!ヤメェ!!大掃除はヤメェ!』しかし年内に済ませなくてはならない事は多々あるので気分は、やはり大晦日に他ならない。外国で年越しをしたことがあるが、それはただカレンダーが《12》から《1》になるだけの事で、日本のような”大晦日→→紅白歌合戦観賞→→行く年・来る年→→除夜の鐘→→新年→→そして初詣→→おとそ→→お雑煮→→お節料理→→年賀状→→初詣~~なんて流れはない。この流れが無いのも少し淋しいもので、やはりこの風習は慣例に従い楽しみたい。結果・・・・普段とあまり変わらない時間の慌ただしさだった。

12月31日(日) 一年の終わりはオオツカケンジ!

夕方にシェフ・大塚健ちゃん&れい子、そして息子のショウタ(大塚家の子供だけあって完全な食生活をしていると見受けられピッカピカ、プリンプリンな笑顔をしている赤ちゃん。)が登場。今晩の”宴”の準備を始めてくれた。健ちゃんはいつの日からか毎年、年末に来てくれて年越しのディナーを作ってくれるのだ。(健ちゃんはフレンチのシェフにしてエメラルド。ナベデモの巨匠として君臨!(そして、ついにオリジナルレシピのDVDが新発売となった!是非、買って見てください。https://shopping.express.jp/otsuka/index.html内容は超濃いですよ!!) 北海道からは健ちゃんコネクションで注文した上等な鮭の”鮭児”(ケイジといい1万本に一匹の貴重品。)ほたて、貝類も届き健ちゃんは片っ端から調理を始めた。ボクは仕事の整理やら何となくの片付けをするので書斎で過ごしていた。要はキッチンに出入りすると邪魔なだけにしか思えないので時々、健ちゃんの仕事っぷりを見学しては、つまみ食いする程度にしていた。今日の参加者は波田家、神谷アンドリュー家(クラウン/これを楽しみにしてくれてキャリフォルニアから毎年、帰ってくる。)渡辺正人家、そしてノンナだ。18時に柿の木坂に今年は83歳になるノンナ(川口文子ダイヤモンド)を迎えに行き(これも恒例の仕事になっている。)我が家に来てもらった。20時近くにシャンパンで乾杯して今年最後の、そして恒例のディナーが始まった。それは、それは美味しい料理のオンパレード!!今日のメニューは・・・・・・ 《ホタテと鮭児のタルタル/オードブル》バケットに付けていただくが驚異の美味さ。《鮭児の軽いスモーク》もう普通の鮭なんて食べられなくなる!スモークの軽さと香り付けが常識を超える。《ソーセージと白インゲンの煮込み》白インゲンはただただ美味い。《北海アサリのスパゲティー》濃厚なアサリの味がドドぉーンと!《和牛ステーキ&サラダ》赤ワインが進む!進む!《鮭児のお茶漬け》サァーラサラ!と豪勢な茶漬け。《チーズ》多種多種!!・・・・・・飲み物はシャンペン、白ワイン、赤ワイン・・・・・合計10数本! 皆で飲んで話して一年を振り返り、新しい一年に期待をする。今年もいい一年だった。2007年の末日・・・・健ちゃん待ってます!!今年の”初”お約束はオオツカケンジとの今年の年末・大晦日のディナーのお約束だった。コレで万事がうまく行くのだょ!

12月18日(月) “冬の”の下田の熱い一日。

冬の下田・・・・ここは東京の温度とは明らかに違う。そして沖縄ともハワイとも違うギリギリ南国の冬だ。今日は下田《オキラクハウス》にシンノスケ、アミちゃん(沖縄のグループの本村チエさんの娘でグラフィックデザイナー、相当にセンス良くて仕事速い!)が来ている。下田に朝着くと、最初にするのは《旬の里》という農家の朝どれ野菜を持ち込む店に行って野菜を購入。八百屋とは違った、地元民相手の物々交換場みたいな雰囲気だ。農家の人は明らかに美味しく新鮮な野菜を日々食べているんだナァと悔しい思い。今日は葉物野菜とクレソン、ニンジンなどを購入。(それぞれイチイチ美味しい。) さてシンノスケはもう数十回、オキラクハウスには来ているので、別荘特有の作業(雨戸開け、水道の元栓開け・・・)なんて仕事は言わなくてもやってくれるので楽だ。アミちゃんは下田デビューで沖縄にも負けない下田の海を見て興奮状態で顔が笑ったままの状態でロックされている。基本顔がニマニマというのは可愛すぎる。散歩したり昼寝をしたり、読書をしたり音楽聞いたり~~そんな全身から力が抜けたような時間を過ごしていた。 今日はヤマ(山野辺君、元・ヒルトンホテルの中華料理の名店、王朝にて修業。悲しいかなあまりの給料の安さで、仕方が無く夜は近所の中華ファミレスのバーミヤンにてアルバイトというユニークな過去を持つ。現在DD)が下田に来てくれて夜はチャイニーズナイトが催されるのだ。今晩は下田ミーティングなのだが、下田は結構な田舎でミーティングの終了時間の9時過ぎとなると、店は殆んど、やっていないし、ましてや20人近くの参加者の宴会なんて出来る店が無いので、いっそ《オキラクハウス》で中華料理人ヤマを呼んで忘年・チャイニーズパーティーでもしたほうが、皆も楽しめるかナァ・・・ということで朝から準備などで慌ただしいのだ。ボクは担当の”鳥鍋”を作るべく昨日、鳥専門店で購入してきた鳥ガラでスープを作ったり、ツクネ(鳥だんご)を作ったりと、殆んど”家庭の奥さん”みたいな昼下がりだ。(実は今、鳥鍋がマイブームなのです。全然中華料理ではないけど・・・) ここにいると、そんなキッチンで皆で馬鹿話をしながら、普通の時間を過ごすのが、すごく快適なのだ。ランチも地元サーファーのミネや彼女のヨッシー、グループのイケメン・リョウなども交ざり皆でパスタランチをした。今日は晴天で肌寒さはあるが、なにかキリリとしていて気分爽快だ。合間を見てサーフィンでもしようかと思ったらウエットスーツを忘れて己の”志”の低さを感じた。 夕方、皆で準備して下田の町の中の公民館みたいな場所のミーティングに出かけた。当然、ミーティングは楽しく盛り上がった。城野Wの盛り上げパワーは素晴らしい。元・有名音楽プロデューサーなのに、そんな過去を驕る事も無くサラリとAMの魅力、可能性を語ってくれる。彼のユルさが下田にピッタリなのだろう。最後の『いつかこの会場をグループで満杯にする日をイメージしてます・・・』というスピーチには本当にやられた。終了後、皆で移動してレッツパーティー!!だ。ローカルサーファーのジェフやユウジも駆けつけ、修善寺のジーザス(キリストにあまりにもその風貌が似ているので波田が命名!本名は山田君。しかし本当に似ている!)も夫婦で参加、伊東のチカちゃんも来て盛り上がり! 下田のモリオノ薬局店主にしてDDの森夫妻もグループで大挙参加。大食漢の森君(頭の中の思考回路・円グラフを書いたら80%が食べ物に違いない程の食通!) 様々なタイプの人々で今日も新しい出会いや感動が沢山あった。ヤマと弟のおかげで楽しく美味しく最高な夜になった。本当に感謝してますよ!  明日の事も考えずに、みんな永遠に、そんな時間を楽しんでいた。