イテッッ!!・・・人間ドッグでの痛々しい体験

2008年2月21日  二年以上もドッグに入っていなかったので、別段、 心配事があったわけではないが、ドッグに入った。ちょうどドッグ入りを決め たあたりに、バリバリに元気だった知人がドッグに入ったら食道ガンが見つか って一命を取り留めた、などと聞いて予約をしただけで延命した気分になって 安心した。予約の前日はミーティング前に大戸屋で夕飯を食べて、その後は一 切の飲食は禁止されている。何かをダメと言われるだけで、なんだか不自由な 気がする。そしてドッグの当日は8時半に北里大学の人間ドッグの受付を訪れ た。病院はあまり好きな空気ではないけど、さすがセレブな“港区白金”にあ る病院だけあって陰気臭さは何も無い。受付を済ませてから看護婦さん(最近 は看護婦って言わないそうだねぇ。看護士だよ。保母さんは保育士、スチワー デスは客室乗務員・・・・嫌いな名前だ。新しい呼称はどうも好きになれない 。従軍慰安婦は従軍慰安師なのかなぁ・・・なんて一人くだらない事を考えて いた。)血液検査から尿検査、眼球、聴力、様々な身体検査の流れ作業を受け た。昼飯も食べられないままにメインエベントの胃カメラによる検査・・超痛 いし気分が悪い。ただ画面で見た波田の胃腸の表面はとても奇麗であった。ツ ルツルのピカピカでホルモン屋さんで出てきたら進んで食べたくなる臓物に見 えた。ドッグは3時に終了して、どういうわけだが病室に案内をされたのだ。 (よく説明を読んだら波田のコースは一泊二日でお泊まりをして翌朝に備える というもの。看護婦に聞いたら15時から翌朝まで、なにも検査とかやるべき 事は何も無いという。『どうぞ、ゆっくりしてください!』とか言われたって 普段からゆっくりしているから、なにもそんな慌ててゆっくりする理由なんて ないでしょ! そんなの気が狂うから家に帰りたいと言ったら、何を言い出す のみたいな空気に!聞けば他の患者さんは全員、リゾート気分でここにお泊ま りするらしいのです。確かに部屋は豪勢で、六本木ヒルズから東京タワー、新 宿の高層ビル群が見えて綺麗だけど・・・・僕は帰りますということで“外出 届け”を提出して家に帰った。家の方がゆっくりできます。(看護婦さん曰く 世間の企業戦士諸君は家ではノンビリできないから入院なんだって。意味が分 からない!)   翌朝は7時に病院に入り様々な検査の準備。なんだか大腸を検査するために不味い液体(正式名称を知りません。)も1リッター飲んだりと、辛いったらな い。病気じゃないのに、どんどん弱ってくる。結局、痛い大腸カメラをお尻か ら突っ込まれ(やられたみたいな被害者的な言い方をしているけど申し込んだのは間違いなくボク!!)モウロウとしながらモニターで見た波田の大腸君は 本当に綺麗だった。無事に終わったのが午後の3時・・・・・・空腹の上に正直、疲れたよ!楽しむにも限界があったなぁ。まあ、とりあえず再検査を必要とするようなものは見つからず、問診した先生も、波田の『ストレスなんか全 くない!!あったら社会に申し訳ない!』という発言にビックリしていた。  まぁ、高い安心料だけど、この先を生きていく上で必要な時間だったと思う。 ・・・・肝臓君にも大分、苦労と負担をかけたかと思っていたけど、たいした事もないみたいだし、今後もヨロシクお願いしますって感じだなぁ。 そしてその晩に食べた ビール→白ワイン→生牡蠣 が美しくキレイな胃の壁面にバシャっと落ちてたたき付けられていく状態をイメージするのが可笑しかったなぁ! さあ、ますます暴飲暴食に熱が入るぞ!!

そうだ!!本だぁ!本を出そう!!

2月10日 波田にも夢がある。数ある夢の中で、生涯の間に本の一冊も出したいと言う夢がある。 総理大臣になりたいとかアメリカ人になりたい、鳥のように空を飛びたい・・・なんて夢よりはずっと現実的だと思う。ただ波田が書いた本を誰が読むのか・・・・読者あっての本だからなぁ。確かにホームページのアクセス数は激しく週末には1万を越す。ただし、波田の見解ではホームページ閲覧はタダだからなのであって、お金を払って本を買う人間がこの世にいるのか・・・・あまり自信ないなぁ! そしてだなぁ、波田には・・・小説、随筆、エッセイ、自伝 (笑)、ビジネス書(オレの書いたビジネス書なんて読みたくないでしょ!!)なんて書く自信もまるでない。 何でも人の書いた本を読んで文句を言うのは簡単だけどイザ、書いてみろと言われたって無理な話。 文才がある、ストーリーを描ける人ってスゴイとおもう。 先日も、とても面白い恋愛小説(相当に官能的だった)を書く若い小説家に会って、色々と話が聞けたのだけれど、おそろしく若くて美人だが、どこにそんな奥深い描写の恋愛小説を書く才能が潜んでいるかは、感じ切れなかった。(波田の中のイメージは、どちらかというと恋愛なんて無縁っぽく、その願望から様々な妄想に発展して文章を書けるのかなぁと思っていた。) 先日、進藤由美子さんが言っていたけど、現在は過去最高に”人がモノを書いている時代”なんですって。 正確には書いているではなく打っている(パソコンなり携帯を)時代なんしょう。 なるほどねぇ・・・ブログ人口は1千万人に達し、国民の10人に一人は書いているらしい。考えてみたら、波田だって10人のうちの一人なのだよ!  今回の出版という話はチラホラあったが酒の席での話しで、リーダーシップを取って積極的に行動してくれる人は、登場しなかった。 波田は50歳を前にして、何かの形を残したいと思っていたので、話もタイミング良く “ホームページを本にする!”ということで話は進み始めた。 進行役を務めるエミは山崎拓巳氏のDVDなども手がける映像関係の女性。 今回は拓巳FCAも助言をしてくれて、だんだんとイメージは出来上がってきた。(タクは本当に様々な角度から物事を研究していてスゴイと思う!) 中身的に言うと、”今までのホームページの集大成”(食のページ、日記、モノケージロー、旅行記)をダイジェストして作るのだが、まず過去8年間の作品をプリントアウトしてもらったら、軽い電話帳位あって衝撃!! 知らない間にこんなに書いてあったんだナァ!!量だけはすごい。  ここから選び出すのも簡単ではないかもしれないけれど、楽しい作業だ。 少し過去のモノを読んだら、結構、可笑しく思えたのは自画自賛!? 食のページは、今までに書いた全ての店で楽しく食事が出来た、懐かしさも入っている。 今までに紹介した店舗数は180軒! 今でも友達に美味い店情報を聞かれたら、波田脳内の検索エンジンをフル回転して、そこから紹介をしている。 monoケージローは様々な愛用品(世間的に言えばジャンクなんだろう。)を波田なりの解釈で購入や出会いの経緯を書いてきた。(このページに相当のファンがいる。)元来、モノが好きだが、愛用品を改めて書いてみると、そのモノへの愛情が改めて再認識できる。 日記と旅行記は読んでのお楽しみ・・・・・ということで完成は6月中旬です! 何かステキなアイデアがあったらアドバイスくださいな!こんな編集の仕方をして欲しいとか・・・どんどんと取り入れます。オキラクハウスの改装過程なども入れようか・・・・沖縄のカフェの紹介とか・・・  今日もガンガン食べ続け、笑いまくる日々を送るのは、このホームページの為なのかもしれないなぁ・・・・・・・・   ヨロシク! 本当にヨロシク!!!

アロハァ~~ハワイでしょ!!

2月8日 東京の冬は間違いなく昨年より寒い気がする。 少し痩せたから、年齢的なもの、普段、東京の家が留守がちだから・・・いや違う! 明らかに今年は寒さがキツイ。オレは零下(マイナス)1度と零下10度の差を感じた事が無かった。北海道のニセコで零下15度なんて日も体験したが、外をブラブラしているわけではないし、そんなに体感的な”零下”は感じていなかったのに、今年は厳しい!!  そんな厳しい季節(雪国の方々には申し訳ないが・・・・)に太平洋のど真ん中! 常夏のハワイは本当にステキな島なのだ。エスケープ フロム ジャパン!!  今回は長野県のエメラルドの北野夫妻の結婚式の参加が目的だ。 連休ということもあって飛行機は満席。夜9時過ぎ発のノースウエスト便に搭乗して、離陸した瞬間にリクライニングを倒しきり、次に意識が戻ったのはホノルル到着30分前。キャビンアテンダント(この職業名、あまり馴染めないね!やっぱりスチュワーデスがいいね!)が食べなかった夕飯を朝食として持ってきてくれる。食事が終わったら着陸体制に入って到着! イミグレーションでパスポートのアラビア文字(ブルネイなんだけど・・・)で担当係官が異常反応するのがビックリ!ホノルル空港に着くと独特の甘い香りがする。 アメリカのニオイ、イタリアのニオイ、オキナワのニオイ、韓国のニオイ・・・・ガイジン曰くトウキョウにもニオイがあるらしい。 久しぶりのホノルルの休日は楽しい。するべきことはワイキキでサーフィン! アラモアナで無駄遣い!! ワード界隈でサーフグッズやキッチングッズを買い物。 アラワイ運河からビーチをジョギング。 食べるレストランはアランウオン、マリポサ、ロイズ、ショアバード、ハレクラニのオーキッド、パンダクイジーン、ハレベトナム、ヤブ蕎麦、アランチーノ・・・・・それで充分! (*^_^*) 気が向いたらレンタカーでも借りてドライブしてノースショアのパイプラインなどでサーフィン見学(この季節はハンパないよ!素人さんが見ても感動でしょ!)クアアイナでアボカドバーガー、ジョバンニで海老食べて、パタゴニアで買い物して・・・・・・・ハワイってそんな定番が楽しいのだ。時々、新規開拓もするけれど、このお決まりが脳みそがラクチンで良いのだ!!  かの旅人で有名な井上陽水氏は、世界中散々、旅をして、一番好きな場所はという沢木孝太郎(旅の本、深夜特急の著書)との対談での質問で、それはワイキキと答えていた。ニッポンジンにとって本当に心休まるのがココだと・・・・・沢木氏は相当に驚いていた。でも考えたらそれ、わかります。 ここハワイは外国で、ニッポンなのだ。   今回、嬉しかったのは高校三年生で大学進学が早々に決まった長女が一緒に同行したこと。(案外、お父さんは嫌われていないとわかった!) もうこんな機会はないだろうし・・・・・楽しい思い出になりました。  そして北野夫妻の結婚式はダイヤモンドヘッドを正面に見るステキな場所で行われた。式は陽気な神父さんに、フラダンスにウクレレ演奏・・・・とてもハワイアンでステキだった。 その後のランチも日本から駆けつけた、(いや飛びつけた・・・・m(__)m)仲間に囲まれて、とてもハッピーな時間になった。  そんなハワイでの、心も身体も暖まる時間をすごせて、帰国後の生活も少し暖かく感じられた・・・・ もうすぐ春だ!