ダイヤモンドミーティングも行かないで・・・・・・・

7月24日 世の中の小学生は夏休みに突入した。近所のプールの子供の叫び声で朝起きる日々だ。さて、すでに夏休みになっているのに、気持ちは焦るばかりだ。なぜならば下田OKIRAKUHOUSE別館(今年の夏中に名前はちゃんと決めようと思っている。オキラク庵、気楽別邸、・・・・・なんだろう!相当にジャパニーズの匠の技&ミッドセンチュリー系シンプルデザイン、さわやかディテールなんです。)の工事が終わっていないのだ。完全になめていた。別館は約12畳のゲストルーム、小さな屋根裏部屋、トイレ、そして軒を思いっきり長くとって屋外にバーを作る。そしてそこには煖炉があって回りは植栽がある。またやっかいな事に波田はこういうことが”適当”というわけにはいかない。様々なこだわりが、ものすごい工期遅れの原因となった。例えば床はプリント合板のフローリングならばコストもかからず工期も短時間なのに、無垢の板をはりつめた。窓はアルミサッシなら一日で取り付け可能だし低価格なのに、建具職人に木で作ってもらい網戸や雨戸までもお願いした。 窓はサンの無い一枚のガラスにこだわった為に重量は70キロまでになった。メンテナンスも大変だしサッシのほうがずっと密閉性がある。でも雰囲気がよくてカッコいいのは建具職人の匠の技なのだ。壁も一枚一枚、無垢の板を貼り、天井も同じだ。ペンキを塗って時間が経った時の板と板の隙間が実にヨロシイのだ。外観も防火の木材を一枚ずつ張り巡らし、窓回りなんて芸術の域だ。・・・・・・・ということでゴールデンウイークになんとか着工出来て(なにせ国立公園と風致地区という二大規制が入り、とにかく申請に苦労した。というか担当してくれたモトが苦労した。ご苦労さんです!) 5月から約12日位を費やした。その間、東京から、そして地元から手伝いに来てくれている友達の数は延べで100人は優に超える。しかし終わらなかった。正確にはトイレは配管まで終了したが取り付けは出来なかった。壁は半分くらいは断熱材むき出し、天井は完全に断熱材むき出し。屋根裏部屋に続く階段は出来なかった。外のテラコッタ張りは全然無理。電気関係はエアコン、天井のフライファンは完了、スイッチ類は宙ぶらりん、外の屋外暖炉は設置完了、煙突も無事に完了、窓も無理と言われていたがガラス扉、雨戸、網戸も完了した。まぁよく見なきゃ大丈夫だ。・・・・・・・・・ということで中途半端デビューです。まぁよく考えたらこの日数でよく出来たと思う。モト(参河基/みかわもとい/一級建築士にして現場上がりなので、様々な事を知り尽くしている。)との出会いは本当に大きかった。全てが”引き寄せ”している。  今日は本社でダイヤモンドミーティングが開催されている。オレは夏前の最後の下田工事をしている。 ゴメンナサイ!! オレのナリワイ(生業)はいったいナンなんだ!

ラジオ出演!!葉加瀬太郎氏との時間

2008年7月16日 列車に乗って景色を眺めていると様々な生活が垣間みれて楽しい。逆に地下鉄に乗っても、外の景色は全く楽しめない。人生に例えるならば見るべき楽しみが、どんどん続く列車に乗る人生と、毎日が同じ事の繰り返し、見る物なんて何も無い地下鉄のような人生と、どちらの生活が楽しいのか・・・・・毎日が様々な事を楽しめるということはめまぐるしく変わる景色を眺めるという事で、見るべき景色がめまぐるしく変わっていたら、一瞬たりとも目を背けず、まばたきも惜しんで外を見続けるであろう。そんな人生は楽しい。 だから毎日が日常ではなく”旅気分”で色々なモノに感動をして、生きて行きたいと思うのだ。・・・・・・・・・ビックリな事件が起きた。 8月に全国販売を予定する”KEIJIRO OKIRAKU GUIDE “のプロモーションの話で、地方FM局での対談話というのがあった。とっても失礼だけどお断りした。考えただけで緊張するではないか。その時に冗談95%で、『ラジオ出るならJ-WAVEしかないでしょ!』 と言っていた。そして出るならパーソナリティーはジョンカビラかクリスペプラーかぁ、DJ太郎も良いかなぁ、ピストン西沢はどうかなぁ・・・・なんて勝手なことを言っていた。その時に最後にハカセタロウの番組なんて最高だよ!なんて冗談で言ったのが記憶に新しい。(J-WAVEは東京の人気FM局、ボクは大好きでオフォスではいつもつけっぱなしだ。)・・・・・冗談みたいだが、それが現実となったのだ。 本来”生放送”らしいがそれは勘弁してもらった。指定された日にちは7月16日だった。この日は先約が二件あったが申し訳ないが日程変更をしてもらった。そして案内されたスタジオはなんと我が家から10分の住宅街の中のスタジオだった。 (J-WAVEのスタジオは六本木ヒルズ33階、それをイメージしていた・・・・・まぁいいかぁ!!)そしてスタッフと待ちあわせて指定時間に入った。先客がいて、ひとしきり収録を終えて退散しようとしていた。それがなんとプロダクトデザイナーのケン奥山氏であった。(奥山氏は世界を股にかけるプロダクトデザイナー、つい先日も人気テレビ番組のカンブリア宮殿にて村上龍氏と対談をしていた。氏は日本人にしてイタリアのピニンファリーナ社というフェラーリやマセラティーのデザイン集団にて一世を風靡するデザインをしたり、ポルシェデザインにも席をおいていた本物の世界が認めたデザイナーだ。今は故郷の山形ので、産業を復興させる為に様々な分野の製品をデザインしている。)少し衝撃だった。当然にご挨拶して名刺交換した。(もうこれだけで感激だった!)  そして葉加瀬氏との会談!わずか二時間だったが本当に楽しい時間だった。ハカセタロウ氏はバイオリニストにして絵も書くし、トークも本当に面白い。打ち合わせはわずか10分。この”ワールドエアカレント”という番組はJ-WAVEの人気番組(土曜日19時~20時)で、旅をイメージしながら様々な話をする番組!(波田は肩書きはナンと”作家”だった。笑う!)ということで話題は”旅”とわかっていた。今回の話題は相当に幅広く、北欧、アフリカのケニアでのサファリ、キリマンジャロ、アラスカ、カナダ、南米、と質問攻めにあった。サーフトリップにも行くしキリマンジャロに登山もする、北欧に雑貨や家具も見に行くし、ミレミッリアにも出走するなんて人はあまりいないので面白がられた。葉加瀬氏は食マニアらしく、マイナス60度の冷凍庫の話にもなったし、古いクルマ、バナナガード、世界の夕焼け話から美味しい定食屋の話題にまでのぼった。ということで編集者のテクで素晴らしい番組になる事だろう。葉加瀬氏は終始、紳士で素敵!話題も豊富な人だった。なぜ4歳にしてバイオリンを与えられて、それに目覚めたのかとか面白い話も沢山聞くことができた。葉加瀬さんは本当に”話し上手は聞き上手”という言葉がピッタリだった。 人生はわからない。どうせなら景色が楽しい電車の乗ろう!地下鉄に好きで乗っているなら良い。降りて乗り換える勇気なんて、そんなのたいした苦労ではない! J-WAVEの放送日は8月16日(土曜日)19時00分から19時58分です。 “葉加瀬太郎のANAワールドエアカレント” 聞いて下さい。
http://www.j-wave.co.jp/original/worldaircurrent/contents.htm
地方の方も聞く事が出来ます!

降水確率80%・・・・・それがどーした!!

7月4日(金曜日)朝起きたのは仙台だった。本当に朝起きた瞬間に何処にいるのだかわからなくなる。健康的に言えば少々な二日酔い。昨日は大好きな割烹の”ふく村”で散々飲んだ。美味かったが、注文しすぎて少々お高くなったのが気になった。『美味しいウニが入っていますが、召し上がりますか!!』と上機嫌な店主。酒飲んで強気になったミンナは『いーねぇ!!』と快く発注!極上のバフンウニが殻のままどんどん出て来た。(そりゃ高くて仕方が無い!!) なんて事を思い出しながら、その幸せ感を思い出して入浴を30分。朝からミーティングなのでなんとか正常の三半規管に戻さなくては・・・・・仙台駅のスターバックスで”トールソイラテ・エクストラショットでエクストラホット”(豆乳のカフェラテのミディアムサイズ、エスプレッソを1杯追加で濃くして温度を熱く作る・・・・・がお好み!)を注文。だいたい一日に1~2杯は飲んでいる。よく行く店では店員が顔をみるなり”いつものですね!?”と言って作ってくれる。スタバのサービスレベルの高さは本当に素晴らしい。 新幹線に飛び乗り仙台から福島を超えて郡山にて下車。昨日は福島市で朝、ミーティングをして長谷川三和チームとランチ(三和さんのサプライズバースデーがあって楽しかった。)をして午後に仙台に移動。そして今日朝は福島県の別の街、郡山市でミーティングが行われた。公共の地味な会場には満員の人々が来ていた。懐かしい顔もイッパイだ。みなさん、だんだんと生活スタイルも変わり、様々な経験や時代を通過してAMに行き着いているんだなぁ。ミーティングは我ながら上出来なマーケ!数人の新規の人の大きな”うなづき顔”でこちらもテンションが上がった。そしてホテル・ハマツ(ホテルオークラ系列なのでサービス抜群)でノリノリの後藤信子チームと中華ランチをして13時台の新幹線で東京に向かった。今日は忙しい午後が待っている。夜に先日の”小笠原伯爵邸バースデー”のスタッフ打ち上げ感謝祭が我が家で行われるのだ。最初はどこかのお店とおもったが、人数も多く、長い時間をかけて一体感のあるパーティーが良かったので我が家でケージロー手料理とした。従って早く東京に帰り材料を調達して仕込みをしなくてはならないのだ。本日の料理・・・・・①ジンギスカン(釧路の名店・有楽町から近所のデヴゥ・ヒデに毎回送ってもらっている。ヤツはデブをキャラにしたナイスガイ!なぜデヴゥかというとフランス系なデブを目指しているのでウの舌を噛んだ発音となる・・・こだわりだ。本人談!) ②モツ鍋(名店・有楽町のモツをAMごま油、AM味噌とAMコチジャン、多量の野菜で調理。レシピは北海道はニセコのもつ鍋の名店の”寛松”に学んだ。) ③鶏鍋(最近のマイ・ブーム!美味しい鶏ガラスープの取り方のコツがわかり、また独自の”つくね”が本当に美味しい。自画自賛かなぁ!鶏のブツ切りとつくね、そしてキャベツのみ。) ④トーフチャンプルー(那覇から持ち帰った正真正銘の島ドーフで作るチャンプルー、最後に味噌、みりん、酒で味付けて煮込むのが好き。) ⑤冷製トマトのパスタ(どうしてこの流れで冷製パスタなんだ!秘書の土岐ちゃんの強い希望より) ⑥その他、数種類のおつまみ系 ⑦鶏ナベの残りで作るラーメン・・・・・激美味いです。   以上が献立でした。宴は19時に最初の乾杯!キッチンで手伝ってくれていたスタッフですでに第一回目の乾杯をしていたから実際には二回目、ほぼ全員が揃ったのが20時位で本当の乾杯!後から何人かが到着してそのたびに乾杯!!!そんな楽しい宴が永遠に続いた。小笠原伯爵邸のパーティー(6/21)は天候の事が本当に問題を引き起こすリスクがあった。その日は神がかり的だった。東京地方は前日も翌日も雨。当日の天気は雨、降水確率80%、それなのにヤフーのピンポイント検索で新宿区河田町は・・・15時から21時だけが晴れマーク・・・・そんな馬鹿なぁ!(パーティーは雨天バージョンと晴天バージョンの2タイプが用意されていた。) 確かにスペイン建築のこの屋敷の見所はスパニッシュガーデンで、外が使えるのと使えないのでは話が全然違ってくる。パーティーが終わった瞬間から雨が降り始めた時はゾッとしたけど・・・・・こんな奇跡的天気も渡辺正人氏率いる先鋭スタッフの準備した”技”とか考えられない!(ネットワークで祈祷師とかアフリカの雨降りを調整できる部族とかがいたのかなぁ!?) 我が家のパーティーは終始、盛り上がりっぱなしの素晴らしい夜になった。翌朝、空になったワインの瓶の数を見て唖然(15本)!!!誰だよ、オレのビンテージの赤ワインを抜いたヤツは!! それも許せる楽しい夜だった。スタッフの皆々様方、本当に感謝してます。皆さんのおかげでボクも参加者450人も本当に楽しかった。その楽しさ加減はホームページに掲載してある写真を見れば一目瞭然! ミンナのスマイルが素晴らしいのです。さすがプロフェッショナルが撮った写真だから・・・違いますよ!モデルの参加者が心から楽しめているからでしょう。数々のパーティーをこなしてきた小笠原伯爵邸の社長もこんなに一体感のある、そして参加者が全員楽しまれているパーティーは初めてですとお言葉いただきました。何よりのバースデープレゼントが皆さんのスマイルでした。  本当にありがとう!!!!!!