AMから出るぞ!”波田ケージローOMのDVD”

2008年8月29日  昨晩は寝たのが相当に遅くて、珍しく寝坊をした朝だった。激しい貧乏性は8時を境に”損徳”が分かれるのだ。8時前に自然に起きればオッケー、それを過ぎると相当に時間を無駄にした気になる、根本的貧乏性だ。しかし何故にして時間を無駄無く生きようとする姿勢を”貧乏”と呼ばれなくてはならないのだろうか。何だか書いているうちに、合点がいかなくなってきた。貧乏で何が悪い!!早寝早起きは三文の徳と賢人は言っていたではないか。どうして寝坊するヤツが金持ちに属するのだ!!・・・・・・・・・・話が完全に暴走しているので戻そう。

AMから出るぞ!"波田ケージローOMのDVD"

ジャスト9時にAMの担当コーディネーターから電話がかかってきて起きた。睡眠は45分サイクルで快眠と寝不足のサイクルが分かれると聞いた事がある。(というか睡眠学とはまだまだ謎の方がずっと多い学問らしい。)たぶん今日の朝の9時はぴったり45分の倍数の時間だったのであろうか、すこぶる目覚めが良かった。いきなり、コーディネーターが『お願いがあって電話しました!ケージローさんのOMビデオを出させて下さい!』との事。 相当に波田が拒む事を予想していたみたいで『いいっすよ!』と快諾したのをビックリした様子。そんなに気難しい野郎に写っているのかなぁ・・・・・製作はAMの通常の映像製作事務所ではなく、センス的に間違いの無い制作会社の”麻田組”だと言う事で、なおさらの快諾!(ヘッケル系や様々な達成ラリーを企画・編集するチーム)いろいろとワガママ聞いてくれるということで、どんどん快諾!・・・・・・50歳を迎えたからか、なにかと新しい事にはチャレンジ精神を発揮している気がする。早々に電話でプロデューサーの麻田氏と電話会議をして流れを聞いたら、”20代、30代の少年少女にこんな生き方も有りだぜ!”的なイメージらしい。まぁぁ、あまり映像系に耐えられる容姿だとは思っていないので上手に処理下さるならば結構なことじゃないかと思うのだ。

AMから出るぞ!"波田ケージローOMのDVD"

下田オキラクハウスや沖縄のグリーングリーンも映像的に入れたいという。映像はハイビジョンでの撮影らしい。(コストが圧倒的に高い!そのかわり映像は素晴らしく綺麗らしい!)ということで楽しみだ。全国の皆さん、お金、無駄使いしないで待ってて下さい。スゴいの作りますからね。ダッサイのは絶対に出しませんよッ!! と最近は盛り上がってます。まずは近況報告です。

四国の六車さんは神主さん!

2008年8月22日(金) 四国の六車さんが東京に来ていて食事をした。ピンレベルはファウンダーズ・サファイア(波田T→シンペイEX→久野エメ→大藪エメ→六車S)・・・・・・六車グループは相当に大きく成長している。フロントの田所さんは御主人が公務員で、昨会計年度に六車さんより先にエメラルドを達成した。本人は若いがお孫さんがいる。その田所さんのフロントの神戸の喜多さんは三年前にエメラルドを達成。(御主人は銀行マンで日本中を転勤している。彼女はそれについて行くが各地で夫婦AMを繰り広げている。そのまたフロントの田上さんは一昨年にエメラルドを達成。(前にも日記に書いたが、波田は田上さんとは『はじめまして!エメラルドの田上です。』だった。) 話は戻るが、六車さんはご夫婦で香川県高松市で15代も続く由緒ある神社を守っている。その彼女は主婦にして神主さん、御主人も彼女と結婚して神社を守る為にサラリーマンを辞めて、神主さんとなったそうだ。お寺ならば法事だぁ、葬式だぁと定期的な儀式があるが、神社は七五三とかお祓い(おはらい)、正月のお参りなどと収入につながる行事もあるが、やはり生活面では不安定を強いられるらしい。そこで六車さんが出会ったAMビジネス。結論を言うならば彼女はAMビジネスを真剣に頑張っていて、それが六車家の生業になっているのだ。神社というのは安定収入は決してないし、世の中の殆どの神社が他の仕事を持ちながら守っているそうだ。日本の伝統を守る為にAMビジネスが一役買っていると聞いて少々感動した。たしかにやりたい仕事イコール収入につながらない事は多々ある。そんな時にもおすすめなのがAMビジネスのスゴいところだ。この仕事をしていると本当に様々な職業の人々と知り合う。今、時代はハイブリッドだ。ハイブリッドはクルマでわかる様に、ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせて超低燃費なエコカーだ。戦後の復興期ならばいざしらず、先行き不透明な時代に2つの職業の選択なんて相当にカッコがいいではないか。某ハイテク企業の重役は週末にイタリアンレストランのシェフになる。プロのアスリートにして投資家。作家にしてカフェの経営者。不動産業を営みながらミュージシャン。・・・・・・切りが無い。想像してみよう。そんな“二足のわらじ”は素敵じゃない!! アナタの仕事とAMを組み合わせるだけでも相当に楽しいじゃないですか。 大切なのはプロ意識ですが・・・・・・

夏のある日の出来事!

2008年8月9日(土曜日) 下田オキラクハウスにいると前の晩に、どんなに飲んでも5時には起床する。波チエックをして、そのまま10分後には海に入っているなんて日常だ。そして7時半頃に戻って朝食の支度をするなんてのが下田の日常だ。昨日から大和田剛エグが泊まっていて、彼もデッキで波チエックをしていた。本日はノーウェイブ!!(サーフィンは成り立たず!)ということで二人でガレージに置いてあるカヤックを出して海に運んで近所の海岸へ海上散策を決め込んだ。なかなかヨロシイ旅なのだ。陸から見る海も好きだけど、海上から見る海、山は本当に雄大だ。またカヤックで廻ると”人跡未踏の地”みたいな場所が沢山見えてアドベンチャー感はたまらない!そんな自然からのエネルギーをたくさん吸収出来て素晴らしい朝だった。

夏のある日の出来事!

最近は”ナカジー式デトックス”が流行して、みんな美しくなるのは素晴らしい事だ。しかしオキラクハウスには発育盛りの少年少女も沢山くるので、朝食抜きはどうかと思い、非常に軽く作っている。波田は化学調味料には頼らず、味噌汁はイリコ(小魚)、昆布、鰹節などからキッチリ取るし、下田には美味しい無農薬の新鮮な安全野菜が手に入るので夏の滞在期間には”ぬかみそ”も育てていて毎日、美味しい漬け物も食べられる。・・・・・・・全員、それを見ると”朝ご飯食べる人”に変身しているのだ。そして宿泊者約十数人で食べる朝食は楽しい。オキラクハウスは1チーム4人までで3チーム位が同時に滞在する。ということは最初は借りて来た猫みたいに上品にしている人々がだんだん二日目には仲良しになって三日目に頂点となり解散・・・・・・そんな二泊三日が3週間続くのだ。 さて、本日は一週間ぶりの東京だ。本社オーディトリアムで塚原EX-DIAご夫妻のラリーのゲストに選んでいただいたのだ。ということで9時発の特急”踊り子号”に乗って出勤だ。東京までの道のりの二時間半はとても好きな時間だ。まずこの時間のグリーン車には人はほとんど乗っていない。今日もボク一人。イスを回転させて大の字になって寝たり、歌ったり(マジ)、パソコンいじったり、本を読んだり、iPod聞いたり、ご機嫌な景色を眺めたり、またうたた寝したり、絵を描いたり、バナナ食べたり、スケジュールを調整したり、メールでアポ取りもして、ブログも更新して・・・・・・到着。東京に入って電車で移動すると本当にビックリなのが『皆、どーしたの!?!?』と言う程に顔にスマイルが無い。まぁニタニタしながら山手線に乗るヤツなんていないのか、久しぶりに見る東京は観光客目線で楽しい。 塚原さんのラリーは主婦率98%だった。オーディトリアムは約700人の席は満席。1400個の人妻目線!! 緊張もするが心地の良い時間だった。終始、頭の中を走った疑問は”なぜここにオレが!”という事だった。話す程に、こんな話を誰が聞いて喜ぶのか・・・・と自問してしまう。でも、楽しい時間だった。 終了後は本来、アフターがあってお食事会が企画されていたようなのだが、申し訳ないが遠慮させていただいた。なぜならば16時10分の品川発の伊豆の踊り子号に乗らないと夕飯に間に合わないのだ。(夏場はオキラクハウス生活が中心なんですね。)ということで17時58分に下田駅に帰って来た。みんなに”父さん!お帰りなさい!”と歓迎されて皆で夕飯。(半分の料理は朝、仕込んで行きました。)今日は働いた!!そんな日のビールは本当に美味しい。仕事は楽しもう! 些細な事を楽しもう! なんでもかんでも楽しませてもらうとか思わないで、自分で楽しみを見つけよう。すると人生はたちまちに楽しくなる。また明日から5時起きの生活が始まる。 (サーフィン的には毎日、朝晩がヨロシイのです。)