ブランドは“ヤマザキタクミ”

10月24日(金曜) 昨日まで月曜日からの4日間、下田のオキラクハウスで“秋の工事”を遂行していた。今回はやたらに気合いが入っていた。 急ぐ訳ではないけれど、そろそろ決着を付けたいというのが本音。 “一応”完成を見たいのだ。 それでも“一応の完成”見たら見たで次のアイデアが湧いてくるのがハダケージローだ! 飽きる事は無い。よくオキラクハウスはいつ完成ですかと言われるけど、これには終わりは無い。 そして昨日は、工事を遂行してくれている仲間のモト、グネッチ、ハマーをオキラクハウスに残して東京に電車で向かい、目黒オフィスでミーティングをして、東京に泊まり、また朝イチに電車に乗って下田に帰ってきた。まったく慌ただし時間で生きている。(忙しくはない。忙しいは心ないからね・・・・・) 午前中にはオキラクハウスに戻って来て、皆のランチの準備に入ろうと思ったら、先に山崎拓巳FCA御一行が先に来ていた。 今日は“なんとなく月刊・山崎拓巳”(タクが発信しているほぼ月刊のDVDニュース) に波田ケージローが登場する事になり、オキラクハウスでの取材撮影となったのだ。 簡単な撮影とおもいきや、結構な撮影隊でビックリ! 家に入ったら、勝手にソファーのレイアウトが変わっていて笑う! ランチを工事部隊と、今回一緒について来た桑島誠、そして山崎拓巳チームの三人とで食べた。 その後にいよいよ撮影に突入! 対談形式で進められ、二時間の撮影はあっという間で楽しかった。 山崎拓巳FCAは話せば話す程に感心する。 その幅広い“好奇心”には呆れ返る!! もう全く脳みそは“少年”そのものだ。 AMではFCAという究極を実現、そして作家(著書も十数冊)、画家、エッセイスト、映画監督、映像作家、ビジネスセミナーの企画、ほぼ月刊ライブDVDの編集、モノスゴい数のブログ(更新もマメ極まりない!)、少し前までカフェ・オーナーと!そうだギャラリーもやっている話を聞いたし、カンボジアで学校なんて話もあった。アレっラジオのパーソナリティーなんてのもあった気がする! とにかく思いつく憧れ的職業は全て網羅している!(たぶんボクの知らない職業もあるはず。そして今後もふえるはず!)  とにかく“暇”が大嫌い、落ち着いて何かをする事が、まるで出来ない!  波田いわく ”AM界の三大落ち着かないヒト“に君臨するのがヤマザキタクミなのだ。(他の二人は割愛)とにかくジッとしている事など無く、思いつくクリエイティブ活動は、全てこなすヒトなのだ。 最近、”パーソナル?ブランディング“なる言葉が流行っている。要は自分のアイデンティティー(山崎拓巳ならヤマザキタクミ、波田啓次郎ならハダケージローという自分というブランドの”売り“をハッキリさせるという事かな??)を明確に作るというのが、これからのビジネス、そして世界で生きるには必要だと言われている。 ”アナタは誰なのか、アナタと他の人との違いはナンなのか“・・・・・そこが大切だと言う事だ。 そんな事を知識として知ると、山崎拓巳は、やはり大成功している。  “話は戻るが、ヤマザキタクミはまさにマルチ?クリエーターなのだ。ヤマザキタクミはどこに満足があるのだろうか!? ベストセラー、いやミリオンセラー作家? ビジネスマン? 億万長者! なんでもスゴいし、なってしまうだろうけど、普通のクリエーターにつきものの経済的不安定、とかスポンサーの顔色を見たりとか、そんな様々な小細工は必要ないのだ。 だから、これから何処に行くのかが楽しみだ。 聞けば年間の三分の一はホテル住まい、それも世界中だ。 いったい何処に進むのか・・・・・自由な大人の少年は世界を変える!!

ハワイはええわぁ~~~~

やっぱりハワイはいい!! 世界には山の数程のリゾート地がある。 コートダジュール、エーゲ海、シャモニー、カリブ海、タヒチ・・・・・いくらでもある。 写真で見ればどこも最高だ。初めてその地を訪れれば、それはそれで感動はある。別の意味のリラックスだろうか。 ハワイは日本から近い(アメリカ圏、ヨーロッパ圏と比較して)ということもあり馴染みが深い。 従ってたいした緊張もない。 その割には目新しく、そしてなにより親日的である上に、ガイジンが偉そうにしていたりしていない。(オレのコンプレックスかなぁ!)  そりゃ毎日、キレイな景色を見て、美味しいものを食べて、適当に興味の向くままに観光して、サーフィンして、友達とオバカ話に花咲かせ、昼寝して、適当にゴロゴロしていたら、どこにいても楽しいに決まってる! そのリラックス感においてハワイは最高だ。とにかくハワイが嫌いなんてヤツはそうはいない。

ハワイはええわぁ~~~~

11月、東京が少し冬の様相に変わり始めた頃にハワイを訪れた。今回はシンクビックラリーの“お疲れさん!今後もヨロシク!”的なツアーだった。堀正樹チームは毎年恒例のツアーにひっかけて約20数人で参加。波田はラリーのスタッフ、オフィス・スタッフ。そして福井チーム。ただし、千葉タダシ(通称ちーただ)は成田空港でパスポート切れが発覚して、出国することもなく強制送還!(笑う!) (波田の携帯ブログを読んで全国の多くの人々がパスポートの期限を改めてチェックしたと聞いている。) ということで夜飛び便(夜遅くに出発する便で、ハワイに朝着くので非常にラクチンな時間帯)で一路、ホノルルへ!! ホノルルの日々は、これと言って“何かをしなくてはならない”的なモノもなくサーフィン→食事(パンダクイジーヌで飲茶、中華、ハレベトナムでヘルシーアジア、ショワバードでステーキ、オノ・ハワイアンフードでローカルめし、それを挟んでスタバでお茶、そうだ蕎麦の松源もあった。)→アラモアナやワイキキ界隈で買い物→ノースショアにドライブ・・・そんな日々であった。 初参加者は勢力的に観光をしたようだが、波田はそんな意欲はわかなく、ひたすらにトローリ、トローリとした生活だった。 それがハワイの素敵な楽しみ方と認識している。

ハワイはええわぁ~~~~

ハワイはサーフィンのメッカだが、ワイキキの波は本当にいつもメロー(優しい波、ガンガンと乗る、攻めるというタイプでなく、優雅に乗るタイプ、通常は1つの波に一人が鉄則だが、ここだけは関係無しに一本の波に皆で乗って盛り上がれる。)というスタイルで楽しい。日本だと少々ピリピリした空気があるが、精神的にもユルユルなのが本当に楽しい。 そんな日々は素晴らしかった。何度行っても楽しいハワイ! ニッポン人の憧れのリゾート=ハワイという図式は永遠だろう。そんなリラックス&エンジョイなハワイに楽しい仲間と行かれる!! これが最高でなくて何が最高であろうか。

おかげさまで50歳! ありがとう!

波田ケージローは、おかげさまで50歳を無事に迎えました。みなさん本当に、ありがとうございます。50歳になるためには特に何の努力もない・・・年月、月日という時間の経過が解決してくれる。でも”充実した・・”となると話は別でしょ。これは完全なる自己申告性の世界で、ジャッジするのは自分自身ですよね。ボクは本当に充実した素晴らしい日々の連続でこの50歳となる事が出来たのが嬉しい。 先日のラリーでゲストスピーカーで登場していた堀正樹ダブルの秘書の林美樹さんが、堀氏との仕事中のエピソードでこんな会話があったと言っていた。 『堀さん、この書類どうしましょう!?』『オレの人生にバックミラーは無い!捨ててくれ!』・・・だって!あまりにカッコいいではないですか!(笑!) 中島薫DCAは言っていた。『過去は生ゴミ!』・・・・とは言え、なんとなく過去をじっくり思い出した50歳の誕生日だ。だって50歳は半世紀とか呼び名がゴージャスじゃないの!あまり過去を懐かしむ方ではないけど今年ばかりは考えた! そして、それが一つの”出版”という形になったのだ。 40歳の時に”人生の折り返し地点”なんて考えたけど、最近ではまだ折り返しにも到達していないとも考えている図太さに発展している。という程に50歳を勘違いしていた自分がいたのだ。そんな発想の転換が入ったのが先日、佐藤富雄ドクターの”口癖の法則セミナー”に参加した時だった。(参加費は二日間で5万円!超満杯で大盛況!)一番、強烈だったのは”老化は思い込みが全て!脳は決して老化はしないし、それは科学的に実証されている事実!”という話だ。そういえば40代は本当に健康には気を使った。(決して神経質というレベルではない。適度な運動、安全な食事、なるべく過度ではない飲酒(まわりくどい文章で失礼します。)、そしてストレスはためない。)結論から言えば自分に当てはめると30代より明らかに40代が健康だったし、元気でヤルキがある!・・・という事は50代はもっと様々な挑戦ができるのかもしれない!(心配しないでね。美学的にシャシャリ出て若ぶったオッサンなんかにはなるつもりはないから!)と何だか”老化”を勘違いしたオレがいたのだ。ということで危うく老化路線を走りそうになっていたが、方向転換して限りなく輝かしい未来に向かって走ることに決めたのだ!そう、オレは”決???めたぁ!”なのだ。  さぁ、オレの人生、これからどう生きようか!!① 世界80カ国訪問は制覇!(現在49カ国、 東欧、旧・東側諸国 離れ小島、極地、世界遺産などは制覇したい! 後半は一年の1/4は海外旅行をして様々な経験や様々なモノを見たい! ② 沖縄のカフェGreenGreenを沖縄で一番のお店にする。そうしたら”スモールラグジュアリー民宿”をやりたいなぁ。(ホテルと言わないのが謙虚さです!) そして民宿のオヤジをします。 ③ 心から愛せる古い車が一台欲しい。中途半端ではないコンディションのね。ポルシェ356、メルセデス280SL、フェラーリ275、ジャガーEダイプあたりかなぁ・・・飾ってないで乗ります! ④ 肉体的、健康的には今の状態をキープ!(体重も体脂肪も)これ簡単じゃないよ!でもやるよ! ⑤ まじめに農業を実践してやってみます。理由は達成感と充実感を感じられる野菜で、自分で料理して美味しかったら、こんな幸せはないでしょ! ⑥ ニッポン人が元気になる何かをしたい! ⑦ 東京の、どこか大きな公園(砧、駒沢、代々木・・・)近くの小振りな古いビルを全面改装をしてトウキョウ・アジトを作る。⑧ 和服を着こなす! ⑨ もう一冊、本を出そう! ⑩ 世の人の為に何かをアクション!何かを恩返し。⑪ キャンピングカーで日本中の秘境を訪問。 ⑫ 下田オキラクハウスは完全なる南国庭園に発展!育てます! ⑬     沖縄の宜野湾マリーナに32フィートのセイリングクルーザー!そこで沖縄生活します。まるでマイアミバイスみたいにね! ⑭ AMビジネスはファウンダーズダブルダイヤ(レッグで完成)が近い目標。そしてこだわったスタイルでCA達成。 他にも様々ある。そして生きていくうちに、新しい出会いや体験をしていくうちに様々なやりたい事が出てくるであろう。そんな時に自分の好奇心を抑える事無く、何でも実行出来る自分でいたいと思う。 だんだんと余分なモノが増えるのではなく、だんだんと不必要なものが削ぎ落とされて行くような人生がいいなぁ。間違いないこの世の”絶対”とは・・・いつかは”死”である。その日までオレはしっかり生きよう! そんな10年を過ごしますよ!   小笠原伯爵邸で行われたバースデーパーティー”KEIJIRO50″は最高でした。企画をしてくれた渡辺正人氏と藤田直之氏には本当に感謝。その他スタッフをしてくれた皆さんありがとうございました。次回は”KEIJIRO60″でお会いしましょう!

高松での幸せな出来事・・・・・・・2008

10月8日(火曜) 昨晩は高松でグループの六車S、田所エメラルド、そしてグループの人々と食事をした。七人の女性(&男性カメラマン1人)に囲まれての食事会。 ビックリした事に全員がゲコ(酒を飲めないヒト!) その上、波田はひどくワインが飲みたい。そして、この店はワインはあるがボトル売りのみ。ということで一人でボトルを注文して、一人で飲んで、周りがだんだんに酔っぱらうオッサンを見守るという状態・・・・・・・何故か酔い切れなかった。 一本ワインあけても一切、変化が無い状態・・・・ということでいくら飲んでも酔えない状況で、帰りには”うどん”を食べてからホテルに帰った。それは決して”うどん”を食べたいという訳ではなく、なんだか横からパワーだったのだろう。(決して楽しくなかったという話ではありません!この”まいまい亭”は巨匠イサムノグチが愛した素晴らしい店なのです。最後にカウンター超しに聞いたノグチ先生の逸話は面白かった。※KEIJIRO OKIRAKU GUIDEを参照ください!)

高松での幸せな出来事・・・・・・・2008

翌朝はホテルの裏の讃岐の山(名前忘れたが100数十メートル程度、可愛い山だった。)をトレッキングした。結構、低い山なのにキツかったのが、昨日のせいかなぁ!  頂上からの景色は絶景そのもの。 9時に六車さんグループの方が迎えに来てくれて、六車さんが待つ富田神社にてOMビデオの撮影をした。(AMから発売のOM・DVDに登場いただきます。様々な職種の方々が参加しているという見本です。) 想像以上に素敵な神社で、戦国時代から400年も続いていて、六車さんで15代目だそうだ。制服って(そうは呼ばないけど・・・・)本当にカッコよくて、特に神主さんは素敵だ。六車さんの神道とAMの考え方の共通点の話は面白かった。 終了後はミーティングまで、たっぷりの時間があるので、瀬戸内海の話題の”直島”に出かけた。高松港からフェリーで約30分。そこは話せば長いが、大昔は三菱マテリアル社の銅の精製所があって繁栄。町並みもヨロシク、そこにベネッセが美術館とホテルをオープン。そこは巨匠・安藤忠雄建築の有名作品で、最近は続いて地中美術館オープン。古い町並みの廃墟を改造して街中をアートにしたりと発想が面白い。島民3000人に対して、年間観光客が世界中から30万人も訪れるというのはスゴい事だ。そんな直島を見学した。案内は六車さんの同級生で、フロントになる方で、直島の高校の校長先生の奥様。8人乗りタクシーを港に横付けして待機してくれていて、素晴らしい段取りのおかげで超充実コースで体験をする事が出来た。一緒に行った六車グループの方々も皆、本当に”いい人”だった。瀬戸内海は内海で静かで、風や光が本当に気持ちがいい。街中がアートにあふれて、素敵だったなぁ。 ミーティングは18時半からで、夜なのにも関わらず主婦、いや人妻層でイッパイでビックリ。いつか鹿児島もこんなカンジで女性ばっかりだったなぁ。これ県民性かな!とにかくミーティングは盛り上がって楽しい時間だった。少しだけど六車さんグループにお役に立てて本当に良かった。 アフターは渋い”炉端焼き屋”で楽しい一時だった。 六車さんの娘さんもミーティングから参加していて、神社の継承とともにAMビジネスもしっかり継承されているようだ。 深夜のホテルに運ばれて、布団の上に、そのままの格好で前向きに倒れて朝まで寝ていた。朝起きたらマクラの柄がそのままホッペタに写し出されていた。たぶんヨダレを垂らして、ヘラヘラと楽しい夢を見ていたのだろうなぁ。 人生の幸せを感じる瞬間・・・・・・・こんな素敵な人々と過ごせた時間を思い出している時だろう。間違いない!

四度目の正直!悲願のダイヤ達成した重田夫妻!

2008年10月3日 兵庫県姫路市・・・・・この地にAMビジネスをもししていなかったら来る事はあったのだろうか。世界遺産・姫路城までは見学しに来たとしても、沢山の友人、仲間なんてまず出来る術も無いと思う。 重田夫妻は波田→田口E(フロントでウチのキャノンの営業マン)→鈴木和彦D(キャノンの同僚)→田中君(妻の妹夫妻)→あけみチャン(お店のアルバイトで昼間はOL)→大熊まりさん(会社の同僚/大熊D婦人)→スポンサーの宍倉久美子E(会社の同僚)→そして重田さん。(親戚のオバさん夫妻、母親の妹の夫妻)と予期せぬルートで出来上がったグループだ。

四度目の正直!悲願のダイヤ達成した重田夫妻!

重田夫妻をスポンサーしたくとも、幼児期から知る久美ちゃんでは歯が立たずに、いつもたじたじ状態。親戚一同は結束が固く、なんと親族会議で”久美子にAMを辞めさせる会”が発足!その会長に重田夫妻が就任・・・・・・・そして重田夫妻は、その悪の親玉・波田ケージローにビジネスの真意を問いただす為に面会。宍倉久美子に言われて、大阪のヒルトンホテルまで波田に会いに来てくれたのが15年前。一時間のお茶のみタイムの中から、何かを感じ取ってそこで様々な話をしてビジネスに興味をもった。御主人の善昭さんは生粋の板前で姫路で大きな割烹料理店を経営していた。アップラインが近所にいないので、系列が違うリーダーに自分で知り合う努力をしてミーティングに紛れ込み、だんだんとグループを作っていった。今だから言えるけどダイヤモンドカウントにも4年連続で入っていたが、至らなかった。何回かは簡単にアキラメもついた。ところが昨年はアキラメがつかなかった。自分の為には燃えられない洋子さんだが、人のためにならば、どれだけでも頑張れるのが洋子さん。アップラインの喜ぶ顔を見たい。グループに達成感を体験させたい、自信を与えたい!その一心で頑張り通したのです。そして一見、家庭では”船頭さん”的かと思いきや、しっかりフォローをしてまさにマネージャー的な黒子を担当する善昭さん。二人の信念が一丸となって、今年の”達成”に相成ったのでした。めでたし!めでたし! 結果オーライだからこんな短いけど、それはそれは様々なドラマがあった事でしょう。しかしどんな問題も肥やしにして成長し続けたのが今期の結果なのです。

四度目の正直!悲願のダイヤ達成した重田夫妻!

そして今回はダイヤモンドをお祝いする意味で、”ダイヤモンド・達成パーティー”が開催された。それは、それは豪華絢爛で薄目で見たらフランスの宮殿みたいなピッカピカの会場。お人柄の結果でしょうが、お祝いに駆けつけたダイヤモンドは数十人、そしてEXダイヤは20組以上、梶原クラウンアンバサダーまで駆けつけてくれた。本当に感謝でした。素晴らしいパーティーになったのは当然だ。 料理も美味しくジャズの生バンドも入り崇高なパーティーで、華やかさのある重田夫妻の達成に相応しい時間になりました。 本当におめでとうございます。 お二人の達成はボクの誇りです。今後もグループ共々、素敵な夢を目指して躍進してください。 そしてエグゼクティブダイヤ・・・・・・やってください!出来ますよ!二人のコンビネーションならばね! ただ一つ、お願いがあります。今後、ボクに”ネーミングの依頼”は辞めて下さいね。・・・・・・9月中旬に旅先に電話がきた。ダイヤモンドにもなったし、グループ名称を考えてもらえませんか。日本中、世界中に羽ばたけるような・・・・・なにかお願いします。ということで、キーワードを2、3いただいて、それから三日三晩考えた。 波田は、何かのネーミングをするのが大好きだし、多分、得意分野だ。 数十個を絞り出し、最終的に5つのアイデアを注釈入りで重田さんにぶつけた。 どれも”念”の入った素敵なネーミングで自信満々だった。そして数日後に電話がきた。 その決定した名前はボクが考えた名前ではなかった。・・・・・・・ナンじゃそれは!!!!!!!!!!!!!!唖然!!ビックリした!!!!!!!!そんな太い重田さんが好きだよ。メチャ太いんです。