これもエコなんですよョ!!

3月30日(火曜) 今日は大切にしまってあった”宝物”をガレージから出して来た。やはり春になるとウキウキ度数が増して、古い車に乗るのが楽しくなる。それは10数年間も捜し続けた可愛いクルマ・・・その名はメルセデスベンツ280SL(1972年生まれのの37歳)だ。まさにメルセデスの黄金時代を切り開いた、当時のメルセデスのフラッグシップカーだ。

これもエコなんですよョ!!

このクルマに乗るのは少年時代からの夢だった。その昔(小学生の頃)近所を白髪の紳士が、この280SLの乗って走り行く姿を見て衝撃を受けた。当時の国産車と言えば、アメリカやヨーロッパの車を模倣したデザインも多く、個性も無ければ洗練さなどは、残念な事に無縁であった。やはり外車はその個性が際立っていた。そしてその車を見た時に、いつかこのクルマに乗りたいと切実に思ったのであった。(そのように決めている車が実はあと数台ある)  古い車を大切に長く乗る事はとてもエコな事だと思っている。ひょっとしてエコカーを買う事以上にだ。車と長く付き合うにはそれなりの覚悟がいる。例えば東京を走り回るタクシーは一日に20時間以上走り回り年間で二十万キロも走るという。そして3年間で50万キロから60万キロも走り、お役目を終えて、そのままアジアの国々に送られて第二の人生を送るのだ。ただタクシーはその分、相当にコマメにメンテナンスをして、オイル交換や消耗部品の交換なども相当にマメにやっているのだ。ちゃんとメンテナンスをすればそれだけ走れるのだ。これはまさに”予防医学”なのです。

これもエコなんですよョ!!

波田は所有する車は御老体が多いので(普段は15歳のゴルフ・カブリオレ、長距離は25歳のベンツのワゴン、勝負時はこの37歳のSLを愛用。) 信条的に言うと壊れてから直すなんて事は健康維持をする都合上、避けたいと思っている。何を言いたいのかわからなくなって来たが、古いものを大切に!というか価値が無いものを買うのはやめようと言いたい。 ”ひゃっきん(100円ショップ)”が悪いとは言わないが、”ひゃっきん”で購入したもので長く愛している物がある!? 殆どが間に合わせで、後日にゴミとなっているモノが多いのではないかなぁ!? 良い物を長く使う事は本当にエコでしょ! そして堅実なお買い物の姿なのです。 ・・・・と提議づけて、波田の浪費を正当化するのでした。

悲願の空飛ぶ円盤型”鍋”

2009年3月11日 今シーズン最後の北海道・ニセコでのスノーボードだった。今シーズンは完全な不完全燃焼なシーズンになってしまった。スノーボードは天候、積雪量などが絡み合い、本当に素晴らしい”ザ・デイ”的な日はそう当たるもんではないが、今年は恵まれなかった。ニセコもご多分に漏れず異常気象の影響を受けているのだ。  しかしアフターは大当たり! 夜はニセコの街、倶知安(くっちゃん)の”ひろまつ(寛松)”に出かけた。この店は美味い! 店に入るなり知人に出くわし、何故ここに来たのか聞けば、波田のホームページを読んでくれたとの事。それなりに貢献をしているじゃないの! なのにここの店主はモノ覚えが悪いのか、覚える気がないのか、サービス精神がないのか、CS(カスタマーサティスファクション)を上げるなんて気持ちはサラサラないのか・・・ようは何度行っても常連扱いなんてしてくれない。寛松はジンギスカン&もつ鍋の専門店なのだが、特にモツ鍋がすこぶる美味い。そしてその”鍋”の形状が本当に特徴的だ。クルマのシンプルなホイルキャップの様な形態で鉄板をただ中心部からキレイなアールを描いていてソリあがっている。道ばたに落ちていたら間違っても、”鍋”なんて思わないであろう。この鍋が好きで通っている。ある時、この鍋が欲しくて店主に交渉をした事があるのだが、店主は『1億円出したって売らねぇ!』とタンカをきった。(もし1億円持って来たら店ごと売ると思う!確信出来る!) ということで完全に拒否。  数年間、何回も頼んだがダメ! 散々、トライはしたがあまりにダメなので、考えを変えた。 長期貸借をお願いしよう。無断にはしたくはないが、イザとなれば仕方が無いか・・・・と数年間、そのチャンスを狙った。きっとその間は相当に挙動不審な事もあったであろうし、人相も悪くなっていたかもしれない。そしてそのチャンスが今日、突然訪れた。完全に!!! チャンス!!今なら出来る! まさに格闘技ならば一本を決めた様な!!しかし相手は全然、戦おうとしている訳ではないのだが・・・しかし待ちに待った、その瞬間に、考え方が変わった。スリルはキッチリと楽しんだのだ。これはココにいてもらおう。遠く東京で暮らすべき鍋ではない。(相当に回りくどい表現でスミマセン!”公”なホームページで犯行声明は出せません!本当に良くわからないよね!どうしても聞きたかったら、どこかでボクに声をかけて下さい。)  そして、その鍋を計測して写真を取った。(実はボクの財布にはいつも必要なサイズを計るのに携帯用ノギスという厚みや内径を計る計測器を持参している。)その翌日、ブログに”この鍋を製作したい!鉄鋼関係の方、板金屋さんご協力を!”の様な文章を載せたら1時間後に返信が来た。新潟在住の伊藤君から、この鍋を作れると一報をいただいた。(想像するに結構な技術だと思う。) ということでメールでサイズ、厚さ、深さなどを打ち合わせして、まずは試作を作ってもらう。そしてモツを仕入れて、まずはヒロマツoレシピで作ってみよう。 長い道のりであった。あと一歩で新しい夢に近づく。・・・・・・実に人生は小さい夢の積み重ねだ。

鍋で地球平和!。 フェラーリ的な美しき鍋とジンギスカンの夢のコラボ。