14番です! 世界最古のモロッコの屋台

世界最古の屋台・・・それはアフリカ大陸のモロッコにある。国民の98%がイスラム教の信者であるモロッコ。 アフリカ、ヨーロッパ、アラブの交易の十字路として栄えたモロッコはベルベル&アフリカ文化をベースに各国の文化が混ざり独特の文化になっている。

14番です! 世界最古のモロッコの屋台

モロッコのマラケシュにあるフナ広場の屋台、これは正真正銘の世界最古の屋台なのだ。 歴史は2000年を超えると聞く。これはキリスト教の文化よりも古いのだとガイドさんは自慢をしていた。 さて、その100軒近くの軒を連ねる屋台だがここも近所同士の売り物は似通っている。魚アイテムを多く扱う店、シシカバブー(串刺し)専門店、カタツムリのスープ(バーブッシュ)専門店、などなど、それに物販の店、ジュースの店などと色々あるんです! 最初はガイドの絶対的お薦めの店”14番”だった。(店名は番号で呼ぶ!) 全て世襲制度となるこの店だが、いったい何年の歴史があるのだろう。 ”やせた料理人を信じるな!”という格言を聞いた事があるが、ここの店主はその格言を裏切る事の無い体格で迎えいれてくれた。

14番です! 世界最古のモロッコの屋台

トマトとタマネギとピーマンのサラダ(ベルベルサラダ)からスタートして、ナスのディップ(ザエリョク)、お決まりのパン、そして魚のフライ、どれもシンプルで美味しい。唯一の問題は・・・・酒が無いのである。イスラム教の影響だが旧市街は仕方が無い。ガイドのラシッドもその事には積極的ではない! 二軒目はシシカバブーの店。数点の串ものを注文! アラブ語なんて話せなくって”指差し発注”で大丈夫! マトンの串刺し、チキンの串刺しを発注。注文された品物を手際良く、主人らしきが焼くのだが、なんと炭で焼くのを”手”で行っている!! 手ですよ!”素手”しつこいけど”スデ”ね! これはビックリ仰天でした。天ぷら職人が高温の油に指を入れて温度を確かめるのを見たことがあるが・・・こなす量も多いので、トングはハシなどを使うより、素手が便利になったのは想像できるけど、後継者育成なんて簡単じゃないだろうなぁ。そんなオヤジが素手で焼いたカバブーはかなり美味しかった。

14番です! 世界最古のモロッコの屋台

ここも唯一の問題は酒が無い事、せめて薄くても良いからビール位、お願いしたい!しかしイスラム文化圏に来ると、本当に異次元空間を味わえます。

  • モロッコ、マラケシュ フナ広場の屋台
  • 営業時間 19時頃からずっと・・・  定休日は無し! 永遠・・・
  • 翌朝にはアレだけ盛況だった屋台は跡形も無く退去する。 おそらく電話無し、住所なし!

スターは農家の長男坊!! 

都会の”農家の台所” 誰が想像したであろうか。農家がこんなに脚光を浴びる姿を・・・・ 農業と言えば、言い方は本当に悪いが、後継者がいない、過疎化が進む、地方都市の先細りの産業・・・というのが一般的だった、だから”家業の農家を継ぎに国に帰る人”とかうと都落ちのイメージすらあった。 しかしそれは日本が高度成長期の話で、最近は食品偽装問題からはじまって、食料自給率問題など農業が、これからの未来産業であるとばかりに、脚光が当たっている。

スターは農家の長男坊!! 

これは本当に素晴らしい事だ。 本来、正直に作られた野菜はエネルギーがたっぷり入って本当に美味しい。ところが当たり前な事を当たり前に出来ないのが悲しい”性(さが)”なのか。この店はそんな野菜におもいっきり脚光を浴びさせている。そして生産業者の農家の”主人””せがれ”をスターダムにのし上げようとしてるのだ。 店内に入るとまさに選挙事務所のような顔写真ガァーンと入ったポスターが何枚も張られている。まさにスターだ。 店の入り口はどうみたって超入りにくい野菜専用冷蔵庫。その扉をあけて冷蔵庫を抜けると店内となる。全く不思議な店だ。

スターは農家の長男坊!! 

波田みたいな野菜好きには応えられないモチベーションとなるが、野菜嫌いには苦痛以外の何者でもないから、そんな方々には早く治してもらいたい。 料理はいたってシンプル。生野菜食べ放題のサラダバーは女性シェフが能書きをタレながら、野菜をスティック状にカットして氷の台の上に載せていき、どんどん食べまくれる。(ただ敵も考えていて、取る為の器がコップで、そんなに取れない様に出来ている。従って元取りパワー全開の波田としては、コップにぎゅうぎゅうに詰め込み、恥じらいも何も無く何度もサラダバーを往復するのが常だ。)  この店を帰る頃には血管から血液がサラサラっと流れる音が聞こえてくるのだ。

スターは農家の長男坊!! 

定食類(どちらかと言えばプレートランチ)も本当に美味しい。野菜がたらふく食べたい!!なんて感じる日は是非、ここに駆け込んで”血液さらさら作戦”を遂行してください。 人間は食べたもので、作られているのは承知の事実!! ファーストフードを今日たべたら、その食品で髪の毛、肌が作られて、今日食べた牛丼で爪や足の先の皮が出来、今日食べたコンビニ弁当で”二の腕”が作られる・・・・良いもの食べればイイ身体が出来るのは当然な事。人間に大切なのはバランス! 普段の悪習をチャラにする為にも”農家の台所”で栄養補給しましょ!! サラサラっサラサラって言いながらねっ!!

スターは農家の長男坊!! 

  • 農家の台所 東京都渋谷区恵比寿南1-7-8 恵比寿サウスワン 1階 03-3719-4831
  • http://www.noukanodaidokoro.com/

問答無用!!”お好み焼き”は、お好み村!

広島に来た。問答無用である。 ランチの選択肢は”お好み焼き”しかない。 お好み焼き屋は数アレども、広島人は全員、自分のお気に入りのお好み焼き屋の一軒や二軒は有ると聞く。 まさに文化です!! しかし、観光客の波田には選択肢はない。 となると観光客を相手にした店にとりあえず乱入が正しいかということで広島の街の中、泣く子も黙る”お好み村”に行きました。

問答無用!!"お好み焼き"は、お好み村!

ここは元祖新横浜のラーメン博物館の様に広島名物のお好み焼き屋が20軒近く軒を連ねる、まさに”お好み焼き屋の秋葉原”なのだ。(ちなみにラーメン博物館よりずっと昔から存在すると記憶する。) ということで素人の観光客ですら聞いた事があった”八昌(はっしょう)”に入り早々に発注! 目の前の鉄板で焼いてもらい一部始終を拝見させていただきました。こんな事言ったら悪いけど見よう見まねで結構出来そうな気がするんです。(ならば、やってみろと言われたら辛いです!)

問答無用!!"お好み焼き"は、お好み村!

そしてお好み焼きで登場する具材は、多くはキャベツ、小麦粉を水で溶いた物、豚バラ肉、卵、ソバかうどん・・・特別な素材は無いではないですか。八昌ではキャベツは契約農家の自慢のキャベツのような張り紙がありましたが・・・キャベツでしょ。 味を大きく左右するのは、その店のソースなんですね。あと、もちろん愛情も大切ですが。 八昌では”おたふくソース”または”カープソース”を使っているのかと思いきや、別のブランドをまた色々と足してオリジナルに仕上げているそうです。ココがキモなんですかねぇ。 そしてトッピング(上に載せるのではないからトップは正しくないかなぁ!しかしこのオプション具材がたぶん”お好み焼き”の名称の由来なんだなぁ。)はエビ、生イカ、イカ天、ねぎ、もち、キムチ、マヨネーズとある。

問答無用!!"お好み焼き"は、お好み村!

食べ方は、そのまま鉄板からじかにヘラを使って切りながら食べるか、お皿にのせてハシで食べるか、選択をしなくてはならない。波田としては猫舌なので皿にのせて多少冷まして食べたいが・・・来ているお客さんは女性観光客二人組以外は全員、鉄板からダイレクトに食べている。当然、見栄もあり”鉄板ダイレクトコース”を選択。最初に大まかに切っておこうとしたら店主に叱られ(冷めるから食べる分切ってたべろと・・)またヘラの持ち方が悪いと指摘!なにかと自由が効かない世界なんだなぁ!!しかしダイレクトに鉄板から切って口に運び入れると・・・我慢しても熱いのです。 本当に熱い! しかし生粋の広島人になる為にはそんな事を言っていられない。(ランチを過ぎた2時半なのに満席!そして8割の客がビールを飲んでいる!)

問答無用!!"お好み焼き"は、お好み村!

うどん入り、ソバ入り、イカ入り・・・様々を試しましたがやはり決めてはソースかな・・・次に来た時には広島人としてのノウハウがわかったので叱られずに食べられると思う! 猫舌を克服して参ります!

  • 広島県広島市中央区新天地5-13 お好み村 八昌(はっしょう)
  • 082-247-4820
  • ※ お好み村   http://www.okonomimura.jp/ 
  • 界隈に八昌という同名の店があるらしいが、ここの別れみたいです。

《パリのリーダーシップセミナー2009》

《パリのリーダーシップセミナー2009》

今年も集まりました!! 北は北海道の旭川から、沖縄の那覇市まで、50人のケージロー&シンペイ グループとの集合写真です!! フランスはパリなのに・・・フランス料理ではなくて中華料理です! このお食事会は世界中で毎回、中華と決まっています。 しかし、毎回、行った事も無い場所でレストランをあらかじめ捜して、決めて、そして旅慣れないヒトも沢山いるのに、見知らぬ土地で待ち合わせ! 良くうまく会えてると感心します。 食事は当然に相当にハッピーな時間になりました。

《パリのリーダーシップセミナー2009》《パリのリーダーシップセミナー2009》《パリのリーダーシップセミナー2009》《パリのリーダーシップセミナー2009》

《パリのリーダーシップセミナー2009》

築地に行こう!!

築地に誘われた。築地と言えば”東京都中央卸売り市場築地市場”が正式名称。まさに日本の台所。世界一の市場として一日に3350億トンの鮮魚と野菜が流通している。 近所の豊洲に平成24年に移転も決まり、名残惜しさでか観光ブームも白熱している感がある。 誘ってくれたのはミカちゃん(通称・小料理ミカ)彼女の料理の腕前は、料理屋さんを経営しても充分に人気店になりうる腕前。 それ以上に”食い意地”は天下一品! そんな彼女の料理の先生が連れて行ってくれるという。人出をわずらわせてまでと思うが、料理研究家がどこの店を贔屓(ひいきってこんな漢字なんですね。絶対に書けない!)にしているかは興味津々!

築地に行こう!!

9時に本門寺の近所のマクドナルドの前で集合。 先生のお弟子さん達が8人位いらっしゃった。 奥様方のボクを見る目は”奇異”である。そう奥様方の目に書いてある。そりゃそうだ。一般主婦は普段、こんな平日の昼間にやってくる男は失業者、または業者さんでしかない。そんな不思議なオッサンをミカちゃんが連れてきたので”違和感”は否めない。そんなことオレにはどうでもよくて、キチンとご挨拶をして早足の先生を追いかけた。早朝4時過ぎから活気づく築地だが、一般人はマナー的には9時以降のお買い物がお薦めらしい。というかそれより早く行くと市場を疾走するターレ(正式名称はターレットトラック)にひき殺されそうになる! ココで引かれたらビシャビシャになりそうなので勘弁願いたい! 一番最初から場内にスタスタと入って行った。早歩きの主婦(たぶん)8人を追いかける男一人! 近海魚専門店、まぐろ専門店、干物専門店、その他様々な店を案内していただいた。 別棟の青果棟も案内していただき珍しい京野菜を扱う店も見た。 しかしオレも買い物が嫌いじゃないけど、何処かのショッピングセンターで洋服を見ていたってこんなに興奮はしないであろう。気が付いたら様々な食材で両手はイッパイになっていた。

築地に行こう!!

ちりめんじゃこ、鰹節、利尻昆布、珍しい干物類、鮪のハーモニカと言われる希少部位も購入・・・・もう物理的に持てなくて断念!  無念じゃ!! 帰りには戦利品をかかえて場外の寿司屋へ! 有名店はすごくて100人以上も並んでいたので、あまり有名そうでない店で食べた。 若い板前は店主の生意気さを受け売った勘違いの職人で可笑しかった。    東京は観光客になって遊ぶと本当に楽しい。 世界中の各地でも必ず、市場には行くけど、こんなに活気があってヤル氣満々な市場は他には無い。日本人の食に対しての貪欲さが見られる世界でも類のない場所だ。  青山や六本木ヒルズの観光も楽しいけど是非、築地を移転する前にみてください!! (後日、築地関連の本を数冊買って読破・・・ますます楽しみ!)

人間ドッグに行きましょ!!

年に一度は人間ドッグには入りたい・・・・・と思いつつ、気がむかない。 いままで随分、いろいろな病院で体験をしたが、やはり好きにはなれない。胃カメラ、内視鏡、バリウム・・・考えただけでも気が重くなる。でも予防医学、早期発見こそが健康対策になる事は重々理解はしているが・・・ 随分と昔に行った赤坂の有名なクリニックなんて100人以上が列をなし、首から番号札を下げてい整列。 当然に着ているのは白い病人服(わかりますか!?)なんだかアウシュビッツみたいで、淋しかった。 院長面談なんて気休めにもなっていなかった。(人間ドッグというより身体検査みたいなもんだった。あれでなにか発見できるのであろうか・・・・それが結構な金額なんですよ!) 過去の経験で唯一、ラクチンで親切満々で好きなのは大分県の”ひらた医院”だ。 ここは夕方に入院して(入院というより友達の家に泊まりに行く感じ!部屋も空気清浄機もブンブンかかり、シャワールームもAM製品が!)翌日の朝イチから準備をして昼には終わってしまう。全身麻酔をして気が付いたら終わり! 一日に数人しか取らないので流れ作業的な淋しさ、わびしさも皆無。そして内視鏡でポリープを発見したらそのまま切除の手術までしてくれるのだ。ひらた医院ではその日に結果を見ながら先生と問診して、安心を与えてくれる。そして全ての検査結果がわかる一週間後には電話で親切に説明をしてくれるのだ。そして下世話な話だが、お値段は安い・・・通常の東京の半分以下、3分の一程度だ。唯一の問題は”遠い”事。あまり大分県には用事が無いので福岡から誰かにお願いして乗せて来てもらわなくてはならない事。 今年は久々に行って思ったけど、やはりここが良い!! また来年も、そして再来年も・・・一生通おう!! だれかこんな親切丁寧な病院を近所に紹介してください!! その日まで大分の”ひらた医院”に通います。  いつもながら久留米の青柳君、ありがとう!!

  • ひらた医院 大分県大分市田尻字小柳478 ネットで調べるさい、”ひらた医院”と”平田医院”は異なります。

オトナの夏休み!

これから書く文章は、ひょっとして昨年も一昨年も同じ様な内容だったかもしれない。それを調べる事はしないし、とりあえず、夏の定番なお話です。 というか日記を照らし合わしたらわかるんだけど、こんな生活が好きなんですよ。 何年続けても好きな時間なのです。 楽しい仲間と、美しい海に山、楽しい会話と楽しいゴハン、そして美味しい酒・・・・他に何がいるんですか!?  8月上旬の3週間の出来事は毎年、定番化している。伊豆の下田のオキラクハウスでの仲間との生活だ。だいたい二泊三日で一日に12人から15人が泊まりに来て、日本の”基本的夏休み”を過ごして帰る。(波田の思う日本の基本的夏休みは、バーベキュー、花火、スイカ割り&種を飛ばしながら食らいつく、温泉、そして海水浴!) 今年は7月の中旬から下旬にかけてと8月2日から20日までの約24日間を下田で過ごした。 波田の毎日の生活パターンは、ほぼ同じで朝の5時半に目覚まし時計も無く起床して、窓から波チエック! 歯を磨きながら再度、波チエックと二日酔いチエック。 そして入水!(サーフィンね!) 近所の人々と海の上でご挨拶。 7時45分頃に帰り、朝食の支度。とはいえ、殆どは昨夜に済んでいる。通常はゴハン、ぬか漬け(当然、お手製)納豆、味噌汁、適当な旬な野菜とか干物(これもお手製)  8時には朝食を皆でアホ話をしながら済まして、9時前には産地直送の八百屋さん(旬の里)に出かけてお買い物大会。毎日、驚く量を購入。 ここの好奇心あふれる店員さんに一度、質問をされた事がある。 店員さん『スミマせん。いったいケージローさんは何をされているんですか!?』 オレ『どーしてそんな事、聞くの!?』 店員さん『だって二日間、キレイな女の人達と来て楽しそうに料理の話をしながら買い物して、また二日目で違うキレイな人と買い物・・・不思議ですよ!みんなやたらに楽しそうだし!?男性も楽しそう!』・・・笑った。 みんな二泊三日で来るから、そうなるんだけど世間様には不思議な光景なんだねぇ。 だいたい世間的には妻帯者同士が一台の車に同乗していたら犯罪的に映るのか! (笑) という事で、波田が何者なのかの謎を解いてからも、産直の”旬の里”のスタッフの皆さんとは本当に楽しい会話を毎朝、楽しめています!(完全な奥様会話!) 帰ってからノンビリして12時頃からランチの準備。13時にはランチ。 時にはランチなど30人近い人々が来ていることがあるオキラクハウスは近所から民宿だと思われているみたいで、時々フラッと一般人が入ってくる事もある。(笑) そして外食をする事は殆どなくて、みんなでいつもゴハンは作って食べる・・・・来る日も来る日もだ。 午後もサーフィンをしたり昼寝、温泉、ひなたぼっこ、読書、おしゃべり、ネットサーフィン(イリモト氏)、カヤック、ペンキ塗り・・・気ままに過ごす。 夕方は特に海は気持ちがいい! 夕飯は18時過ぎからビールでも飲みながら準備をはじめて、外の庭先のテーブルで月夜を見ながらバーベキューしながら食べたり・・・とにかく永遠にダラッとしながら、ひたすらにいい時間を過ごすのだ。 夜は飲む人、ギターを弾いて歌う人、屋根の上で星を眺める人、花火をする人、デッキで倒れて寝る人、とにかく皆がリラックス&エンジョイしている。そんな姿を見ていると楽しい。 そしてボクはいつのまにかベッドに消える・・・下田はエアコンも入れる必要も無く、良い夢を見られるんです!!(みんなとにかく良く寝られると評判!)  その繰り返し・・・・・ オキラクヤローと罵られても仕方が無い。   こんな”普通”の生活が楽しいんですよね。 実に普通!!!!! 今年ものべで300人位の人が来ました。作った食事は1000食以上! 一度もレトルト食品なんて使わないし、加工食品、インスタント食品なんて食べませんよ! (QCのおかげです!) 楽しいんですよ。みんな、その数字を聞くとビックリするけど嫌だったらやらないし、皆で何かをするって楽しいんですね。 皆さん、毎年来てくれます。 そんな気を使わないオキラクライフ・・・楽しいッス!! また、来年!! ばっちりと充電完了!!

居酒屋ケージローの開店!

ホームパーティーは楽しい。なにより人が来たがるのも事実。『ねぇ、友達の家でホームパーティーがあるんだけど行かない!?』・・・この誘いにのらない人はそうはいない。ということでホームパーティーを開くとやたらと人が集まる。波田の住居は東京は世田谷区の住宅地。時々、都心に住もうかと考えるが、ペットを飼う人と同じような悩みがつきまとう。それは車が複数台数あるので都心でそんな物件を捜すのが不可能に近いのだ。それはどうでも良い事だが、都心でなく郊外のおかげで庭やガレージに恵まれた家に住むことができるのでホームパーティーをしても沢山の人が集まれる。ただしいつも残念なのが世の中の人が終電という呪縛から逃れられないという事だ。だいたい我が家だと最寄り駅まで7分程度だけど、早い人だと11時過ぎからそわそわしだして12時過ぎには全員退散なんてことが通常だ。まぁそれもいいのだが・・・・ 目黒のオフィスはすこぶる便利な場所にある。JR山の手線、大江戸線の目黒駅から徒歩2分の立地は本当に便利だ。 そしてここは駐車場天国で路上駐車は本当にラクチンな場所。何かに付けて便利この上ない場所だ。さてこの場所にオフィスを借りてから早、22年が過ぎた。当初、老朽化したマンションは大規模修繕がなされよみがえり、便利さと居心地の良さで22年という歳月となったし、この先も当分、ココからは離れないであろうという程にパーフェクトな場所だと思っている。今までは地下の約100人が収容できるスペースと4階の30人と12人が集まれるスペースになっているのだが、どうしても羨ましい部屋があった。以前から気になっていたその部屋は広いバルコニーが付いていて窓も大きい。そこを通るたびに”出ろ出ろオーラ”を発していたらついにその日はやってきた。見てみたら元々は音楽家のアトリエだったらしく防音設備が完備していて多少、騒いでも問題なさそうだし・・・ここでパーティーしたら終電も大分、気にしないで大丈夫な便利さ。そして都会の真ん中でこのバルコニーは最高じゃない!!   第一回目の”居酒屋ケージロー”(多少、気取りなくいきたかったのでホームパーティーというより超庶民的にしてみた!)は恐ろしい数の人が来て、半分パニックしたが楽しい時間になった。面白そうな面々が沢山いた! 参加者は、なにより飲み物が隣のコンビニで買えるので割り勘負けが無いのがウレシい!  おかげで第一回が大盛況に終わったのはいいが、ご近所さまからのクレームが最初から入った。そりゃ深夜までバルコニーでゴンゴンと騒いでジンギスカン鍋を食べてたら臭いしなぁ!(レピテーション=評判)は大切です! ということで、ここで新しい出会いをゲットです!! うふふ・・・・楽しみ!!!!