時差ボケの日々・・・メンタル弱しっ!!(笑)

2012年7月16日 オレの唯一の弱点・・・時差に弱いのだ。・・・という事を思い込んでしまっている事。毎回、これで苦労している。海外旅行から帰って3~4日経っているのに昼間にいきなり強烈な睡魔、夜中にいきなり起床!そのまま朝まで、そして翌日は眠たい一日を過ごし、我慢出来ないで寝たら、また深夜に起きてしまうという始末・・・誰かオレの過去の”思い込み”のトラウマを外してください。(笑)

時差ボケの日々・・・メンタル弱しっ!!(笑)

中近東(ヨルダン、レバノン、イスラエル、エジプト、トルコ・・・)の旅から帰国した。機内では時差対策の計算をして適度に寝たりしてすごした。寝過ぎもヤバいし、寝不足も帰ってから危険。午前11時に成田空港に到着して友達ポテチンが迎えに来てくれて、そのまま蕎麦屋に突入。(蕎麦に飢えていて、見る夢は蕎麦ばかりだった。) 午後もまだ睡魔は大丈夫! そのまま東京の家まで送ってもらって不在中のお仕事をして、倒れそうになるけど大丈夫。シャワーを浴びて(飛行機で帯びた静電気を抜くのはシャワーが一番。) 意識が完全に時差ボケに負けている! 沼津の家に戻る1時間15分の高速道路の運転も眠い様な眠くない様な、なにか頭の中を『ボォ~~~~』という音が鳴っている。夕飯をすませて夜の11時になりだんだんと睡魔が~~おお!いいぞっ!このまま爆睡6時間だぁ! と信じて就寝。『おおっ!良く寝たっ!!』と起きて時計を恐る恐る見てみると~~夜中の三時。そしてそのまま寝られないでベッドのなかで『羊が一匹、羊が二匹・・・』こんなのが4~5日は続くんです。オレって繊細!? いやただメンタルに負けてるんですよ。完全なる思い込みだと思う。 だれか、この時差ボケ対策を教えてください。 だいたい時差ボケしても問題にならない生活をしているのも問題なのかな!? こんな時、自由業は辛いのよ・・・・(笑)メンタルだけは強靭な自信があるのに、なぜか時差ボケだけは思い込みで負けてます。 結局、今回は7日目に通常生活に復帰!! 長かったぁ~~  このメンタルブロックを誰か外してちょうだい!!

泣く子も黙る三茶の”テっちゃん!”

2012年7月某日  泣く子も黙るという表現があるが、まさに無く子も黙ったのがテッちゃんだった。テッちゃんなんて気安く呼んでいるけれど、年齢はオレの三歳上。友達というかオレの兄貴(実)の高校の同級生だったのだ。当時の悪さは半端無しで三軒茶屋を中心とした暴走族Sの会長を務めていた。(ああいうのも務めるのか!?) 中学3年生の好奇心バリバリなケージロー少年を、わざわざ深夜に我が家まで迎えに来てくれて、暴走族の集会なるモノに連れて行ってくれたのもテッちゃん。様々な悪の道へ導いてくれたのもテッちゃんだった。そんな頃もケージロー少年を”ツカイッパ”などにはしないで優しくしてくれた。そんな男気のあるテッちゃんに遊んでもらうのが大好きだった。時は過ぎ、テッちゃんは様々な理由から高校を早期卒業! 社会に出た。元々の根性はビジネスでも生かされて、アパレルで名を上げた。オレも当時のキャラクタービジネスの手伝いをして仕事ももらった。(なんとそのキャラクターは明治製菓からスナック菓子が出るまでに成長。そのロイヤリティーは美味しかったと後日談。) ビジネスはどんどんと成長。日本の好景気にも押されて地元の三軒茶屋に大きなビルを持つまでに! その後はバブルの崩壊と共に倒産。負債はウン十億! でもゼロからスタートした根性はそのままで、数年間は海外で暮らし、気付けばちゃんと日本に戻り”カレーうどん”の店を開き大成功。そんなウワサは聞いていた。コンビニでテッちゃんのカレーうどんがカップ麺になっているのを見た時には腰が抜けたけど・・・! そしてまた地元に戻ってホルモン焼きの専門店を出した。これが満塁ホームラン! 現在は都内に20店舗近くを経営し、世界戦略も成功。上海では一人勝ち状態・・・だとさ! 先日、朝の駒沢公園をジョギングしていたら向かいから十数年ぶりのテッちゃんが!! 『あぁぁぁ!テッちゃん!』『おぉ!!ケージローかぁ!』と久しぶりの再会で嬉しかったのだ。そして近々に飲みに行く約束をしてテッちゃんの店に案内された。昔話も楽しかったけれど、もう60歳寸前なのに夢を淡々と語る姿がカッコよかった。 まさに波瀾万丈な男の人生っ!! 毒の無い人生なんて何がオモシロいんだろう!? 最近、岡本太郎の”自分の中に毒を持て!”なる名著を読み直したけれど、安全なんてナンのオモシロミも無い代物だと思った。 一度の人生、やりたい事をやろう!と再度、思わせてくれたテッちゃんに感謝だ。