カリフォルニアに憧れて・・・

2013年3月20日  カリフォルニアには強烈な憧れがある。少年時代から憧れ、21才の一年間をカリフォルニアを中心で過ごし、より一層その憧れは増した。カリフォルニアデザインなる世界がある。それはモダンリビングの起原とも言えるのだ。そんなボクにドンピシャな展覧会が開催っ!! このチラシを4ヶ月前に渋谷の小さな映画館のフライヤーコーナーで発見。もう小躍りをして待ちに待った。

カリフォルニアに憧れて・・・

iPhoneのスケジュールに書き込みアラームまでセットする気合い!もちろん初日に行ってじっくりと拝見してまいりました。 展示物を一点一点、鑑賞して知らない事もいっぱい発見! 1930年代になぜ、カリフォルニアの特にロサンジェルスが爆発的に巨大化したのか、そしてなぜモダンなモノが発展する潮流が出来たのかがわかった。20世紀の初頭から多くの移民を受け入れたカリフォルニアは第二次世界大戦後、世界一の経済力を誇る大国アメリカの大衆文化の中心として飛躍的な発展を遂げた。急激な人口の増加で建築や生活空間のデザインの需要が生じ、戦争に際して開発された新技術、新素材を有効活用して大胆、かつ実践的なデザイン活動が展開。また、その時代はビーチカルチャーとも連動していてサーフィンなる文化(スポーツを超えて生活文化です。)がハワイから伝わり流行して、ひとつの産業にまで成長する土台が出来た時代でもある。そこでも今までは木製だったサーフボードがFRP (エフアールピー/繊維強化プラスティックの略称)の進化に乗って作られる様になり、イコール量産体勢となり益々普及する事に!

カリフォルニアに憧れて・・・

爆発的に増える人口を受け入れる為にも工業製品的で廉価な住宅や家具、いわゆるミニマルなモノが当然に考えられ、それまでのアメリカの殆どが目指していた懐古主義的な建築と一線をひく型になったのは必然で必要な事だった。しかし工業製品的なクールなものではなく、デザイン化されたモノはカリフォルニアの気候が影響したからであろうか食器や家具をも含めて、全てがモダンで暖かいスタイルになっていったのだ。もっと身近な表現をするならばアナタの回りでも文房具から調理器具、家具や洋服、テキスタイルのデザイン、何から何までカリフォルニア・モダンデザインに影響されているモノを沢山見つけることができる。 結論、とにかく行きなさい!!!! 素晴らしい文化の香りがします。 http://www.nact.jp/exhibition_special/2013/california/index.html

一生、行きます!!この季節のハワイ!

3月5日より一週間、ハワイで過ごした。昨年、AMの招待で同時期(正確には2月)に一週間過ごしてあまりに幸せな気分だったので、人生の定番にしたくて今年も行く事にした。仕事的には人に会ったり、銀行に行ったりとそれなりにあったけど、基本的にはリラックス&エンジョイ! 別に2月、3月のハワイが特別にいいという事ではなく日本が本当に寒い!!(荒っぽい言葉で言うならば”クソ寒い時期” )日本を脱出する最高のタイミングなのだ。(念のために言うとお正月の時期のハワイは論外!お正月は一生、ニッポンで過ごします。) 別に何をするわけではないのだけど、只々過ぎる時間が好きだなぁ。

一生、行きます!!この季節のハワイ!

昔、旅人の井上陽水氏が対談でこんな話をしていた。そもそも陽水さんってスゴくて朝起きていきなり『なんだか旅がしたいなぁ!』とか言ってそのまま成田にパスポートだけ持って行って、飛行機の発着のサインを見て、この時間だったらリオデジャネイロ(ブラジル)に行けるなぁ!なんて言ってそのまま航空会社のカウンターに行って正価でファーストクラスのチケット買って現地に到着したらそのまま歯ブラシから何もかも買ってその街で飽きるまで過ごして帰りにお口直しに大都市(例えばニューヨーク)に行って気分を変えて帰って来る様な旅をしているらしい。そんな陽水さんと旅人の沢木耕太郎氏(深夜特急の著者)の対談で陽水さんが世界中のありとあらゆる場所を旅して、自分にとっての究極に好きな場所をナンと~~ホノルルって言った。ビックリ仰天でしょ。でも少なくともオリエンタル(東洋人)にとっての居心地の良さを考えたらベストな場所です。(ボクの偏見なる説では日本人はニースとかリビエラ海岸なんて行ってはイケナイと。黒髪はその景色に似合わないの!)

一生、行きます!!この季節のハワイ!

あっ!今回はカウアイ島へ行ってみた。以前、日帰りで一度だけ訪れただけだったんだけど、なにかニオイが気になったので、せっかくだから一泊で行ってみたら、それはそれは素敵だった。カウアイ島は樹々が同じハワイ諸島なのに違うだなぁ。その微妙な樹々の変化がボクにとってとても刺激。大自然もお見事。ボクの旅は全てが”下見” 世界中を下見して、いつかそのトピックスをゆっくり廻りたいなぁ。その一つがカウアイ島。 夏と言う季節が大好きだけどそんな大好きな夏はいくらでも手に入る。 まさにエンドレスサマーを求めて! 仕事頑張ろっ!!!