男のロマンは無人島クルーズ!だろっ!

2013年8月26日 今年も大好きな”沖縄・無人島クルージング”だ。三年前に一度やって味をしめたツアーの再来だ。その時も相当にデカい35ft(約11m)のカタマラン(双胴挺という二艘の船体が上のデッキ&キャビンでつながっている快適性を追求した大型ヨット)だったが、今回は46ft(約14m)ということで超ド級に豪華なヨットだ。ちなみに船というのは1m大きくなるごとに全体のそれぞれの部品が大きくなるのでウン100万円単位で高額になるのです。今回のチャーターした船はベッドルームが三つにシャワールームが二つ、トイレが三つ、ベッドの数は12~15人分というスケール。もちろん賃料も相当だが、なにせ買ったら1億2000万円の船!(笑)それは買うと言ったって簡単じゃない数字。

男のロマンは無人島クルーズ!だろっ!

そして、こんな船を買ったら買ったで維持費もその労力もハンパないから、絶対に借りるに限ると思うのですよ。という事で、今回は二泊三日でレンタルして集まったのは沖縄の仲間と九州の人が少々、そして東京が少々の13人です。 朝の8時に三日間分の食料と、ダイビング機材、多量の酒(シャンパン、ビール、ワインに焼酎)音楽(ものすごい高品質のオーディオが設置)を積み込んで出航! 一路目指すは沖縄から西に40キロの慶良間諸島!とにかく世界屈指のダイビングスポットだけあって魅力満載、そしてテーマが無人島クルーズなのでそれに適した島々が沢山あるのも魅力だし、昼間に停泊できる小さな入り江もある。そこから無人島に渡って探検するのですよ!! 男ならば燃えるでしょ! 女ならばトロけるでしょ! 昼過ぎに到着して料理隊長のオレはランチの準備! 全ての食事のメニューを3日前に考えて東京から調味料をそろえ、食材は前日に莫大な量を買い出しして来たから作るだけ。なにせ出航した後は買い足しなんて出来ないからね。

男のロマンは無人島クルーズ!だろっ!

デカイ船のキッチンは当然にデカいので料理もしやすいし、第一、海を見ながらの調理なんて本当に楽しいのだ。 二泊三日はアッと言う間。皆でサンデッキでの食事、ダイビング、泳いで離れ小島に上陸して散策、貝拾い、うたた寝、浮き輪で回遊、シュノーケリング、冷えたビール、バーベキュー、サンセットを鑑賞、バカ話、星空ウォッチング(天の川までクッキリ)・・・ 問題は二泊三日という事だなぁ。もっといたかったけど、これ以上やったら社会復帰の自信が無くなる程にウットリな時間だった。 来年も、再来年も来るかなぁ~~!
人生を楽しく生きるコツは先々にどんどんお楽しみなスケジュールを入れて行く事だと思います。『どんどん入れよう!未来に楽しいスケジュール。』

堀正樹の夢は永遠に!!

2013年8月7日 今日は昼過ぎの電車で下田から東京経由で新潟に向かった。今回は新潟の友人・堀正樹のミーティングのゲストでお出かけ。かつてこの堀正樹という男の事をこの日記で書いたかもしれないけれど改めて、その破天荒ぶりを再度、書きたい。奴はそんな何度でもネタになる人生を送っている。 堀は本業はAMビジネスを構築、それにより充分すぎる年収を確保している。それとは別に20軒の飲食店を経営している。その店は同じ様な形態のモノは一軒もなく、全て違う店だ。古民家を改造したカフェ、ベトナム料理、ピザ屋、立ち飲みスペインバール、干物居酒屋、パーティーの出来るレストランバー・・・すごい!どれもこれも本当にスゴイんですよ。何軒も行ってみたけどとにかく考えられている。そして、その全ての店にヤル気満々の店長がいて全てを仕切っているので堀自身が一般の社長みたいに細かいことで思い悩むなんて事は無さそうだ。彼は一年の半分、というか毎月一回は海外でサーフィン三昧で過ごしている。と言う事は細かいことなんて気が廻る訳が無いのだ。そして、それらの店が存続していると言う事は当然に儲かっているのだ。(儲かっていない店は存続しないでしょ。)ミーテイングを開催してくれた場所も奴のレストラン。休日を利用して150人近くも入り、1000万円もかけたオーディオは音響効果抜群でミーティングがし易いんです。(高級な音響だと話がし易いと初めて知りました。) そして彼が今回、ドカーンと開いたのがビーチハウスだ。普通の表現をするならば海の家。メチャメチャな好立地のビーチの、一番角の一等地にその場所はある。目の前は日本海の大海原。遠くには佐渡島も見渡せる。そして西向きのこの場所は夕日が日本一美しく見える場所として有名なのだ。元々の建物は普通の(さえない)ボロいナンでも無い海の家で、それを買い取って一階はカフェとサーフショップ、二階がゲストルーム(たぶん10数人が泊まれそう。)と自分のプライベートな部屋、ミーティングルームなどに作り替えた。そして、その殆どを一年がかりで作り上げたというから驚き。二階のバルコニーにはジャグジーまで併設されている凝りよう。仲間と300人位でパーティーして盛り上がり、夕焼けを見て、酒飲んで花火を見て、バーベキューして、ジャグジー(よく考えたら混浴ですよ!)して酒飲んで~~~カッコ良い!! これぞ新しいお金持ちのスタイルでしょ。豪邸建てても友達なんかまるでいない人間はゴマンといるけどフレンドリッチ、タイムリッチで初めて出来る話ですよ。 堀の夢の実現化はまだまだ続くであろう。奴が好奇心を抱き続けるかぎりは!素晴らしき夢の実現パワーに敬服します。