男の祭り!”博多祇園山笠”を体験!!

2014年7月15日 福岡で山笠なる祭りの名前を聞いたのが正直、昨年の秋。その山笠(やまがさ)なる祭りをどれだけの福岡市民が待ちわび、それを中心に生きているかという話を聞いたのが初耳に等しかった。700年間も続く博多の最大のイベントは7月1日から15日までの長期にわたり、山笠のファン(こんな陳腐な言葉ではいけないが思い当たる言葉が見つからず。)は仕事もなにも上の空だという。その間は戒律(?)も厳しくセックスも禁止であるらしい。 少々、語弊があるけれど九州はいまだに男尊女卑的な男女関係が存在し、それで均衡がとれている様な風習があるけれど、まさにこの山笠は女子禁制なる世界なのだ。

男の祭り!"博多祇園山笠"を体験!!

キザな言い方をすると、オレは東京の西半分、いわゆる山の手地区の育ちなので、あまり祭りは盛んでなくて、今イチ、人々が祭りに熱くなる意味もわからなくて・・・とにかく熱い博多の人から、そのオモシロさのレクチャーを聞いたら何がナンでも見てみたくなったワケです。そして毎年同じ日に開催という事で7月15日(最終日でスタートは朝の4時59分/追い山という)をブッキング! あと先程は”お祭り”などとわかった様な説明を書いたが、正しくは”博多櫛田祇園宮夏期例大祭”と言って、櫛田神社に奉られている”祇園宮”の奉納行事なのだ。(櫛田神社は京都の八坂神社と共に全国でも珍しい神社合祀(しんぶつごうし)の神社山笠行事は神社の祭りではなくて仏教の定例行事が正しい。)

男の祭り!"博多祇園山笠"を体験!!

さて、最終日の”追い山”は開始時間が4時59分。その見物客の数も70万人と言われる。もう夜中から人が沿道を陣取って追い山見物を待ちわびているのだ。観光としても十二分にものスゴい規模なのですよ。男達はフンドシいっちょ!そのお尻の出方も素晴らしいのだ。”おっしょい”というかけ声で山笠(いわゆる神輿)を担いで市内を回るのを山笠の”かく”と言い、その担ぐ人を”かきて”というそうだ。その山笠をかついで走るスピードはハンパ無い。1トン以上はある山笠を20人から30人で交代交代しながら走るのだ。その姿は”男らしい”の一言。オレは郷土愛を持つ人に憧れるし尊敬するけれど、博多の人々にとって、この催しこそ郷土愛をひとつに強くしている最大の結びつきになっているのは間違いない。最後に印象的だったのは、参加している家族だ。フンドシいっちょのオジイさんが孫の手を引きながら誇らしげに歩く姿を何人も見た。きっとジイ様には至福の時間であったことだろう。ジイ様は孫に、この行事の大切さをしっかり伝えてきた事だろう。孫達はそんなジイ様の後ろ姿(ひつこいけどフンドシのね)を見て”おとこ”を感じて引き継いでいくのだろう。 ニッポンジンは素晴らしいと思えた三日間だった。
全国の祭事、全て見てみたいと新たな夢もフツフツと湧いてきた。 (ナニもわかっていないオレに丁寧に案内、解説してくれたりつ子さん、元ちゃん、冨士美ちゃん、ありがとうございました。)
正しい言葉で解説出来てなく失礼しました。正しくは下記のHPで!
博多山笠オフィシャルサイト http://www.hakatayamakasa.com/index.php

アンデルセンで脳に刺激だ!

2014年7月12日 九州の長崎県にあるアンデルセンなる “四次元パーラー”という不思議なカテゴリーのいわゆる喫茶店がある。存在する場所は川棚という恐ろしくローカル!(ローカルって可愛い言い方だなぁ、要はド田舎・・・すみません)なんだけど知名度は全国級で、日本中から毎日、客足が絶えないのだ。

アンデルセンで脳に刺激だ!

さて、この四次元パーラーを文章で書くのは大変に難しい。ここはサイキック(霊能者)ともマジックとも言える様な様々なショーを見せてくれるのだ。ちなみに “脳の既成概念を外せ!”と京セラやソニーの研究所の所員はここに来る事が命ぜられていたと聞く。とにかく脳の既成概念を飛ばしたければココに行くのが最短距離だ。そんなに素直でない疑り深い奴でもココに来ればぐうの音も出ない。 我々は上手く貸切にしてもらう事ができて、指定時間の11時に店の前に立った。

アンデルセンで脳に刺激だ!

外観は普通の少し田舎の喫茶店、それも駅前で二階。立地的には良いとも言えないのに常に満席、常に予約でイッパイ! 店に入るとメニューがあって、そのメニューも至って普通。ハンバーグ定食とかスパゲティー(あったかな!?)要するに特に特徴も無く、お味も可も無く不可もなく。全員が注文してお食事をいただいて落ち着いて、そしてやっと皆が待ちわびるのがサイキックのショーなのだ。それも無料で、本来の喫茶店でのメニューさえ注文すればショーを鑑賞出来るのだ。 いいですかぁ!しっかりイメージをしてくださいね。

アンデルセンで脳に刺激だ!

片付けを終えたオーナーの久村さんが調理場から出てくると、カウンター越しにまずはご挨拶的なマジック、いやサイキックだかを披露。今回もオレが差し出した一万円札を手の平でダンスさせるところから始まって、使っている電球をはずしてその根本を握りしめると手の中で電球が点灯。ビンの中のボルト&ナットを手をふれずにクルクルと閉めたり外したり、ボクがサインした千円札が手の中で消えて後ろの紙袋の中のラッピングされた箱の中の中から出てきたり、そしてジャンケンして勝った女の子に絵を書いてもらうのだけれど、もうすでに誰がジャンケンで勝つか、そしてどんな絵を書くかを久村さんはわかっていてそれを財布に入れて誰かに預けて,その後にジャンケンをして勝った女の子に絵を書かせる。(今回は山城みゆきさん)そして彼女が書けた頃に先に財布から絵を出して先に皆に見せた瞬間、全員唖然!!そこには見事にヘタクソなウサギの絵と”いらっしゃいませ山城みゆき様”と書いてあった。(もちろん久村氏は山城みゆきの名前など知るスベもない。)そして山城みゆきの差し出した絵は、その見事なヘタクソなウサギの絵・・・全員、発狂状態。

アンデルセンで脳に刺激だ!

とにかくアナタの脳の既成概念を外したいならばアンデルセンへ行きましょう。 ボクは十数年ぶりでしたけれど益々パワーアップしてましたね。久村さん、本当にスゴいです。 またエネルギーもらいに行こうかな!

キャンプ・デビュー!!わぉ!

2014年7月3日 キャンプがしたかった。なんちゃってキャンプ程度は経験があったけれど、ちゃんとしたのを自分で仕切る事はなかった。少年時代はボーイスカウト(今でもあるのかな!?)をやっていた事があるから、決して無関心だったわけじゃないけれど、実際にやるとなると、それなりの装備が無かったら出来なかったのだけど、3/11の震災をキッカケに少し防災用品を揃えようかと思っていたら、だんだんキャンプ用品に進化して、全てを揃えるという事で、ならばいよいよ行ってみようと思い立ち、いざキャンプへ!!そんな経緯です。

キャンプ・デビュー!!わぉ!

最近ではキャンプ場も施設も良くなっているみたいだから、とにかく予約も無く北方面と言う事で長野県に向かった。行くのは絶対に平日なので渋滞とか混雑は夏休みでもなかったら無縁。ネットで調べてオートキャンプ、温泉付き(そもそもナンパ)で出てきたのが長野の途中の山梨の北斗市にある”べるがキャンプ場”。今回はその日も、翌日も天気が曇り&雨だったのでテントの始末とか面倒なのでロッジに宿泊。そして自炊なる流れ。  キャンプなクセに東京で上等なスキヤキ肉とステーキ肉なんぞを購入してアイスボックスに入れて行くところなんかシティーを脱っする事が出来てない。でも最初からサバイバル的なものは望んでなくてアウトドアを満喫っ! 程度のキャンプなので充分。簡易組み立て式の小型ガスバーナーなんて初めて買ったけれど、本当にコンパクトに上手く出来ていて素晴らしい。結局、大フライパンと小ソースパンで鉄板焼き、ガーリック&オイルサーディン、温野菜。スキヤキなんか作って、これまた美味しいワインを合わせて至福のひとときを楽しめました。

キャンプ・デビュー!!わぉ!

大自然の中でのメシってどうしてこんなに美味しいのだろう。道具の確認とかいろいろと新鮮な体験が出来て最高。あとキャンプ用品はコールマンの御殿場のアウトレットとかで操作性&デザインを確認して安価で購入。テントも地方のアウトドアー屋さんとかで現物のセール品をシーズン外れに購入。決してお金もかからないし、こんなに楽しいモノは世の中に普及して当たり前だね。一回だけしか体験していないけれど、ものスゴく楽しみが膨れ上がりましたよ。 キャンプマニアの皆さん、ご指導、ご鞭撻をヨロシクお願いします。