贅沢な話です・・・・自慢かもです。(笑)

2014年9月30日 オレの日々やっているお仕事(?)に“旅の計画”がある。それは、とことん贅沢な話だとおもう。 今はとても便利な時代だし、世界は確実に狭くなっていると痛感している。旅も料金も情報量もとにかく身近になり、簡単に手に入るにようになった。 旅は出発前の準備と下調べが大切だ。航空券の手配も前もって予約すれば、それなりに安くもなる。ホテルも同様である。わざわざ知っていて高いお金を払うなんてどんなに余裕があってもオレにはあり得ない発想だ。そして動物占いコアラのオレは上等なところに格安で泊まると嬉しさが倍増する仕組みになっている。 情報はある程に助かるし、また現地での人気レストランなどの情報は数ヶ月前からが必須みたいな事もある。 具体的に言うと、現在は数人の旅行手配業者や仲間をラインなどでつないで情報交換、発券依頼などを行っている。アメックスのプラチナセキュレタリーサービス(年会費は13万円!でもその仕事ぶりはハンパない。海外の調べもの、難しい手配など秘書のようにナンでも24時間体制でやってくれる。オ レは元を取っている。)をも駆使している。
今現在、やっている旅の準備はと言えば~~~
2014年からの予定
◎10月 ポートランド(アメリカ/オレゴン州)全米一、人が住みたがる街を視察。
◎11月下旬から12月 南米のガラパゴス諸島とラスベガス(LS)で世界一の自然と不自然を同時体験、ロサンジェルスでお買い物。
《2015年》
◎2月上旬  フィリピンのボラカイ島(ダイヤモンドフォーラム) &香港で飲茶。
◎2月後半  ハワイ ステイ10日間 たぶんホノルルを中心にしてマウイ、ハワイ島を小旅行。
◎4月中旬   アブダビ(EDC)&オマーン、イエメン、クエート、バーレーン、サウジアラビア(何処に行けて、何処がダメかを調査中。なんと言ってもイスラム教国家。全ての基準値が違うのです。) そしてセイシェル諸島。
◎5月 変態旅行友の会 定期旅行“コーカサス7カ国” キリギスタン、ウズベキスタン、カザフスタン、トルクメニスタン他
◎7月 北欧クルージング&トルコ (トルコの友達御一行と!)
そして 10 月にカリフォルニア(パロスベルデス)と続く、翌年の4月に北欧(EDC)&ヨーロッパ(たぶんイタリアとクロアチア) そろそろイエローナイフかアラスカにオーロラ鑑賞とウユニ塩湖(ボリビア)、そして南極にも行く予定をたてなきゃ!! だから毎日、やることがイッパイなんですよ!(笑)
しかし、旅は行けば行く程に、また行く場所が増えていくという、まさに終わりの無い旅だと痛感する。こうして情報収集したり、旅人と会っていると本当にライブな情報がドンドンと入ってくるから、ますます終わりが無いね。好奇心が増殖するばかり! 先日、会ったアフリカ系のコーディネーターの女子が言うには セネガル、モーリタニア、マリ (バマコ)、ガンビア、ギニアビサウ 、ガーナ (アクラ) 、トーゴ、ベナン、カメルーン 、ガボン、 リーブルリブなども行けそうだし(現時点ではエボラ熱が恐いけど)人生の目標の153カ国もそんなに無謀ではないと思える今日この頃です。少し自慢っぽいけれど、もし興味もあるならば皆さんの将来のひとつのスタイルとして参考にしてもらったら 嬉しいです。 オレにとっては旅する人生を送る事こそが人生の最大の目的で、いつも旅人感覚で東京でも過ごせたら最高だと思っています。

スーパームーンを見に行こう!

2014年9月9日  天体マニアではないけれどドデカイお月様とか見れば、必ず感動できる。月は地球の回りを約36万から40万キロメートルの距離を楕円形状に回っている。地球に近づいた時に満月になるのがスーパームーンなのだ。今年の夏にはスーパームーンが三回見られて、その三回目が9月9日だったのだ。(ちなみに次に今年の条件に近いスーパームーンが起こるのが2034年になる。という事は相当に今年は貴重であったと言う事だ。)

スーパームーンを見に行こう!

便利なもので一週間先の天気予報がバッチリとわかる時代。9月9日の天気を見たら曇りで東京では間違い無くスーパームーンは見られない。そして9月11日に新潟の予定があったので迷わずテント&キャンプ用品をクルマに乗せて新潟方面へ! 新潟県の津南にある無印良品が経営するキャンプ場は山のかなり奥まった場所。MUJIの経営なんてのにも興味があったしで最初の一泊目はそこに決定。かなりワイルドなキャンプ場で楽しかった。もちろんクッキリとサンセットとスーパームーンが拝めました!

スーパームーンを見に行こう!

そして2日目は移動して、やはり新潟の日本海沿いの和島という場所のキャンプ場。ココもそうだけれど他のお客さんなんて皆無。(実際には一組だけ来ていた。でも他に誰もいないのも少し恐いしね。)だからテントを張る場所も予約も無いのに一番好立地を選べるわけ。これは時間のある人の特権だね。ここは少し雲があったけれど日本海越しの素晴らしいサンセットを見れた。そしてスーパームーンはあきらめ半分になっていたところで、後ろ側からドーンとオレンジ色のドデかい月が山の間から出てきた。この存在感といったらなかった。まるで蛍光灯と電球の色の違い程スゴい。と言うか、まさにスーパームーンだった。

スーパームーンを見に行こう!

天文学的な説明は出来ないけれど、だんだんと色は白っぽくなってきて、その迫力はスゴかったなぁ。そしてテントで寝ると自然との一体感は一層に強まるし、とにかく最高だった。 地球の上で生きているという実感を持ちながら生きて行きたいと改めて思った。