上品と下品の真ん中 “明石焼き”

明石焼が好きだ。

明石の人々が好んで食べたのが明石焼なのか、タコの名産地なので名前が決まったのかその違いは良く知らない。

とにかく他の何とも似ていないのが“明石焼き”だ。

形は確かに “たこ焼き”には似ているけど味は違う。

小麦粉使っているのも似ているけど違う。

卵焼きっぽいけど、それもまた違うんです。

食事なのかと言われれば、これまた違う気がするけど、オヤツなのかと言われれば、やはり違う気がする…

かなり柔らかいけど、間違い無く“飲み物”でもない。

独特の“明石焼専用の台”だ。

少し斜めに作られたこの台は他の料理では使い物にならない。

全くもって明石焼にしか使えないモノなのだ。

いよいよわからない不思議な物だ。

明石焼3

 

さて、そのお味は…というか、お味ウンヌンよりも、その食感が不思議だ。

まずこの料理は素人が出来るモノではない。

中は生のごとくトロトロで、外側はそれを包む様に少しは硬いけど、いや硬くはない。

それ自体には味は殆どなくて、出し汁に付けて食べたりする。

これゴハン!?

もうわからない。

お腹にたまるのか、たまらないのかもわからない。

とにかく改めて見てみると不思議な食べ物だ。

 

オレはこの明石焼が大好きだ。

神戸、いや明石か?

とにかく関西方面に出かけると、この明石焼が食いたくなるのはごく自然現象ですよね。

一度食ったら病み付き間違いないのが明石焼なのだ。

明石焼き1

明石焼き2

菊兆 (麦とろ・明石焼専門店)

神戸市中央区中山手通 1−10−5

078−331−9813

三宮駅より北野坂を上がって左側

ごはんの”おひつ”

御飯の保存方法は”おひつ”に勝るものは無い。

おひつ

素材はサワラ。

サワラの香りは抗菌作用があり腐りにくく、またその本体で水分を吸収するので、御飯が適度な湿度に保たれて限りなく美味しい。

美味しい状態が続くのだ。

御飯を盛りつける作業が本当に楽しくなる!

ジャーに御飯を入れておくなんて言語道断。

ニッポンジンならばコレです。

 

大好きな世界に誇るジャパニーズ職人の高度な技で作られたゴマ炒り機。

ここにゴマを入れて直火で炙るとゴマの良い香りがするんです。

ゴマが美味しいと料理が引き立つ。

 

最後は”鬼おろし” マシン!

超単純な竹で出来たおろし機械なんだけど、ギザギザを見ての通り、ザックリとおろせるので水分が出ずにザックリした大根おろしが完成。

この大根おろしだけはフードプロセッサーに圧勝っ!!

とにかく美味しいのですよ。

 

日本の伝統的な台所用品(あえてキッチングッズとは呼ばず)は本当に素晴らしいです。

 

おひつ 木屋にて購入。

お値段13000円

 

http://www.kiya-hamono.co.jp

 

木屋は創業222年の老舗ブランドです。

福島に愛を!!

東北を襲った震災の爪痕はまだまだ深いが、実際に行ってみると
実に人々は明るく暮らしているし、逆にエネルギーをもらう事も多々ある。
しかし、周りの環境は震災前とは比較にならないほどに不便も多いのが現実だ。

これも何かのご縁だが、現地からの強い要望により、アムウェイ社が
福島県相馬市にコミュニティーハウスを寄付し、今月の月末(11月26日)に
引き渡しとなるが、そこに何かをして差し上げられないかと考えた。

そこでケージローの名案☆(自画自賛)
福島に”みんなの映画館”を作ろうプロジェクトを発案。
相馬は海岸地区が津波で何もかも流されていて、当然にそこにあった
映画館などは全て流され何も無くなった状態。
今後その一帯に映画館などが出来る予定も無いとの事。
最寄りの映画館は福島市と仙台市にあるが、同距離で約60キロ
(クルマで二時間以上)。
それでは映画を観に行くのが一日仕事になってしまう。
そこでアムウェイのコミュニティーハウスに上等なホームシアターを設置し、
名作と呼ばれる映画をセレクトし、約300本を揃えて差し上げたら
いかがなものかと言う事で、日本アムウェイの広報部を通じて
問い合わせしたら、是非と賛同を頂き動き出した。

remember hope

 

映画館はないけれど毎週◯曜日は皆で集まって小さな映画館で映画を
鑑賞するなんて、ステキではありませんか!!
ボクは今でも時間がポッコリと空くと映画を見るんです。
大好きな時間です。
映画の魅力のひとつは様々な想像力に繋がる事でもありますよね。
そうやって福島の人々が名作と言われる映画を鑑賞し、新たな夢や希望を
もってくれたら、最高だと思いませんか!?
資金の集め方は今回はココでは説明しませんけれど、かなりユニークな
アイデアな企画です。
とにかく皆で力を合わせて夢ある施設を作ってあげたいと思う一心です。
皆さん、力を貸して下さいね。

今回の300本は家族、大人向けの映画が多数で、まだ子供向けのモノまで
手が回りません。
もしアナタの家に眠っているディスニーやアニメなど子供向けのモノがあって
御寄付くださるならば、一報頂けたら幸いです。
拓次郎(タクジロー)は主宰している山崎拓巳と波田ケージローの名前の一部をくっつけた 実に安易なネーミングの企画名です。悪しからず!)

《是非、参加ください!》
TAKUJIROサポーターメルマガ(無料)登録用HP
★URL http://takujiro.main.jp/

広島の名物“中ちゃん”乱入記

最近の悲願であった広島の名物・鉄板焼き屋の“中ちゃん”に乱入した。
昔、何回か広島に行った時に運良く入れたが、その後、何度来ても満席で
客は居心地良すぎて出る様子もまるで無く、仕方無しに諦めること数回。
なんと表現をしたらいのであろう・・・・ここの居心地の良さは・・・・。
中ちゃんは保健所、それを統括する厚生労働省、また市の建物を管轄する建設庁や
市役所の土木建築課、警察関係、そうそう消防関係にも相当に幅を
利かせているに違いない。
そうでなければこの店の存在は考えられない。

最初に言っておくが、興味本位、好奇心でだけでこの店を訪れるのは止めておいたほうが良い。
何故ならば人としての通常、持つところの衛生的基準値、価値観を
持ち込んだら・・・・・衝撃となるであろう。
店はことごとく汚いし、不潔だし、天井には冗談みたいだが、何故だか
穴が開いて隣のビルの看板が見えているし、そこから隣のビルのカラオケの音が、
漏れるのではなくてダイレクトに聞こえてくる・・・・
改装工事も大掃除も無縁。
将来的には予定も設備投資も考えてはいない。
昔はAМ製品が置いてあったが、逆にイメージ悪いナァと思った。
まず二十代の世間知らずな女の子なんかを連れて行ったら・・・・・・
結果は恐ろしいぞぉ。
さて”中ちゃん”はここに店を開いて37年の歳月が過ぎたと聞いた。
その居心地の良さはナンであろうか。
オレは誰かと飲んでいるときに、自分以上に飲んで酔った人間を見ると
酔いが冷めるという現象があるのだが、どうもここの店主の中ちゃんを
見ていると同じような現象で、オレも飲むとこんななのかなぁと思うと、
いくら飲んでも酔えないという状況になるのだ。
とにかく名物店主の中ちゃんは本当の泥酔か泥酔を装っているか、
いつもホロヨイを越えて泥酔している。
元々はどこかの有名ホテルのシェフだったと聞くが、それは確認出来ていない。

さて、この店の料理は鉄板焼きなのだが、そのオリジナルのアイテムは
『うにクレソン・バター焼き』『モツ煮込み』『たん焼き』などがある。

うにクレソンたん焼き

それぞれの食事は本当に美味しくて、なんの酒にもビッタシの料理だ。
全ては”火”を通しているから大丈夫と思いたい。
フランスパンも鉄板で焼いてくれるのが何とも美味い!
中ちゃんは大きな鉄板のスミッコだけを使って器用に料理する。
飲み物はビールから焼酎、日本酒、ワインと幅広い。
まぁ酔えば何でも良いのだ。
なんだか本当に不思議な気分になる店です。

中ちゃん  鉄板焼き
広島県広島市中区弥生町6−8
電話 082−243−6067
銀山町から徒歩5分

中ちゃん

《実はこの名店“中ちゃん”の御主人は最近死去され、その志を受け継いだ人々が
同じ名前、同じ店の場所で営業していた。
そして隣も吸収合併して大きくなっていた。
昔よりはずっと入れる店です。
なんと“予約”も受けてくれている。
相変わらず向かい側にはソープ女子寮が!!》

ONE LOVE JAPAN プロジェクト

One Love Japan プロジェクト

《第2弾!!巨匠・安斉肇(あんざいはじめ)氏のTシャツがいよいよデビュー!!》

超カワイいデザインが完成っ!! 本当にお待たせしました。今回はサイズを完全に見直しして、XS4、S5、M1、(前回より小さめの日本人サイズ)そして、それぞれ白、ブラックにして合計が20枚です。 この1セットをボランティアーの方に預けますから、三週間程度の間にまわりの方々に紹介して販売下さい。1枚2000円で、一枚につき1300円が義援金になります。という事は20枚の販売が出来ると26000円が寄付! 希望者は名前、郵便番号、住所、携帯電話、メルアド(PC受信可能なモノ)、セット数をお知らせ下さい。約10日前後に送ります。ヨロシクお願いします。(サイズ、色の変更は出来ません。)
申込先 onelovejapan@pv-bv.com

http://www.office-123.com/harold/
http://ja.wikipedia.org/wiki/安斎肇

OneLoveJapanの会計報告

前回は7628枚を皆さんで販売していただきました。 従って義援金に9、916、000円が計上出来ました。ありがとうございます。 支出先は”家族の食器プロジェクト”に108万円、福島の保育園へマスクと空気清浄機が248万円、ひまわりの種プロジェクトに13万円、仙台の中学生バレーボールチームに14、5万円、福島の人々へ放射線測定器(ガイガーカウンター)を5台で29万円、初期の物資支援約45万円が支出されました。(すべて被災者からのリクエストで支援をしています。) 今後、夏休み中の現地の子供達を非難させるプロジェクトなどに寄付をさせていただきます。(何かプランやリクエストがあればお知らせ下さい。)

ONE LOVE JAPAN プロジェクト《重要!お手伝いいただける方を募集!》

支援物資、家族を救う”食事セット6人分”
被災地へのお願い!!
今日、岩手の上野FDDとお会いしました。彼女自身が津波で家、全財産を失った被災者なのにかかわらず回りの人々の生活が良くなる様に尽力をつくしています。
東北では、全財産を全てを失った方々の、仮設住宅での新しい生活が始まります。家電製品、寝具類は国から支給されますが、他の身の回りの物、具体的に言うと《食器類》の支援を希望しています。 ただ色々と考えて、バラバラに送ったり、あるものだけを送ったりしても仕分けも大変ですし、東京でまとめても手間も経費も大変です。
そこでお願いですが《家族の食事セット6人分》を支援していただけませんか。
準備するのはゴールデンウィーク明けの5月8日あたり。それまでに、アナタの使っていない食器類、回りで使っていないお皿などを整理し、無いものはご自身でニトリとかユーズドとかを組み合わせて下記のリストにそった食器を準備していただき、1セットをまとめて、連休明け頃に、こちらからお願いする被災地に送って頂きたいのです。
※よく読んでお願いします!
①支援を出来る方は、まず、当方にお知らせ下さい。80家庭分を集めます。アナタの名前、電話、メルアド、アップダイヤをお知らせください。
onelovejapan@pv-bv.com
②リストに従い食器類を揃えて頂き段ボールにパッキン!空いている間があれば食料、調味料でも、台所回りの物なんでも詰め込んでください。
③アナタの名前(匿名も可能)の応援メッセージを入れて下さい。(返信は期待しないで下さい。筆記類も郵便代も厳しい世界です。)
④5月8日過ぎに、こちらから、義援物資の送り先を指示しますので、直送願います。その際、箱には”食事セット6人分”と明記! ”割れモノ”シールをしっかり貼って下さい。そして送付願います。
あなたの送ってくれた食器が、被災家族の毎日の生活に役立ちます。 アナタの”力”を貸して下さい。
《家族の食事セット6人分リスト》
全て6個です。 茶わん、おわん、丼ぶり、小皿、中皿、大皿、はし、コップ、湯のみ、コーヒーカップ、スプーン、フォーク、あとオタマ、へら・・・以上が基本的な家族セットです。食材、その他、何でもお願いします。
不明な点、気軽に上記アドレスに問い合わせください。
みんなで少しずつでも力になってあげませんか!!
ヨロシクお願いします。
波田ケージロー

おめでとうございます! 阿出川御夫妻

2014年10月25日 尊敬する阿出川御夫妻の結婚50周年(金婚式)と夫妻の経営しているテッド・インターナショナル(サーフショップの老舗)の創立50周年という、ものすごくおめでたいパーティーにお招きいただいた。

50年と一言で言うけれど長いぞぉ〜〜!!

子供の頃も含めての50年ではなくて、大人になってからの50年の結婚生活、そして企業が50年も存続する可能性は1%と言われる中での50年続く経営。とにかくどう考えたって「恐れ入りました!」としか言いようがない。まさに公私共々、順風満帆! これぞ尊敬に値する御夫妻の姿。

阿出川ご夫妻と

 

テッドさんは東京に生まれて日大芸術学部時代からアメリカに渡りサーフィン文化にふれて、サーフボードを作る技術を学び日本に帰ってサーフボードシヨップTED international を設立。

日本にサーフィン&サーフカルチャーを伝えた正真正銘のレジェンド。多大なんてもんじゃなく、ものスゴいスケールで日本の若者文化に影響を与えた人なのだ。

それを支えた百合子さんの内助の功といったらハンパじゃない。何故ならパートナーのテッドさん、ただでさえサーファーはモテるのに、今から50年前なんて・・・(笑)

ハンパじゃない武勇伝の数々・・・「間違い無く百合子さんでなくては務まらなかった・・・」とテッドさんが言ってた。

当日は新しくなった皇居脇のパレスホテルのボールルーム。サーフィン界の重鎮も大集結でとんでもないオーラがムンムンとしていて人間ウオッチングも楽しかった。サプライズゲストのアメリカからプロサーファーのマイクパーパス、そしてドジ伊坂氏、河合幹生氏、佐賀ブラザース、ディックブリューワーの長沼氏、もう濃厚ラインナップだ。

写真 3

親友の歌手マイク真木さんは大ヒットの『バラが咲いた』を皆で歌って、その後は即興で“テッドの一生”を歌い、会場は大爆笑!

マイク真木さん!!

そして感動はテッドを継いでいる阿出川さんの長男のジュンの存在。素晴らしいスピーチに涙&爆笑。いまやパタゴニアのアンバサダーという名誉ある仕事にも携わりながら、お店も切り盛り。

最後にはジュンの息子(阿出川氏の孫)も含め、阿出川ファミリーが全員集合してご挨拶。これまた50年の歴史がガァーンと感じられる三世代勢揃いの涙の瞬間でした。

オレもあと50年 頑張ろうっ!!!

エクザイルな焼き鳥の名店“床嶋”

焼き鳥・・・焼いた鳥である。
焼き肉と唯一張り合える食事だ。

焼き魚には無い、焼き野菜でも役不足、焼豚は中華の小さな一品モノだし、焼き飯や焼そばなんて、どんなに束になってかかってもかなわないのが焼き鳥だ。
オレは心底、焼き鳥が好きで、死んだらキリスト教のお葬式で献花をするように、弔問客に焼き鳥を手向けて頂きたいと思っている程に焼き鳥を愛している。

焼き鳥といえどもピンからキリがある。
安い居酒屋の何処産だかわからない怪しい鶏肉を串刺しにしてガスで焼いているのも焼き鳥だし、フランス料理で言うところのジビエ(野鳥)の味を最大限に焼き鳥という形で提供してミシュランを獲得している店まである。
焼く技術が問われる。
炭火で焼くのは当たり前で、ガスなんて言語道断!
地鶏と言われる健康的な肉である事を求む。

R0017741

さて、この店は、行くとちょっと違う雰囲気がある。
初めてこの店に行った時、座っていたお客さんの70%が学ぶ姿勢満々の焼き鳥屋さんだった。
見ているモノが違うのですぐにわかる。(そのお客さんが帰った後に、御主人が丁寧に、勉強しにきている他店の店主さん達だと説明してくれた。)
同業者が観察に来る店。それが”床嶋”だ。

先日、ここの裏メニューを知った。
それは鶏鍋だ。
トリナベ・・”床嶋”が作るトリナベ・・・マズいわけがが無い。
それは予約制と言う事で、早急に予約!
胸が高鳴る思いでその日を待った。

そしてその当日、焼き鳥を数本いただいてから“鍋”に移行!
スープが濃厚、それは鶏のモミジといわれるアシの先っぽで濃厚なダシをとり、通常ならば、部位で言えば、モモなのだろうけれど参鶏湯(さむげたん/韓国の鳥煮込み)を思わせるトロトロになった鶏のアシがドォーンと入っていた。
これぞコラーゲンの極み!
感動を越していた。
焼き鳥で始まりトリナベでシメる・・・・
まさに昇天コースだった。

R0017749

あの夜、もう死んだって悔いはないとすら思えた。
(翌朝はそうは思わず、また食おうと改心だけどね。)

サイドメニューは至って豊富! 何を食べてもパーフェクトだ!

 

 

あっ、なぜエクザイルかって?
オーナーが筋肉隆々でエクザイルのメンバーでもおかしくない位のカッコよい風貌だからだ。(スンマセン)

R0017740R0017751

焼き鳥 床嶋(とこしま)

東京都世田谷区三軒茶屋2−8−10
ルナパーク三軒茶屋105

電話03−5486−3318

営業時間 17:30から23:30(LO22:30)

http://www.styleconscious.jp/contents/food/tokoshima/