その名は“港町食堂”・・・食堂と言う名のビストロ

映画のセットにしか思えないこの店。
元々は港にある港湾労働者の休憩場所であった。
そこを何かの縁で食堂をスタート。
立地、店構え、建物、全てに悪いのにここで見事に成功する事ができたのは、その奇抜な発想であろう。
店の肝心の入り口なんて、クチでいくら説明されたってわかる場所とは思えない、とんでもないロケーションなのだ。
成功している店は往往にしてお客が何を食いたいかを見つけた店ではなく、お客に何を食わせたいかを提案するとろに秘訣があると言う。
この店の近所の港湾関係者といえばガテン系な人々。
味付け濃厚なボリューム感いっぱいな店を提供するのが世の常だろうけど、この店主は洋食屋を開店。
そして世の中のSNSブーム(TwitterやFacebookのクチこみ)で瞬く間に那覇での人気店になってしまったのだ。
後から出来る勝手な考察をしてみたらクルマは路上駐車し放題(沖縄は基本的にクルマ社会、なのに駐車場は100円でも払いたくないと言うのが意識の根底)。

そして家賃に較べて圧倒的に広い店(なにせ港湾関係者が食事の後で休憩する為に畳がひかれていて、そこでゴロゴロしていたのだ。)
なのでキャパ的には大人数もオッケー。

港町3

そして何より“秘密感”でしょうね。
入り口もわかりにくく(道路側に入り口は無しで、道路脇の“へい”を乗り越えて、倉庫と倉庫の間を入って行く!ちゃんと優しく道路からの塀を超えるのに踏み台がある。ちなみに足腰の悪い“老人&車いす”は不可能なのが実際。)

港町1

 

さてメニューは多彩だ。
一番高くてもステーキ(牛)の1200円。
オススメは沖縄産の豚だ。
ポークチョップに厚切りステーキ(これがイチオシ☆)
そしてコロッケにハンバーグなど定番の洋食屋さんの王道メニューは全て制覇したけれど、どれもオッケー!

港町4
コーヒー、紅茶はフリーで飲み放題という気前の良さは沖縄一番!!

港町5
結局、安く美味しい洋食を那覇市民に食わせたい!というシンプルなコンセプトが受けに受けたんだなぁと実感!
お試しを!!!
正しい食堂のあり方がココにはあります。

 

≪港町食堂≫

住所 沖縄県那覇市港町1−13−23

電話 098−864−4228

ちなみに最寄りのユイレール見栄橋駅から徒歩で2,482m(笑)やめておいた方が良いね!

営業時間 要問い合わせ

定休日 月曜日 第三日曜日

http://tabelog.com/okinawa/A4701/A470103/47012589/

港町2

本当に悩みました!Mieleミーレー社の換気扇

駒沢の家を建てる時に、唯一悩んだモノがある。
それはキッチンの換気扇だ。
ただでさえ高額セレブ系なキッチンを作るTOYO Kitchin の製品は高いのに提案してきたオリジナル製品が21万円。
このミーレー社の換気扇はダントツに高くて41万円だった

換気扇2

カッコは超薄いミーレーの勝ち。
ただTOYOだってそんなに不細工なワケではないし、性能だってどっちもどっち。
それなのに差額20万円・・・・

換気扇3

 

結局41万円を覚悟した。
ミーレーはドイツ製でアップルコンピューターの創業者のスティーブジョブスもこよなく愛したデザインの製品群なのだ。(自伝スティーブジョブスででも語っている。)
ウチに来たお客さんにミーレーを誉められるとメチャ嬉しいのだ。
換気扇1

毎日、これを見る度に『ミーレーで良かった!!』と痛感しております。
デザインは大切です!!
決して侮ってはなりません。
どうですか!?
このフォルムの美しさ!!

 

元スパイ工作員が働くレストラン@リトアニア

リトアニアの首都ベリュヌスで評判なレストランがある。 その名はマノガル・・・意味はわからない。 なぜ評判かと言えば、無農薬野菜をふんだんに使用する素材を最大限に生かした料理が提供される店だからだ。 (そもそも、このバルト海のリトアニアなんて無農薬に野菜しかないかと思ってた。) リトアニア④   シンプルな内装、明るい店内、機敏な動きのスタッフ、それらの要素も明らかに、その評判に貢献をしている。 しかしそれ以上に評価をされている点は・・・ なんと!ここのレストランの店員さんは全員 元・受刑者なのだ。 元・受刑者という人々を積極的に受け入れて社会復帰のお手伝いをする為に、そして正直な食事を提供する為に、この店がある。 その“志”だけで感心するではないか! リトアニア① オレが色眼鏡でみてしまうのか、店員さんの後ろ姿に“影”を感じてしまうのだ。 事実、その女性はスパイ映画に黒ずくめのピタピタなコスチュームで出て来るスパイ工作員にしか見えなかった。 でもその影がなんともカッコ良く感じてしまうんですよ。リトアニア それぞれの人にはそれぞれの人の人生がある。 やはりお似合いなのはロックでもソウルでも、Jポップスでもない演歌でしょうか。 彼女を見ていると何故か“網走番外地”なんて曲が出て来てしまうのは偏見!?   食事はシンプルに美味しかった。 地理的、歴史的に見たらロシアに属するエリアなのに、どちらかと言えば北欧文化に影響を受けている。 リトアニア③ シンプルに新鮮で安全な素材をシンプルな料理法でシンプルなサービス、そして値段もリーズナブル・・・流行らないワケは無い。 オレ、影のある子に弱いのかな〜〜(笑)   リトアニア② MANO GURU Vilniaus     g. 22/1, Vilnius, Lithuania +370 5212 0126 http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g274951-d1067489-Reviews-Mano_guru-Vilnius_Vilnius_County.html  

ガラパゴス&ラスベガス

なんて遠かったんだろ・・・ガラパゴスまでの道のり。
ウチから成田空港出発までが4時間
アメリカ東海岸のボストンまで12時間
ボストンステイで15時間
アトランタまで&トランジットで5時間
南米のエクアドルのキトまで6時間
ステイ&フライトでガラパゴスまで12時間

トータルでウチから54時間だった!(笑)
それは言い方を変えると2日と4時間。

その間に映画は3本、本は4冊、うたたね数十回を重ねたので、相当充実していたのは間違いない。
とにかく到着して空港から港まで一時間。(いい加減、ここまで来ると、全てがどうでも良くなってくる!)

さて乗船したのはコーラル一世号。

ガラパゴス1
この28人乗りの小さめな客船でガラパゴス諸島を回るのだ。
島には一カ所を除いてホテルやレストランも無いのでココが生きる拠点となる。
こんな場所での船旅はすこぶる快適である。

さて何カ所かの島とポイントをまわったけれど、とにかく驚いたのが島にいる何万年も進化というか、他の場所からの影響を一切受けていない為か、人間から一切の危害を加えられた経験がないからか、動物の近くに寄っても見向きもしないし、当然に逃げもしないのだ。
スレてないってこういう事を言うんだね。(笑)

ガラパゴス2

もう何から何まで驚きの光景でした。
イグアナも最初は一生懸命、ココとばかりに写真を撮っていたけれど、あまりの数の多さに驚き!(見飽きた)究極の自然とはこんなもんなんだなぁ。

 

その後は、ラスベガスのLSまでの4日間はロサンジェルスまで移動して、クルマでアリゾナ州とユタ州を含むグランドサークルを周遊。

グランドサークル.③jpg
ここはグランドキャニオンを含む半径230キロのパワースポットエリア。
セドナ、アンテロープキャニオン、グランドキャニオン、ホースシューベントなどを回った。
グランドキャニオン以外は初めてだったので感動的だったなぁ。
ホーリークロスチャペル、アンテロープは特に感激!
ここも生涯、記憶に残るスバらしい時間になりました。

グランドサークル4

 

そして不自然の極みのラスベガスに入った。(笑)
ここでの話題はあえて書かないけれど、もうこの一週間の生活とは全くの逆転でヘロヘロ。
どっちが良いとか悪いとかではなくて、同じ地球上でも様々な事が起きているのだと実感した次第。

 

生きる事ってバランスが大切なんですねぇ。