久々の“香港”は“HONGKONG”だった。

2015年2月1日 香港にゆっくり行くのは返還後は初めてなのでざっくり数えても20年近くぶりなのだ。 香港1 (香港がイギリス領から中国に統治権が戻されたのが1997年7月1日) それまでは事あるごとに通っていたけれど、なんだか“中国返還”って言葉が重くて、どうも行く気にならなかったのが本音。 事実、多くのお金持ちや文化人は返還にあわせて国外に居を移していて、街中も何となくひっそりと一時はなったらしいけれど、時間が経つにつれて経済的にも文化的のも中国よりずっと先を行く香港が、中国からそんなに監視を受ける事もない様子から、世界に散った人々が香港に戻り、その際、元々の国際感覚をもっている香港人が海外でより一層と洗練されたセンスと文化を持ち帰り新たな発展をしたと聞いている。 今回はそんな事を街を歩いていると感じる事も多々あった。 街は単純に高層ビルが乱立し、いまだにあっちこっちでビルの建設ラッシュだった。 香港2 その高層ぶりはさすがに世界でも有数の土地価が高いエリアだし、地震もないのでビルのニョキニョキさは天下一品。 そして飲食店、特にオレの大好きな中華料理も大きく変革! 昔は巨大なレストランばかりだったのが、小さく、ハイセンスなレストランに変貌、そして他国の料理を提供するレストランも沢山出来ていてレベルも素晴らしかった。 香港3 ファッションも素晴らしく、PMQなるビルなんだけど100年以上も前の警察の寄宿舎がリノベーションされて超カッコ良く仕上がっていて、その仕上がり具合はウラヤマシイ限りだった。 聞くところによると香港では古い建物を残そうなどという文化が無かったらしいが、やはり外国でセンスを磨いたプロデューサーがいたのか、古き良きモノを残そうとする試みも素晴らしい。 とにかくそのセンスの良さも脱帽だった。 そしてなにより街に、人にエネルギーが充満していたのを感じられた事が良かった。 とにかく久々のアジアの片隅の街“香港”は明らかに世界の中の“HONGKONG”に変貌していた。 また世界でお気に入りの場所が増えたぞ。 今後もHONGKONGに出向く事が多くなりそうだ。

愛の先の“担々麺”そして“蟹味噌麺”二軒ハシゴの巻。

久々の香港だ。
フィリピンのボラカイ島に行く途中でどこに行こうか悩み、2月と言う季節がら選んだのが香港。
というのもボクの好みの旅行は“ひとつの旅行で二味楽しむ事”(具体的に言えば大都会と大自然を同じ旅で楽しむ事。)“なので、英国から中国に返還されて初めての香港という事になったのだ。
日程的にも2日半という短い時間だったので、激しくスケジュールを組んで、行きたかった店を片っ端から制覇!

 

一軒目に行きたかった広東料理の店で何を食べても劇的な美味さ。
カジュアルなのにミシュラン星1を取っている意味もわかる。
とにかく、かなりハイテンションなディナーをして、悲願だった”カニ味噌あんかけ麺”でシメ。
正確には“シメその1。

蟹味噌麺1

 

そして二軒目の目標は”香港一の担々麺“。
そこから地図で見たらそんなに遠くはないと思われた店まで歩いて行く事に。
ところが全然、その店が見つからない!

地図がいい加減だったのがその原因。
かなり迷ったので、道ばたのバイク便のメッセンジャーが仕事の待機していたので、恐らく職業的に道には詳しいかと勝手の想像して聞いてみたら、超ナイスガイで我々をその店の近所まで歩く事、5分かけて案内してくれたのだ。

ここだよ!と手招きされてメッセンジャーに御礼を言って、目的と思われるホテル(コスモホテルと看板には書いてあった。)に入ってホテルのボーイ君に聞いたら、ここはコスモホテルでアナタの目指すホテルはココではなくてお隣のコスモポリタンホテルだと・・・・世の中のありがちな略称としてコスモポリタンを略してコスモと呼んだりするけれど、なにもコスモホテルの隣にコスモポリタンホテルを作らなくても良いかと思うんだけれど・・・(笑)

そしてそのボーイ君は自分が日本が大好きで新宿に住んでいたそう。
なんとご丁寧にも歩いて一分のお隣のコスモポリタンホテルのレストランにまで歩いて案内をしてくれたのですよ。
なんと優しい人でしょう。

ここも中国人らしきばかりのホテルだし、まさかコスモポリタンのお隣にコスモホテルがあるなんて想像もしないので二人の道案内がなかったら絶対にココに来れなかったと思い大感激!

そして、その香港一と言われる担々麺は、辛いモノをあまり好まない香港人の作るモノなのに抜群の切れ味。

なんと言っても中国、香港人には”スープインヌードル“(汁麺)はほぼ存在しないので(最近は日本のラーメンの影響でか少しはあるけれどそもそもスープを取る習慣がないらしく決して期待を超える事は無い。)

そこを加味しても充分な美味しさだった。
という事で時間が無いと言う理由にしろ、食いたかったモノはキッチリと食います!という”シメの二軒ハシゴ”なる荒技で素晴らしいディナーになりました。

担々麺

しかしここの店の担々麺は小さいお茶碗程度のサイズなので、あくまでサイドオーダー的な麺類。

それを大の大人が”四人で二杯だけ“というオーダーはあまりにもマズかったと後悔。

こころして望むべし!!! Its HONGKONG!

 

杭州酒家(ハン・ソウザウガー)

1FChinachem Johnston Plaza178-185JohnstoneRoad.

営業時間11:30〜14:3017:00〜23:00

電話2591−1898

カニみそあんかけ麺238HK$

杭州2

合江小鎮(ハップ・ゴン・チャウ)

1F,CosmoporitanHotel,HongKong.

387-397 QueensRoad East.WanChai. HONG KONG

営業時間12:00〜23:00 無休

電話31677833

成都風の担々麺28HK$

オレの鍋物史が変わった!! @福岡

水炊き・・・福岡人が愛するいわゆる“トリナベ”である。

それは福岡の日常の食べ物で普通に家庭で頂くモノなのだ。

ところでナゼにして“水炊き”と言うのだろうか!?
水を炊いたらお湯だと思うが・・・“お湯鍋”では全く美味しそうでは無い。

炊くとは一般的にはゴハンの加熱の表現だが、西日本では煮る事を“炊く”と表現する。
水炊きは具材を水から煮立たせるのが本来の調理法である為に“水”で“煮る”。
いわゆる“水炊き”であるそうだ。
お湯で茹で上げても“水餃子”と言うのと同じな訳だ。

料理はしごく簡単でトリガラを使わずに、まるのままの鶏を水から煮てスープを取る。
鶏は九州産の朝引き若鶏を使用とある。
そんな単純なのに、どこの店と較べてもブッちぎりに、この“とり田”美味しいのはナゼでしょう?!

image

オレも好きで見よう見まね、聞きマネで作るけれど、雲泥の差とは正にこの事だと思うのだ。

まず、この店の、そのセレモニー的な食い方が素晴らしい。
キレイな白濁(黄濁が正しいかな?)のスープが運ばれてくる。
それを女店員さんがソバチョコ程度の器に分けてくれ、スープのみで頂く。
これが美味いっ!!
思わず叫ぶ。

そして人数分の胸肉、もも肉、骨付き肉を投下して、火が入ったら取り出して分けられ、煮すぎないうちに柚子胡椒などを付けて頂く。
その際に、長ネギの細キリを瞬間、鍋にいれてしゃぶしゃぶにして鶏肉と頂くのだ。

その美味さたるや尋常じゃない。
その後はつくね団子(これも砂肝が混ぜ込んであって食感が最高)や野菜を入れて食う!
どんどん食う!
もうスープが美味すぎて全てがたまらない美味しさでした。

最後はシメで、ゴハンかラーメンを投入してスープを吸い込ませて頂くわけ・・・・こんな美味い鍋が日常で頂ける福岡の人々が心底、ウラヤマシイです。

帰ってから数日、いや数十日たっても未だにあのスープをは忘れられません。

image

ボクのking of NABEは間違い無く“水炊き”です。

とり田 博多本店
福岡県福岡市博多区下川端10−5 博多麹屋番ビル1階
TEL092-272-0920

営業時間-11:30~23:00(21:30LO)
不定休
130席(最大収容人数60名)

image

とり田 薬院店
福岡県福岡市中央区薬院2-3−20 CASE Bldg1階
TEL092-716-2202
営業時間-12:00~23:30(22:00LO)
不定休
40席(最大収容人数10名)

http://www.toriden.com

同じ日本の西と東で気温差27℃っ!!

2015年1月27日 今年も気温差27℃の日本を味わった。
1月27日の夜は北海道は札幌で復興支援のミーティング “拓次郎プロジェクト”の札幌ミーティングが開催。
という事で午後のフライトで、気温8℃の東京を千歳に飛んで、現地の気温はマイナス5℃。
そしてミーティングが終わって、ススキノの外の温度はマイナス10℃。
(ここでのススキノは特に意味がある場所では無いです。)
衣装はユニクロの寒さ対策用のヒートテック、ネルシャツ、そして薄手のセーターに厚いダウンジャケットだ。

メシ食って出てきた札幌の街は当然に吐く息は真っ白だし完全なる雪景色。
その時の気温は10℃以下。
そして翌朝は10時のフライトなので朝イチにホテルを出発。
ニュースの天気予報でマイナス10℃。
ここでの衣装選択がかなり高度な技。
何故ならばホテルの外、移動、そして千歳空港内までは明らかなる極寒!
(ちなみの北海道人に言わせるとマイナス5℃程度は『今日は温かいね!』と表現する。)

厚手のダウンジャケットに中は普通のシャツ一枚。そして飛行機の機内は普通の温度なのでシャツ一枚でオッケーなんだけれど、那覇空港に着いたら、そこはアジアの一角という温度で20℃。
沖縄にしたら20℃は年間で一番寒い季節になるので、沖縄市民はみんな凍り付きそうになっていて、出迎えの友達も『ケージローさん!今日は冷え込みますねぇ!』なんて平気で言うし、実際20℃を割り込むと街にはダウンジャケットを着込んで背中を丸めた沖縄人が多く見受けられるようになる程・・・・

本当に狭い日本なのに外国かと思う様な別世界を味わえるのがこの季節の醍醐味。
是非、この感覚は味わって欲しい世界です。狭いながらも四季折々の楽しさが備わっている日本の季節〜〜最高なんです。

TUMIのトロリースーツケース

このスーツケースで地球二周半は廻ったと思う。

tumi3

南米のエクアドル、エルサルバドル、パナマにコロンビア・・・東ヨーロッパ10カ国もコーカサス方面6カ国を廻った時もコレだった。
軽く思い出しただけでも数十カ国を一緒した。

このアメリカ製のTUMIはその素材はナイフで突き刺しても穴が開かないと言われている。
(実際、その話を聞いて友達のカバンを刺してみたらグサッと刺さったけど・・・)

TUMIは耐久性は確かに強固だ。

tumi1
空港で投げられても、トラックの荷台にて転がっても、他のスーツケースが上に載っても全く中身は問題無い。
サイズも縦横高さが110センチなので機内持ち込みも可能なサイズ。
そして写真には出ていないけれどリュックサックみたいに背負う事も可能なベルトが仕舞い込まれている高機能。

なんとこのリモアはセレクトシヨップのユナイテッドアローズの別注品なのだ。

しかし、人には“飽き”というモノがある。
10年近く酷使して流石に見飽きた、と言う事でシンちゃんに贈呈。
第二の人生はシンちゃんに委ねた。
10年一緒に旅したTUMI君、シンちゃんと第二の人生を過ごしてください。

割り勘お一人様1000円

俺は動物占いはコアラだ。
コストパフォーマンスがやたらに気になる。

沖縄でのミーティングのアフターに国際通り近くにある名店 “ゆうなんぎい” に来た。
ここ極上なお味だけど予約が取れなくて大所帯な我々には不向き。
しかし、昨夜は偶然にも15人で入れて”宴”!

割り勘
そして『おあいそっ!』『一人1000円ポッキリ』~~
物価の安い沖縄だけどブッ飛びました(笑)
幸せだ!

拓次郎プロジェクト@札幌

札幌の皆さん、ありがとうございました!!
素晴らしいミーティングでした。
ここのチームのスタッフのお仕事の気配り、ハンパない!!

拓次郎プロジェクト札幌2
チケットも三分で売り切れただけあって熱気満点!!

拓次郎プロジェクト札幌3
ススキノのアフターもヨセばいいのに勢いでラーメン屋まで!(笑)

拓次郎プロジェクト札幌1
でも楽しかったのょ!
あっ プロデューサーの藤田直之!
いつも感謝! 感謝! 感謝!です。
Good Job!!