太郎と山の中 お好み焼き屋

岡山の太郎に会いに行った。
最近、岡山の話題が続き、興味をそそられていたので地元を愛する太郎に案内してもらったら、それは楽しいであろうと。
岡山はアメリカのポートランドを目指しているとも言うし。
聞けば、岡山と言う県は意外にも人口が増えているそうだ。
それは日本の中でもかなり天候が安定している住みやすい気候、そして外の人間を受け入れる姿勢、そんな事が要因らしい。
世界が注目する、世界一のジーンズを作っているのは岡山だし、Made in OKAYAMAは今や、ワールドブランドにもなりつつあると言う。

 

食文化も独特。
この広島から岡山の三陽エリアは“粉もの”文化が発達しているのであろうか。
お好み焼きにもコダワリが強い地域に思える。
さて、連れていってもらったオススメのお好み焼き屋さんは、それはそれは恐ろしく山の中だった。
もしタクシーだったらダマされたと思うだろうし、ナビで案内されながら自分の運転だったら、間違い無くナビの故障と思い、引き返したであろう。
そんなに山奥にナゼ・・・
北村夫妻は脱サラでこの店を20数年前に開業。

 

201507食4
自宅の小さな庭の先。
店の様に作った納屋とガレージと思えば楽しいか。

201507食3
北村夫妻は店構え、立地条件なんて小さな事にはこだわらず、その“味”に思いを込めたのだ。(オレの想像)

2015食6
どこで修行した訳でもなく、自分で研究開発した“タコ焼き”と“お好み焼き”は絶品のイキであった。

201507食7

201507食5
何処かで修行をするのも、何かを学ぶには大切な事だが、自分で好きで研究して突き詰めて行くと言うのも正しいみちなんだと、同じ“粉もの”でもこんなに違うのかと衝撃の店でしたよ。

201507食1

201507食2

 

お好み焼き・たこ焼き キタムラ

岡山県総社市井尻野2079-71

tel   0866-93-2050

久々の大きな買い物・・・キャンピングカー!

オレの夢リストには“キャンピングカーで日本一周”という漠然とした夢が書かれている。
なんとなく60才位かなぁなんて思っていた時に、『どうして今、買わないんだろう?』と素朴な自問自答が。
まぁ安い買い物ではないけれど、買えない金額じゃないし・・・
60才まで待つ理由とはなんであろうか?とふと考えたら何も無い事がわかった。
もし持っていたら生活はどんなに変わるか?
気がむいたら天気を見て、数日間の気楽なキャンプ、温泉に行くにも“宿”の心配をする事無く旅が出来るってどんなだろう。
(最近はキャンプに凝っていたので想像は簡単だ。)
所有する面倒もあるけれど、実際持ってみた事を想像すれば、無いよりあった方がずっと楽しめそうだ。

 

 

 

キャンピングカーでやりたい事!

◎サーフトリップ!波を求めて日本をまわる。
◎全県 “道の駅” を研究
(これかなり楽しみ、食材買って料理も出来る)
◎全国の温泉をまわる。
(日本には2000以上の温泉がある!)
◎全国の有名な“居酒屋”を全店 制覇!
(どの町にも名店があるんです!)
◎日本の世界遺産 制覇
(これは必須でしょ!)
◎全県ミーティング
(これは楽しい。地元民とふれあうのは最幸!)
◎全県飲み会
(せっかくだから全国の仲間と飲み会して盛り上がる!)
◎神社仏閣めぐり!
(これも楽しみ。日本の神秘を再確認。)
◎全半島&際突端の制覇!
(小さな半島も先っぽに立ちたい!)
◎ 全国の祭りを見る!
(素晴らしい日本の伝統を感じたい!)
◎ 春の桜前線とともに“桜の名所”を訪ねてお花見しまくり。
◎ 友達の両親に表敬訪問!
◎ 美味しい“日本酒”も飲みたい!
◎ 全国の有名な市場を見たい!買いたい!食べたい!!

 

 

 

買う時に一番、考えたのがサイズ。
もちろん値段との兼ね合いもある。
キャンピングカーは止まっているときの使用感は大きい程良いけれど、大きすぎれば移動が面倒。
ましてや都市部の移動は駐車場で苦労する。
実際、今回、これを踏み切った理由の第一はウチの近所に駐車場が幸運にも見つけられた事に端を発する。
結局、決めた1台はイタリアのフィアットをベースにしたデスレフ社の最小の一台。

201507日記3
全長6m、幅は2.1m、高さ2.6mなので2トンのトラック
(佐川急便が使うトラック程度)
外車はやはりキャンピングカーの文化が違うので、作りが本当に細部まで考え尽くされているのが好きだ。

201507日記1

 

201507日記2

 

 

まぁスポーツカ-ならば走って、眺めてナンボだけれど、キャンピングカーは移動して生活してナンボ。
未知の世界が楽しみです。

 

ポルシェ、マセラティーを買うよりも、きっと人に夢を与えられる一台だと思ってマス。(と自分を納得!)

 

全国の皆さん、素敵な情報をお願いします!!

 

ボクの決めたキャンピングカー デスレフ!
http://www.dethleffs.co.jp/

少年の夢は永遠なり!

2015年6月26日(金)
男はクルマが好きである・・・
おれはそう信じている。
クルマが好きではない男なんて男じゃない、とすら思っている。
オレの少年時代は頭の半分はクルマのことであった。
いや、それ以上だったかもしれないという程に頭はイッパイ。
今の少年、少女がゲームに狂うのと同じレベルかもしれないなぁ。

とにかく明けても暮れてもクルマ(脳の残りはチャリンコと好きな女の子の事。)
少年だから当然に実際にクルマを操縦するわけではなく、全てはバーチャルな世界。
だからか想像力はドンドンと膨れ上がっていったわけ!
当時はクルマのカタログを集めるのが趣味で、その夢いっぱいのカタログやクルマ雑誌を眺めているだけ幸せだった。
通り過ぎるクルマの名前は当然に言えた。
そして未来はこんなクルマに乗る、あんなクルマに乗ると想像を巡らせているのであった。

そんな良き日の時代のクルマが一堂に集まっているのが愛知県にあるTOYOTA博物館と聞いて、いつかは行ってみたいと思っていた。
そして、その好奇心に火を付けられたのは、その博物館のポリシーだ。
今まで行った海外のクルマ会社の博物館はドイツのBMW、ポルシェ、そしてメルセデスベンツ。
どこも共通しているのは自社のクルマだけを並べているのに(まぁ当然の事)なんとTOYOTAはTOYOTA車以外の名車やライバル社をわざわざ展示、それもいつでも動く最高のコンディションにして展示しているのだ。

IMG_2687 IMG_2693 IMG_2696 IMG_2723

そして幸運にも友人のイラストレーター松山氏(彼の作品はTOYOTA博物館にも展示。過去にここで個展を開催した経緯がある。)の紹介でバックヤードを見学させて頂けた。
博物館では展示してあるものは、じつはごく一部。
その他の膨大なコレクションは裏側で待機しているのが世の常。
マニア必見の超お宝アイテムが山盛りにあるのだ。
それを個人的に博物館の偉い方のガイド付きて見られるなんて幸せの極地。

とんでもないレアなクルマが何十台も見れて感動だった。
もちろん常設展も見応え抜群でずっと唸ってた。
そこにはリアルのボクの少年時代に憧れたクルマそのものが展示されていた。
スカイライン2000GT、TOYOTA1600GT、いすずベレットGTが一度にみられるなんてそうは無い事。
名車TOYOTA2000GTもベストコンディションで五台も!
日野コンテッサやHONDA N360、シビックの初期型、ゴルフ1などまさに時代を作った普通の人々の為のクルマもあったなぁ。
もちろん1910年代の自動車創世記のころのT型フォードとか珍しいキャデラックもあった。

とにかくここで過ごした三時間はアッというも間だった。
少年時代の夢がすべてここにあった気がした。

またいつかここを訪れて、少年時代にタイムスリップしてみたいと思う。

FullSizeRender

TOYOTAさん、本当に素晴らしい事業をされている。
ありがとう!

旅の必須アイテム 充電センター

旅に出ていてホテルにチェックインして最初にすることは”充電”だ。
携帯電話、デジタルカメラ、充電補助バッテリー、パソコン、時々携帯Wi-Fi、時々携帯スピーカー・・・
実に電気に頼った生活は便利にして不便だと痛感。
海外はコンセントも数が少なく仲間との旅だと尚更にコンセントは激戦区。
そこで重宝するのが”延長コード”数口のコンセント付きが相当に便利。
度を重ねるとだんだん色々わかってくる。
なので、いつもひとまとめに専用バックへ!

mono7_1 mono7_2

巨匠の気分でカレーはいかが?!

ジェフリーバワという崇高な建築家がいた。
バワは南国建築家として多くの名作をスリランカをはじめバリ島やインド、そして世界中でも特に南国に数多くの作品を残している。
よく思い描く南国スタイルの建築物と言えば、氏の影響やコピーと思って間違いないと言われる程に、多くの名デザインを残している。

氏のデザインは土地がもつ自然の美しさ、歴史、文化を最大限に引き出し、内と外、人間と自然の境界線を取り払うことがテーマ。
彼の手掛けた空間は、佇んでいるだけで本当に心地いい。
プールの先がいきなりストンと切れて見えて、そのまま海と一体化して見える様なインフィニティープールなる手法も氏の代表的なスタイルの一つだ。

DSC00680

氏は1919年にオランダ人の母親とスリランカ人の父親の間で生まれた。
セイロンと呼ばれた時代に19才からイギリスのケンブリッジに留学をしていて英文学を学んだ後に法学を学び、弁護士に。
裕福な家庭で仕事をする理由もなく、イタリアではビィラを購入して生活。
と言う事で相当な美意識の高さであったことは想像がつく。
20代の後半でセイロンの戻ることになり、その時にセイロンに大きな敷地を購入して自分で建築図面を引こうと思ったが知識が無さ過ぎを感じて製作が出来ない。
そこから再度、イギリスに渡って基礎から建築を学んで、実際に建築家デビューをしたのが38才と言う、かなりの遅咲き。

DSC00609

そしてルヌガンガ(塩の川と言う意味)という場所に少し高台でペンドータ川を望む事ができる24エーカーの土地を購入して、そこに楽園を作る事を決め、生涯に渡りそこの地に様々な個人的な建築物やギャラリー、ゲストハウス、ステューディオ、夕焼けを見る場所、当然に農園や水田までをデザインして11人の専任ガーデナー(庭師)もいたそうだ。そして43年間もかけて作っていったのが氏の桃源郷“ルヌガンガ”なるバワの別荘なのだ。

DSC00716

さてそこで氏はどんな生活をしていたのであろうか。
スリランカ人が愛する食・・・カレーに違いない。
なんとこのビィラでは予約をするとランチを用意してくれるのだ。
ここのカレーは美味しいスリランカのカレーの中でもトビきりな美味さだった。
その作り方も極めて丁寧で、とても満足のいくものであった。

このランチをしている場所の庭から続くベントータ川の光景からバワはインフィニティープールのアイデアを思いついたと言う事だ。
(その川にはホンドゥアネイチャーランドなる名称の“島”も付いていた。)
そんな思いを馳せながらバワが食事した同じ場所でお食事が出来るなんてなんて幸せなことでしょ。

ランチコースはコーンスープ(格別に美味かった)からスタート。
レッドライス(ローカルライス)、ビーツ、バナナ唐揚げ、そしてここから6種類のカレーが続く。
ブラウンチキンカレー、パイナップルカレー、海老のカレー、キューカンバーモージョー(スリランカ風やや甘め野菜の酢豚。
(オニオン、キャプシコ(唐辛子)キャロット、ナス、マンゴーチャツネ、ダルカレー(スリランカの定番中の定番で朝から出てくる。)インゲン豆カレー(ゴトコラなる薬草とココナッツパパダ)と11種類の料理が続いた。それはそれは美しく素晴らしいランチとなった。

DSC00691

そしてこの屋敷のツアー、ランチを含めて30ドル。
これはお得感イッパイ。
ハウスツアーも我々だけの為の時間だった。
アナタもルヌガンガで巨匠・建築家の気分を味わってみたら!!

DSC00669

Lunuganga ルヌガンガ

Dedduwa Lake,Bentota、SLIRANKA

℡+94-91-4287056

http://lunuganga.com

入場料1250Rs ランチ 3000Rs(入場料込) 要予約

宿泊も可能(全6室)

 

※ちなみにここルヌガンガはゲストルームが一般にお泊まり出来る様になっている。
それぞれが趣向をこらした部屋なのでそれも楽しいかと思う。
(宿泊には食事も付いている。)全6室

※現在はバワの財団になっていて、様々な収益でこのルヌガンガも維持管理されていると聞く。
素晴らしいことです。

 

※場所はバワの作品であるAHUNGALLA / HERITANCE AHUNGALLA HOTELからクルマで小一時間。
相当に山奥で複雑な道であった。

DSC00629

広島の尾道を訪問!

憧れていた尾道を訪れた。
尾道は地域活性化でものすごく上手くいっている街だ。
そして尾道観光大使の案内も素晴らしかった。
カフェに雑貨屋さん、美術館、尾道ラーメンなどなど!
必ずまた来るわ!
健太くん、長坂くんありがとう。

尾道1 尾道2

 

旅 スリランカ

スリランカ 覚書!

テキトーに楽しもうと思っていたスリランカ。
あまりに深く、あまりに感動なのでまちがいなく今回が下見になると。
結局、深い文化と歴史がある場所は何度来ても楽しいに違いない。
【1日目】 06月07日(日)
スリランカ航空 UL455 ビジネスクラス(ちなみにエコノミー12万円、ビジネス25万円)
13:20 NRT 成田 (ターミナル2)
19:10 CMB コロンボ 
所要時間: 9時間20分
《ひたすらに映画見まくり!
空港到着後、英語ドライバーHenry氏にピックアップしてもらってホテルへ。
ホテルは空港から30分のジェットウイング。
ここもバワの作品で最近リノベしたホテル。
巨大なプールが印象的。》
NEGOMBO / JETWING LAGOON
PAMUNUGAMA ROAD, TALHENA NEGOMBO 11500 SRI LANKA
1泊 朝食付き DXルーム1室
スリランカ①
—————-
【2日目】06月08日(月)
朝食後、チェックアウト。
ホテルに9:00お迎え。
一路ダンブッラへ。(150キロ、3時間半)
《カンダラマのバワの名作ホテルは長さ1キロの巨石と密林の中をぬって建てられた素晴らしいホテル。
築20数年だけどヤレ感が素晴らしい。
自然との一体感が芸術的!》
《チェックインして少し和んでから、夕方にシギリヤロックへ(25キロ、30分位) 涼しく・すいている時間帯にシギリヤロック観光が正解っ!
日中に登ったら即死する。》
DAMBULLA / HERITANCE KANDALAMA
KANDALAMA LAKE FRONT DAMBULLA SRI LANKA
1泊 食事なしスーペリアルーム1室
スリランカ②スリランカ③
—————-
【3日目】06月09日(火)
ダンブッラの寺院(世界遺産)を見てから、キャンディーへ移動。(100キロ2時間半)
《ランチは朝飯時にビュッフェで作ったサンドイッチ。
キャンディの山の中のホテルは公共交通機関なんて絶対無し。
少し高地なせいか湿気もなくとてもRelax  Enjoy!
プールサイドで昼寝。
メシは選択の余地なくホテルでアラカルト》
KANDY / TREE OF LIFE NATURE RESORT
YAHALATENNA KANDY 2000 SRI LANKA
2泊 朝食付き DXルーム1室
スリランカ④
—————-
【4日目】06月10日(水)
アーユルヴェーダ体験。
《実際の本気なアユールベーダは3泊とか一週間らしい。
今回はそこまでは無理なので体験アユールベーダ。
ドクターの問診を受けてオイルマッサージにヘッドスパ。
食事も様々な制限(その人に必要ななモノだけの食べ物)らしい。
いつか体験したい。》
【5日目】06月11日(木)
朝食後、9:00  チェックアウトしてお迎え。
一路、アフンガッラへ移動。(230キロ、4時間)
《建築家バワの処女作。
晴天だったけど海はかなり荒れてた。
プールサイドで和む。》
AHUNGALLA / HERITANCE AHUNGALLA
GALLE ROAD, AHUNGALLA BEACH, BENTOTA, SRI LANKA
2泊 朝食付き DXルーム1室
—————
【6日目】06月12日(金)
ルヌガンガのランチツアーに参加。
《熱帯建築家の第一人者らしいスリランカ人ジェフリーバワの理想郷は”ルヌガンガ  なる24エーカーの大庭園。
そこに様々なスタイルの庭園、ゲストハウス、ストゥーディオ、ギャラリー、そして自邸(別荘)を43年間かけて作った大人の城。
ルヌガンガは塩の川という意味で、その川沿いの素晴らしい展望の良い丘の上に母屋が建っている。
丘から水に向かってドロップする景色から世界のリゾートホテルが取り入れたインフィニティプールのアイデアになったそうだ。
(プールからいきなり海面が続く様に錯覚する、プールのフチが無いように見えるデザイン。)
是非、予約入れて訪れてね。
ランチ付きコースが超オススメです。
お一人11品のカレーなどで25ドル程度。
親切なガイド付き。
最高でした!
ちなみにここに宿泊出来ます。
本宅からグラスルームなど確か6部屋。
巨大な本宅で2万円チョイと言ってた。
例えばこんな場所に泊まるならば尚更にドライバー&クルマの確保が必須》
《ここも選択の余地なくホテルのビュッフェ》
スリランカ⑤
—————
【7日目】06月13日(土)
朝食後、8:00にチェックアウト。
一路、ゴールへ移動。
(40キロ、1時間)
《マドゥのリバーツアーに突如参加!これ熱帯雨林って感じのマングローブ林から広大な景色の川を登るんだけど、かなりダイナミックな景色で満足。
一人3.000R》
《ジェットウイングライトハウスは素晴らしいホテルだ。
唸るデザインがいっぱい!
都会では考えられない真のリゾート建築物。
サービスはマァマァ。
安いんだから文句言うなっ!
食事も三食、抜群だった。》
《夕方になって涼しくなってから世界遺産 GALLE/ゴールの街を散策。
トゥクトゥク乗ってブラブラ。
カワイイ雑貨屋さん、小さなホテル、BARなど旧市街に発見。
素晴らしい街。
アマンも出来てました。》
GALLE / JETWING LIGHTHOUSE
DADELLA GALLE, GALLE, SRI LANKA
1泊 朝食付き DXルーム1室
《AHUNGALLA / HERITANCE AHUNGALLAに二泊してGALLE / JETWING LIGHTHOUSEが一泊になったけど、同じ時間ならば逆がいい!
ゴールのジェットウイングは素晴らしかった。
ただ全てのホテルにに最上なサービスは求め無い事。他の国のリゾートから比較したら値段も数段に安いのだから納得いきます。
人々がスレてないから気持ちはいいですよ!》
スリランカ⑥
—————-
【8日目/最終日】06月14日(日)
コロンボ市内の建築家バワの自宅兼お仕事部屋のNumber11 見学ツアーに行く予定を変更。
日曜日はツアーは朝の10:00しかなくすると早朝にGALLEを出なくてはいけない。
そして深夜のフライトまでコロンボの街で時間を持て余すのは必至。
なので中止して次回の宿題。
11:00にコロンボに向けて出発。》
《コロンボの町は想像以上に美しかった。
アジア的なクチャグチャ感が少なかった。
カフェも雑貨屋さんもいい感じ。
ただ巨大なホテルがニョキニョキ作られてた。
ここも変わっちゃうのかなぁ? 
スリランカ航空 UL454
23:30 CMB コロンボ 
《今回分かった事。
スリランカの移動のアシがかなりキモ!
いろいろ回るならばトータルでクルマの手配が楽で正解と結論!
一番長い移動だったキャンディからアフンガッラまで約5時間。
多分、セパレートでクルマを手配したらそれだけでも相当に高くつくかと。
今回のトータル8日間で8万円、多分、走行は1.500キロ近く。
普通、ドライバーとガイドは別なのにヘンリーは両方、お見事に親切、丁寧にやってくれた。
決してキレイな英語では無いけれど意思の疎通は出来ます。
ヘンリー(ちょっと日本語、英語のドライバー)
henrypallewela10@gmail.com
直接もお願い出来ます。》
—————
0615()
11:50 NRT 成田空港
所要:  8時間50
スリランカ⑦JPG スリランカ⑧