ミルクティー、されどミルクティー

お茶を飲むという事・・・
ノドを潤す為でもないし、栄養吸収の為ではない。
その時の“時間”を過ごす行為を
“おチャする”というのであろう。
しかしチベット人は
お茶から栄養を吸収していると言う。
まさかそんなお茶の微量な栄養でと思ったけれど、
チベット人がその飲む量が尋常ではないので、
あながちウソではないのかもしれないなぁ。

さて、場所はチベット。
チベットと言えば、
つい50年前まで“鎖国”をしていた国だ。
そんな謎の多い国は信仰深い仏教徒の街として
西洋の国々からは魅惑の地として憧れられていたという。
立地的にも中央アジアに位置し、
地図をみれば大きな中国の中でも、
もっとも僻地と呼べる最西端。
実際の交通機関も
今ではラサ空港など出来て
広州から二時間弱、
陸路に西蔵鉄道が出来て
西寧から22時間
(充分に遠い!)
という距離だ。
その中で大昔から
人々に愛されているカフェ(お茶屋さん)
が“光明港けい(王へんに京)甜茶館”
(グゥァンミンガンチォンティェンチャグァン)
だ。

なんとも気取りもない空間は
日本のカフェとは相当に違う。
来ている人々は
他人に気を使うでもなく
楽しそうにおしゃべりを楽しんでいる。
隣では仕事帰りであろうか、
何もしていない人々であろうか、
ずっとトランプに興じながら
世間話をしている様子。

 

DSC06044

 

さて、
本当に美味しいミルクティーが
ポットいっぱいで
20元
(400円/7人が山盛り飲める量)
そんな量でもまだ足りないのか、
テーブルにお金を置くと給仕さんが廻ってきて、
そこからお金を抜いて、
どんどんとミルクティーを注ぎ足す仕組み。

 

DSC06034

 
小腹が空いている人向けに
“麺類”
が用意されていたが、
あまりに満腹状態だったので試せず。
とにかく
チベット人の日常を見るならば、
ココの店内を見張らせる場所に座っていたら、
どこよりも感じられると思う。
この店で扱っているのは
チベット人の
“魂”
なのかもしれないなぁ。

 

DSC06055

 

 

光明港けい(王へんに京)甜茶館

グゥァンミンガンチォンティェンチャグァン

西藏自治区拉萨市城关区藏医院路香巴拉酒店斜对面(近北京中路)
0891-6885357

目的地もない旅! 秋の部

2015年11月8日
スケジュール表の
11月8日から11日までの4日間は
予定をポカリと空けてあった。
ここの日程でキャンプに行くと決めていたけれど、
どこに行くか、どこに泊まるか、一切決めていなかった。
こんな旅が気楽で良い。
朝起きて、路で棒を倒して、倒れた方向に行く感じだ。
結局、初日である日曜日は
天候が悪くて気が乗らなくて断念。
でも次の日は天気も少しは期待が出来たので
伊豆方面へ行く事に決めた。
オレが普段、行っている
“伊豆”
は東伊豆という熱海、伊東から熱川、
河津、修善寺、そして下田を指すのだが、
今回は西伊豆、南伊豆を目指した。
ここが実は別世界、
まず交通の便は至って悪いエリア。
逆を言えば
手つかずの自然が山盛り残っている。
また伊豆半島の左側
(西海岸)
は砂浜が極めて少ないので
海水浴にはあまり不向きなので
夏場でも
そんなに人が増えないエリアなのだ。
オレも
ここらへんを攻めるのは数十年ぶりで、
突然決めた割にはかなり楽しみ。

しかしあまりの雨で
下田のオキラクハウスに一泊して
早朝に南伊豆をまわり西伊豆へ!!
朝から伊浜、土肥温泉、そして雲見でキャンプ。
ここのキャンプ場の絶景ぶりには唖然!
180度の大パノラマを見ながら
焚き火をたいて夕焼け鑑賞&満点の星空鑑賞、
そして平日だから他のお客さんは当然にゼロ。

 

image3
夜も本当に良く寝れた。
朝イチでお楽しみの沢田公園の公営露天風呂が絶景中の絶景!!

 

image2
堂ヶ島で日本の
“青の洞窟”
を船から見学。
(ナポリの青の洞窟に負けません!)
三四郎島トンボロ現象の“洲”、
ランチは名物の“イカサマ丼”
そして黄金崎の絶景
(ここは20才の頃に大先輩と二人でオレのボロボロのワーゲンバスで放浪旅行の時に寄った場所。)
と見所沢山だった。

 

image1

 

 

image4

 

 

予定の4日間が晴天だったら
もっと突っ込んで見れたと思うと、
次回へのお楽しみもイッパイだ。
全ての情報は途中の
“道の駅”
などで集めたモノ。
ネットでも何でも調べられるし
本当に旅するには便利な時代だと思う。

また下調べもテキトウ、目的も、目標もテキトーな
“自由な旅”を楽しみたいと思う。

変態な旅2015 チベット&青蔵鉄道の旅

チベットに行って来ます!!

 

2015年10月10日
チベットに行く事になった。
それは登山の師匠の石川龍彦氏の誘い
・・・断れません!!
アルピニストの石川氏
(EXダイア)
は世界の頂点を様々制覇。
10数年前に
キリマンジャロにも連れて行ってくれた
真の登山家。
その経験は豊富で、
かつてチベットで
高山病になって入院までした経験があるそうだ。
(笑)
そんなの誘わないでよ!

とは言え、
チベットはラサは憧れの
“禁断の都”
チベット高原は
四方を険しい山々に囲まれて
アクセスが非常に困難な上、
ほんの半世紀前までは
鎖国状態だった聖地。
ラサは冒険家、
探検家の憧れの的。
またここは
“太陽の都”
と言われ年間を通じて
快晴の日がとても多いので、
その荘厳な景色を
一層引き立てているのだ。
いつかは聖地チベットには行きたい
と思っていたので楽しみ。
予習にブラッドピット主演の
セブンイヤーズインチベットも見た!!
(他にも数本のチベット、
ダライラマ関連の映画、
本で予習してきた。)

宿敵は高山病。
コレだけは正直、
心配だけれど・・・
時間をかけて慣らせば良い。
ラサでは酸素が7割
(ラサは3,600m、
ほぼ富士山の頂上の標高)
間違い無く酒とか飲みたくならないだろうから、
カラダの浄化にも良いかもしれないなぁ。
そして中国圏なので
Facebook、LINE、Gmail
も使用出来ず。
携帯電話もただのカメラ
・・・たまには
デジタルデトックスも楽しいかもね。
とにかく全てが新鮮な世界。
聖地ラサが楽しみだ。

 

10月12日(月)

早朝の羽田空港から
中国の北京経由で西寧
(シーニン)へ。
そこで一泊。
ホテルの隣の
オシャレに言えばフードコートでメシ。
数種類の焼き餃子、
など美味しかった。
標高は2000mだからか
飲んだアルコールがやたらに効く。
ビールは冷やす習慣がないので正直
・・・美味しいとは思えない
のがガッカリ。
ホテルで早々に就寝。

《神旺大酒店
(SAN WANT HOTEL)
青海省西寧市長江路79》

 

10月13日(火) 快晴

早朝、散歩をしようと思ったら
8時まで明るくならない。
うっすら明るくなって
近所の公園を散策。
太極拳にダンスをする人々で賑わっていた。

 

3

 

西蔵
(シーツアン)
でゲルク派開祖
(チベットの生誕地に建つタール寺(クンブム)
を訪問。
沢山の巡礼者が来ていた。
でも片手にはスマホ。

 

ランチは地元の有名店で
砂鍋なる煮込みを食す。
これかなり日本人好み。

 

14時56分 西寧駅
(2250駅)を出発。
メインイベントの一つ、
青蔵鉄道乗車で
高原を一日半かけて
チベットのラサまで
20時間43分の列車の旅
(車中泊)

 

1

 

2

青蔵鉄道より
青蔵高原の景色を車窓見学。
ゴルムド駅で
高地用機関車を連結して
青蔵高原へ突入。
崑崙(こんろん)山脈、
崑崙山トンネル
(4648m
)はまさに終わりの無いトンネルの様だった。
野生動物の宝庫
「ココシリ自然保護区」、
長江の源流
「沱沱河」(ととがわ)、
世界で最も高い鉄道駅
「タングラ峠」
(5072m)、
巨大なツォナ湖、
ナクチュ駅で深呼吸、
ニェンチェンタンラ山
(7162m)
などを通過。
これがハイライト!

 

4

11:39 ラサ着
チベットの都ラサ
(3658m)到着。

 

8

高山病対策で利尿剤ダイヤモクス
(この副作用が高山病に効果)
を飲んだのが功を奏したのか
かなり楽だ。
高度循環は個人差がかなりあるらしく、
以前キリマンジャロ登山の時など
かなり苦しんだ記憶があるので
心配は尽きないけれど。

ガイドはここまではノコさんに変わって、
ここからはカズエさん
(日本の名前)
二人ともお見事な日本語を操る。

ホテルで食事後、
高度馴化をさせる為に
ゆっくり運動をかねて大昭寺
(じょかんじ)
の回りの巡礼路バルコルを散策、
途中茶館で休憩。
この茶館で飲んだ
ミルクティーが本当に美味しかった。

夕飯はネパール料理屋さんで
カレーのディナー、
欧米人が好きそうな店だった。
当然にお酒を飲もうとは思わなかった。
夜は早めに就寝、
オレは良く寝れたけれど
頭痛で寝れない人もいたみたい。

 

10月14日(水)快晴

午前:
巡礼者で賑わうサンゲ・ドゥングを
参拝後、ダライ・ラマの
夏の離宮・ノルブリンカ
(世界遺産)を訪問。

ランチはラサで人気の包子
(パオズ)の店、
シイタケ、ヤク、白菜、ニラ、
そして焼き餃子など
どれも楽しめた。

午後は河口慧海、
多田等観が学んだ
問答の寺・セラ寺を見学後、
ポタラ宮の巡礼路
(外周)
を巡礼者とともに歩く。
下から見上げるポタラ宮殿は
“縦のベルサイユ宮殿”
と言われるだけあって本当に美しい。

 

5

 

6

 

夕飯は観光客向けの
冷めた中華料理、
飲まないから良いけれど・・

夜は昼間にも訪れた
バルコルにある
ダライラマが使っていた別荘
を改造した
Café MAKYE AMEW
にて和みタイム。
オレはまだ飲む気にはなれない。
今日もデジタルデトックス。

 

10月15日 晴れ時々曇り

天空の宮殿・ポタラ宮を観光。

 

7
かなりセキュリティーが厳しく
事前にパスポートナンバーが印字された
入場予約券をゲット。
下からひたすらに歩いて登るのだけれど、
まだまだ高度馴化が出来ていないのか辛い。
(ほぼ全員)
ポタラ宮殿は13階建て。
歴代ダライラマの玉座や霊塔
(遺体を収めた仏塔)
などたぶん仏教マニアならば
シビれる仏像などもいっぱい。
ガイドが丁寧に教えてくれたが
基礎知識が無さ過ぎて
全ては理解出来なかった。
昼食はラサ郊外の民家で
バター茶やツァンパ
(すいとん)
チベットカレーのシャムデ、
どぶろくのチャンなど
チベット家庭料理を体験。
その後、
チベット仏教の総本山・大昭寺
(じょかんじ)
を見学。

夕飯は
用意されていたディナーをキャンセルして
Café MAKYE AMEW
のバルコニーでマッタリ&ゆっくりディナー。
とても楽しく素敵な時間だった。
3日ぶりに酒を飲んだけれど
美味しかったなぁ。

 

10月16日

朝食はホテルの近所のメシ屋
ブトゥクなるチベット麺と
シャバリー(肉入りのナン)
と美味しい紅茶。
道ばたでマンドゥも食べてご満悦。

そして車でカンパラ峠
(4,749m)
を越えて「トルコ石の湖」ヤムドク湖へ。
カンバラ峠から見える
ヤルツァンポ川
(ラサの街を流れるのは
ラサ川でこの支流)
はなんとインドのガンジス川の上流だ。
ヤムドク湖は本当に美しい。
青く見えるのは
氷河の水が流れ込んでいるからとの事。
何処までも透き通る
真っ青な空の色と
相まってそれはそれは素晴らしい景色だった。
湖畔を散策後、
ラサ・ゴンカル空港へ。
(走行時間=約3時間半)

午後はラサから国内線にて、
成都経由、北京へ。
(飛行時間=ラサ~成都間:約1時間55分
/成都待ち時間:約1時間5分/
成都~北京間:約2時間40分)

 

10月17日

早朝に空港へ。
中国国際航空にて帰国の途へ。
(飛行時間=約3時間5分)
羽田空港到着。

 

本当に素晴らしい旅だった。
さすがに最近まで
秘境と言われた場所で
不便はあったけれど、
それでも感動は尽きなかった。

あと10年過ぎて行ったら
どんなになってしまっているのか不安だ。
チベット民族が
そのままの姿で変化無く
平和に過ごしていてくれる事を
望んでやまない。

 

 

 

好きな飲み物・・・お湯

コーヒーも紅茶も好き!
でも本当に好きな冬の飲み物
(アルコールを除く)
は白湯
(さゆ、要するにお湯)
なんです。
従って大活用は魔法瓶!
しかし”魔法”のビン ってスゴい名前だな。
いつも55℃にして午前中に1ℓ
午後に1ℓ は飲んでます。
浄水器の水が美味しいから
白湯も当然に美味しい!
こんな安上がりで美味しいモノありません。
(当然に身体にも一番です。)
愛用のマホー瓶は昔買った
スタバオリジナル(400)
オシャレ用(500)
そしてレトロなアラジン(700)
と使い分け!

 

FullSizeRender

 

オーマィガァ!“無尽蔵”という世界

無尽蔵とは辞書で調べれば
“いくらとっても無くならない事”
“広くて尽きる事の無い徳を包含する蔵”
と言う意味。
文章にすれば
“無尽蔵な太陽エネルギー”
と使う。

和食は引き算であるという。
洋食の様に足して足して、
そしていじくって出来上がるモノではなく、
引いて引いてシンプルにして、
その素材が生きるのだと。

正直、この店には驚いた。
気分はガイジンさんが日本に来て
初めてホンモノの和食に出会った位の感動であった。
それはそれは新鮮にして
斬新だったのだ。
こんな世界観があるのかぁ。・・・・

 

昨日のメニュー・・・・・・・・・・・・

◎前菜

山芋とおからの含め煮

メカジキマグロのトロのスモーク

石鯛チーズ

アマダイのウロコせんべい

栗の花揚げ

ギンナンとムカゴの素揚げ

 

IMG_4994

◎刺身

対馬5キロの鯛

釧路のサメカレイ

ヒラマサの刺身 あぷり

鐘崎の 白皮かじきまぐろ

(以上を全て
塩と自家製の柚子胡椒でいただく。)

 

FullSizeRender

  • 主菜

マイタケのてんぷら
(5キロもある天然の舞茸)

石鯛のてんぷら

丹波黒ゴマのソース

◎おわん

香茸と大シメジ、
サメカレイの碗モノ

(岩手の香茸は
値段も香りも松茸以上と言われる。)

◎箸休め

牡蠣のオイル漬け

鯛の胃袋のブランデーと醤油、
バターで蒸したモノ

 

IMG_5004

◎また主菜

焼いた鐘崎のアマダイ
(かま)

◎食事

唐津のウニ、
対馬の1.5キロのサバのぼう寿し

◎甘味

柑橘へべすソースの甘酒アイスクリーム。

◎お酒

酒は九州なので〜〜〜

“問わず語らず名もなき焼酎”
と言う銘柄をお湯割りで

 

思い出しただけで、
その世界にもう一度、
引きもどれ幸せな気分となる。

その器も
全て一枚と同じモノが無い作家さんの作品。
これが料理を引き立てて
素晴らしい世界観。

店主の三浦さん、
25才から19年間もこの店を切り盛り。
そしてここに至までの技術は全て独学であるという。
(ミシュランもしっかりゲット)

そしてこれだけの店を評判高く維持しているのに
謙虚で優しく、素晴らしい人柄。
笑顔なんて
マックのオネーさんより自然で素敵だ。
一言で“気持ちのいい接待”。
無尽蔵のネーミングの由来は
聞き忘れたけれど、
店主 三浦さんの
限りなく湧き出てくる料理のアイデアに
由来するものだと思う。

帰り際も女将さんと二人で
外までお見送り。
見えなくなるまで手を振ってくれていた。
間違い無く
“一生通いたい店“だ。

 

  • 他のお客さんに、
    無尽蔵で使う醤油のレベルが
    いかに高いかを説明していた。
    国産無農薬の有機の醤油
    ・・・この
    “12ヶ月の食卓”
    の醤油を使ってから、
    かつては一升瓶三本
    (相当にこだわりのモノ)
    だったのが、
    350CCの小ビンが二本で一ヶ月もつそうな
    ・・・それは味がイッパツで決まるのだと。
    ここでも外人気分でオーマィガァ!!

※オーマィガァ!は
“ Oh! My Good! “
オーマイゴッド
神よ!なんてこった!
のカタカナ読みです。

 

IMG_5009

 

無尽蔵(むじんぞう)

電話 092−716−3108

福岡市中央区大名1−10−29 ステージ1大名ビル1階

http://mujinzou/org