やっぱりニューヨーク!

2016年3月11日
早朝の成田発のANA便にてニューヨークに深呼吸しに来た。
何度来ても、変わらない街、そして恐ろしいスピードで変わる街がニューヨーク。
良いモノは変わらず、進化する部分はどんどん変わる街だ。

初めてこの街を訪れたのが21才の冬だった。
まだバックパッカーで今でこそ、信じられないけれど、
まだバックパッカー人の当時のバイブルである“地球の歩き方”なる本も出版されていなかった。
(数ヶ月の旅の途中で、その本を持って旅している旅人に見せてもらって衝撃を受けた記憶がある。こんな便利な本が発刊されていたんだ・・・それなくしてどうやって旅が出来ていたのかなぁ。ネットの携帯も何も無い時代に・・・)
とにかく初めてのニューヨークは鮮烈以外の何ものでもなかった。
時代はニューヨークの最悪期で犯罪だらけ。
夜になると銃声も聞こえるし、あっちこってでレイプなんて話も沢山出ていた。
事実、チエックインしょうとした安宿のオヤジに意味不明な因縁をつけられてファイトして、
そのオヤジを階段から落として逃げた記憶もあるけれど、そんな事を差し引きしても、オモシロかったのがニューヨーク。
21才の記憶は鮮烈だ。
何日か、お茶も飲むお金も惜しんでいたので、
当時の最高級だったプラザホテルのロビーでずっとソファに座っていたのを思い出す。
通り行く人々を眺めて、想像力をどんどんと膨らませてた。
『この人たちは何をしているんだろう?どんな生活を日常にしているんだろう?』
そして次に来たのが31才、ビジネスではまあまあな結果も出ていて、憧れのプラザホテルに宿泊していた。
(招待旅行だったので感無量だった。)
その次は41才、リッチデボスのご招待でボストンから船で深夜に走り早朝にイーストリバーから降りてきて見たマンハッタンの景色は生涯、忘れないだろうなぁ。
ツインタワーが朝日に当たってキラキラしていたのが印象的だった。
そし52才は娘との一週間だった。
オレにとっては素晴らしい時間だった。
そして今回は57才・・・とても呼ばれたんですよ。ニューヨークに!

 

IMG_8961

 
少々自慢だけれどオジイちゃんとオバアちゃんが出会ったのが1930年代のニューヨーク。
ここでフォールインラブ(恋に落ちて)生活を15年間していたと聞いてます。
まだ飛行機もプロペラ、もちろん最初に来た頃は飛行機どころか貨物船だったと聞いている。
ルーツとまでは言わないけれど、なにか謂われはあるでしょう。
年老いたバアちゃんが色々と思い出話を語ってくれていた記憶はあります。

なんだか、そんなニューヨークにいるだけで、興奮できますよ。

今回は何も決めていない4日間だけれど、毎日がとてもエキサイティング!
こここそ定点観測をしておかないとイケナイ街!
そして年齢、年齢で楽しみ方もどんどんと変化する街!
これからも世界各地を旅する予定だけれど、ココは何度も来て確認をする、エネルギーをもらう街だと痛感します。

 

IMG_8949

 

 

明日はここからカリブ海、そしてこれから変化する国、キューバ、そしてロサンジェルス、ポートランドに行って帰ります。

また新しいエネルギー、アイデアを様々もらえるかと思うとワクワクしますね。

自分にBon Voyage!(良い旅を!)

 

IMG_8965

ポケ丼の王様の登場! ハワイの老舗“ONO Sea Food”

ハワイのローカルフードで、代表的なモノと言えばポケ。
ポケはマグロの事。
シーフードに切り身に味付けをしたのが“アヒ・ポケ”それをゴハンにのせたのが“アヒポケ丼”だ。

 

IMG_7998

 

 
アヒポケ丼・・・・実にマヌケな名前に聞こえるけれど、
それはそれはハワイアンのソウルフードに他ならない。
そしてローカルから最も愛されている店の一つがココ、オノシーフードだ。

 

IMG_8003

 
偶然なのか、親戚なのか、かの有名なオノ・ハワイアンフード
(ホンマもんの昔のハワイフードが食べられる店)
の斜め前に位置するのだがその関係は知らない。

さて、お店はオーナーのジュディーと娘のキムが切り盛りしていて、
ここのプライドは絶対に冷凍マグロは使用しない事。
全て地元の魚屋のノブ・ハワイからの仕入れるそうだ。
数種類から選べるポケの味付けは“醤油味”
アロハ醤油に較べて味のアッサリしたヤマサ醤油に
オニオン、オゴ、ククイ、ナッツ、韓国産の唐辛子、
そして秘伝のタレで風味豊かに仕上げられているのだ。
ごま油の香りもなんともたまらない。

 

FullSizeRender

 

 

コノ極上に味付けされたポケが、爽やかな香りのジャスミンライスと良く馴染む。
(玄米を選択可能)

醤油、スパイシー、ハワイアンなど
8種類のアヒ・ポケがあるけれど、やはり美味いのは醤油味かな!
(ハワイアンとか恐くて食べたことはないけれど。)

そしてこのアヒポケ丼だけれど、買ったらすぐに食べてみよう。
香ばしさが必ず病み付きになる。
その後、クーラーボックスに入れて二時間後に残りを食べてみたら、明らかに違うテイストになっていた。
やはり出来立てが間違いない。
(決して不味いとか言ってるんじゃない。寿司の文化を身体で知る皆さんなら、このニュアンスはわかるだろう。)
世界中で魚を“生”で食す民族はそうはいないけれど、
ハワイアンはこんな形でも生魚を食うと知り、とても身近に感じてしまった。

リアルハワイを知るならば迷わずココへ!!

 

FullSizeRender2

 

 

 

オノ・シーフード

ONO Sea Food Products inc.

747 B Kapahulu Ave. Honolulu.

808-732-4806

営業 9:00~18:00

日曜日 10:00~15:00

火曜日定休

(有名なオノ・ハワイアンフードとは別の店、しかし場所はナナメ前に位置します。)

店内の冷蔵庫に入っていたキムチ、チャンジャが絶対に美味しそうなオーラを放っていたけれど、食べ損なった。

 

FullSizeRender3

 

 

原始時代から続く料理はいかが!“箱根の座り屋”

地球上で最も原始的な料理方法とは何であろうか!?
それは間違い無く“焼く”という行為だ。
その歴史はウン万年前から続くモノであり、この先コレを超える料理方法も見つからないであろう程の歴史もあるし世界の津々浦々に広がっている。その“焼く”と言う行為に特化した店がココ。(そんなポリシーは持ってはいないと思うけど。)

焼く店は世間にも色々ある。
ガスや炭、炭の固形燃料、そして電気もある。
そのまま焼くのには“炭”以上のモノは無い。
手間を考えればガスや電気の右に出る者は無い。
炭は遠赤外線効果で食材の奥の奥までジワっと火が入る特徴がある。
なので“炭”の勝ち!
さて、ここ箱根の“座り屋”さんは、かなり特殊なエリアの引っ込んだ場所にあるのだけれど、いつも大繁盛している。
近所の別荘の住人なのか、観光客なのか、まさか通り客なのか察しはつかないけれど、
好きな店が繁盛していると言うのは良い事だ。

ココはお客が全員、簡単な個室で“囲炉裏(いろり)”に座って食事を頂く。
真ん中の囲炉裏には見事に着火された備長炭(正確には備長炭の圧縮物)がセット。
御主人の実家が新潟で畑をやっている関係と、箱根は意外や山海の珍味にあふれているので食材が実に豊富。
素晴らしい食材を最高な状態で自分で調理!というのがこの店の売り!
自分で調理すると人から焼いてもらうよりもずっと美味しく感じるのはナゼでしょう。

 

R0018325

 

 

この夜のメニューもご機嫌だった。

 

R0018318

 
生でも食べられる程の新鮮な魚介類を目の前で焼く作業。
だんだんと火が入っていくにつれ、塩をふった部分から、いい感じの焼き目も付いてきて益々、食欲にも火がはいる。
適度なところでサッと引き上げていただく喜び!!
楽しいぃぃぃぃぃぃぃ! と思わず叫んでしまうぞ。

 

R0018330

 

 

もちろん“生”でいただくお魚や野菜も様々あり!

エンジョイ・原始時代から続くお料理方法!

 

R0018316

 

 

 

座りや 十割蕎麦、炭火焼

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原77

電話  0460−83−8558

定休日 火曜日

営業時間 11:00〜14:00

17:00〜21:00(LO21:30)

Dancyu Night (男の料理)

2016年2月16日
第一回目のDanchyuNightが我が家で開催された。
このダンチュウとは雑誌Danchyu からの拝借したネーミング。
“男子厨房にはいる!”なる言葉通り(元は男子厨房に入らず!が正しいが今時は逆に使う)、
男子こそ厨房に入って料理を極めるというテーマの雑誌なのだ。
我々(主催者の料理人ヒロシとオレ)は勝手にお誘いした11人と半年(全六回)に渡って料理を勉強して、
最終的には今現在、何も料理をしない(出来ない)男子の“男度数”を上げるべく、
様々な料理技術を伝授して最終的にはホームパーティーでも仕切れる位の腕前にしてしまうという
具体的目標も掲げられた“会合”なのだ。
参加者は基本的には料理に関しては素人さん。
でもヤル気は満々という30代前半から50代後半までのお友達。
そんな人々との時間はとても素敵な時間となった。
なにより参加者一人一人のヤル気を感じるのだ。
質問も普段、主婦相手の料理教室では絶対に出ない様な新鮮なモノも多くて、なんだか微笑ましかった。

 

FullSizeRender2

 

作りながら、学びながら、そして飲む!(これが大切)
結局、最後は全員が一体化して、とても和やかな良い空気なっていく。

 

FullSizeRender

 

 

美味しい料理は人をつなぐね!これからの五回も楽しみだなぁ。

 

Danchyu Night(男の料理)基本メニュー

 

2月 和風

天ぷら、鳥から揚げ、鳥団子入りみぞれ鍋、蒸し物、肉ジャガ、きんぴら牛蒡、鮭寿司、焼き魚。(ニンジンドレッシング&白菜サラダ、)

 

3月 洋風

グラタン、スペインオムレツ、海鮮パスタ、ポテトサラダ、チキン田舎煮、バーニャカウダー。

 

4月 和風

鯵のたたき、牡蠣フライ、ジャンボかき揚げ、ソース焼きそば、ブリ大根、人参シリシリ。

 

5月 中華

中華粥、棒棒鶏、麻婆豆腐、焼き豚、酢鶏、筑前煮、ラーメン。

 

6月 イタリアン

アクアパッツァ、ピッツァ、ミートソースショートパスタ、スペアリブ、枝豆ペペロンチーノ、夏野菜カレー。

 

7月

卒業制作!  生徒が先生をもてなす!(笑)

 

この他にも、様々な保存食やイカの塩辛、トマトのコンポート、…etc

 

 

 

 

人生の縮図、パスポート!

ずいぶんと旅をした。
この日本国のパスポートのおかげだ。
ご存知かもしれないけれど日本のパスポートは世界でも有数の国数を訪問できる最強のパスポートなのだ。
このまさに旅のパートナーのパスポートの現在使用しているモノも、今年で10年目。

 

モノ①

 
一冊でその国のハンコやVISAもいっぱいになって、増刷といってもう一冊、別のパスポートを外務省で足してもらうのだが、
それも丁度、いっぱいになってきた。
改めて見てみると正にそこには旅の記録が記されている。
一番、その国の入国スタンプでユニークなのセイシェル共和国でシンボルの大きなヤシの木のマーク、
それとガラパゴス諸島のカメのマークのハンコも相当にかわいい。

 

モノ④

 

モノ③

 
あと日本人には馴染みがないけれど地続きの隣国への車での入国のハンコはクルマのマーク、

 

モノ②

 
出るときは空路で飛行機のマーク(国はアゼルバイジャン)、
ビザの値段が高かったのは中央アジアの北朝鮮と揶揄されるトルクメニスタンン。
それも事前に取得出来なくて、現地のイミグレーションで取れてヒヤヒヤだったなぁ。
とにかく126カ国、300回以上の渡航の記録がここにある。
オレの人生の”足跡”だ。

 

モノ⑤