またまたオキラクハウスより!

2016年8月13日
自分の日記を読み返した事はないけれど、
おそらく夏のこの時期はオキラクハウスについての事を書いていると思う。
と言う程に、この時期はコレしかないのだ。
今年は気になっていた家に関しての案件を全て片付けられて気分爽快。
網戸の張り替え
(リビングに玄関、キッチン)、
デッキの塗装、
塀の塗装(キシラデコールなる防腐剤塗料)、
デッキの修理(一部腐った板を交換)、
裏庭のアボカドの木の剪定、
芝生の剪定、ハンモック修理、
入り口のサインの修理が出来た。
と言うかその時々で出来る人が偶然にもいたと言うのが正い。
海外のドデかいホームセンターに行くと様々な部品が売っていて、
そんな事まで自分で修理するんだと関心するけれど、
けっこう人間やれば出来るのだ。
そして自分でやるとプロに頼むよりは仕上がりは悪いかもしれないけれど、
達成感はいっぱいある。

今年も様々な料理を挑戦したり、
新しいビーチでの遊びも開発、
サップ(SAPスタンディングパドルボート)
で海のお散歩にもトライ。

そして今日は気分転換もあって
また新しい夢を叶えに行く。
下田から何処かに旅行に行きたかった。
(下田に帰ってくる)
そこで悲願だった
“徳島に阿波踊りを見に行く!”
なる夢を叶えよう。
まず宿が全く取れないらしいが
お隣の県の香川県からクルマで見に行ける様に段取ってくれた。
そして桟敷席の手配も。
行くと決めるといろいろと応援者が出てくるものなのだ。
夢の実現を手伝ってくれる仲間によって、
その夢は昇華して、阿波踊りを踊りに行く!
に変わったけど。
日本マニアの友人に聞けば、
やはり徳島の“阿波踊り”と
高知の“よさこい”は祭りとして素晴らしいものらしい。
もちろん博多の山笠も最高だった。
きっとオレは知らないだけの素晴らしい祭りが沢山あるんだろうなぁ。

夏は夏の遊びを!
正しい日本の夏をエンジョイしましょう。

 

有名な祭りを全部みたい、体験したい!

有名な花火を全部みたい!

有名な温泉は全て入ってみたい!

有名な老舗の居酒屋、町の人に愛されている居酒屋に行きたい!

美味いっ!と言われているモノは全て食いたい!

実は日本100名山なんてのも登りたい。

日本のワインも追求したい。

ローカル線も乗りたい!

時間がいくらあっても足りないなぁ・・・

沖縄でジューシーさぁ!

ジューシーは的確に言えばブタ炊き込みご飯(ピラフ)のオニギリ。
沖縄のお惣菜屋では定番的アイテムだ。
ジャンクフードの歴史は買い食いの歴史というほどに、この店での買い食い欲はフツフツと湧いてくる。
この店は国道58号線という沖縄幹線道路中一番有名な道沿いだが
那覇の街からは遠く名護の手前に位置している。
通常の利用法としては中部方面に癒しの旅に出かける途中で買い、
気に入ったビーチで食すのが正しい。
また那覇への帰り道に小腹が空いた時に利用する。
ジューシーとセットで興奮なのはチキンカツである。
そんなボリュームではないが薄くスライスしたチキンにチーズが挟まり
コショウの香りがする素晴らしいジャンクな味なのだ。

 

100930-2

 
また売っているジュースが驚きのシークワーサージュース。
メーカーもバヤリースでサッポロビールが沖縄の為に作っているのだ。
シークワーサーは沖縄人の大好きな果物だ。
沖縄限定食品なるものが結構あって
空港ではハイチューシークアーサー味があるが、
観光向けではなくて沖縄県人向けにも様々な工夫がされている。
沖縄の街で売っている自動販売機に“ウーロン茶”を見ることは稀だ。
通常はサンピン茶、またはウッチン茶なのだ。

話は飛んだけど、ここ山田商店はドライブスルー的に使うのが間違いない。
ジューシーは沖縄のどこでも食えるけれど、
ここのジューシーオニギリは知っておくと得をするぞ。
右手にジューシー、左手にチキンカツで左右、
一口ずつ食べたら、それはそれは沖縄の味となるのだ。

 

100930

 

 

山田商店

沖縄県恩納村恩名4918-1

098-966-2038

国道58号線沿い

空白の日の使い方

2016年7月30日
沖縄は年に12回は来ているけれど、
おそらく世の中の人々が思う沖縄旅行とは違っていると思う。
従ってその手の緊張もワクワクもない。
逆に“住人気分”の安定した楽しみ方がある。
今日は日中が全く空白となった。
外は快晴!
ホテルのプールで日向ボッコ、
近所のカフェでお茶など楽しみ方もあるが、
またまた桜坂映画劇場に来ている。

 

IMG_3757

 
ここは1952年に開業した芝居小屋の“珊瑚座”で
1953年に映画館に転身し
シネコンとして松竹や東宝系の映画を上映していたが
2005年に閉館。
大手のシヨッピングモールなどに併設するシネコンにやられちゃったんでしょう。
ここまでは良くある話。
ところが、文化的発展の為にも潰してはいけないと、
映画監督の真喜屋力氏と中江裕司氏(株式会社クランク)
が運営を再開。
世界中の面白い映画を常時15本程度を一日中、
上映するというスバらしい映画館として生まれ変わったのだ。
映画はハリウッドだけではないのです。
(ここは3つのスクリーンがある。)

 

IMG_3760

 
きっと経営はそんなにラクチンとも思えず、
会員制度になっていて協賛金的に募っている。
沖縄の文化レベルを知るには素晴らしい場所で、
映画館だけでなく、桜坂市民大学と言って、
寄席、コンサート、講演会、民謡教室、語学学校、
様々なクラフト、ダンス、様々なアクセサリー教室、楽器教室
・・・多岐に渡るプログラムが用意されているのだ。

 

IMG_3759

 
そしてここのカフェも好きだし、また雑貨を売っているシヨップもかなり良い。
会員には毎月、月刊誌が送られて来るのだが、これまた充実。
“沖縄で暮らす“という事がワクワク出来る素晴らしい施設なんです。
ここが成功例として全国で真似られたら素晴らしいと思うし
(ここが何処かを真似したのか定かではないけれど・・・)
少なくとも住民にとって最高の文化施設である事は間違いない。
今日は結局、11:00に行ってヨガを世界に広めたインド人
“永遠のヨギー/ヨガを巡る奇跡の旅”
二本目が韓国歴史映画で李朝の史実を題材にした
“王の運命/歴史を変えた八日間”
そしてテキスタイルで世界を制した
フィンランドのマリメッコの創業者の人間模様を綴った
“ファブリックの女王”
と三本立て続けに鑑賞。
途中でカフェで一人ランチを楽しんで、本当に良い時間を過ごせた。
これからお仕事です!!!!
なんだかリフレッシュできて気分爽快。
間違い無く沖縄の、そして日本のボクのお気に入りスポットの一つです。
桜坂映画劇場&桜坂市民大学

Dancyu Night (男の料理)卒業式!

男の料理教室の半年に渡り6回クールが終了。
生徒さん、和食、洋食、中華、様々な料理、約25品目をマスター。

 

FullSizeRender
ヒロシ先生とケージロー校長に見守られ
卒業制作で各自のパートナーに参加してもらってお食事会。

 

IMG_36144
女子はドヤ顔で料理するパートナーを見てウットリ。(笑)

 

FullSizeRender2
楽しい時間でした。

 

FullSizeRender3
皆んな、小まめにお料理しましょうね。
クックメィクスミィハッピー!

年に三ヶ月だけの“うに”の魔力

初夏の北海道を旅した。
日本の最北端、利尻島で、札幌からみて左端の日本海に突き出た積丹半島で、
人が群がっていたのが・・・ウニ丼。
人はウニが好きなのだ。
もちろんオレも好きだけれど、オレなんて問題じゃないくらいウニが好きなのだ。
本当に“好きのレベル“が全然違うと唖然とした。

北海道の左端、積丹半島の手前、
余市の町に田村岩太郎商店というウニ丼の有名な店がある。
ここは店主、その父親、兄貴が三人とも漁師で、
もちろんこの時期はウニ漁を専門とするそうだ。
この時期とはウニには時期があるのだ。
(少なくとも北海道では)
それは6、7、8月の三ヶ月だけ。
考えてみれば一年中、通してあるモノというのも自然界では不自然な事だ。

さてこの田村岩太郎商店でどうしてもウニ丼が食いたいという事になった。
店の開店時間は10時
・・・10時からウニ丼はあまり気が進まないけれど、
たまたまその日が7月の連休に当たっていて、
漁師の友達いわく水揚げ量が少ないのではと
・・・ウニ丼食えないのは人生上、問題があるので何としてもと思った訳
・・・お店の場所を確認しようと捜していたら発見
・・なんと8時45分(開店の1時間15分前!!)
既に10人程度の人が並んでいる!!
日本人はいつからそんなに列に並ぶのが好きになったんだ!
これはディスニーランドの悪影響か。
と言う事で選択肢無しで列に並ぶ事に
・・・トホホ。
優しい店員さんが出てきて話を聞けば、
今日はやはり水揚げ量が少なめで60食しかウニ丼は無いという事で我らはセーフ。
10時の開店とともに入店。そして食いました!
それはそれは美味かった。
ウニ丼を食う空気感はウナギを食う時に等しかった。
あの静かな“凛”とした時間。
静かに黙々と食う
・・大満足の4500円。
大満足の“出費”だった。

実はこの店の有名な“売り”はウニをオタマで自分で好きに盛る丼ぶり
“朝うにぶっかけ丼。
満足ドヤ顔状態のオレが外の店員さんと話を聞いたら、
断然にその”朝うにぶっかけ丼“が美味いのだと。
理由は店主と家族が漁協を通さず、加工を軽くしたモノを店に出すからと。
普通に流通するウニはミョウバンなどで洗浄するけれど、
その作業を軽く水で処理するモノだけを出すそうだ。
年に三ヶ月、それも決して毎日ではない、
場所は北海道最西端・・・燃えた!
絶対にそのウニを食らいに来ようと。

 

田村岩太郎商店 三代目岩太郎直営漁師めし

016-0201

北海道積丹郡積丹町美国町32−1

0135−48−6300

営業時間 11:00〜15:00(5月、9月)

10:00〜材料なくなり次第終了(6、7、8月)

<うに. 岩太郎商店>

BOSEイヤホン!

泣く子も黙るBOSEのイヤホン。
バンアンドオルフセン他、
様々使ったけれど音質、フィット感、何もかもパーフェクト!
ジョグしてても、お散歩しててもズレる事もハズれる事もないんです。
そして誰のお耳にもぴったり。
何しててもサイコーです。
国内外の旅する時、いつも携行してます。
ボクが買ったのはポートランドの空港で150ドル。
価値あるなぁ!

 

 

!cid_E11DCAEA-F512-44FD-B89D-9A3A07088C10

 

 

http://www.bose.co.jp/jp_jp?url=/consumer_audio/headphones/in_ear.jsp&src=AW00066IE&gclid=CjwKEAjwoPG8BRCSi5uu6d6N5WcSJABHzD8FTZQqulTGjOtymOsOGyJxkX8ZT2AK5ahvJMd-_X1QoRoCPSnw_wcB

 

101回目の決断!

沖縄のミユキ

 

IMG_3746

 
・・・会うたびに膨張。
説得するたびにスルー
・・・でも今回のダイエット決断はホンモノそうだ。
顔は可愛いのにもったいない。
と言われ続け10年。
毎年1キロづつコビりつくと人はわからないものなのだ。
成功を心底祈るぜ!
ちゃんと”指切りげんまん” したから大丈夫。

 

FullSizeRender

ラブ旭川!

この仕事してなかったら旭川なんて来てないかも。
北海道の第二の都市、旭川は人が素晴らしい。
心温まる接待してくれて嬉しかった。

 

IMG_3067

 
わざわざキャンピングカーの早朝の出発の見送りにまで来てくれてありがとう。
千葉ファミリーに心からThank you!
3週間遅れのサプライズバースデーケーキは想定外でした。(笑)

 

FullSizeRender