心して食うべし! ソウルの魂は“タッカンマリ”

電気屋ならば秋葉原、魚介類買うならば築地市場、
安いモノ捜すならばアメ横、スポーツ用品ならお茶の水、
高級ブランド品なら銀座に青山
・・・それぞれ得意な店が集まるエリアというモノがある。
韓国も同じで似た様な店が集まって、一つの町を構成している。
ソウルでタッカンマリを食うならば
東大門(とんだいもん)の“タッカンマリ通り”でしょ。
タッカンマリ料理店ばかりが並ぶ、
タッカンマリ通りのタッカンマリの元祖の店がココ!!

タッカンマリは鳥一羽丸ごとという意味。
今回紹介する陳元祖補身タッカンマリなる店。
補身料理とは滋養強壮、体力をつける栄養たっぷりの料理を言う。
鳥の濃厚なスープで煮込んだ鶏肉はお見事だ。
ツルツルと剥がれる鶏肉をどんどん食う!
ツルツルと食う!
そして最後に雑炊作って食う!

なんとこの店、朝早くから開いているんですよ。
そしてちゃんとお客さんが来ているからスゴイ。
朝からタッカンマリを囲んでガンガンに飲んでいる人も多数。
女の子2人組が朝から
マッコルリ(どぶろく/濃厚でまろやかでアルコール度数の高い酒)
をガンガン飲んで鍋をつつく姿は尋常じゃなかった!
もちろん夜食べても良いけれど、朝から食えるなんて最強です。
別に法律に違反しているわけじゃ無いけど
人の目を気にしていない空気が最高だった。

この陳元祖補身タッカンマリは
肉にかなりのコダワリをもっていて
毎日、直接契約している養鶏場から
一日二回届く生後35日以内の若鶏だけを使用!

 

r0016379
それを五種類の漢方材料を加えた
特製のスープで半分弱まで煮込んで
あらかじめ味付けを済ませて味をしみこませておいて
テーブルで最後の味付けをするのです。
なんとこの漢方スープで2007年の秋には特許を取得。

 

r0016380

 

 

鍋が運ばれてくると
オバちゃんがジョキジョキとでかいハサミで鶏肉を切ってくれるのです。

 

r0016381
まぁ、精力付けたいなら朝からトライしたらいかがでしょ!

 

横の通りは焼き魚ばかりを売る店がならんでいた。
韓国は同業者が並ぶのが好きなのかな!?

 

r0016378

 

陳元祖補身タッカンマリ

住所はハングル文字で書けません!

地下鉄1・4号線 東大門駅9番 徒歩5分

営業時間10:00〜24:00

 

http://www.konest.com/contents/gourmet_mise_detail.html?id=620

 

 

そうだ社員旅行に行こう!

オレの憧れ・・・社員食堂、社内恋愛、社員旅行だ。
先の二つは今後も叶う予定もない。
しかし三番目は可能性としてはある。
最近の流行というか習慣の違いで社員旅行なんて世の中に存在はしているのであろうか。
想像するにひと昔前から考えたら絶滅危惧習慣となっているのではないであろうかと思う。
飲んで少しおかしな会話でセクハラだぁ、
モラハラだぁ言ってる世の中だからねぇ。
そして社員さん、派遣さんなんて区別があるわけだし中々、難しいだろうなぁ。
旅行会社の友達に聞いたけれど、やはり昔から較べたら少なくなったと。
悲しいねぇ。
と言う事で、当社 株式会社たのしいかいしゃ では
レトロ化した社員旅行をやってみることにした。
日程、予算(払えるか、払えないかという問題)色々考えてやはりパァ~と海外でしょ!
様々考えて、みんなが行った事が無い場所、
お買い物だけでなく遊べる、
いろいろ考えてタイのバンコクとなった。
三泊四日という少々、ハードだけれど考えたら効率がヨロシイ日程で決定となった。
個人的指向でホテルはナンバー1に泊まらなくては!
と言う事でバンコクならば
シャングリラ、ペニンシュラ、マンダリンオリエンタル辺りだろうか。
と言う事で唯一、宿泊経験がなかったシャングリラに泊まった。
しかし三日間、良く食べて、よく飲んで、そして笑った。

当社には入社面接、履歴書提出、そして社則、ルールもほぼない。
出社時間、出勤日、帰社時間、夏休みの長さ、もちろん服装、などナンの決まりもない。
やる事をやってくれればいい!
厳しいルールで厳しい数字を目指すのも会社だろうけれど、
個人個人の夢を目指して会社が存在するのも会社であって良いのではないか。
まぁ本当に会社っぽくない会社だし、社長っぽくない社長だけれど、
社員の皆さん、これからもヨロシクお願いします。

旅の最後にクルマの中で全員で即興の
”ありがとう!社員旅行の歌”
を歌ってくれた。
記念品までいただいた。
これは嬉しかった。

また、来年も何処かに行こうかなぁ!!
結構、たのしいかいしゃだ。

 

 

img_2537

 

 

今年もエグ本の季節!

今年も中島薫DCA、主宰のヘッケルエグ本
(正確には中島薫氏のヘッケル社の作る
日本のAMのエクゼクティブダイヤモンド以上の方々のパンフレット)
の季節がやってきた。
季節というのは年末のクリスマスに合わせて作られるモノなのだが、
だいたい9月末あたりに編集者から連絡があり、
写真などの材料を揃えて、インタビューに合わせて提出という流れ。
今ではWEBでの提出が前提になったので楽にはなったけれど
(ウチのスタッフの仕事を増やしてしまったけれど)
それにしても一年間でフォトジェニック
(お写真栄えのする絵図ら)
を6枚提出っていうのは、そんなに簡単じゃない。
オレは色々と不思議な旅とかもしているから何とかなるけれど。
その写真の選択は日常から少しずつ、
別の保存をしておかないと、いざという時に困ってしまう。
なのでいつも写真を撮る時には意識の中に
‘エグ本’があるのは事実。
それはそれで大変なのよ。(笑)
今年は一枚は毎年の定番で
リーダーシップセミナー(今回はハワイ)
でのお食事会の風景。

 

dsc01426

 
しかしこうやって毎年、
自分の一年の行動(行き先)
を見直してそれを人様に公表できるなんて
普通の世界ではあまりないからね。
他人の幸せをモチベーションに出来るなんて、
それを成し遂げる共通の手段があるから出来る事。
考えたらナチュラルな事だし、
本当は世の中だってそうなっていったら素晴らしいじゃないですか。
世の中の雑誌の中で作られた、
人を感動する様に操作された世界より、
身近な知り合いが微笑ましく成長、成功出来ている姿を見て喜ぶ、
モチベーションにする世界、不思議だけれど好きですねぇ。
と言う事で今年もエグ本の原稿の提出も済んで、年末の出版日が楽しみだ!

 

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e6%b0%8f

PELIKAN (ペリカン)の子供用万年筆 ジュニア

これ数年前に色が可愛くて購入したら、
とても書きやすくてハマって数本、購入。

 

r0016508

 
と言うのもインクの色が普通のブルーや濃いブルー、水色にグリーン、
そしてレッドと実に可愛いくて数本もって使い分けているウチに、
しょっちゅう紛失してまた買い足すと、失くしたのが出てきて
・・・どんどん増えていって結局は7から8本を所持。
(しかしその内の三本はいつも何処かに紛失中(笑)
書き心地やグリップは本当に申し分無し。
唯一の問題点はインクが少ない時にもって飛行機に乗ると、
気圧の関係でインクが爆発する。
カバンの中でインクがベシャリというのも万年筆の欠点なのでペリカンに罪はない。
時々、気に入っている色が廃盤になったり、
新色が増えたりとそんなのも楽しい。
まぁ子供価格なので是非、試して下さい。
ボールペンとはひときわ違う下記心地を楽しんで下さいね。
間違いなくお手紙でも書いてみようかなぁなんて気になりますよ。

 

 

r0016505

 

 

ペリカン・ジュニア 1500円から1700円

カートリッジは540円程度
ネットで見ていたらお試し用の8色セットなんてあるねぇ。(4000円)

経済破綻なんのその! ギリシャの食生活

ギリシャで驚く事がある。
ご存知の通り、ギリシャEUの中でもかなりの
経済的にお荷物になっていて状況はかんばしくない。
さぞや市民は消沈していのかと思えば、そんな落ち込みは一切感じなかった。
それどころか明るいのだ。
元々人類の祖先が我々にあると思う余裕なのか。
関係ないけれどアバウトそうな
ギリシャ人は、実は相当に潔癖性が多いと見受けられる。
今回、訪れたのは三都市であった。
それなりに長い時間だったし、食事やお茶も何度もしたが、
その度に行き先でトイレにはお世話になったが、
そのトイレには必ず液体石鹸とお手拭きタオルが常設されていた。
これは世界中で意外にあるようで無いのだ。
日本にだってある確立は80%程度
(当社比較比)
オレの独断だが食を追求する料理屋さんは
間違い無く衛生観念が進んでいる。
なので、お客にも同基準の衛生を求める店が多いのだ。
さてそんな食の基本的なことがちゃんとしているギリシャ人、
街には収集されていないゴミが山積み。
驚く量が積まれているのだ。
これは行政が予算不足に陥り収集業者が集められない事に他ならないけれど、
不思議な事に臭さがまるでない。
乾燥した気候がそうさせているのか、
生ゴミの扱いが違うのかは定かではないけれど、
これは驚きだった。
さてその食について。
美味しいモノは至ってシンプル。
イワシ、イカ、タコ、エビ、
魚類を焼く、揚げる、煮る
・・が基本。
地中海、アドリア海、エーゲ海は海産物がやたらに美味しい。
それは基本的に内海で海流に影響されないので
ミネラル分が強くなる影響らしい。
(日本の富山湾が魚の美味さが抜群と言われる所以はそこにある。)

 

dsc04200
と言う事で基本的に新鮮で素晴らしい素材を
コネくり回さないでシンプルに
美味しい塩と美味しいオリーブオイルで調理したら
美味しいに決まっているのだ。
オリンピックの発祥の地オリンピア
(世界遺産)を訪ねる為にカタコロ港に寄った。

 

dsc04215

 
そこにある店の中から嗅覚を150%発揮させて入った店がココ!

 

dsc04205

 
文句無しに美味かった。
素材は120%の力が出ていた。
何処の店にでもあるグリークサラダ。
トマト、きゅうり、タマネギをブツ切りにしてフェタチーズをのせただけのモノ。
これが恐ろしく美味い。
本当に切っただけの野菜だ。
イワシのソテー、タコのソテー、イカの詰め物焼き、
全てが満点だ。

 

dsc04198

 
真っ昼間から冷えた白ワインと共に片っ端から食った。
そして想像を絶する程に安くて驚いた。
ギリシャ・・・経済破綻なんてナンのその!
この国は強く生き続けるに違いない。

 

dsc04218

 
DAKOURAS Katakolo Port
電話 2621041762 Mob 6974955815

Taverna Porta Remounda

Moustoxidou str,14 Colf Town GREECE

26610 22568