サラダはスポーツだ!!

文明人のサラダ好き、
菜食主義者は往々にして弱々しいイメージの人間が多い
・・・そして、肉好きのマッスル野郎
(筋肉ムキムキのマッチョ)
の対局の様な奴らと心から思っていた。
だからサラダ専門店なんて“オンナ、コドモの店”
にしか思っていなかった。
ニューヨークに早朝に到着しての昼下がり、
時差ボケで少々、食欲もないと言う事で通りがかったサラダ専門店を覗いた。
店の前には長蛇の列。
その人数は推定50人、正直それを見て唖然とした。
それも大きなマッチョ男、ドデカイ黒人、
太った甘党の女子、肥満気味のビジネスマン
(もちろんスマートな人々も沢山だ。)
・・・・・・なぜ列に並んでまでサラダが食いたいのだろう?
早々に並んでみた。

 

1

 
列が短くなるごとに人々は高揚はじめている。
20分近く待ってやっとオレの順番が来た。

 

3

 
まずはメインの野菜を選ぶ。
もちろん基本は手差し確認だ。
レタス、ホウレンソウ、ロメインレタス他いろいろ。
そしてトッピング、ものすごい数が用意されている。
ドレッシングも順列組み合わせを考えたら品数は膨大だ。
こんな選択は本当に楽しい。
いつの間にかオレもサラダマニアになっている。
サラダ職人を見ていて、ある事を学習した。
それはドレッシングとサラダの和え方だ。

 

2

 
通常、世の中を見渡せばテレビの
ドレッシングのコマーシャルで流れる様に
サラダの上からグルグルと掛け回し、
そして食う。
以上だ!
ところがそれではドレッシングと野菜は絶対に一体化はしない。
正しいのは相当に大きめなボールに野菜を投入してミックス、
そこにかなりのスピードで野菜を回しながらドレッシングを少しづつ、
そして素早く投入して全てを混ぜる。
相当なスピードでボールがキッチンのカウンターに
カンカンと甲高い音が響き渡る。
これがノロノロとやっていると、
塩分の関係で野菜から水分がでて漬け物状になってしまうのだ。
あくまでも“素早く”が命なのだ。
(帰ってきて開眼してずいぶんとトライしてみた。)
動画でお見せ出来ないのが残念だけれど。
とにかく自分オリジナルのサラダを作ってくれる店に
朝から晩まで長蛇の列が出来ている意味も理解出来た。
それはひたすらに野菜のパフォーマンスを引き出したお味があるからだ。
ただ野菜を買ってドレッシングをかけたのとは
全く違う世界の味と舌触りがそこにはあるからだ。
日本にもこんなサラダ専門店があれば良いのにと思う
ニューヨークの昼下がりでした。

 

4

 

 
SWEETGREEN サラダ専門店
http://sweetgreen.com/

イタリア無計画 ツアー2016

秋のイタリア、そしてスペインのバスク地方は美食の宝庫。
行きと帰りのフライトだけ予約。
観光的ハイシーズンではないのでホテル、レストランは一切予約なしで現地調達。
今回は二週間でGoogleマップ(地図)
とトリップアドバイザー(レストラン検索サイト)、
数冊のガイドブックだけで、
毎日行き先は “気分” で決める自由度100%の旅。
予算・・わからない。(笑)
いわゆる ” 行き当たりバッチリ!”

 

2%e3%83%8a%e3%83%9d%e3%83%aa

 
イタリア&バスク は見所がいっぱい、
食べるものもいっぱい!
まずはイタリア半島 スネあたりのナポリに到着。
ピッツァ発祥の地で極上なマルゲリータを食っタァ!

 

%e3%83%94%e3%82%b6

 
美味いのは当然。
何より庶民の食べ物で一枚が3€ 程度ってのが嬉しい。
そんな些細な事にも感動できる。
今日から南下してポンペイ遺跡、カプリ島、アマルフィ方面へ!
どっちに行くかなぁ〜〜
なんて会話しながら毎日の予定をみんなで決めてる。
コロンビアのボゴタの山の上で友達になった作家のアツシ。
(スペイン語堪能、ビジネスも成功中)
いつか一緒に旅しようと約束してての旅!
大阪のバーSALTオーナー塩見は酒の専門家&美食家。
俺達は好奇心の”塊”(笑)

 

%e3%82%b5%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%83%8e

 
結局、アマルフィからサレルノ、バジリカータ、
アルベロベッロ、イッキに500キロをドライブして
ローマ、そしてフィレンツェまで来てます。
(11/13時点)
本当に何もかもがご機嫌!
ここから後半戦を楽しみますよ。
しかし旅のスタイルはどんどんと変わって来てるなぁ。
ますます地球が小さくなって来てると実感してます。
旅に出よう!!
※ 旅の詳細は旅行記にしてHPに挙げます。参考までに!

美しきメルセデスのクーペ280CE

実にエレガントなクルマだ。

 

r0015330

 
オレの独断と偏見だが
当時のメルセデスはクルマの格付けとして
今のメルセデスとは比較にならない程の威厳があったと思う。
そして残念な事だけれど、
今のメルセデス
(現代のクルマの全て)
が品質的にはずっと上回っていたのだ。
それは鉄ひとつとっても、
リサイクルなんて概念がなく、
永遠に長持ちする素材が良いみたいな概念だったので、
部品一つの出来上がりが、
本当に素晴らしい。

 

r0015323

 
ドアの開け閉めなんて全く別ものの重厚感なのだ。

 

r0015326

 
この当時、メルセデスベンツはコンパクトなEシリーズ
(現在はCシリーズを始めとして多種類のコンパクトが存在する。)
が最も小さなクルマだった。
その中でも特にエレガントだったのが、
この2ドアのCEクーペ。
真のお金持ちのダンディーな紳士とか、
エレガンな60代のマダムなんかが乗ったら似合いそうな!
このクルマはなんと香川県の大金持ちのドクターの方が購入して、
その後に亡くなられてガレージに30年以上も放置されていたクルマ。

 

r0015322

 
程度は極上を超えて新車状態。
ボクが購入した時の走行距離はなんと2、5万キロ。

 

r0015327

 
ありえない!!!!!
その走りっぷりも新車。
手に入れたときは嬉しかったなぁ。
今でもショーウインドーに映り込んだプロポーションを眺めるとタメイキが出ます。

 

 

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/メルセデス・ベンツ・W123

 

熊本ナイト!

復興支援の一環で現地の仮設住宅に
食器を届けるプロジェクトを主宰していた関係で
現地のボランティアの人々にご挨拶もしたくて熊本を訪れた。
その際に知り合った数人とまた会いたくて、
人間ドックで大分に行っていたので、
アシを伸ばして熊本入りした。
熊本の人々は震災にあったとは思えない位、
本当に元気で楽しい人ばかり。
食事をご一緒したSさんも男気いっぱいの九州男児って感じの人で、
またクルマ好きという事で話も盛り上がった。
その後、ハシゴ酒。
2軒目に行った開放的な飲み屋での出来事。
奥のテーブルのミュージシャン風、
推定平均年齢58才の
10人程度のヤンチャそうなオジさん達が
楽しそうに盛り上がっていた。
席から正面だったので
なんとなくその集団が視野の入っていたんだけれど、
その一人Aが隣のヤンチャなオジさんBになんだか突っかかり始めたら、
だんだん声が荒立ってきて、
ついにワンパンチ!!
するとそのパンチを受けたヤンチャBが仕返しのパンチ、
周りが止めに入るけれど、
そんな忠告も聞く事なくパンチの応酬戦かと思いきや、
流れパンチをくらったヤンチャCのその友達も加わって、
結局10数人の大乱闘。
オレは傍観者として見ていて
悪いけれど本気で笑っちゃった。
最近、そんな殴り合いのケンカってずいぶん見る事もなかったしなぁ。
5分後にはケンカも納まり、
また平和に楽しく飲み始めたんですよ。
いったいどうなってんのよ!?
熊本のヤンチャオヤジ達は。
オレにしたら愛すべき熊本人を沢山見れて、
とても幸せな気分になったのでした。
熊本は元気だ!

名古屋のソウルフードは!!

名古屋と言えば味噌煮込みうどんだ。
ハッキリ言ってコレは中毒性がある食べモノだ。
事実、オレは中毒だ。
中毒(ちゅうどく)とは広辞苑で調べると、
「毒に中(あたる)」の意味であり、
生体に対して毒性を持つ物質が
許容量を超えて体内に取り込まれた事により、
生体の正常な機能が阻害される事である。とある。
それに並んで依存症(いぞんしょう)を見てみよう。
世界保健機関の専門部会が提唱した概念で、
精神に作用する化学物資などの摂取や、
ある種の快感や高揚感を伴う特定の行為を繰り返した結果、
それらの刺激を求める抑えがたい欲求である渇望が生じ、
その刺激が無いと不快な精神的、身体的症状を生じる
精神的、身体的、行動的な状態の事。
・・・・とある。
そうなんだ!
オレってビョーーキなの?(笑)

 

とにかくオレは味噌味が好きなのだ。
名古屋の“名物料理”は何から何まで茶系なのだが、
その中でもとりわけ茶色いのが味噌煮込みうどん。

さて名古屋人とのランチのミーティングで、
連れて行かれたのは“山本屋”
・・・それは接待として正しい。
なんと言っても、お客さんであるオレは充分に喜んでいる。(笑)

 

実に紛らわしいが名古屋には有名な
“味噌煮込みうどん”の店が、
今回紹介する
“山本屋本店”と
“山本屋総本店”
という2店が存在するのだ。
大きな違いは
本店は“味噌煮込み”一本に対して
“総本店”には名古屋の名物料理がいろいろメニューに載っているという点だ。
この際、どちらが好きかみたいな
論争の火種になる様な評論はなしにして単品勝負の本店の話を!

土鍋で煮立つ味噌煮込みうどんは、
うどんのフタに熱々の麺を移動して少し冷ましてからいただく。

 

cid_947b0c26-ff22-46ce-90c5-8b9b02d2520c

 
ちなみに土鍋のフタには空気抜きの穴がなく、
皿として使えるように、、
実に名古屋人のケチケチ精神が現れている。
本場の名古屋では味噌煮込みの
“味噌”は豆味噌を使うのが特徴で、
普通の味噌は煮込むと香りが飛んでしまうけれど、
豆味噌は煮込む程に独特の甘みとかすかな苦味で美味しくなる。
このオリジナルの味噌は
三年かけてじっくりと熟成させた赤みそと白みそにザラメをブレンド。
そして鰹ダシで極太なうどんを煮込むのだ。
ただの味噌ではないのですよ。
創業は明治40年、
ジャンクっぽいメシが多い
(これ誉めてます)
の名古屋のソウルフードでも
とりわけ歴史もある素晴らしい逸品だ。

余談だが、店に入店すると出てくる
“漬け物”が美味しく
おかわり放題!(笑)
この得点は高い!

 

cid_a484f16d-d01e-498d-aea4-5d45f8c16ab2

 

cid_e1006b3b-c885-4e9f-b55f-88b1c16bd04e

 

煮込みうどん 山本屋 本店

愛知県名古屋市中村区賑町35

052−471−5547 / 0120−253−758

http://www.yamamotoyahonten.co.jp/

 

大門本店、エスカ店、名古屋駅前売店、名古屋駅前店、ルーセントタワー店、広小路伏見店、栄本町店、栄中央店、他多数!