飲茶のワールドカップ!

世界一のチャイナタウンはサンフランシスコ、
二番目がニューヨークである。
ロンドン、ロサンジェルス、サンフランシスコ、
ポートランド、ホノルル、台湾、上海、北京、
バンクーバー、チベット、キューバ、
横浜と世界中の中華街で“飲茶”を食ってきた。
どこの名店の飲茶もそれぞれが美味しく、
素晴らしい文化を垣間見させてもらった。
ちなみに“世界三大小籠包”というククリがあるそうだ。
それは台湾の鼎泰豊(てぃんたいふぉん)、
上海の南翔饅頭店(なんしょうまんどぅ店)、
ニューヨークのJoe’s NewYorkと言われている。
しかし誰が言ったんだろ?
まぁ言ったモン勝ちな世界だから
・・・・その三軒が一同に会しているのが
世界のトーキョーTOKYOと言うのもスゴい話だ。
有名店もそれはそれでスバラしが、
やはり様々なモノが食えて、
リーズナブルで庶民に普通に愛されている店が居心地も良くて好きだ。
今回紹介するニューヨークの飲茶の店、
ゴールデンユニコーンもそんなニューヨーカー、
そしてニューヨーク在住の中国人からも愛されている店。
週末のお昼時にでも行ってみたら、
その愛されっぷりはすぐにわかるだろう。
かなりの長蛇の列だが大丈夫、
飲茶は回転も早いし、
なにより恐ろしい席数がある店なので
そんなに待たされずに入れる。

 

DSC01784
ただ注意点は中国語ナマリの英語で
予約した名前を呼ばれるので
少し、緊張して待っていた方が良い。
着席して待っている間に
近隣の人々が何を食べているのかチエックしよう。

 

DSC01777
そして店員さんが来たら“手差し確認”で注文したら良い。
英語力は全く問われないのが飲茶屋さんの良いところ。
もちろんワゴンででも出来立てが回ってくるから、
それを呼び止めて“指差し発注”だ。

 

DSC01775
60種類以上の点心と広東料理、
レパートリーは多彩だ。
朝は9時からスタートして
早い時間はローカルチャイニーズの長老が
新聞を読みながらお茶と焼売をつついていたり、
まさに交流の場。
そして11時頃から何処からともなく人が集まる。
まさにエキサイティング・ニューヨーク!!
Enjoy 飲茶っ!!

 

DSC01778

 
ゴールデンユニコーン
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g60763-d457884-Reviews-Golden_Unicorn_Restaurant-New_York_City_New_York.html
ちなみに世界の東京に店を開いている

“世界三大小籠包店”
鼎泰豊 銀座店(てぃんたいふぉん)
03-5159-4141
東京都中央区銀座1 -8-19
キラリト ギンザ8F
営業時間/11:00~23:00(22:00LO)
不定休(休業日はキラリト ギンザに準ずる)
アクセス/東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅よりすぐ
http://d.rt-c.co.jp/

南翔饅頭店
西武渋谷
03-5784-0571
東京都渋谷区宇田川町21-1西武渋谷店A館B2F
営業時間/11:00~23:00(22:00LO)
不定休(休業日は西武渋谷店に準ずる)
アクセス/JRほか渋谷駅より徒歩3分
http://www.nansho-mantouten.com/

ジョーズシャンハイ 銀座店
03-3535-5515
東京都中央区銀座1-9-13 銀座柳通りビルB1F
営業時間/11:30~15:00(14:30LO) 17:30~23:00(22:00LO)
土・祝前日11:30~16:00(15:00LO) 17:00~23:00(22:00LO)
日・祝11:30~16:00(15:30LO) 17:00~22:00(21:00LO)
無休
アクセス/東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅よりすぐ
http://www.ozmall.co.jp/restaurant/1341/

キライを克服!ジムへ行こう!

2017年1月15日
昨年からジムに通う様になった。
ハッキリ言ってジムは好きではない。
どうもあの機械を相手に汗を流す姿が精神的に不健康に見えていたのだ。
そして過去に何度も挫折をした思い出があるのだ。

正直、58才になってから上半身の筋力の衰えも自覚した。
水泳の進展具合も今ひとつ。
これは何かしなければと思っていた時に、相談したのが陽子先生。
陽子さんはボクのストレッチ、水泳の先生だ。
やはり基礎体力をつけるには機械に手伝ってもらうのが正しいとのアドバイス。
幸いにウチの近所には東京都が経営する駒沢スポーツセンターなる公共のジムがあるのだ。
入会金の月会費もない、ただ毎回、二時間で420円を支払うシステム。
スバらしい!
世の中の◯ナミみたいな定期的なお金を取ってその強迫観念で通わせる、
お金ばっかり取るシステムとは大違い。
その駒沢のジムで陽子先生がパーソナルトレーニングを指導してくれる事になった。
パーソナルトレーニングとはその人の希望に合わせて
最大のパフォーマンスを引き出せる様に
ジムのマシーンを使ってプログラムを細かく組んで指導してくれる事。
(コレ無くしてジムでマシーンを扱うなんて無謀。
ただ世の中のジムはほぼお客を放置、勝手にヤレ状態。)

陽子トレーナーへのボクの希望は
①適度な筋肉
(意味のないマッチョは不要)
スノボー、運動をしても疲れない。
②身体をしなやかに。
やわらかい筋肉。
③可動域を上げる事。
柔らかく怪我しにくい身体をつくる事。

その希望に基づいて11種の機械、道具を使うメニューを組んでくれた。
そして正しいマシーンの使い方を伝授。
今までのジムでの適当なトレーニングを思い出すと恐ろしくなった。
キッチリとやってみると明らかに効果は絶大。
ちゃんと使うとちゃんとするのだ。
そして自分の身体が少しづつ変化しているのがわかるし、
何より12月からスタートして1月の正月明けからのスノボーツアー
(恒例行事で北海道のルスツに二泊三日でツアーを組んだ。)
で30代の超上級者と滑っても筋肉痛すらしなくなったのには驚いた。
やはり何でも普段からの準備に勝る事はないのだ。
陽子先生に感謝!
そして週に二回は続けます。
これまた未来が楽しみだ。

フードドライヤー

カッコ良く言えばフードドライヤー。
日本語だと “食物乾燥機”。
ドライフルーツ、ドライベジタブルが
家庭で簡単に出来るというシロモノ。

 

img_7473

 
“保存食”が大好きな人にはタマらない機械。
ただ機械と呼ぶには少々、心許ない中国製。
それも上海とか北京など大都市でない田舎の中国。
(勝手な偏見)
もちろん用は成すから問題ないけど、
スイッチ感、素材の感触は
メィドインジャパン にはあり得ないお粗末感。(笑)
だいたいドライフルーツを作るのに10時間とかかかるから、
スイッチ入れたままお出かけするけど、正直怖いです。
(もちろんそんな事はないけど)

 

img_7476

 
~~~バリバリの乾燥かける手前の
少しだけシットリとしたフルーツが味が濃厚で美味しい。
キウイ、りんご、みかん、ニンジン
・・・色々手当たり次第やってます。

 

img_7474

 
大量にもらってしまってどうにもなんない時など超便利!
しかし使わない時は超~~邪魔なので
“シェア買い” なんて良いかもね。
楽しいですょ!
プレゼントで頂いたけどネットで一万円弱です。
箱にもどこにも商品名も生産者も記載なし。
もちろん取り扱い説明書、保証書とかの類もなし。(笑)

たまには振り返ってみよう!

2016年12月31日
オレはあまり振り返るって事をしない男だ。
そんなの年をとってから、いくらでもやる時間はあるし。
でもたまにはね・・・・
今年も本当に沢山の旅をした。
1月は恒例のスノボーツアーで80人で北海道のルスツへ。
そして魅惑のインド世界遺産回り。
2月はハワイ・ロングステイ、
3月はニセコにスノボー合宿。
そしてダイヤモンドフォーラムのパロスベルデスに引っ掛けて
ニューヨーク、ジャマイカ、ケイマン諸島、
キューバ、ロサンジェルス、ポートランド。
4月はキャンピングカーで富山方面へ、
5月は変態旅行でアフリカはエチオピアとシブチへ
(訪問国、人生通算123カ国目)
6月はストックホルムのEDCを引っ掛けて
ベニスからヨーロッパに入り、船でエーゲ海
(ギリシャ)陸路でクロアチア、そして北欧、
スウェーデンのストックホルムへ、
7月はキャンピングカーで三週間の北海道ツアー、
8月上旬はオキラクハウスでの生活、
後半で沖縄離島クルージング
(毎月、沖縄には来ているけれど旅ではない。)
9月は一週間のキャンピングカーでの山形方面ツアー
10月は久しぶりのタイ・バンコクの社員旅行。
そして静岡キャンピングカーツアー、
毎年恒例の人間ドッグに引っ掛けての九州
(大分、熊本の旅)
11月はイタリアのナポリ行きと
帰りのスペイン・ビルバオから帰国だけを決めて
約二週間のイタリア&スペイン・バスクを無計画に廻るツアー。
そして後半で久しぶりの台湾ツアー(これ仕事)
12月は“住む様に旅する”シリーズでハワイ・オアフ島のAIR B&B
とまぁ色々行ったなぁ。
だけれどホンネを言うならばもっと行きたい!!
たぶん現在は年間の三ヶ月が海外、
三ヶ月が国内での旅暮らし、
そして残りが東京だけれど四ヶ月、四ヶ月、四ヶ月の割合が良いと思う。
別に根拠はなくてそうしたいだけだ。
旅をしていると自分の鮮度がキープできる気がする。
そして日々を丁寧に生きられている気もする。
出発と帰国というスケジュールがあると様々な雑務
(これは重要な事)を期限を切ってこなす事が出来る。
そのペースが好きなのだ。
現在の旅はサブテーマが“下見”。
実はどこの“地”で暮らすのが快適かを見極める
という目的もあったりする。
生活面での思う事も色々ある。
人付き合いが決して上手ではない自分は
もう少し人とも丁寧に接しなければと思う。
これは重要な反省点。
人生の出会いが多いのは悪いことではないけれど、
なんか違う気がする。
仕事はしっかり目標は決まっているので、
それに向かって作業はこなす。
健康面の改善もある。
どちらかと言えばものスゴい健康オタクだけれど、
いろいろ追加。
例えば週二回のジムでマシーンを使っての筋力強化。
マシーンは嫌いだったけれど、特に上半身の筋肉強化は必須。
ストレッチもキッチリとやりたい。
週二回のジム、週三回の水泳、週四回のランニングorウォーキングはノルマ。
柔らかいしなやかな筋肉質になりたい。
持久力も欲しいし!
暴飲暴食は好き過ぎてどうにもならないので、
その帳尻合わせだね。
料理、読書、スポーツももっとしたい。
モノを減らしたい。
そしてどんどん余計な者を捨てる。
大きなモノもだ。
本当に必要で愛せるモノだけの生活が良いと思う。
よりシンプルに!
結局 Love is All (愛が全て!)だと思う。
愛せる人との交流、愛せる場所での時間、
愛のある食べ物、(どうでもいい食べ物はアウト!)、
愛せるモノとの付き合い、
愛せる時間を構築していく・・・・
人生は有限だ。
賞味期限もある!
くだらないつまらないバカバカしい時間を過ごす暇などないのだ。
2017年、いまから楽しみだ。Love is All (愛が全て!)

頑張れショータ

六本木の有名店。
割烹 わかば の四兄弟の3番目の ショウタ君。
ハワイに移住して数年目。
よー頑張ってる。アッパレ!!
職人気質の日本料理人がビーガン料理で奮闘。
ピースカフェはホノルルでもローカルから大人気。
行けば必ず顔見てメシ食う!
素晴らしい夫婦だょ。
頑張れょ!

 

img_7062

飲茶の名店 ハワイのロイヤルガーデン

ハワイは中国人(華僑)がかなり多く住んでいる。
少なくともダウンタウンにはチャイナタウンが鎮座し、人々から愛されている。
ロイヤルガーデンはそんな中国人から絶大に愛されている
・・・とは確認はしていが、
週末に行ってみたら楽しそうに円卓を囲む中国人一族が
そこら中に見ることができた。

 

2

 

 

ここの“売り”は昼間は“飲茶”だ。
実は、この近所にある中華料理店の大三元酒楼
(パンダクイジーン)が大好きで、
ここの飲茶にハワイに来る度に通っていたのだが、
突然に店を売り払い、昼間の飲茶を止めてしまった。
このショック度数はハンパでなかった。
あんなに愛して、あんなに沢山の友達に教えてきたのに、
簡単に裏切りやがって
・・・・それまで他の飲茶屋には見向きもしないで、
一途に愛してきたのに
・・・仕方が無く、ここロイヤルガーデンに来てみたら、
ここも負けずどころか、こっちの方が美味しいじゃないの!
という結末で、ココに来る様になったというだけの事なのでした。(笑)

点心類は大好物の焼売、海老餃子、ニラ餃子、豚の豆豉煮、全て合格だった。

 

4

 

 

ここで回りの中国人を見ていたら全員、
食べていたのが“しいたけ麺
(ブラックマッシュルーム)”
それも焼そば、汁麺
(そもそも中国人の料理人・李福偉氏いわく中国には汁麺が存在しないのだ。
日本発祥との事。ところがココの汁麺、美味しいんですよ。
日本人も中国人もハワイアンも大満足。)

毎度、言っているけれど、
海外で日本食を食べたくなる事があるが、まず食べる事は無い。
その代わりに食べるのが中国料理。
(オレ、中国人ではありませんけれど!)
ただ醤油味が恋しくて食べるんだけど。

いい店、知ったなぁ〜〜!

 

3

 

1

 

 

 

ROYAL GARDEN Chinese restaurant (京苑酒樓)

ALAMOANA HOTEL

3/F 410 AKINSON DR. HONOLULU,HAWAII 96814

電話 808-942-7788

(アラモアナショッピングセンター隣接のアラモアナホテルの中)