“かき小屋”の新たなビジネスモデル!

カキ小屋というのは九州地方にみられる海辺のレストラン。
テント風の簡易な建物。
中にはビールや日本酒の運搬用のケースを使った椅子やテーブルがならび、
これ以上は簡素化は無理って雰囲気な店内。
そもそも床とかなくて砂浜や砂利の駐車場のそのままだったり。
だから極端に暑くて寒い。
海辺でバーベキュー、そこに風よけがあると思えば、
その陳腐な建物も許せる。
そして囲炉裏を囲んだ様なスペースに
仲間と、家族と、カップルと、
ひたすらに海産物、
主に牡蠣を焼いて食いまくると言うシステムだ。

 

IMG_7843

 
その簡易さを取り入れて、
テキトー王国の沖縄で受け入れられているのが、
那覇のディープな平和通りから入った桜坂にある“かき小屋”だ。

 

IMG_7861

 
メニューを見れば
“飲み物持ち込み
一人600円、
食べ物持ち込み
一人600円、
お通し一人500円”
とある。

 

IMG_7844

 
飲み物はわかるけど、食べ物の持ち込みって!?
そう、ここの近所には沖縄の台所と言われる
“公設市場”が存在するのだ。
そこで買ってきた食材を
好きに焼くなりして食べてヨロシイというシステムだ。
逆を言えば、何も頼まなくてもショバダイ(場所代)
だけ払えばオッケーという事だね。
これが安いのか高いのかは判断難しいけれど
明朗会計で親切な事に思える。
店内はバカ明るく飾りもない倉庫的な店内。
大漁旗みたいなデザインのハッピがかかっていて、
みんなでそれを着て囲炉裏を囲むから
コスプレパーティー状態で一体感は抜群だ。

こんな店は味が美味いとか、不味いとかの話にはならないので、
評判は良いに決まっている。
“水曜日は焼き牡蠣が半額デイ、
苦情がくるまでやっちゃいます!”
そして1キロ目は無条件で半額、
2キロ目からはジャンケンで勝ったら半額、
負けたら通常金額。
勝っても苦情は一切、受けません!

 

IMG_7840

 
どうですか?
この潔く、エンターテイメント性も抜群な姿勢は!
せっかく沖縄に行ったら沖縄料理も良いけれど、
こんなテキトー沖縄スタイルもオススメです。

 

IMG_7862

 

 

 

 

 

かき小屋 BBQハウス 那覇桜坂店

沖縄県那覇市牧志3−2−37

098−917−0932

営業時間 月曜から金曜 16:00〜23:00

土日祝    12:00〜23:00

飲み物持ち込み 一人600円

食べ物持ち込み 一人600円

お通し     一人500円

冬のカナダに行こう!!

2017年2月15日
カナダでL.A.S
(Leadership Achivement Seminor)
が開催される。
2月のバンクーバーは雨期だが、山に上がれば雪となる。
街で遊ぶのも慣れない街なので楽しいけれど、
やはりスノーリゾートでしょ。
と言う事で本体より1週間早く日本を出た。
最初はウィスラーにてスノーボード合宿。
これがゴルフ合宿とかならば人も集まると思うけれど、
58才の同年代はスノボーなんてやる人は皆無。
圧倒的に30代、
スノボー友達のケンシロー&麻美御一行に混ざって
ウィスラーのスノーボード合宿に!

 

FullSizeRender

 
バンクバー空港から2時間のスノー・リゾート
ウィスラービレッジはさすがのアメリカ文化というか、
良く出来ていて楽しい店が沢山ある。

 

IMG_8359

 
スノボーも楽しいけれどビレッジをブラブラするのも楽しい。
そして、ここからスタートする
ウィスラー&ブラッコムスノーリゾート
(スキー場)
のデカさと言ったらハンパ無い。
日本のスケールで考えたらありえない大きさだ。
そこでの三日間、全てが楽しいに決まっている。

 

IMG_8358

 
そこからバンクーバーに戻って、
空路で北上すること三時間でイエローナイフ、
そこはこの季節ならば100%の確立で
オーロラ鑑賞が出来る素晴らしい場所だ。
オーロラ鑑賞は夜中なので、
あまりに何もない昼間にここで何をするかは不安なところだけど。
(リゾート地ではない上に雪が多くて自分で何処かに行くのもなかなか至難。)
まぁホテルに引きこもって読書か映画か
・・・そして三日間のイエローナイフのアドベンチャーから
バンクーバーに移動してL,A,Sに合流。
そんなユルユルなスケジュールの久しぶりのカナダ。
昔の友達に会えるのも楽しみだし。
バッチリと“冬”を楽しもっ!!

沖縄の宅飲み事情!

沖縄人は良く飲む!
そして騒ぐ。
ちんまりと酒を飲む奴なんているのかな?
陽気すぎて戸惑うよ。(笑)
でも楽しく飲むのは良い事だ。
とある大平宅の宅飲み会。
ホームパーティと呼べないのがここのパーティ。(笑)
楽しかったょ!
お料理も美味しかったぁ!

 

FullSizeRender

 

IMG_7829

 

3-3FullSizeRender

移民の味、祖国の味!ハワイの“美心”

李朝明(りちょうめい)の家族は返還など、かなり前の
1940年代の混沌んとした香港で海鮮品を扱う小店を経営していた。
この時代はそれぞれの人が何か自分の商売を持つのが普通であり、
勤め人などそうはいない時代だった。
なので当時、現在の
“金融ビジネス”
が香港の中心になるなど想像すら出来ない人々ばかりだった。
中国大陸から離れ香港で暮らす事になったのは
先代が共産主義から逃げ、
流れ着いて香港という経緯。
決して望んだ地ではないけれど、
助け合う事の尊さを知る中国人同士、
協力しながら支え合いながらここで生きていた。
李朝明の家族は夫婦と両親、
そして四人の子供。
こんな時代なので家族の生活は厳しく、
英国の植民地となった香港の生活は決して楽ではなかった。
妻の雪梅(シュエメイ)は
近所の食堂で働きながら李の店の手伝いもしていた。
人手となれば妻から子供達も協力し合いながら生活を支え合っていた。
そんなある日、今の様な情報網ももちろんネットもない時代に、
アメリカ新天地からの華僑のウワサ話は入ってきていた。
というより意識していたせいかそんな情報をつかむことができたのだ。
かの地、アメリカなる新天地で移民を募集していると。
当時のアメリカ大陸と言えば希望の地。
港の船員などから話は聞いた事もあり夢は膨らんだ。
移民だけで作られた新天地とはいえ、
決して中国人にとって楽な生活が待ち構えているワケもないが、
それでも香港での極貧生活を脱するチャンスと考えた李は
貨物船での渡航を決めた。
家族も家長である李の決断とあれば従うしかなく、
李に希望を託した。
船だけでの渡航も安全とは言い難かったが仕方がない。
三週間に渡る航海で最初に寄ったのがハワイ。
今の様な“南国のパラダイス”などとはほど遠いハワイ。
ただその時に最愛の三男が肺炎の様な症状になり、
家族で下船を余儀なくされた。
回復まで時間もかかり、
ここまで乗ってきた貨物船は当然に目的地のアメリカ本土に向けて出航。
ここにも中国人がいる事を知り、
この地にて生活をする事を決めた。
決して極楽の南国“ハワイ”ではない、
ただの太平洋の島だ。

やっとありついた仕事は
同じ中国人の紹介で得た飲食店での裏方の仕事。
若くはない李朝明にはかなりの重労働になったが
香港時代よりも希望が見る事が出来たし、
元々真面目な李朝明は一生懸命に仕事を覚えて、
二年後には店の厨房では無くてはならない存在にまでなっていた。
妻のシュエメイもいくつもの仕事を掛け持った。

しかしそんな李夫妻を見ている“神”はいたのだ。
李夫婦の真面目な家族思いの姿勢は支援者の共感を呼び
いつの日か小さな店を持てるまでになった。
食う事がまともに出来ない時代に、
周りの中国人に美味しい香港スタイルの飲茶と
中華料理を食べてもらおうと出した店
“Mei Sum Dim Sum/美心”
は街でも評判の店になっていった。
李は決して拡大の道は選ばす、
お客を大切に、家族を大切に、
仲間を大切に、そして肝心の料理は“丁寧”に努力した。
もともと料理人でない分、努力も勉強も重ねて今の評判を築いたのだ。

スバらしいサクセスストーリーですよね。
全てはオレの勝手な想像だ。
店主が李さんかどうかもわからないけれど、
ここが愛ある店である事は間違いない。
ワイキキの喧騒をはなれ、
薄目で見たら香港みたいなお店を是非、訪れて下さい。
とてもファミリーは幸せな気分になれます。

 

IMG_7016

 

 

 

“Mei Sum Dim Sum/美心”

1170NausnnAve # 101-102 Honolulu HAWAII  96817

 

ここは香港スタイルのワゴンで点心を運んでくれる店。
回ってきたのを指先確認でオーダー、英語、中国語も一切不要。

 

IMG_7019

 

 

IMG_7018

 

スノーボーツアー2017

今年で十数回目(途中でわからなくなった)のスノーボーツアー。
平均年齢はどんどん下がる!
俺は平均年齢引き上げる。
でもこんな若い奴らとガチで滑って遊ぶのは本当に楽しいね。
宴会もめちゃめちゃ盛り上がった!

 

FullSizeRender
2018は1/8 からの二泊三日です。

 

2-2FullSizeRender

 

2-3FullSizeRender

 

2-4FullSizeRender

 

人生の記録

2017年1月31日
探し物があって“逆・断捨離箱”を開けた。
これは人生、ほぼ始まって以来の写真類が殆ど整理もされずに永遠に入れっぱなしになっていた箱。
他には母親が持っていてくれた幼稚園時代の
絵画から絵日記、通信簿、卒業アルバム、宿題ノート、幼年時代は
数冊のアルバムになっていたので良いとしても、
40数年分の写真などが一言で言えば“放置”され
どんどんと突っ込みまくっていた“箱”を開けて見る事になった。
アナログはとにかく量がカサむ。
その数は段ボールに4箱。
こんな作業ってマシーンになってどんどん
“破棄&キープ“が出来たら本当に楽なんだろうけれど、
一枚一枚を見る度に様々な思いが沸き上がって来るので、
とてもじゃないけれどマシーン的な作業は出来ない。
莫大な時間を使って”破棄&キープ“が終わった時には
正直、ガックリ。体力使ったなぁ〜〜

写真は本当にお宝なモノも見つかったし、
どうでも良いモノは破棄する事が出来て本当に良かった。
まさに断捨離の効果は大きく期待が出来そうだ。

その中でも面白いものを2点発見。
一つは小学校1年生の夏休みの絵日記。
クラス単位で印刷されたモノだった。
そこには夏の思い出の鎌倉のオバアちゃん宅での生活が描かれていたが、
なんとそこで“なみのりいた”が登場、
『おにいちゃんの、なみのりいたにのってさかさまになってみずのなかでにかいてんしちゃいました。』
と書かれている。
その日がオレのサーフィンデビュー日であることが記録されていた。(笑)

 

FullSizeRender

 

 

そして中学生時代に書かれた未来日記。
かなり克明に未来展望が書かれているんだけれど、
すこしズレはしているがかなり明確。

 

2FullSizeRender

 
少年時代も“夢見る夢夫君”だったんですねぇ。
(いまなお続くだけど。)
夢がある事は良い事だ!
イメージして希望を持つ事は大切だと実感しました。

とかく過去を振り返りたくなるお年頃。
素晴らしい断捨離が出来た事によって新たな発見が沢山できて有意義でした。