またまた変態ツアー2017(その1)

 

4月から7月は地球レベルで見ると実に旅に適した時期だ。
もちろん日本国内も蒸し暑くなく良いけれど、
やはりこの時期を逃したくない。
そしてゴールデンウィーク明けが狙い目だ。

今年も練りに練って、アフリカの小国を回る。
オレにとっては9回目のアフリカ大陸。
その全てがエッジが効きまくって違う旅だった。

南アフリカのヨハネスブルグ から入って
大西洋側の
ダーバンへ
→ レソト
→スワジランド
→ モザンーク
→マラウィ
→ ケニア・ナイロビ
→ ウガンダ
→ ルワンダ
→ ザンビア
→ ジンバブエ
→ ナミビア
・・・と回る。
その距離は推定3000キロ(たぶん)
陸路と空路を駆使して移動。
アフリカは日本から遠いので
直行便はないので航空会社によるけれど、
香港、北京、香港、中東のドバイ界隈、
もしくはヨーロッパを経由するのが普通。
と言う事でオレは今、
スターアライアンスの
プライオリティーを取りたいので
ANAで香港、
そこからスタアラ系列の
南アフリカ航空にて
南アのヨハネスブルグまで!
香港ではトランジットだけれど
約半日あったので迷わず市内へ。
お気に入りの飲茶店で
玉田と少し遅めのランチ。
完全な外人観光客状態。
その後、一人で街をブラブラ。
築100年の警察の宿舎を改造した
PMQの界隈を散策。
スモールビジネス全開で楽しい時間だった。
ブラブラ歩いている時に発見した
海老ワンタン麺屋さんにて
一杯食べて空港に戻った。
ラウンジでシャワーしてから
深夜便でヨハネスブルグへ!

今回も何があるかわからない未知の世界を楽しみます。

石垣島の驚異のコスパ居酒屋“ひとし”

コストパフォーマンス
(価格に対してどれ程の価値があるか/
略してコスパ)
は最も大切な事だと思う。
カッコは良いけれど高くて不味い店
・・・こんな店は長くはない。
世の中の人は常にコスパを考え、
新しい場所を捜し続けていると言っても過言ではない。
オレはリーズナブル(値段相応)
で愛のある店が好きだ。
素晴らしい食材とは新鮮である事、
旬(正しい時期)である事、
適正価格である事だと思う。
初物だといってやたらに高額なモノも興味が無い。
少し待ってれば良いだけの話。
それより本当の旬の新鮮な味覚こそが好きだ。
あと最近少しだけ気にするのは
フードマイレージ(今回はやたらにヨコモジが多くてスンマセン)だ。
これは産地からの距離で、
当然に遠くから運ばれたモノは運賃の問題だけではなく、
それを運ぶ為に少なからずとも二酸化炭素(CO2)
が余計に排出されるという考え方。
それも忘れてはならない一つの考え。
要は正しくは“地産地消”
(地元の安全で安価な食べ物を食べる)
という考え方だ。
これもとても大切な事の一つ。

さて石垣島に久々に来た。
沖縄本島までは毎月来ているけれど
石垣島まではなかなか来ていなかった。
来る理由が無いというのが本当だけれど。
そして様々な情報を収集。
そんなに大した方法ではないけれど。
そして興味を持ったのが居酒屋“ひとし”だ。
ココで食った地元産のマグロの美味しい事。

 


これは相当に感動!
そして安い!
(美味いマグロなんて何処にでもある。
わざわざココで食う必要も無いと思っていたけれど
ココはぶっ飛んだ。)
石垣島界隈はなかなか美味しいマグロが捕れるらしい。
(ただそんなに量はないのでしょうね。
だから本土には回らず、
ここら辺でコッソリ食ってる感じがする。)

 

 

 

とにかくメニューの品目が多くて驚いた。
魚類も充実。
(これ沖縄圏では意外に貴重)
ウニソーメンチャンプル
(恐らく瓶詰めのウニがベースで
ソーメンが絡んで濃厚な上にボリューミー)
ゴーヤチャンプルやモズクの天ぷら、
石垣牛のステーキなんて900円
(この店では高価な部類)など、
とにかくの充実だった。

 


次回は大人数で全製品のチャレンジをしたい
と言う新たな夢も出来た!

石垣島はいい店が多くて
意外や忙しい日々だ。
(飲んで食ってるだけだけど。)

 

 

 

 

まぐろ居酒屋 ひとし本店

0980−83−9610

沖縄県石垣市新栄町15−8

 

 

 

“やまもと”・・・それこそが“目的”!・・・石垣島の名店

石垣島を訪れる目的は何だ!?
それは“やまもと”だ。

訪れるべき店がたまたま石垣島にある
と言っても過言ではない店“やまもと”。

この店は、沖縄の離島を観光したくなって
宮古島に久米島に竹富島・・・
今回は石垣島にでも行ってみようかなぁ!?
なんてチャラい目的で“ついで”に奴の来る店ではない。
この店こそ旅の目的で
“やまもと”に来る事を決めてから、
電話で予約が確定して、
それから飛行機とかホテル、
そしてレンタカーを予約するのがスジってもんなのだ。

さて、そこまで離島で人を魅了する魅力のは
“石垣牛”の存在だ。
その石垣牛を余すところなく
最高に食わせてくれるのが、
ここ“やまもと”なのだ。

 

 

 

そもそも店主が山本さんなのか、
具志堅さんかは知らないし、あまり興味が無い。
それよりナゼにして
そんなに新鮮な部位が手に入るのかが知りたいけれど、
知ってどうなるもんじゃないし、
これも名前と同様にどうでも良い。
何故にして石垣牛がそこまで美味しく評判となったかも、
やっぱり興味がわかず。
とにかく美味しい肉&ホルモンが食えたら幸せじゃないか!
という事でセオリー通りに
食事の予約→飛行機の予約→ホテルの予約
と言う順序で予約完了。

そしてその日は来た。
予約は当然に夜だったが、
なにか間違いがあってはイケナイと考え、
前日には予約の再確認
(予約したのは三ヶ月前、
その間に火災とか予約帳の盗難とかあったらどーすんの?
といらん心配。)
・・・再確認『よし!』、
そして空港に着くやレンタカーで店の場所の確認
・・・『よし!』。

もしこの島が外国だとして
イミグレーション(税関)で審査があり
『渡航の目的は?』と聞かれれば本来は
『サイトシーイング!(観光)』と答えるだろうが、
今ならば『YAMAMOTO』と答えるであろう。
そう、こここそ“目的”だ。

お味は〜〜どれも美味かった。
特にホルモンの美味しさには
開眼させられる思いだった。

 

 
たった一時間半限定の予約
(これもスゴいね)
だったけれど幸せな“瞬間”だった。

 

 

 

くれぐれも石垣島に行くのではなく、
まずは“やまもと”を目指すのが王道だ。

 

 

焼き肉やまもと

907-0013 沖縄県石垣市浜崎町2−5−18

電話0980−83−5641

営業時間17:00から肉が無くなったら終わり。

水曜日定休

上ハラミ、焼きしゃぶしゃぶ は売り切れ必須

 

ポートランド、ラナイ島、ホノルルへ!

2017年4月23日
今回のダイヤモンドフォーラムはラナイ島。
その前後をどうするかと言うのはかなり考えた。
(普通はラナイ島に行って、帰ってきたら良いんだろうけれど、
おれはそれでは決して済まない。)
オレの中でのパーフェクトな“旅”は
都会と田舎が融合している事。
ラナイ島は最高のリソートなのはわかってる
〜〜なにせフォーシーズンズが
気合い入れまくってリノベした最高の施設なのは聞いていた。

まずは最初に現在、スターアライアンス・アタック中(※①)
なのでANAの往復をラナイ島の前と後で一週間の余裕でキープ。
約三週間のハワイ滞在は少し違うと思って
様々なフライトを見ていたら
ホノルル→ポートランドの直行便を発見!
迷わず“都市”のココを選んだ。
従って“ホノルル経由で
ポートランド
→ ラナイ島
→ ホノルルステイ”
と決定。
ここで一つ大問題が後日発覚。
ラナイ島行きのハワイアンエアーが
小さい機体の為に持ち込み荷物の重量制限があるのだ。
(25キロ)
これって結構ハードだけれど、
かなり理不尽なルール。
だって本人の体重なんて関係ないし。
見れば巨漢で100キロ超えそうなアメリカ人は
何も言われないのに、
ずっと小さなオレから荷物をガタガタ言うってどういう事。
何が問題かと言えば、
雑貨天国のポートランドで何かを買うにも
荷物をあまり増やせないので、
相当な制限(あきらめ)が入る可能性があるわけ。
でもお陰様で本当に吟味した“モノ”だけを買えた。
(戦利品はまたMONOででも紹介)
ポートランドは最高な旅になった。
三回目なので地の利もバッチリ、
一緒に行ったフタバちゃん、
アツシとも本当に楽しめた。
今回はエアビーの宿も最高だったし。
そしてラナイ島は想像の100倍は良かった。
また間違い無く行くね。
そしてアフターのホノルルも
“暮らす様に旅する”
というポリシーに乗っ取って素晴らしい時間だった。
ボクは帰国して玄関を入ったら
1時間以内には旅からのスーツケースは全て片付けて
“旅”は終わりにする。
今回も例外無く
・・・そして“次”の準備だ。

何が言いたいのか
・・・自遊は素敵だ。
どうせ一度の人生だからね。

 

※①
(飛行機のネットワークは大きいのが二つ、
それは日本ではJALが加盟するOneWorldと
ANAが加盟するStarAlliance。
オレは効率を考えてJALに集中していたけれど、
ヨーロッパ界隈を旅するにはスタアラが有利。
と言う事を気が付いて
今年の1月から全て長距離海外ははANAにしている。
おかげさんで7月には取得!
すこし辛かったけれど。
この両方のプライオリティーを取るのはなかなかな事)

相当に古くてボロい工具箱!

ずーっと捜していたけれど何故か出会わなかった工具箱。
工具は入れるつもりはないけれど、ついに見つけました!
ホノルルのオシャレセレクトショップの
JAMES BEACH CLUB の店の片隅で。

 

 
早々に持って帰って、
まずはフィッシングのルアー(疑似餌)を入れようかと。

 

 
なんだか雰囲気が良くてテンション上がります。

 

 
購入価格49ドル
(どこの根拠で48でなく50でなく49なんだろう。
好奇心は尽きない。)