旅する人生を始めよう

9月2日
・・・・外資系企業にとっては新年の三ヶ日。
こんな素敵な日に、とても衝撃的なミーティングを開催できた。
ミーティングの主人公は坂博志(さかひろし)。

 

 

元々は福岡に在住の飲み友達。
その飲みっぷりは本当に気持ちいいし、
何より美味しいお店をよく知っている。
そんな黄昏が似合うオトコが急に
“旅”に出ることを決断。
今まで生活していた全てを捨てて
モノというモノを整理&破棄!
カラーボックス
(衣料の整理などに使うプラスティックの箱)
6個だけに人生を詰め込んで
新車を一台買って日本を縦横無尽に
無制限で旅に出たのだ。(
余談だが彼は相当な人生の成功者、
なので持ち物も相当に多かったはずだ。)

旅の最初は北海道からスタート。
その旅の充実っぷりは
Facebook(坂博志)
で是非とも覗いてみて下さい。
だんだんと写真が上達していくのもわかるし
本当に楽しめる。
そして旅に出て一年を少し越した頃に旅を終えた。
見るべき日本を全て見切って!
食うべきものも全て食い倒して!
各地の居酒屋でも飲みまくって!
でも坂博志が言うには、
結局全ては見切れなかったと。
何故ならば日本には世界に誇る
“四季”があるから。
日本の良さは四季それぞれにあるから
・・・・・終わりはないのだ。

坂博志の作ったオープニング映像は
“唖然”の一言。
知っているつもりが俺なんて
まだまだ全く見た事ないところだらけ
のニッポンがその映像には込められていた。
正直なところショック!!!

ミーティングは本当に感動の連続!

世界を回って日本を思う事、
それはどこの国よりも観光資源が豊富であるという事。
先に述べたけれどそしてそれらには四季という四つの顔があり、
また“食”という奥深いカテゴリーも含まれる。
そこにも当然の“旬”という四季がある。
食、絶景、温泉と
それぞれ10枚ずつの写真を紹介してくれて解説。
知っている所もあったけれど、
その深い知識、意味合いなど説明されたら、
もう一度行きたくなったし
好奇心も爆発してしまった。
知っているつもりで、
まだまだ知らない未知の国のニッポン。
ますますやる事がイッパイになって来た。

 

 

 

五指山、おかえりなさい!

オレの大好きな中華料理店が生まれ育った場所に戻ってきた。

駒沢に引っ越した時の理由の一つが
近所にこの店があることだったのに、
引っ越した直後にこの店は何の理由か
都心の神田に引っ越してしまったのだ。
そのショックたるや計り知れないものだった。

元々、この店のある松陰神社はかなり不便な場所だ。
どちらかと言えば
三軒茶屋に店を出したかったけれど予算が合わなくて、
仕方なくここを選んでいると思うのは
完全なオレの偏見だ。
三軒茶屋から、
いまだにこんなローカル線が走っている事が信じられない
ローカル感満載の世田谷線で数駅、
駅前商店街が寂れるでもなくいい感じなエリアだ。
まだスモールビジネルが中心となっている様な
良き日の商店街がここにある。

この五指山は、
その界隈でヒッソリと有名な店だった。
何せ看板もノレンもない。
メニューもないし、店の中は装飾もゼロ。
賃貸で借りた白いただのハコに
テーブルと椅子があるだけ。
よく中華料理屋さんにある赤い壁紙も、
木の彫り物も、トラだか万里の長城のタペストリーも何もない、
ただの白い壁に黒いテーブルと椅子。
(椅子は背もたれ無しの丸い椅子)
という10分あれば引っ越しも完了するであろう店内。
もはや“装飾“という言葉はそこにはない。
そしてある日その店は
突然に都心を過ぎて下町の神田に引っ越してしまった
・・・寂しかった。
オレは捨てられた気分になった。

そして数年たってその店が帰ってきたと雑誌で読んだ。
それもDanchyu
(食に関しての記事はぶっちぎりに素晴らしい雑誌だ。)
のコラムでだ。

早々に予約して行ってみた。
少し違う場所だが数十メートル駅に近づいたが、
ちゃんと同じ商店街。
相変わらず看板なし、
装飾なしはスタイルだ。
そして以前の味より一層、パワーアップ!
(それ正しい表現かな!?)
とにかくオレは嬉しかった。
帰りがけには店主と握手までして
戻って来てくれたことを喜んだ。

捨て去った恨み辛みをグズグズ言う気は無い。
黙って理由も聞かず静かにしておいてやろう。

『おかえり!五指山!』
By ご近所さん代表

 

ちなみにここの料理人であるご主人は日本人、
ホールを預かる奥様は中国人、
ご主人は時間さえあれば中国に出向き
屋台料理など庶民的な味を食べまくり、
研究に研究を重ねた筋金入りに中国好き!
日本の中華料理は世界一美味しいなどと評されるけれど、
こんな人の存在がそんな評判を作っているのかもしれないなぁ。

 

中国快餐店 五指山
070-4063-2787
東京都世田谷区若林3-17-5
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131709/13209971/ 

 

 

 

駒沢ご近所会 池袋へ出張っ!(笑)

仲良しの駒沢の人々と
平馬夫妻の案内してくれる池袋の中華料理屋さんへ!
ここはもはやリトルチャイナタウン。
確かに他では味わえないシンプルな中華料理を頂きました。
しかし皆んなで乗る山手線
・・・・そうはない写真!
ファーストクラスから山手線まで。
激しい振り幅だ。(笑)

 

 

 

 

 

 

新しい事を始めよう!脳の為に!

2017年8月30日
聖路加病院の日野原さんもおっしゃっていたが、
人間は一生の間で脳の1/4程度しか使わないそうだ。
逆を言えば3/4は使わずに終わるという事だ。
そして人生の後半はその使い方で決まるとの事。
それには新しい事を始める、
新しい人との出会い、交流がすこぶるヨロシイようだ。
オレはもとから新しいモノ好きだし、
新しい人と会う機会はものスゴく多いので少しだけ安心した。
このままピンピンコロリを40年後に目指したい。
まだ大分、先の事だけれど。

ドローンを誕生日プレゼントに皆さんからいただいた。
とても欲しかったものだけに嬉しさも倍増!

 

 

たまたま頂く一週間前に
一度はAmazonで購入したけれどなんとなくキャンセルしていただけに、
このプレゼントは激しく嬉しい。
(なんだか飛ばす自信がなかった。)
しかし頂いたのはいいけれど、その操作は全くの素人。
誰かに習ってやればいいのだが、好奇心がおう盛過ぎて、
下田の庭でまずは飛ばしてみた。

 

 

このDJIの最新機種だが、各国語の取扱い説明書は付いているが、
日本語は4ページ(取説自体のサイズは名刺程度)
文字は極端に小さく、老眼はまだなのに読むのは相当な難儀。
ということで片っ端からボタン押していじくって
とりあえず飛んだのは良いけれど、
隣の家の屋根の上でホバーリング
(空中で静止した状態)そのまま電池切れして屋根の上に不時着
・・・・二回目はウチの屋根の上を飛び越して隣の公園に不時着
・・・なぜか操作不能になる事態が多い。
と言う事で改めて東京の多摩川の土手で、
友人のチビとも君に操作方法を伝授していただいた。

 

 

ちゃんと習ったら、とても簡単に(あぁ間違っても簡単じゃないなぁ)
なんとなく飛ばす事は出来た。
秋の旅までにはバッチリと練習して習得し、
撮影してプレゼントしてくれた人々のお届けしたいと思っている。
新しい事へのチャレンジは実に楽しい。

 

WEBER ウエーバーGo-Anwhere Charcoal Grill

WEBER社はバーベキューのグリルのナンバー1ブランドだ。
アメリカ大陸はもちろん、
ヨーロッパ、アフリカ大陸を見ても
コレ以外のブランドはある事はあるが、
とてもウエーバーの製品ラインには足元にも及ばない。
国産でも数々のバーベキュー関連メーカーやグッズがあるが、
それは似て非なるモノだ。
そもそもバーベキュー(BBQ)と焼き肉は違う。
日本の海辺で四角いコンロで炭を焚いて
ジュージューとカルビだ、海老、野菜を焼いて
それを囲んで食べているのは
バーベキューではなく焼き肉なのだ。
BBQは正しくはグリルで遠赤外線を使って
蒸し焼きを応用したモノなのだ。
そんな楽しいアウトドアーの遊びだが、
家の庭ならばドーム型の良くあるWEBERも良いが、
キャンプではとても持っては行かれない。
そこで登場が、
このウエーバーGo-Anwhere Charcoal Grillだ。

 

 

このGo-Anwhereなる名前が好きだ。
直訳すれば『行け!何処にでも!』
〜〜そうこれをもって何処にでも行ってBBQを楽しもう。
サイズこそコンパクトだが性能は抜群!
ここでは使い方などは割愛するが、
ピカイチなステーキが焼けるのは保証する。

これは夏のキャンプに向けてAmazonで購入。
本体は12000円程度、カバーは別売。

 

 


実はアメリカのホームセンターで買おうかと思ったがほぼ、同価格だった。

 

 

函館ローカルの愛する “ラッピのチャイチキ”

『マジですか?』
『信じられない!』
『ありえない!』
『はぁ!B級グルメ好きでしょ?』
『函館知らなすぎ!』
『函館人に失礼だ!』
『淋しい!』

『出直してこい!』
・・・函館に行く!
そして人々に聞いた。
どこが美味いの?
多くの友達がクチを揃えて言った。
『ラッキーピエロでしょ!』
しかしその店名は初めてだったから
『知らない!』と答えただけなのに。
そこまで言われるとは
・・・・函館人のソウルフードこそ
ラッキーピエロ(ラッピ)なのだ。
この店、函館のみに18店舗もやっていて、
それぞれの店が少しづつメニューが違う。
一番有名は “チャイニーズ・チキンバーガー”
(通称チャイチキ)
〜〜〜東京に来てる函館人に
帰って何が食いたい? と聞けば
『ラッピのチャイチキ!』と答えるのだ。

と言う事でまずは18店舗の中の総本山の本店で食べてみた。

 

 

なんとチャイチキも “松竹梅” とコースが分かれる。
素 が松 で
目玉焼き入りが “竹”
そしてチーズが加わると “梅” となる。
俺は “竹”をオーダー!
丁寧にラッピングされたハンバーガーは
大手バーガーチェーンのモノとは明らかな違い!
食べてビックリ、
バンズ(パン)がしっかり、
レタスがシャッキシャキ、
そしてチキンが甘醤油な、
タレで実に美味いのよ。
そしてそれが390円也!
これは驚いた。

 

 

こんなローカルなハンバーガーは
なんと中国人オーナーによって作られている。
(もちろん帰化されて随分と長い方だ。)
数々の誘致を断って
函館以外には一軒も出店していないのも面白い。
それだけ函館の街起こしにも貢献しているのだ。
函館に18軒もあるだけあって、
走っていると色々なラキピィーを見かけるが、
その店が一店一店、違うのが面白い。
(一部、ハデな外装はどうかと思うけど。)

 

 

2日間で2店に行ってみた。
カレーも試しに食べたけど、
これも実に美味しかった。
ルーを使ったカレーなんだけれど
牛乳を使ったコクがなんとも好きだった。

 

 

 

オレも次は誰か函館に行くと聞いて“ラッピ”を知らなかったら、
絶対に思いっきりバカにしてやろうと思う。

 

 

ラッキーピエロ

https://ja.wikipedia.org/wiki/ラッキーピエロ

 

トリップアドバイザー

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g298151-d1691471-Reviews-Lucky_Pierrot_Hakodate_Ekimae-Hakodate_Hokkaido.html