オシッコと言う名の名店

クロアチアのドブロブニクを訪れた。
ここは元々はユーゴスラビアという国だった。
初めて行ったのは1980年代の後半と記憶している。
初めての船旅
(SEA GODDESS号)
でアドリア海をクルーズ。

 

 

その時に初めて訪れたときの記憶は今でも鮮明だ。
その後、ユーゴスラビアは内戦を繰り返し、
一時はこの風光明媚な街も崩壊、
だが戦後、
クロアチアとして独立をして新たな道を歩みだした。
観光こそがこの国の残された生きる道だった。
これが相当にヒット。
元々素晴らしい観光資源がある上に
地中海という素晴らしい海産物にも恵まれて
世界中から観光客を呼び寄せ、
新たな道で成功。
誰がプロデュースをしたんであろうか、
とても内戦がバリバリにあったなんて微塵も感じない。
しかしよーく見ていると壁に銃弾の跡とかが時々残っている。

城壁に囲まれた街は
サイズ的にも十分に歩ける範囲。

 

 

車で城壁の外に出て見ると
地中海を感じる港町が点在していて実にいい雰囲気だ。
城壁内は車は一切入れない。
そんな交通環境が一層、
のんびり感をかもしだしているのであろう。

さて、この店はそんな街を散歩している時に発見。
人がわさわさと店の前に集まっている。
全席、屋外の店の中をのぞけば、
お客さん達がみんな嬉しそうに食事を楽しんでいる。
この高揚感
・・・・間違いない。
絶対に間違いない。
そしてそこの店の前にドォーントある石の彫刻を見て絶句した。
だって女性が大股開きで
ソコを抑えて小便を飛ばしている
・・・・『エエっ・・・!』
と思い何度見ても
“それ”は“それ”だった。
クロアチアの教育上はどうなんだろう?
道徳上はどうなんだろう?
この店大丈夫?
そして店名を読めば
“Lady pi pi”俺の悲しい英語力でも
“pi pi”とは“おしっこ”でしかない。
という事は“オシッコ夫人”
がここの正しい店名という事になる。

お味は“炭火焼料理“
真ん中の暖炉のようなグリルで
様々な素材を原始的に焼くものばかり。
そりゃ魚介類がただでさえ美味しい
地元・地中海の素材を、
間違いない炭火焼をしていれば美味いに決まっている。
あぁ幸せな時間だった。
店名の由来がわからないのが少し
”残尿感“を感じたけれど。

 

 

Lady Pi Pi (レディーピピ)

Antuninska ul. 23, 20000, Dubrovnik, クロアチア

https://www.facebook.com/LADY.PI.PI.Dubrovnik

 

 

 

 

 

 

 

 

レディピピ

DISCOVER JAPAN 日本を知ろう!九州編

2017年10月15日
夏も好きだが秋も好きだ。
というか冬も春も好きなんだけれど
・・・・・キャンピングカーでの旅は春か秋が適している。
というかウチのキャンピングカーはエアコンの装備
(停まっている時に使える独立型)
が装備していないので真冬と真夏は乗らないだけのこと。

春には北海道を攻めたので、
秋には九州と決めた。
たまたまこの時期に
必ず通う人間ドッグが大分で予約していたのもあるけれど。

思い起こせば九州も全県は行った事はあるけれど、
大都市の真ん中か有名温泉と観光地程度。
じーっくりの旅はキャンピングカーに限る。

結局、九州までの行路を散々悩んだけれど
フェリーで東京から北九州まで送り、
人間は空路で二日後に追いかけた。
これ結局は大正解。
もっと時間に余裕があれば良いんだろうけれど
三週間の九州を楽しむにはこれがベストな選択だった。
それに高速道路とか1200キロも走ると考えるとゾッとする。

フェリーが到着したのは北九州は小倉。
車を載せて二日後に北九州空港への午前便で到着。
手始めに小倉で有名なウナギ(田舎家)で
セイロ蒸しを食しながら旅の工程を検討。

 

 

天気図なども参考に、
まずは福岡経由で佐賀の武雄を見学。
ここにあるスターバックスの店舗が
武雄図書館の中にあってめちゃめちゃにオシャレなんです。
そこから長崎の佐世保、波佐見、鬼木
をへて長崎にイン。
そこからフェリーで五島列島へ。

 

 

遠藤周作著/沈黙
(映画はマーティンスコセッシ)
を観て隠れキリシタンの250年もの迫害の歴史を
少しでも感じて観たいと思っていた場所。
そして海産物もやたらにお美味しそうだしね。
長崎に戻って、そこからツアーで軍艦島見学へ。
紹介してもらったフラックダイヤモンドツアー
(一人3900円)が本当に面白くて大充実。
滅多にない晴天&静かな海で
無事に上陸も出来て軍艦島の軌跡を知ることができた。
島原も想像以上に面白い。

 

 

フェリーで熊本へ
・・・・・ここまでで約8日間。
熊本で数日過ごし天草、福岡、大分
・・・・とて気分で廻る。

ホテルには一度も泊まらず。
(数カ所の“日本秘湯の会”の宿には泊まろうかと。)
この旅はこんな短い文章で書けるほどに単純ではない、
日々、奇想天外な体験をしまくっている。

人生はオーダーメイドだ。
やはり日々の刺激こそが大好きだ。

鮮魚の築地、生肉の芝浦!!

ホルモンの語源は
“刺激する”
“呼び覚ます”
を意味する
“ホルマオ”なるギリシャ語である。
ホルモンと呼ばれる様になったのは
20世紀初頭の
イギリスの生理学者からだと言われている。
ちなみにホルモンとは動物体内の
組織や器官の活動を調整する
生理物質の総称。
ドイツ語だと
“HORMON”
英語だと
”HORMONE”。
また食べ物のホルモンに関しては、
関西の
“捨てるモノ”
を意味する
“放るモノ”
を語源とする説がい多いが、
一方で
“臓物料理”
だと印象が悪いので、
英語の“ホルモン”にあやかり、
体内に活力を与えるイメージで
名付けられたとする説もあり、
そちらが現在では有力である。
という誰かから聞いた情報なんだかれど、
いずれにしろ
美味くて安けりゃいいのがホルモン!
なのは間違いない。

そんなホルモン専門店はある意味、
日本のソウルフーズの一つ。
生き物を
全て食べ尽くすという考え方はステキだと思う。

日本の魚のメッカと言えば
誰しもが知るところの“築地”だ。
もはやそれはワールドブランド。
さてならば肉関係は何処かと言えば、
ひとは築地レベルまで連想出来る場所を知らない。
実はその場所こそが
“芝浦”なのだ。
芝浦と言えば電気機器の王手メーカーの
“東芝”だが、
語源はそのままの
東京芝浦電機で通称“東芝”と言うのは
子供でも知ってる名称由来。
しかし芝浦に肉の処理場があるという事は
知られていない事から、
店主はこの店を“芝浦”としたらしい。
鮮魚の築地、生肉の芝浦
・・・・・素晴らしいじゃないの!
ご堪能あれ!

 

芝浦

http://food-majority.co.jp/tenpo_komazawa.html

 

 

旅する生活!

9/2待ちに待った ミーティング!
旅人 坂博志は日本一周を無期限で回った。
その記録はまさにマーベラスっ!
俺なんか
知ってるつもりで知らない場所だらけだと再認識。
これからの旅の参考になりまくった!
沢山の若者が参加してたけど、
みんなモチベーション上がったと。
良かった!!

 

 

 

 

どうせ無理と思ってる君へ

植松電機の社長に会って来た

 

 

 

TEDのスピーチを聞いて
夢に対しての情熱に感動したので、
いつかは会って見たいと思ったが機会に恵まれた。
そして、会って実際にお話を聞いてシビれた。

見た事がない人はまずは見て欲しい。

 

https://tedxsapporo.com/speakers/tsutomu-uematsu/

 

今回、植松さんから聞いたスピーチで
感動した事柄をメモ、共有!

 

◎ 大切な事はアニメとゲームから学んだ!

 

◎自分を信じる!!
他人がなんて言ったなんて意味がない。

 

◎人と違う事は素敵な事!
違う事は誇りに思う事。

 

◎発明をしよう!

嫌な事を我慢しない。
なんで嫌だと思うのか考えたら、
人を助ける発明になる。
そして大勢の人を助けられる!!

 

◎トムとジェリーから学んだ。
人間には必ず 恐い心、天使の心
の両方を持ち合わせている。
何かある時は自分を含めて三人で話し合いする事。
言葉で語る事が大切。

 

◎美しい言葉を使ったらいい!
美しい言葉からは素晴らしいアイデアが生まれてくる。

 

◎やったことがない事をすると失敗する。
人間は必ず失敗する。
しかし失敗は乗り越えたらチカラになる。

そして失敗はデータになる!

 

◎でもやっぱり失敗したくない!

誰かの言う通りにやって失敗したら、
それ見たことか!と言われるし
・・・わかってない他人の意見なんか
聞くもんじゃない。

 

◎実はロケットは
30年前のそのままで進化してない。
だから新しい素材は使いたがらない。
失敗したらどうする
・・・・・無意味だ。

 

◎お金は値打ちが変わるから貯めこまない。
お金は知恵と経験に使いなさい。

 

◎座右の銘は “思うは招く!”
はお母さんに言われた一言。

『だったらこうしてみたら〜』
と言う発想が大切。

 

◎それでも失敗したら・・・・

『やってもうたぁ〜〜!』
と叫ぶ!(笑)

 

◎大切なのは知恵と経験と人脈!

 

全てが体験から生まれた話なのでグサグサと響いた。

実は今回は
植松電機に訪ねて来た広島の農業高校の生徒
約60人へ向けてのスピーチを、
同席させてもらって聞かせてもらったんだが、
通り一遍等な内容ではなく、
農業高校へ通う彼らへのメッセージとかも沢山入っていて、
これまた感動。
社内の廊下には
今まで植松社長のスピーチを聞いて感動したと言う
中高学生の御礼状が沢山貼ってあるのを
読ませてもらったが素晴らしいと思った。
いつか必ず東京に来ていただいて講演会を主催したいと思う。
大人にも子供にも植松さんの素晴らしさを聞いて欲しい。

素晴らしさ時間だった。
誘ってくれたカルロス、ありがとう!

 

 

 

BEAMS✖️COLEMANのラブチェア!

COLEMANはご存知のアウトドアブランド、
リーズナブルなキャンプ用品でファンも多い。
俺もランタン、テーブルを始め、
かなり様々お世話になってる。
そしてセレクトショップの
BEAMSとのコラボレーションのラブチェア。

 

 

(ネーミングは勝手に付けた。
2人用イスだは色気も無さすぎるからね!)
実にコンパクト、
そして座り心地ヨシ!
何よりデザインが素晴らしさ。
こんなオリジナルならば直ぐに買っちゃう!
おかげで即、戦力となり
キャンプ地での朝のコーヒー、
そしてお仕事はここで行われている。
重さはそれなり、
値段は7,000円程度!!
持っていて楽しくなるグッズって良いよね。