鮮魚の築地、生肉の芝浦!!

ホルモンの語源は
“刺激する”
“呼び覚ます”
を意味する
“ホルマオ”なるギリシャ語である。
ホルモンと呼ばれる様になったのは
20世紀初頭の
イギリスの生理学者からだと言われている。
ちなみにホルモンとは動物体内の
組織や器官の活動を調整する
生理物質の総称。
ドイツ語だと
“HORMON”
英語だと
”HORMONE”。
また食べ物のホルモンに関しては、
関西の
“捨てるモノ”
を意味する
“放るモノ”
を語源とする説がい多いが、
一方で
“臓物料理”
だと印象が悪いので、
英語の“ホルモン”にあやかり、
体内に活力を与えるイメージで
名付けられたとする説もあり、
そちらが現在では有力である。
という誰かから聞いた情報なんだかれど、
いずれにしろ
美味くて安けりゃいいのがホルモン!
なのは間違いない。

そんなホルモン専門店はある意味、
日本のソウルフーズの一つ。
生き物を
全て食べ尽くすという考え方はステキだと思う。

日本の魚のメッカと言えば
誰しもが知るところの“築地”だ。
もはやそれはワールドブランド。
さてならば肉関係は何処かと言えば、
ひとは築地レベルまで連想出来る場所を知らない。
実はその場所こそが
“芝浦”なのだ。
芝浦と言えば電気機器の王手メーカーの
“東芝”だが、
語源はそのままの
東京芝浦電機で通称“東芝”と言うのは
子供でも知ってる名称由来。
しかし芝浦に肉の処理場があるという事は
知られていない事から、
店主はこの店を“芝浦”としたらしい。
鮮魚の築地、生肉の芝浦
・・・・・素晴らしいじゃないの!
ご堪能あれ!

 

芝浦

http://food-majority.co.jp/tenpo_komazawa.html

 

 

旅する生活!

9/2待ちに待った ミーティング!
旅人 坂博志は日本一周を無期限で回った。
その記録はまさにマーベラスっ!
俺なんか
知ってるつもりで知らない場所だらけだと再認識。
これからの旅の参考になりまくった!
沢山の若者が参加してたけど、
みんなモチベーション上がったと。
良かった!!

 

 

 

 

どうせ無理と思ってる君へ

植松電機の社長に会って来た

 

 

 

TEDのスピーチを聞いて
夢に対しての情熱に感動したので、
いつかは会って見たいと思ったが機会に恵まれた。
そして、会って実際にお話を聞いてシビれた。

見た事がない人はまずは見て欲しい。

 

https://tedxsapporo.com/speakers/tsutomu-uematsu/

 

今回、植松さんから聞いたスピーチで
感動した事柄をメモ、共有!

 

◎ 大切な事はアニメとゲームから学んだ!

 

◎自分を信じる!!
他人がなんて言ったなんて意味がない。

 

◎人と違う事は素敵な事!
違う事は誇りに思う事。

 

◎発明をしよう!

嫌な事を我慢しない。
なんで嫌だと思うのか考えたら、
人を助ける発明になる。
そして大勢の人を助けられる!!

 

◎トムとジェリーから学んだ。
人間には必ず 恐い心、天使の心
の両方を持ち合わせている。
何かある時は自分を含めて三人で話し合いする事。
言葉で語る事が大切。

 

◎美しい言葉を使ったらいい!
美しい言葉からは素晴らしいアイデアが生まれてくる。

 

◎やったことがない事をすると失敗する。
人間は必ず失敗する。
しかし失敗は乗り越えたらチカラになる。

そして失敗はデータになる!

 

◎でもやっぱり失敗したくない!

誰かの言う通りにやって失敗したら、
それ見たことか!と言われるし
・・・わかってない他人の意見なんか
聞くもんじゃない。

 

◎実はロケットは
30年前のそのままで進化してない。
だから新しい素材は使いたがらない。
失敗したらどうする
・・・・・無意味だ。

 

◎お金は値打ちが変わるから貯めこまない。
お金は知恵と経験に使いなさい。

 

◎座右の銘は “思うは招く!”
はお母さんに言われた一言。

『だったらこうしてみたら〜』
と言う発想が大切。

 

◎それでも失敗したら・・・・

『やってもうたぁ〜〜!』
と叫ぶ!(笑)

 

◎大切なのは知恵と経験と人脈!

 

全てが体験から生まれた話なのでグサグサと響いた。

実は今回は
植松電機に訪ねて来た広島の農業高校の生徒
約60人へ向けてのスピーチを、
同席させてもらって聞かせてもらったんだが、
通り一遍等な内容ではなく、
農業高校へ通う彼らへのメッセージとかも沢山入っていて、
これまた感動。
社内の廊下には
今まで植松社長のスピーチを聞いて感動したと言う
中高学生の御礼状が沢山貼ってあるのを
読ませてもらったが素晴らしいと思った。
いつか必ず東京に来ていただいて講演会を主催したいと思う。
大人にも子供にも植松さんの素晴らしさを聞いて欲しい。

素晴らしさ時間だった。
誘ってくれたカルロス、ありがとう!

 

 

 

BEAMS✖️COLEMANのラブチェア!

COLEMANはご存知のアウトドアブランド、
リーズナブルなキャンプ用品でファンも多い。
俺もランタン、テーブルを始め、
かなり様々お世話になってる。
そしてセレクトショップの
BEAMSとのコラボレーションのラブチェア。

 

 

(ネーミングは勝手に付けた。
2人用イスだは色気も無さすぎるからね!)
実にコンパクト、
そして座り心地ヨシ!
何よりデザインが素晴らしさ。
こんなオリジナルならば直ぐに買っちゃう!
おかげで即、戦力となり
キャンプ地での朝のコーヒー、
そしてお仕事はここで行われている。
重さはそれなり、
値段は7,000円程度!!
持っていて楽しくなるグッズって良いよね。