オシッコと言う名の名店

クロアチアのドブロブニクを訪れた。
ここは元々はユーゴスラビアという国だった。
初めて行ったのは1980年代の後半と記憶している。
初めての船旅
(SEA GODDESS号)
でアドリア海をクルーズ。

 

 

その時に初めて訪れたときの記憶は今でも鮮明だ。
その後、ユーゴスラビアは内戦を繰り返し、
一時はこの風光明媚な街も崩壊、
だが戦後、
クロアチアとして独立をして新たな道を歩みだした。
観光こそがこの国の残された生きる道だった。
これが相当にヒット。
元々素晴らしい観光資源がある上に
地中海という素晴らしい海産物にも恵まれて
世界中から観光客を呼び寄せ、
新たな道で成功。
誰がプロデュースをしたんであろうか、
とても内戦がバリバリにあったなんて微塵も感じない。
しかしよーく見ていると壁に銃弾の跡とかが時々残っている。

城壁に囲まれた街は
サイズ的にも十分に歩ける範囲。

 

 

車で城壁の外に出て見ると
地中海を感じる港町が点在していて実にいい雰囲気だ。
城壁内は車は一切入れない。
そんな交通環境が一層、
のんびり感をかもしだしているのであろう。

さて、この店はそんな街を散歩している時に発見。
人がわさわさと店の前に集まっている。
全席、屋外の店の中をのぞけば、
お客さん達がみんな嬉しそうに食事を楽しんでいる。
この高揚感
・・・・間違いない。
絶対に間違いない。
そしてそこの店の前にドォーントある石の彫刻を見て絶句した。
だって女性が大股開きで
ソコを抑えて小便を飛ばしている
・・・・『エエっ・・・!』
と思い何度見ても
“それ”は“それ”だった。
クロアチアの教育上はどうなんだろう?
道徳上はどうなんだろう?
この店大丈夫?
そして店名を読めば
“Lady pi pi”俺の悲しい英語力でも
“pi pi”とは“おしっこ”でしかない。
という事は“オシッコ夫人”
がここの正しい店名という事になる。

お味は“炭火焼料理“
真ん中の暖炉のようなグリルで
様々な素材を原始的に焼くものばかり。
そりゃ魚介類がただでさえ美味しい
地元・地中海の素材を、
間違いない炭火焼をしていれば美味いに決まっている。
あぁ幸せな時間だった。
店名の由来がわからないのが少し
”残尿感“を感じたけれど。

 

 

Lady Pi Pi (レディーピピ)

Antuninska ul. 23, 20000, Dubrovnik, クロアチア

https://www.facebook.com/LADY.PI.PI.Dubrovnik

 

 

 

 

 

 

 

 

レディピピ

DISCOVER JAPAN 日本を知ろう!九州編

2017年10月15日
夏も好きだが秋も好きだ。
というか冬も春も好きなんだけれど
・・・・・キャンピングカーでの旅は春か秋が適している。
というかウチのキャンピングカーはエアコンの装備
(停まっている時に使える独立型)
が装備していないので真冬と真夏は乗らないだけのこと。

春には北海道を攻めたので、
秋には九州と決めた。
たまたまこの時期に
必ず通う人間ドッグが大分で予約していたのもあるけれど。

思い起こせば九州も全県は行った事はあるけれど、
大都市の真ん中か有名温泉と観光地程度。
じーっくりの旅はキャンピングカーに限る。

結局、九州までの行路を散々悩んだけれど
フェリーで東京から北九州まで送り、
人間は空路で二日後に追いかけた。
これ結局は大正解。
もっと時間に余裕があれば良いんだろうけれど
三週間の九州を楽しむにはこれがベストな選択だった。
それに高速道路とか1200キロも走ると考えるとゾッとする。

フェリーが到着したのは北九州は小倉。
車を載せて二日後に北九州空港への午前便で到着。
手始めに小倉で有名なウナギ(田舎家)で
セイロ蒸しを食しながら旅の工程を検討。

 

 

天気図なども参考に、
まずは福岡経由で佐賀の武雄を見学。
ここにあるスターバックスの店舗が
武雄図書館の中にあってめちゃめちゃにオシャレなんです。
そこから長崎の佐世保、波佐見、鬼木
をへて長崎にイン。
そこからフェリーで五島列島へ。

 

 

遠藤周作著/沈黙
(映画はマーティンスコセッシ)
を観て隠れキリシタンの250年もの迫害の歴史を
少しでも感じて観たいと思っていた場所。
そして海産物もやたらにお美味しそうだしね。
長崎に戻って、そこからツアーで軍艦島見学へ。
紹介してもらったフラックダイヤモンドツアー
(一人3900円)が本当に面白くて大充実。
滅多にない晴天&静かな海で
無事に上陸も出来て軍艦島の軌跡を知ることができた。
島原も想像以上に面白い。

 

 

フェリーで熊本へ
・・・・・ここまでで約8日間。
熊本で数日過ごし天草、福岡、大分
・・・・とて気分で廻る。

ホテルには一度も泊まらず。
(数カ所の“日本秘湯の会”の宿には泊まろうかと。)
この旅はこんな短い文章で書けるほどに単純ではない、
日々、奇想天外な体験をしまくっている。

人生はオーダーメイドだ。
やはり日々の刺激こそが大好きだ。