19数年間、ありがとう!

2018年1月15日
今の10代に言わせれば“千年代の出来事”だ。
スノーボードを始めたのが30代の後半
(ヤバっ、俺はもう20数年のキャリア)
そして恒例の今年もスノーボードツアーを開催した。
今回で記念すべき第19回目だ。
1999年が第一回目と記憶している。
わぉ!20世紀から続いているイベントだったのだ。
多いときは120人、少ないときは6人と激しいバラツキもあったけれど、
続けて本当に楽しいことばかりだった。
宿泊はずっと留寿都高原のルスツ・リゾート、
現在は身売りされてウェスティンホテルになったけれど、
とにかく何故かこだわりがあってずっとここで開催して来た。
ここのゲレンデは大好きだ。
ニセコやキロロもファンが多いけれど、様々な観点からここが好きだ。

さすがにこれだけの大所帯になると
宴会の企画もかなり苦労した。
近所の大きな居酒屋・丸光は何年も開催させてもらった。
定員70人に120人も入ってむちゃくちゃだったなぁ。
ここは親父が高齢で引退してやむおえなく終わり。
ジンギスカン屋の三幸食堂は定員40人に
70人以上入って盛り上がったが、
やりすぎて改装したばかりの新しい壁に
大きな穴を開けてしまって出禁(出入り禁止)へ。
ホテルも宴会場を用意してくれたけれど、どうも違う。
カズちゃん食堂も気前よくやってくれていたけれど、
代替わり(親から子へ)でガッカリなお店に降格。
ローカルの友達も散々、力を貸してくれ探してくれた。
喜茂別のホテルや居酒屋さんなど感謝している。
だけれどどこか一体化出来なかった。
そう、このツアーで最も大切なことは一体化なのだ。

最終回の今回も20代、30代、40代、50代と
幅広い年齢層、そして地域、
職業だったけれど完全な一体化!
これが楽しいんだねぇ。
ケンシロウが言ってたけれど、
サーフィンは行きと帰りの車の中は一緒だけれど、
海に入ったら別々、
そして一本の波に一人が鉄則だから意外に一体化はしない。
だけれどスノボーは一緒に行って
一緒のゲレンデを滑って
一緒のリフトやゴンドラと
ずっと一緒なので一体化できると。
確かにそうだ!

俺が主催者を止めるのは引退ではなくて代替わり。
これからは麻美andケンシロウに主催はしてもらって
参加者として加わります。
もちろんまだまだ滑りたいしね。
もっと上手になりたいと思う今日この頃です。

 

とにかく一度でも参加してくれた皆さん、ありがとう!

 

麻美andふたばチャンが
過去のホームページから抜粋して
スノボーツアーのアルバムを作ってくれた。
これが本当に懐かしい写真が一度に見れて嬉しかった。

 

ここでも飲茶! @南半球のメルボルン

世界中に中国人は住んでいる。
華僑の人々はそんな国際感覚を持っていて
世界中にネットワークを構築してきた。
そういえば世界中を旅した中で、
必ずと言って良いほどに、その街の中華街は訪れてきた。
日本ならば横浜に神戸、そして長崎、
海外ならばニューヨーク、ロサンジェルス、
サンフランシスコ、ポートランド(しょぼい)、ホノルル。
そして、まさかのキューバ、ヨーロッパはロンドン、
オーストラリアのシドニー、そしてメルボルンだ。
(他にどこにあるのかなぁ?
こうなったら全部を制覇して見たいと思う。)

メルボルンは世界的に見ても多重民族国家として有名だ。
その昔。
ギリシャやイタリアから相当に移民を受け入れたし。
中国人をはじめとしてベトナム人、
タイ人も相当に多いと聞くし、
街を歩いているとインド人、ヨーロッパ系も沢山見かける。
人数的にも多いのか、
中国人は集まって中国の生活様式を貫く様に思う。
だから何処に行ってもその数はものすごい。

メルボルンの中華街は行くなり、
その“門”に驚いた。
それも数カ所に。

 

 

間違いのない人から聞いた飲茶の店を目指した。
「飲茶の美味しい店を教えて?」
「私たちはココにしか行きません!」とまで言わしめた店。
それはまずはお手並み拝見。

 

 

行って見たら本当に美味しかった。
焼売、小籠包、えび蒸し餃子、ニラまんじゅう、
豚軟骨豆豉蒸し、もち米のチマキ・・・・
定番アイテムは全て制覇して見たが完全だった。

 

 

こんな店、知ってしまったら
滞在中に何度くるかわからないじゃないか。
サービスも素早く素晴らしい。
世界飲茶選手権に出たら優勝を狙えるレベルだと思う。
(そんな大会があるのかな?あったら参加してみたい。)

 

 

Shark Fin House 食為先酒楼

131−135Lt Bourke St Melborun Vic 3000

9663-1555

 

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g255100-d728273-Reviews-Shark_Fin_House-Melbourne_Victoria.html

 

 

色々と調べてみたら、世界中にはかなりの中華街があるみたいだ。
インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、
ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス、
ヨーロッパはパリ、ドイツのベルン、
なんとイギリスにはバーミンガムにリバプール、
マンチェスター、ニューカッスル、スコットランド、
グラスゴー、エディンバラにもあるようだ。
そして南米、アフリカ、中東、北欧にも点在。
驚いたなぁ! 全部行ってみたい!

カルロス スーパーおバカ忘年会

湘南の葉山のカルロス新居。
公の家と呼ばれる一軒家は御近所さん解放状態!
いやぁ面白い奴らが大集合。
サイコーだったなぁ!
最後はカルロスが趣味で輸入するテキーラ飲みまくり。
AZS!!
そうそう、悲願だったイノシシの子供、
ウリ坊を始めて食べた。
美味かったなぁ! 御馳走さまでした。

 

 

 

 

 

 

シリコン製のワイングラス  Mada in Australia

触ればグニャグニャ!
ビーチで、プールサイドで、
ハッスルパーティー
(そう書いてある(笑))で
大活躍の割れないグラスだ。
試しに買ってみたら中々な製品。
少なくともコップよりはずっとワインを美味しくいただける。
手触りはオッパイ感覚!

 

オーストラリア人はやたらに酒好き。
なんの統計も見てないけど酒屋の数、
そのサイズ、品揃えは尋常じゃない!
だからこそ何かお土産に
酒関連グッズが買いたかったんだけど。
オーストラリアメイドのお土産は
実はなかなか少ない。
オーストラリアは先進国にしては
モノを作っていない国。
なのでMada in Australia
と書いてあったのは発見だった。
(でもManifacture Chinaな気がするけど!)

お酒専門店で購入!1,000円程度。

 

2017年を振り返って!

2017年を振り返って見た。
今年もよく旅した。
いい加減、もう行きたくないなぁと思ったことが無いといえばウソになるけれど、
行って見たらやはり楽しいことばかり。
バンクーバーのLSの前にはイエローナイフにオーロラ鑑賞、
ウィスラーのスノボー合宿はひたすら面白かった。
ゲレンデは正直なところガッカリで
日本のニセコやルスツがブッチギリだと痛感。
3月は沖縄と台湾、
どっちも仕事がらみだけれど、だからこその体験ばかり。
4月はハワイのラナイ島へ。
ダイヤモンドフォーラムの会場はフォーシーズンズ。
この島はラリーエリソンの個人所有ということで未体験がいっぱい。
5月の変態アフリカは生涯、忘れられない旅となった。
ビクトリアフォールズとナミブ砂漠はぶっちぎり!
6月のEDC絡みのヨーロッパの後半で
悲願のアイルランドとアイスランドへ。
もう想像を超えた体験だった。
スクリプトマイケル、
そしてアイスランドの壮大な景色は半端ない体験。
北海道キャンプ、オキラクハウスライフ、
北海道の宇宙ステーションを巡るツアー、
秋の初・九州キャンプツアーは日本の歴史、
キリシタンの歴史が面白かった。
11月は寒さ凌ぎにホノルルステイ。
暮らす様に旅した。
最後は想像外のオーストラリア。
あまり好きでなかった国が大好きな国に変貌。
好きすぎて来年にも訪れる予約までした。(笑)
地球上の何処でもカルチャーがあって天気がよかったら幸せだ。
そんな楽しい事ばかりの2017年だった。
それが生活の主軸だからね。
仕事も普通に順調。
本当に人に恵まれている。
スタッフにも心底、感謝だ。
全国で美味しいモノもたくさん食べtれた。
なんだか中華料理はことさらたくさん食べたきがする。(笑)
年末には悲願だった
”うりぼう”
をまさかのカルロス 川上宅で食えたのは感動した。
あの柔らかく豊かな肉質は忘れられない。
もちろん悲しい別れもそれなりにあった。
年を重ねると、それなりに友達も多いので仕方がないけれど、
あの世とは中々、楽しい所らしいから、
そんな気持ちで送っている。
一つ、言えることは
”怒り”の数が圧倒的に減ったと思う。
そんな時間が、エネルギーが
もったい無い事に費やしたくなくなったのか。
という事で、好きでなかった人にも年賀状を書いてみた。(笑)
なんだか年を取るにつれ、
世界観がどんどん変わってくる。
視野も圧倒的に広がってくるし、同じ楽しみも倍増化している気がする。
来年も楽しみだな。
世間では将来の経済的な事に不安だと答える人が75%なんだと読んだ。
そんな不安エネルギーを
プラスのエネルギーに変えてあげる努力をしたいと思う。
未来に希望を持てる人生は素晴らしい。
そんな仲間をどんどん増やしたいと思う。

 

タスマニアで食らったナマモノ逹!!

日本人は世界で唯一、ガン患者が減っていない国。
その原因は魚を沢山、食べる事、
イコール、魚が持つ重金属が体の中に溜まってきて、
それがガンを併発させると言う説がある。
本当かも知れないが、
誰も魚を食べるのを止めようとは思わない。
それほどに魚は美味いし我々のソウルフードになっている。

海外で食べる刺身類はこれまた別の話。
鮮度の問題もあるし。
切り方の問題も大いにある。
でもオーストラリアはちょっと違った。
ミックスカルチャー
(他民族国家)
という理由も大きいのかも知れないが
一部のオージーはナマモノを愛している。

ここはオーストラリアの南はしの
メルボルンから飛行機で一時間半も降りた島のタスマニア。
世界に存在を誤解されたタスマニアンデビルの生息地だ。

島のサイズは北海道程度で、
同じ緯度に大都市がないので、
様々な環境汚染も受けていないと言われる。
ここの海の海産物、
牡蠣(オイスター)、
えび、うには美味しいに決まっている。
ところが日本の様に普通にスーパーで新鮮なものはないのが現実。

ところが専門店があったんです。
その看板を見た瞬間の高揚感といったら半端なかった。

 

 

砂漠でオアシスに水辺を見つけたような、
そんな感激だった。
道路からどんどんと入って行くと
実に簡易的な店舗がある。
その建物の簡易さから
これは近所の漁師さんで
野心がある人が作った店に違いない!と。

 

 

そしてランチタイムでも
ディナータイムでもないのに
随分と盛り上がっている。
見れば地元民に外国人も多い様に見える。

 

さて車を止めて、
高揚感とともにショーケースを眺めて見た。
そう、こんな商品を見ていると
ショーケースみたいな言葉が相応わしいと思う。
まさにショータイム!!
タスマニア産のオイスター、エビ、あわび。
ホタテ、ウニ、伊勢海老が
実に食欲をそそるようなディスプレイがされている。
散々考えて、オイスターを1ダーズ、
エビを15尾、そしてウニを1折りを購入。
合計金額が57AUSドル(5,130円也!)

 

 

全て泣くほどに美味い!
オレはこの食べ応えにして、この値段は安いと思った。
もちろん合わせたのはオーストラリア産の
キリリと冷やした白ワイン。
至福の時間でした!!!

 

 

 

FREYCINET MARINE FARM SHOP

Tel 03-6257-0261

https://www.freycinetmarinefarm.com

 

1784 Coles Bay Road. Colers Bay, Tasmania

P,O Box 35 Bicheno.TAS 7215