アントワープの“神”の店

ベルギーのアントワープに寄った。
ヨーロッパの街は教会を中心に作られている事が多いが、
ここアントワープも例外でなく聖母大聖堂
(Onze-Lieve-Vrouwekathedral Antwerpen)
を中心に街ができている。
いきなり余談だがアントワープの駅に降りて驚いた。
その駅はヨーロッパ一番と言われるほどに美しい駅舎だ。
自分で見てもそれは事実だと思う素晴らしい建築物だ。
列車から降りたって駅舎を見たときには感動した。
なのに駅から出た瞬間に驚く。
なんと駅舎の真ん前にあるのは大観覧車。
(少なくとも外観を眺めるとこの観覧車が目に入り残念に見えたけれど。)
そして駅の横にはヨーロッパで最古の動物園。
なぜここに?
駅か動物園か、どっちが先。
いずれにしろどうして場所を譲り合わなかった?
不思議だらけだ。
そしてまたまた不思議の上塗り。
駅舎から出てロータリー越しに見えるのが、
なんと“中華街”なのだ。
なぜ中華街!?
まぁインターナショナルな空気、
フォーリナー(外人)ウエルカムなんだろうけれど、
世界中でこんな好立地な場所の中華街は見た事がない。
また不思議なことに中華街のゲートは
ドォーんとある割には中華料理店は決して多くはないし、
中国人も多くは歩いていない・・・・・謎だらけだ。

 

 

目指したお店は相当に斬新的だ。
この店は勝手に独自の11個目の戒律を作った。

店名の
ヘット ヘルフデヘホト
(Het Elfde Gehod)
直訳すれば十一個目の戒律という意味。
もちろんキリスト教には10の戒律しかないのに。
そしてその戒律とは
“毎日ビールを飲む!”
という素晴らしい戒律。
Oh My God!
(オーマィガァ!とはまさにこの事だ。)
言うだけあってビール王国のベルギーだけのことはある品揃えのビール群。
店内は キリスト像のコレクターだったオーナーが
所狭しとキリスト像をディスプレイ!
もう圧巻。

 

 

キリスト教信者は
こんな銅像を眺めながら飲むのは落ち着く行為なのかな?
トイレ周りもキリスト像
・・・・出るものも出なくなる。

そう言えば
ブッタ(仏陀)BARなんてのも存在するしなぁ。
僕はさすがに山盛りのキリスト像の店内ではなく
カテドラル教会を見上げる光景の外を選んだけれど、
とてもハッピーな空気で、
きっと市民が楽しく平和に
美味しいベルギービールを飲む姿を見て
キリスト様も喜ばれていると思うなぁ。
定番のムール貝も実にビールに合って美味しかった。

 

 

駅前のレイアウトは理解できなかったけれど、
キリスト教の広義な解釈をするカフェは理解できた。
アーメン

 

 

Café ’t Elfde gebod

http://www.hetelfdegebod.eu

 

 

満月ナイト@富士山〜そりゃ楽しい!

2018年5月30日
いつの年頃からか満月が待ち遠しくなった。
あの優雅で神秘的な光、
自分が宇宙で暮らしている事を教えてくれる光が待ち遠しい。
そして同様に見ていてワクワクする山、富士山。
日本人ならば大好きな山のひとつだ。
そう言えば富士山が嫌いだとか、
見ているとムカムカくるなんて奴は聞いたことがない。
ニッポンジンとして生まれて富士山に思いを馳せない人はいない。

その二つのマイフェイバリットが
同時に見れるなんて最高ではないか。
それも大自然の中から。

冬の北海道のスノーボードツアーの最中で
その話題からこの日のちが決定。

春頃で夏前の平日で満月の日、梅雨のリスクは避けたい・・・・・自然と5月29日と決定。
(しかし誰がどんな計算で満月の日にちを未来まで計算したの?ありがたいことだ。)
場所は僕には“お初”だったけれど
静岡県と山梨県の境目に位置する
“ふもとっぱらキャンプ場”だ。
行って見てびっくり仰天
“名は体を表す”の言葉通りの
巨大な“原っぱ”だ。
広さの数字は知らないけれど、
この原っぱ状態のキャンプサイトだけれど大人気。
全くの“放置”スタイルで
キャンプサイドが細かく仕切られていない。
なんとこのフリーな場所に
ゴールデンウィークは1500台、
マックスだと2500台が入るそうだ。
そんな所に行きたくもないし
・・・・そんなだだっ広いキャンプ場に
当日いたのは多く見ても10台、
人数で20人・・・・全く貸切と言っても良い状態。

天気予報は少し残念気味だが、
そんな時は天気予報は信じません。(笑)
我々は様々な都合上、夕方に到着。
山梨のスノボー友達の
H君チームの3人が先に来て準備をしてくれていた。
これはありがたい。
もっとはっきり行ったら買い出しから設営、
料理までやってくれて
夢の“上げ膳据え膳”状態。
(改めてありがとうございます。)

 

 

 

乾杯する頃は
薄雲の中にうっすら富士山のシルエットだったが、
日が暮れて何が起こったのか、
気象的な事はわからないが、
だんだんと富士山が浮かんで現れて、
その横に雲の中からボワァーンという感じで
“満月”も登場!!

 

 

美しい。
富士山の大きなシルエットと満月
〜〜〜もう歓声まで上がってしまった。
余談だがここから見る富士山はかなり麓
(ふもと)の下から下まで、
要するに全シルエットが見える事で有名。

そんなスチエーションで食べるもの、
飲むものは10倍、
いや20倍も美味しくなる。
(その上に準備までやってもらえたら二乗倍だ。)

夜更けまで個人的には時差ボケと戦いながら
H君たちと楽しい時間を過ごせた。
彼らが作ってくれたポトフ(煮込み)、
スモーク類、実に美味しかった。
そんなオカズに選んだのは
バーボン&ソーダが美味しかった。
彼らのキャンプスタイルも研究させてもらえ
勉強になることばかりだった。

また秋のある満月の日にやりましょう!
〜〜〜〜〜と提案してください。
持つべきは友達だ。

ORTIZが好きなんです!

世界を旅してサーディンの缶を集めている。
そのデザインを見て研究しているうちに
スペインのORTIZ(オーティズ)なるブランドに出会った。
まずパッケージが好きだ。
このベタな色のコントラスト。
そして世界中のグルメショップに行くと
結構な確率で置かれている
・・・・わかる人にはわかるお味なのだ。
さすがの地元のスペイン、
セバスチァンは世界一のグルメな街としても有名だけれど、
その街のグルメショップでもORTIZを扱う店は多い。
そんなお店のディスプレイのORTIZの缶を譲ってもらえた。
(少し強引だったけれど。)
それも大小の二つだ。
まだ旅の先は長いのに
こんなモノを買ってしまってどうするんだ
(正確には非売品なので買ったわけではない。
50ユーロの買い物をしたらくれるという条件を
快く呑んだという状態)
・・・なんて後先を考えて買い物はしない。(笑)
夜な夜なそんな貴重(俺にとっては)
を眺めながら、
よく見たらORTIZ社の住所が出ているではないか。
便利な時代だ。
Googleマップに住所を入れて見たら、
なんと明日向かうビルバオの途中
(本当は少し外れているけれど)
という事で誰にも相談をしないで行くと決めた。
朝の”今日はどこに行くか会議”で
サラっと提案してみんなが快諾。
晴れてORTIZ社を訪問。
とか言ってるけれど本社見学ツアーがあるかわからないし、
見せてくれるかもわからないけれど知った事じゃじない。
そして到着!
決してゲストが来る空気はゼロ。
でも構わず工場らしきにズンズンと乱入。
まさにノーアポ突撃だ。
(スペイン語もさっぱりわからないのでアポ取りも不可能)
すると少し太ったORTIZの工場長と思える
(全くもって勝手な想像だ。)にアタック。
その仮称・工場長に訪問の意思を伝えたらウェルカムな空気。
そして三階にある本社お買い物ショップに連れて行ってくれた。そこには可愛いお宝がいっぱい!!ワォ!!
でも、それでは俺の欲望は治らない。
そこにいた決してフレンドリーでない女性に
マネージャーか社長を呼んでくれと依頼!
そして出て来たのが写真の彼!

 

めちゃくちゃ英語と片言英語で会話(笑)
なんとか言ってそこにあったディスプレイ用の
可愛い缶を何個かゲット!!

 

 

俺のご満悦な顔を見てください。楽しかったなぁ〜〜〜〜!
そして東京のウチの持ち帰りディスプレイ、

 

 

大きなのはプランターとして我が家でデビュー!

 

 

モノにはストーリーがございます。
たかが”缶”ではありません。