「うにクレソン」タグアーカイブ

広島の名物“中ちゃん”乱入記

最近の悲願であった広島の名物・鉄板焼き屋の“中ちゃん”に乱入した。
昔、何回か広島に行った時に運良く入れたが、その後、何度来ても満席で
客は居心地良すぎて出る様子もまるで無く、仕方無しに諦めること数回。
なんと表現をしたらいのであろう・・・・ここの居心地の良さは・・・・。
中ちゃんは保健所、それを統括する厚生労働省、また市の建物を管轄する建設庁や
市役所の土木建築課、警察関係、そうそう消防関係にも相当に幅を
利かせているに違いない。
そうでなければこの店の存在は考えられない。

最初に言っておくが、興味本位、好奇心でだけでこの店を訪れるのは止めておいたほうが良い。
何故ならば人としての通常、持つところの衛生的基準値、価値観を
持ち込んだら・・・・・衝撃となるであろう。
店はことごとく汚いし、不潔だし、天井には冗談みたいだが、何故だか
穴が開いて隣のビルの看板が見えているし、そこから隣のビルのカラオケの音が、
漏れるのではなくてダイレクトに聞こえてくる・・・・
改装工事も大掃除も無縁。
将来的には予定も設備投資も考えてはいない。
昔はAМ製品が置いてあったが、逆にイメージ悪いナァと思った。
まず二十代の世間知らずな女の子なんかを連れて行ったら・・・・・・
結果は恐ろしいぞぉ。
さて”中ちゃん”はここに店を開いて37年の歳月が過ぎたと聞いた。
その居心地の良さはナンであろうか。
オレは誰かと飲んでいるときに、自分以上に飲んで酔った人間を見ると
酔いが冷めるという現象があるのだが、どうもここの店主の中ちゃんを
見ていると同じような現象で、オレも飲むとこんななのかなぁと思うと、
いくら飲んでも酔えないという状況になるのだ。
とにかく名物店主の中ちゃんは本当の泥酔か泥酔を装っているか、
いつもホロヨイを越えて泥酔している。
元々はどこかの有名ホテルのシェフだったと聞くが、それは確認出来ていない。

さて、この店の料理は鉄板焼きなのだが、そのオリジナルのアイテムは
『うにクレソン・バター焼き』『モツ煮込み』『たん焼き』などがある。

うにクレソンたん焼き

それぞれの食事は本当に美味しくて、なんの酒にもビッタシの料理だ。
全ては”火”を通しているから大丈夫と思いたい。
フランスパンも鉄板で焼いてくれるのが何とも美味い!
中ちゃんは大きな鉄板のスミッコだけを使って器用に料理する。
飲み物はビールから焼酎、日本酒、ワインと幅広い。
まぁ酔えば何でも良いのだ。
なんだか本当に不思議な気分になる店です。

中ちゃん  鉄板焼き
広島県広島市中区弥生町6−8
電話 082−243−6067
銀山町から徒歩5分

中ちゃん

《実はこの名店“中ちゃん”の御主人は最近死去され、その志を受け継いだ人々が
同じ名前、同じ店の場所で営業していた。
そして隣も吸収合併して大きくなっていた。
昔よりはずっと入れる店です。
なんと“予約”も受けてくれている。
相変わらず向かい側にはソープ女子寮が!!》