「おにぎり」タグアーカイブ

フランス語堪能な愛のオニギリ屋”松風軒”

国道沿いにある”松屋”は”愛”である。いったい誰をめがけて狙いこんでこの店を開店させたのであろうか。その勇気を評価したら、いきつくは愛なのだ。まず近所の住民から重宝されているのだ。一般人からも、釣り人からも、観光客からも、運動会、ピクニックに行く家族からも愛されているのです。そう! 通り掛かりの人を引き込む力もある。なぜか店の前で出入り客の数をみているとオレもオニギリ屋でも経営しようかなあと思ってしまう程に人々は吸い寄せられて入っていくのだ。そして、その理由は”愛”に行きつくのだ。なにせ感覚がフランスなのだよ。

フランス語堪能な愛のオニギリ屋"松風軒"

何故か、ここのオヤジは”謎”であった。なにか様々な経験をしてきた独特の空気がある。そんな只者ではない余裕、空気を持ち合わせていた。 実はここのオヤジさんは、なんと世界の流通を牛耳る日本のショウシャマン(商社マン)伊藤忠商事にいて長い海外赴任を経験して、定年を迎え、なぜかこの地に”立ち食いソバ&オニギリ屋”を開いたのだ。 海外は海産物などの食品を扱っていたらしく、フランス領であったタヒチ、ニューカレドニア、そしてオーストラリアに合計8年滞在!様々な経験も積んだであろうがフランス語、英語、そして沼津弁と標準語を操るのだ。(時々、市役所で通訳が必要になると助っ人で出向くと言っていた。)そんな海外経験豊富なオヤジさんが考案した、オニギリはさぞや!!そう、期待に答えた品々なのだ。立ち食いソバも何だか暖かい。

フランス語堪能な愛のオニギリ屋"松風軒"

店主がタヒチで何を学んだかを知るよしも無いが・・立ち食いソバひとつを取っても、駅前にある無味乾燥な店とは完全に一線を画す! 例えば”ネギを沢山入れてね!”とかリクエストは快諾! 普通ならば20円~50円は高くなるであろう”たぬきウドン”も無料!よく考えてみれば、たぬきの具材の”てんかす”なんて天ぷら作ったときのカス意外なに物でもないし、そんなのタダでくれてやれっ!というのが当然で、ここでは器に山ほど入っていて、いくらでも入れて良いのだ。(別に”てんかす”沢山いれた、たぬきウドンなんて食べたくは無いのだが、その心意気を評価したいものだ。)写真の”かけそば”は315円(トッピングはタダ!!) さて主人公のオニギリは、それぞれに工夫がある。梅わかめ、鳥ごま、鮭、しらす、おかか、ゆかり(126円) だし子、醤油焼き、たらこ、焼きシラス、焼き飯、ドライカレー(137円) 明太子、五目いなり、五目すし、紀州梅、嫁たかな漬け、田舎味噌(158円)と並び、セットメニューも充実! おむすび三個と唐揚げ、コロッケで505円だ。

フランス語堪能な愛のオニギリ屋"松風軒"

これが愛でなくてナンなのだ。フランス圏で生きたオヤジはオニギリにも愛で接しているのだ。今日も松風軒は”ジューテーム”(英語のアイラブユー)なのだよ!!

  • 松風軒(しょうふうけん) 静岡県沼津市上香貫1377-5
  • 電話055-932-2493  すごいフリーダイヤルもある!0120-15-2493
  • 営業時間 午前5:00~午前14:30まで! 殆んど永遠に開いている!
  • 息子が経営する長泉店もある。 055-989-1693
  • 沼津市内から伊豆・修善寺方面に向かう国道414号を右に沼津市役所を見てから約1589メートル(波田に気分測)のセブンイレブンの交差点(右折すると沼津漁港)、向かえ側。角から二軒目で角には淡島ホテルのフロントがある。

“あうん”の呼吸は~沖縄・史山ストアのジューシーオニギリ。

かなり特殊なシステムである。まずちゃんと説明をしなくてはいけない。ジューシーとはナンなのかを! ジューシーはジュースではない。ジューCレモンなんて商品名があったような無かった様な・・・記憶は定かではない。果物でもない。ビタミンC配合の食べ物でもない。これは、沖縄では皆が大好きな”炊き込み御飯”である。お米を豚の脂で炊いた御飯・・・こうストレートに説明をすると実に美味しそうには思えないのだが、食べればかなりの美味しさだ。そのオニギリ・・・かなり美味しい。

"あうん"の呼吸は~沖縄・史山ストアのジューシーオニギリ。

ジューシーの語源はサッパリわからないが、 イメージ通りのジューシー(jucyなお味!)だ。沖縄の昼メシ時にソバ屋に行けば殆どの店にジューシーは存在していて、ソバだけだと少々足りない時に、コレをセットでいただくのだ。さて、今回、ご紹介の店は船舶関係者ならば全員がお世話になっている店だ。場所は那覇漁港前! 訪れるお客さんもそのまんま! お店の中央のテーブルに商品はある。揚げ物だ。時間は朝の8時だよ! さすがにメタボ王国の朝食と納得する。テーブルの右側には長くて三角な御飯。一人での買い物は難しい! 誰かに教えてもらわなければ想像もつかない販売スタイルなのだ。

"あうん"の呼吸は~沖縄・史山ストアのジューシーオニギリ。

まず利き手にビニール袋を手袋の様に”裏返し”に被せて長いジューシーの入っているビニール袋に手を入れて欲しい個数を自分で、手包丁にして、クズしてつかみ、手袋ビニールをひっくり返しながら入れて完了だ!ドーゾ勝手に取りたいだけ取ってちょうだいという姿勢が、本当に自分勝手すぎる。もちろん横に座る店主からのアドバイスは一切無い。口数が極端に少ないオヤジの解説は、時々しゃべるのだが・・・実に何を言っているかわからないのだ。来るお客さんは黙々とそのセオリー通りの行動で、自ずから袋詰めを完了してレジへ!

"あうん"の呼吸は~沖縄・史山ストアのジューシーオニギリ。

オヤジは現金をオハジキみたいにテーブルに並べてそこから釣り銭をだす。 そしてカッタルそうに”テンキュ!”と挨拶・・・テンキュはThank You! です。でもこの挨拶は男にはしない、レディーだけです。男には無言で”うんっ!”とうなずく・・・客は”んんっ”と返答する。まさに”あうん”の呼吸がここにはあるんですよ! 良くわからないだろうけど、是非とも朝イチに便利だから食べてちょうだい!

  • お惣菜、酒類、冷やしもの一切 史山ストアー
  • 沖縄県那覇市曙2-26-1 098-863-5250
  • 《先日、店の前を通りかかったら移転だか閉店していた!何処に行ったんだぁ!?美味かったのに! 愛想無かったからなぁ(笑)》

おにぎり界の金字塔“佐藤水産のおにぎり”

ボクは北海道の空の玄関、千歳空港を利用するのは午前中だ。 理由は只一つ・・・佐藤水産のオニギリが目当てだ。 たかがオニギリ・・・なんて思うヤツはアホだとおもう。たかがオニギリ、されどオニギリなのだ。 このオニギリは、いや“佐藤水産のおにぎり“と言い直そう。世間一般のオニギリとは一線を画さなくては問題がある。それは別物だからだ。

おにぎり界の金字塔“佐藤水産のおにぎり”

今、なにも引き合いに出さなくても良いと思うが、コンビニのオニギリはダメだ。まるでオーラが無い。以前、コンビニ弁当の工場に努めていた友人は自分ではタダでもらってでも食べないと言い切っていいた。その理由をここで説明する気はないが、裏の品質表示でも読みながら食べたらどんな気分であろう。(ケンカを売るつもりは無い) 佐藤水産のオニギリは品質表示を読みながら食べると、倍以上に美味しいのだ。 ”海鮮おむすび(ジャンボおむすび鮭筋子)原材料/米(白飯、北海道北空知産ほしのゆめ)、鮭筋子、焼海苔、食塩・・・以上である。そこには不気味な科学的な名前やカタカナなどは一つも無い。従って冬場でもその消費期限は当日の18時となっている。 さて、早々に包んである袋を開けて、中のオニギリを観察しよう。実にマシーンででは作っていない(と思う。)いびつな、そしてオニギリ工場のオバちゃんの手の形を想像出来る形だ。重量の表示が無いので、もう食べ終わった今となっては正しくはわからないがゴハン軽く2膳分はあるとおもう。

おにぎり界の金字塔“佐藤水産のおにぎり”

そして最初にガブリ!! おっと!早々に、こんなハジっこなのに筋子が登場! ようこそっ!!お待ちしておりましたっ! こんなハジっこに名脇役である筋子君がいてしまったら、このオニギリの中央部、残りのまわりのゴハン部分はどうなるのであろうか!? 少々不安に陥る。 またまたガブリ! オレの場合はこの中身の筋子をいかに全体のゴハン量とバランスを良く食べるかに美学を見いだしているので、最初に具材の位置関係を測量して分布図を頭に描き、具材→白いゴハン→具材→白いゴハンと右、左、右、左を繰り返して移動!これが今回の工事計画となった。ところがこの佐藤水産のオニギリ素晴らしく期待を裏切ってくれたのだ。左ハジに見えていた筋子は只の氷山の一角であり、奥に進むに連れてどんどん大型の筋子の本体が見えて来たのだ。しかし白いゴハンの中の筋子君が実に可愛いのだ。自ずとオレは方向転換をし、事業計画を再確認、左→中→右を繰り返す作戦に切り替え進んで行った。

おにぎり界の金字塔“佐藤水産のおにぎり”

何処かのケチ臭い具材のオニギリとは似ても似つかぬ、まさにキングOFオニギリ!  お母ちゃんのオニギリは世界一美味しいが、それに勝るとも引けはとらない最強のオニギリがコレなんです。千歳空港はコレを買う為にある、ついでに飛行機に乗る! そんな価値あるオニギリを是非一度、トライしてくださいな。 (経験上ですと昼過ぎには無くなってます。悲しい気分になります。)

  • 佐藤水産株式会社 千歳空港店
  • 千歳市美々 新千歳ターミナルビル 二階 電話 0123-46-5826
  • 本店 札幌市中央区北4条西3丁目 北洋ビル1階  電話011-200-3100
  • 上記以外の一部、直営店、石狩市のサーモンファクトリーでも購入可能。
  • http://www.sato-suisan.co.jp/