「アラモアナ」タグアーカイブ

ハワイ的定食屋は今夜も盛りあがる。 ロイズのルーツはここなのかァ!?。

マサーキィーはニワカハワイアンである。このヒトの別名は”ハワイアン生き字引””ハワイアン歩くダンチュウー(時々ハナコ)”である。滞在日の全工程の食のスケジュールが決まっている。従って”計画ある食人生”を日々歩んでいる。そう言っている今も世界のドコかで計画的食生活で新規開拓をしているに違いない。先日もハワイで夕飯を一緒にさせてもらった時に既に翌日のランチ、ディナー(当然その先々も・・・)決まっていた。そんな会話を聞いてたらこちらはスケジュール変更を余儀なくされるのだ。大したポリシーも無しに行き当たりバッタリのオレの食生活計画なんてすぐに影響されてしまう。そして今回御紹介の”ハワイアン定食屋”がココ”サイドストリートイン”である。

ハワイ的定食屋は今夜も盛りあがる。 ロイズのルーツはここなのかァ!?。

ニホンジン観光客遭遇率は0、1%以下。10回以上のハワイリピーターでもわざわざ来ないであろう。そんな場所的にもメニュー的にも相当にマニアックである!。ヘンピ、カソチに属しているロケーションの悪さも人気の理由なのか。ハワイなのにまるでロサンジェルスの治安の悪いダウンタウンの裏通りみたいな怪しい空気である。波田的にはゲェーノージンの○○さんが通っている店・・・・・とか言うのが好きではないが、この店の常連は別格にスゴイ。とりあえずハワイにおいてロイ・ヤマグチ氏(ロイズのオーナーシェフ)、そしてやはり鉄人シェフのアランウォンだぁがアシゲく通っていると言われたら興味が沸かない人間はいない。(環太平洋地域・パシフィックリム料理の世界でトップに君臨しているのがこの二人。双方とも繊細にして大胆で実に美味しい店です。)・・・そしてロイ・ヤマグチがプライーベートに誕生日のパーティーをした店・・・・・・・・・。と言ったら出 てくる料理はいったい!!!!・・・好奇心は頂点に達するのだ。

ハワイ的定食屋は今夜も盛りあがる。 ロイズのルーツはここなのかァ!?。

メニューはシンプルなモノばかり。オススメはポークチョップ(と名前にはあるが味的にはトンカツ)シーザーサラダ、焼き飯・・・・・・・・・結構、どれも美味かった。ただボリュームが凄いんです。それぞれを食いながら”そーかぁ!。ロイヤマグチも普段はこんなモン食ってるんだなあ・・”と感無量。とにかくベタなアメリカを感じたいならココ!。店内に数ヶ所にテレビが設置されて、オシャレ~なんて吹っ飛んでもう気分は完全ローカルです。

ハワイ的定食屋は今夜も盛りあがる。 ロイズのルーツはここなのかァ!?。

  • サイドストリートイン 1225 HOPAKA St.TEL:591-0253
  • 営業時間  10:00~13:30 14:00~24:30 無休
  • アラモアナショッピングセンターからワード地区(ダウンタウン方面)へ向い、海岸の道から2ブロック位裏側です。
  • PAN FRIED ISLAND PORK CHOPS (トンカツ風つまみ、17㌦) POCHO CLAM(  でかいクラム、12㌦)KALBI(カルビ、キムチもふんだんに!、15㌦) SPICY CHICKEN (スパイシーチキン、9,25㌦) そしてシーザーサラダ、からステーキ、ミソチキン、テリヤキチキン、時価表示のファーマーズサラダ、そして YAKISOBA, HIYAYAKKO, EDAMAME,  と結構、意味不明フードがオンパレード。好奇心そそられるというか、オーダーすると一品一品がボリュームが多いので考える・・・そして食うと美味い!。

赤勝てェ!、白勝てェ!。 ソゴンドン、スンドウブ・・まったく意味がわからん!。

ハワイでの数日目の朝、皆でダイヤモンドヘッドを登頂した。結構、気分壮快で満足。ダイヤモンドヘットは磁場もよろしくオーラがある。そして太平洋を旅してきた美味しい空気をイッパイに吸いこんでリフレッシュしたのだ。昼近くになって小腹が空いて思い出したのが昨晩、マサーキィーが話していたお薦めのお店だった。マサーキィーはヒトを多少見下した様に『ゾゴンドン知ってるぅ!???、えっ!知らない!!ズンドウブよ!』。まったくサモア語だかハワイ現地語だかわからない言葉だった。マサーキィーの新規店舗捜索能力は尋常ではない。そして情報収集のネットワークは世界規模である。マサーキィーのお薦めは今まで全問正解している。

赤勝てェ!、白勝てェ!。 ソゴンドン、スンドウブ・・まったく意味がわからん!。

その店はアラモアナの裏通りにある韓国料理店であった。そしてその店の名前が”ソゴンドン”でオススメが”ズンドブゥー”です。それは韓国語だったのです。さて、ネオンにもあるけれどズンドゥブーは和訳名が”水豆腐”。しかし名前と食べ物がこれほどまでにかけ離れている食べ物はそうはない。皆さん、想像して下さい・・・”水豆腐”から何をイメージするか。ボクが考えたのは”湯豆腐お水バージョン””水に浮いた冷奴”または百歩譲って韓国料理と言うことで妥協して”水の中に豆腐が浮いていてキムチが入っているモノ”位しかイメージが湧かない。しかしこれは決してそんな甘いモンではなかった。コニシキの容姿で虚弱体質な奴、チョコレートのルックスで味は梅干。松嶋菜々子のルックスで性悪な女・・・・以上の驚きであった。オレの三流エイゴで聞いても素材的には”トーフチゲ”としてしか想像が出来ないのに店主はチゲとは断じて違うと言い切るのだ。言い切りだよ!。アブゥソルーテェリーだよ!。そして注文!。

赤勝てェ!、白勝てェ!。 ソゴンドン、スンドウブ・・まったく意味がわからん!。

見て驚いたのはドコからどう見たってチゲ。(バァーロウ!)鉄小鍋のグツグツはまさに地獄絵図であった。持ってこられて数分はグツグツが続いているのだ。”おークワバラクワバラ”(久しぶりに使った使った死語でした。とても恐ろしい時にする表現です。)しかし味と食感はチゲとは明らかに違っていた。そう”韓国風アメリカン・マーボードーフ”(名称というか訳が美味しそうでは無いね!。アメリカンは味ウスの表現です。)しかし確かにメシにやんわりとかけて食すと美味い。じつに辛さと微妙な甘さ、そしてコクがキムチのチゲとは違うのだ。そして驚いたのがこの小さな店内にボク達がいた間にもどんどん女性が一人、二人でやってきてサラリと頼んでサラリと食べて帰っていくのである。例外無しに涼しげに汗もかかないでフーフーもしないで食うのである。イチオシのお薦めが”水豆腐”なのは、わかったが、どうせならば様々な、いや全品制覇してみるのも楽しいし多人数の成せる技で、片っ端から注文しまくった。メニューを見てみましょう。

赤勝てェ!、白勝てェ!。 ソゴンドン、スンドウブ・・まったく意味がわからん!。

大別して赤と白、時々茶系、緑系があるがほぼ赤白系の2色だ。そして結論として実証出来た事は”赤の勝ち”であった。なんの意味も無い勝敗であるが韓国料理は赤に決まり!。白はイタリアンや和食に任せましょう。(本当に白系は特徴の無いメシだった。)ホノルルでショッピングに気合を入れたいあなた、是非、爽やかな辛さで充実の午後を!。(夜もやってます。)

  • ソゴンドン 韓国レストラン 1518 Makaloa St, B Honolulu Hawaii 96814 (808) 946-8206 www.sogonghawaii.com
  • アラモアナショッピンセンター裏側の中央を出て正面に見えるタワーレコードの裏側。
  • マサーキィーのプロフィールは秘密です。東洋人にも見えるしアラブ系にも、中国奥地の仙人ジーサンにも見えるし、ナポリのたばこ屋の主人にも見える。千葉人であり常に長袖ティーシャツ(ロンティー)を着ていることは確認されている。今後もシブイ情報提供に期待します。

ハワイ焼肉事情。日本語の韓国イントネーション英語風味。 韓国オバさんは”カァルビーヒィチィニンマエネェーーチュセヨ”

ハワイの焼き肉屋の恐ろしきボーダレス。ここに国境はない。ハワイのリピーターなら必ず、通っている焼き肉屋”兄弟”(ヒジョン)の御紹介。この演歌っぽい名前の店に私は十数年通っている。この店の伝説は、やはりクチコミで聞いていた。その昔(とはいってもカメハメハの時代まではいかない。)十数年前に始めて行ったときは”アラモアナの裏のケンタッキーの隣りの焼き肉屋”といえば、完全楽勝に誰でもわかったが、いつの日にか突然の引越し。その姿を消す事、数年。(実は火事で全焼してしまい引越ししていた。)そして、数年前に引っ越した先がわかり”涙の御対面 ”なんて、タイソウなもんじゃないが、とにかくハワイ的な美味しさがここにある。

ハワイ焼肉事情。日本語の韓国イントネーション英語風味。 韓国オバさんは"カァルビーヒィチィニンマエネェーーチュセヨ"

例えば前回、乱入した時の注文は・・・・・カルビ1人前、ミノ1人前、ロース1人前、タン1人前・・・・と、平均的焼き肉のオーダー方法、唯一注意点は店員(推測するに完全同族経営、お父さん、お母さん、親戚のオバさん、娘さん・・)だが、ハワイにアリガチな日本語の韓国イントネーション英語風味。カルビ一人前をチャンといわないと、目の前はカルビの山盛となる。韓国オバさんは”カァルビーヒィチニンマエネェーー”とよく聞けば言っているではないか。7人前のカルビは恐ろしい。そして、ここのスゴイ”超アメリカ的”なのは、注文した肉類(カルビもミノもタンもロースも骨付きカルビも何もかも・・・)がナント、ヒト盛りでくるのだ。”ションナァバァッカナァァ”と韓国風に驚き、そして、客の都合も構わずイッキにそれをつまんで焼き始めてしまう。焼いてるうちに、”どうも、これはミノだぁ、タンじゃないか・・・”とわかる始末。自分たちの食いたいスピードなんてかまっちゃいない。しかも量は曝量!!!。推測するに、同じカルビでも一人前は西麻布の某有名店の3.25倍(当社調査部データ)。”楽しく安く美味きゃいいじゃねっか”という店です。また、韓国お好み焼きのチジミは抜群です。肉は注文されてから切り始め、ごま油、塩、胡椒のシンプルなタレで味付け。値段はメニューに一応書いてありますが、適当に計算しているとしか思えません。大体、飲んで食って一人、25~30ドル程度の良心価格です。(時々ボルから気をつけてね・・・・。)オマケに付いてくるキムチ類は相当に美味しい。水キムチは絶品だゾ。

  • 636 Sheridan St,Honolulu,Hawaii 96814
  • TEL 591-1827 / 591-1025
  • 営業時間 11:00~1:00 無休
  • アラモアナショッピングセンター、裏側を背にしてまっすぐ、タワーレコードを右にみて左折、突き当たりを左折した右側に数件、お店がならんでいる一軒。焼き肉屋が他にもあるのでご注意。始めての人はタクシーが賢明、タクシー運転手は知っています。