「エルメス」タグアーカイブ

エルメスの旅用の小物入れ”Videpoche”

ある旅の雑誌を見ていた。すると旅好きな有名人が紹介されていて、その人のカバンの中身が紹介されていた。だいたい旅慣れた人というのは、無駄が完全にそぎ落とされて、選びに選ばれたモノを持っているものだ。逆に言うならば、無駄なモノなど一つも無いのが旅人。だからどちらかと言うと一般的なブランド品などとは無縁と考える。確かにそんな方々の推薦の一品を使ってみると『ナルホドっ!』と思うのだ。今回、紹介されていたのは、なんとフランスはエルメスの小物入れ《”Videpoche”/ヴィドポーシェ》だ。四隅のスナップをとめるとトレイ状になる。外せばグルグルっと小さくなる。旅先で、そこに財布、指輪、携帯電話、小銭、カードなどなどポケットの中のモノを置くのだ。何故、エルメスを推薦したのかはわからない。どうしても体験したくて、先日、ハワイで頑張って購入して試してるけど、なんだか豊かな感じが満点のグッズなのは間違い無し。味気ないホテルの部屋の格が上がるのも事実。(笑) バラバラと貴重品を置くよりズッとお洒落ですよ。 ・・・買って良かった!

エルメスの旅用の小物入れ"Videpoche" エルメスの旅用の小物入れ"Videpoche"

エルメス ”Videpoche”/ヴィドポーシェ アメリカで420ドル(33000円程度)まぁエルメスですから!(笑) 日本では49000円でした。フエルト製で20000円。どうゆう値段設定なんでしょうね!
ついでなので今までに紹介されて使い続けて良いなと思うモノ・・・ “コンパクトな高性能双眼鏡”カメラではなく”生”の景色を見るのだ。これは意外や楽しい一品。  BOSE社の携帯スピーカーはホテルでのリラックス感をグっと上げてくれる。あと、ボクが勧めるのは携帯ラジオ。どこでも意味不明な現地語のラジオ放送で異国情緒バリバリになれる。そして日本手ぬぐい、ビーチサンダル(なんと兼高かおるさんのオススメ、ホテルのスリッパとして何かと便利なんです。)

マイ・ファースト エルメス

雑誌ブルータスのモノの特集だったと記憶する。様々な一流品を知る、業界の人々が、その人生の散財歴(無駄遣い)を語り、失敗した買い物、成功した買い物を紹介する特集があった。さすがにそんな一流の方々が推薦するものが流石なモノばかり・・バーバリーの数十年着たレインコート、マッキントッシュのコート、モンブランの万年筆、ルイ・ビトンのスーツケース、・・・名品と言われる物は、使うほどにサスガと唸らせる物がある。 その中でモノにウルサい“かまやつひろし氏”が最高の買い物だったと言い切るモノ、それがこのエルメスのウォッチキヤップだったのだ。 若い頃、氏が六本木でバーバリーのステンカラーコートを来てブリティッシュグリーンのミニカントリーマンに乗り込む姿を見て強烈に印象に残っていた。 あんなにカッコいい、モノにこだわるムッシュかまやつ氏の“最高”と言ったモノを買ってみようと思った。実はコレがボクのファースト・エルメス! 今だにブランド品というカテゴリーのモノには興味が無いが、コレは別だった。しかし買ってかぶると、お世辞にも似合うとは思えなかったし、なんだかゴワついていて大好きにはなれなかった。年に数回はかぶり、そんなうちに5?6年が経過して、カシミアもだんだん馴染んで来てつぶれて来て、不思議なモノでかなりお気に入りに化して来たのだよ。とても被った写真は載せられないけど・・・
エルメスのウォッチキャップ HERMES 4万円位

マイ・ファースト エルメス マイ・ファースト エルメス

漬物容器とエルメスのケリーバッグ。

9月3日、沼津で迎える朝は、いつもたっぷり睡眠がとれて快調なのだ。(東京の家は近所の犬とカラスがうるさいし、下田は贅沢な話しだが波の音がうるさい。)朝起きて準備して。子供を学校に出して奥さんと二人で東京へ向った。今日はAM主催のダイヤモンド・パーティーが11時から恵比寿のウエスティンホテルで開催されるだ。アーティストリー・ガラという主旨のパティーで、とても楽しい時間となった。軽いカクテルパーティーがあり歓談。そして席に移動してショーが行われガイジン男性モデルがセクシーなダンスというかウォークをしていた。そしてビューティーエキスパート(美容研究家)の大高ヒロユキさんが登場してトークセッションが行われて盛りあがった。(このヒトが登場するって結構すごい事。)その後の食事も素晴らしく美味しいが量に難ありだったなあ。まるで小鳥のゴハンの量だった。2時過ぎに終了して、その後はホテルから近所の恵比寿のスノーボードウェアーのキムジー(リスペクト)に冬の新作を見に行った。そしてまた正人班と合流して恵比寿から有楽町・銀座方面に行って時間つぶしのウインドーショッピング。ボクは雑貨屋サザビーで散々迷ったあげく漬物容器(卓上簡易ガラス製漬物製作機)を購入。なかなかデザインが素敵だし野菜マニアには魅力的の製品だ。(なのに迷った・・。)そしてブラブラと一昨年出来たエルメス本店ビルを見学。ここで京都チーム(岡里栄子、戸川夫妻)と待ち合せをしているのだ。そして皆でバッグコーナーをチェックしたらなんと在庫があることがまず無いバーキン(※1)が売っているではないか。それも綺麗なエルメスオレンジ。これはチャンスとばかりに戸川夫人に皆でオススメしまくりの結果4分25秒で決断して御購入(”御”の字が付く価格・・・)半衝動的に80万円のカバンを購入するのを目前にしてオレはショックだった。明らかに戸川夫妻は金が唸っている。それも彼女の右手には色違いのバーキンがすでにあるのだぞ。ボクはサザビーで買った漬物容器を考えて考えて買ったのに・・・。その後は皆でディナーだ。ランチも軽かったので早めに乱入したのは月島のスペイン・クラブ(相当にカッコいいスペイン料理店)で戸川夫妻、渡辺正人氏、岡里栄子、波田夫妻の6人で食事をしたが本当にステキな空気だった。話題は色々たわいもないものばかりだったが、岡里栄子ちゃんが薦めてくれた”ガラクタ捨てると自分が見える”(小学館文庫)の話しが面白かった。彼女は家の徹底的な大掃除をしてガラクタ(一年以上開けていない戸棚にあるモノ)を捨てまくり気分が一新して良いオーラが入りまくっているという話しだった。なんとなくわかるような気がして興味津々。そして深夜までワインを飲みまくった。素敵な店で料理も雰囲気も素敵だったが値段も素敵だったナァ。タクシーで帰って就寝。(そしてなんと翌朝6時にイキナリ起床してゴミを捨てまくり午前中だけで20個のゴミ袋(75リッター)を出した。気分壮快じゃあ)
※―1  個人的な超偏見だがエルメスのバッグは高すぎる・・・オレは一種の霊感商法にしか思えない。だってどうしてみんな取り付かれたみたいに、たかが牛皮のハンドバックに80万円だぁ100万円だぁ出すの!!???。理解不能だ。それで電車に乗ったら駄目だろう・・・。