「カン」タグアーカイブ

ORITZ の缶!

この缶詰のデザインがやたらに好きなんですよ。このメーカーが有名何だか無名なんだか、いまだに良くわからないんですけど様々な魚系の缶詰を製作しるメーカーだと思います。ボクは実は知る人ぞ知る、知らない人は知らない(笑)オイルサーディンの缶詰の世界的コレクターなのですが、そんなモノを集めている時にフランス、イギリス辺りで見たのがこのORITZの缶。小さいのは当然に買ってたけれど、こんなに大きな業務用の缶なんて買って帰るのには重すぎるし、旅先で食うにはデカすぎる。なのでアキラメていたんです。それに中がツナだかサーディンだかもわからない。万が一、アンチョビとかだったら死ぬだろ。
そして先日、パリのクリニャンクールという蚤の市が開催されている場所に行った時に小さな可愛いおレストランの店先に飾ってあったのがカラのORITZの缶。早々に店主に必死でお願いしたらアッサリと『あげるよ!!』との答え。超嬉しくて、そんなにお腹は空いていなかったけれど昼間っからワインとオツマミで小宴会させてもらいました。それはそれは嬉しい飾り物です。間違い無く、この時のヨーロッパツアーに最大の戦利品となりました。 かわいいでしょ!!!!
ORITZの缶 無料!!オレ以外にはただの無用の品かと思われる。

ORITZ の缶! ORITZ の缶!

オイルサーディンのコレクション!

実は何を隠そう、私 波田ケージローはオイルサーディンの缶のコレクターでは世界ナンバー1である。(ちなみに何回も“オイルサーディンCANコレクター”と検索をかけてもナニもヒットしないので波田は世界で唯一と認定した。) こんなモノをわざわざ集める人間なんて世界中にそうはいないとも思う。(笑) 実はコレはナンバー56ですでに紹介しているのだが、はれてコレクションは完成!! 新居にオーダーメイドで額縁を作り、集めた約世界30カ国、そして250個の中から厳選して選んだ約120個が飾られることになった。まさに晴れ舞台!! これをイメージしていたのです。全てを並べてみると、それぞれお国柄も違っていてデザインに反映されていて楽しいのです。一同にならべて波田は感無量~~長かったし重かった。そして一生分のサーディンを食べました。めでたし!めでたし!!

オイルサーディンのコレクション! オイルサーディンのコレクション! オイルサーディンのコレクション! オイルサーディンのコレクション!

缶のコレクション(ティンカンコレクション

様々な収集癖があるけど、古い缶類はたまらなく好きです。 正しい生産年式とか、なんのメーカーの何が中身だったかなんてあまり興味の対象でないのですが。 興味があるのはただひとすらにデザインが好きか否か! だいたい50年代から70年代のベタな当時のモダン・デザインが大好きです。これらはイギリスのアンティークマーケットで一つ一つを持ち主と交渉して購入した品々・・・なんだか好きなんですよ!!イギリスのデザインって少しアメリカン とは違うんです・・・たまらん。

缶のコレクション(ティンカンコレクション