「キッチン5」タグアーカイブ

謎だらけ・・・麻布のキッチン5で”くせ者勝負”。

世に中には不思議な空気を漂わせた人がいる。 元々の生まれつきからそんな空気を持ち合わせている人もいるが、多くは、その人の行ってきた行動とか思考方法、趣味、趣向などによって顔つき、容姿、そして素振り、態度などに出てくるのではないであろうか。 年齢を重ねるごとに、どんどんとそんな影響を見ることが出来る。30歳からの顔は自分で作るというではないか。 見るからにサラリーマン、見るからに所帯じみた主婦、みるからに農協旅行のオッサン、見るからに・・・なんてつまらない。(ごめんなさい!ケンカは売ってません。この後をよく読んでね!) やはり外見とかもし出す空気は”怪しき○○○””謎の○○○””二面性を持った○○○”なんて素敵だ。”生活の香りの無い妖艶な主婦””世界を庭にする遊び人”・・・・・とにかく不思議感を持つ人間に憧れてしまうのはオレだけの偏見であろうか。 さて、今回、ご紹介の店(いや店主)は不思議度数がハイクラスに属する。 当然に店もでもある。

謎だらけ・・・麻布のキッチン5で"くせ者勝負"。

店は麻布の裏通りなのだが、外観からすると何料理の店だかは全く推測がつかない。 キッチンファイブという店名にも、それらしきヒントは無くて、 “キッチン”などという名称には店のコンセプトとは全く関係の無い空気。(50メートル圏内に”キッチン”というベトナム料理屋があって少々ややこしい!) 店内に入り座ると、メニューなどない。キッチンと言えば洋風定食屋でコロッケ定食、アジフライ定食・・・なんて波田の思い込み。ここは常連でなければ入りにくい空気が漂う。 そこにいるのは、妖艶で黒髪の外人好みの女店主。 波田探偵事務所の調査では元、いや現役のフラメンコダンサー。 そしてそんな不思議感いっぱいの女主人は感情的なカテゴリー分けをすると、”怒っている”・・・いつもだ。 真剣さの表れだとおもうが、なんだか怒っていて、イラっとしたカンジを読み取れる。従って弱気でカウンターに座ると、完全に負ける。敗北・・・! でもそんな不機嫌そうな女主人が、時々、笑ってくれると嬉しくなってしまう。 “うわぁ!笑ってくれたぁ!!”なんて興奮してしまう始末だ。(波田は、どこの店でもだいたいがカウンターに座って店主なりとは仲良くなれるが、この店の店主は波田には興味を示さないどころか記憶メモリーにも全く残っていないようだ。もう5回も通ったが、前にいらっしゃいましたよね・・・な空気はゼロ) さて、この店の肝心の料理だが、スペイン+ギリシャ+トルコ+中東+レバノン+フランス田舎+地中海+チュニジアそして南米はブラジル・・・・・かなぁ。聞く所によると年に二回、数ヶ月は店をしめて、そっち方面に”食”の探求の旅に出ている。事実1月初旬に予約を取ろうとしたら下旬まで海外だと留守番電話にメッセージが・・・従って様々な国の料理に影響されているのだと察する。

謎だらけ・・・麻布のキッチン5で"くせ者勝負"。

席に着くと、最初にカウンターに置いてある本日の料理を全て説明してくれるのだが、聞いたことが無い名前のオンパレードだ。 南イタリアとかスペインに行くと街角にバールという名前の居酒屋があって、立ち飲みで軽いおつまみ(ピンチョス)がカウンターに作られていて、選んで飲んで食べる・・・・みたいな店があるが、料理的にはそんな感じで前菜は殆んど作り置きしてあって、そのまま皿に取り分けて出される。その美しい料理には目をみはる。メインも5~6種類あるが、どれも美しく、それらは加熱して出されるのだ。ワインとそれらの料理の相性は抜群。あと20回位通ったら、少しは顔も覚えてくれて居心地が良くなるかもしれないナァ・・・・なんて思いつつ、怪しい地中海沿岸の町で食事しているような錯覚に陥る店でした。  (元フラメンコダンサーとか怒っているという表現は波田の勝手な推測です。最初から謝罪しときます。ただでさえ顔を覚えてくれないのに嫌われたくないからなぁ・・・)

  • キッチン5 (キッチンファイブ) 東京都港区西麻布4-2-15 電話 03-3409-8835
  • 営業時間 18:00?22:30 定休日は日曜、月曜、祝日 そして年二回は長期休暇
  • http://www.kitchen5.jp/
  • 勝手な事を散々書いてしまいましたが、店主の小林優子さんは様々な雑誌などで食や旅のエッセイを書いています。このホームページでその素敵な人生も垣間見ることが出来ます。