「スノーボードツアー」タグアーカイブ

19数年間、ありがとう!

2018年1月15日
今の10代に言わせれば“千年代の出来事”だ。
スノーボードを始めたのが30代の後半
(ヤバっ、俺はもう20数年のキャリア)
そして恒例の今年もスノーボードツアーを開催した。
今回で記念すべき第19回目だ。
1999年が第一回目と記憶している。
わぉ!20世紀から続いているイベントだったのだ。
多いときは120人、少ないときは6人と激しいバラツキもあったけれど、
続けて本当に楽しいことばかりだった。
宿泊はずっと留寿都高原のルスツ・リゾート、
現在は身売りされてウェスティンホテルになったけれど、
とにかく何故かこだわりがあってずっとここで開催して来た。
ここのゲレンデは大好きだ。
ニセコやキロロもファンが多いけれど、様々な観点からここが好きだ。

さすがにこれだけの大所帯になると
宴会の企画もかなり苦労した。
近所の大きな居酒屋・丸光は何年も開催させてもらった。
定員70人に120人も入ってむちゃくちゃだったなぁ。
ここは親父が高齢で引退してやむおえなく終わり。
ジンギスカン屋の三幸食堂は定員40人に
70人以上入って盛り上がったが、
やりすぎて改装したばかりの新しい壁に
大きな穴を開けてしまって出禁(出入り禁止)へ。
ホテルも宴会場を用意してくれたけれど、どうも違う。
カズちゃん食堂も気前よくやってくれていたけれど、
代替わり(親から子へ)でガッカリなお店に降格。
ローカルの友達も散々、力を貸してくれ探してくれた。
喜茂別のホテルや居酒屋さんなど感謝している。
だけれどどこか一体化出来なかった。
そう、このツアーで最も大切なことは一体化なのだ。

最終回の今回も20代、30代、40代、50代と
幅広い年齢層、そして地域、
職業だったけれど完全な一体化!
これが楽しいんだねぇ。
ケンシロウが言ってたけれど、
サーフィンは行きと帰りの車の中は一緒だけれど、
海に入ったら別々、
そして一本の波に一人が鉄則だから意外に一体化はしない。
だけれどスノボーは一緒に行って
一緒のゲレンデを滑って
一緒のリフトやゴンドラと
ずっと一緒なので一体化できると。
確かにそうだ!

俺が主催者を止めるのは引退ではなくて代替わり。
これからは麻美andケンシロウに主催はしてもらって
参加者として加わります。
もちろんまだまだ滑りたいしね。
もっと上手になりたいと思う今日この頃です。

 

とにかく一度でも参加してくれた皆さん、ありがとう!

 

麻美andふたばチャンが
過去のホームページから抜粋して
スノボーツアーのアルバムを作ってくれた。
これが本当に懐かしい写真が一度に見れて嬉しかった。

 

今年も“オバカ”100連発!

2016年1月11日
今年も恒例のスノーボードツアーがあった。
たぶん毎年、この季節のホームページのニュースには、このネタを書いていると思う。
だってコレくらい、オレにとっても重要な(?)
年中行事的なイベントは他には無いのだ。
そして毎年、感動の気分の中でコレを書いている。
こんな事、言ったら相当に語弊があるけれど、
だいたい“横乗り系スポーツ”
(サーフィン、スノーボード、スケボー・・)
をしている人々はブッ飛んでいる系が多い。
今回もそんなスノボーを愛する65人
(70%が20代、26%が30代、
3%が40代、そして唯一、オレでその2%を占める!)

このツアーは記憶では15年以上、
続く、いまや“伝統”のツアーなのだ。

 

1

 

初日は朝イチの6時30分のフライトで千歳へ。
今年は日本全国で雪不足な為、本州以南のスキー場は壊滅状態。逆に雪のある北海道は大人気らしく大混雑。
そして昨今のオセアニア地区
(オーストラリア、ニュージーランド)台湾、
そしてカナダの富裕層に北海道のスキーリゾートが大ウケらしく大混雑。
(観光業が栄える事は悪いことではないので混むのも我慢。)
昼前にはルスツスキー場に到着。
宿泊のホテルはウエスティンリゾート。
(昨年まではルスツリゾートだったが何故か外資系のウエスティンが買った。おかげでタオルが上等になった代わりに値段が高くなった。)
午後からそれぞれゲレンデへ。
65人がグループごとに散るが広過ぎて仲間と会うなんて事は稀!
夜は近所の居酒屋カズちゃんを貸切にして宴会。
これもかなりハードで定員30人に対して50人以上が入ってムチャクチャ。

2日目は全員、それぞれ早起き。
本当は高級ホテルでスノーリゾートなんてゆっくりするべきだろうけれど、早朝から攻めまくり。
ルスツはゲレンデが本当に整備されているので、
ピステンバーン(圧雪車で整備された真っ平らなゲレンデ)
をカッ飛ぶのが本当に楽しいのだ。
そして散々午前中で滑り、全エネルギーを使い切って午後はゆったりと言うのがお気に入りの時間だ。
この日の夜は倶知安なるローカル街の小さなホテルの宴会場での宴。
(ここに至るまでには長いお話がある。(笑))
楽しい時間だった。

 

2

 

3日目は最終日。
この朝イチに命をかけていた。
麻美、カミとはスノボー友達。
元プロボーダーだけあって滑りっぷりはハンパない。
その二人に着いて行くだけで、オレは毎年必死だ。
普段の運動も全てこの為かもしれない。
今回もそのメンツで先回り作戦でルスツでも最も長いコースのイゾラを目指した。
そしてそこには神がいた。
天気は長期で曇天と出ていたのに・・・・晴れた!
ドッカーンと太陽が出て、遠くは羊蹄山までクッキリと見えた! そこを滑る快感は滑った者にしかわからないだろうなぁ〜〜昇天したよ。

帰りの千歳空港で何を食うかは毎年、意見の分かれるところ。
今年は立ち食い寿司屋で軽く5カンを食べて、ラーメン屋街に行った。
そして4人で二つのラーメンをシェア。
それを2軒を廻った。
結局、食べたラーメンの種類は7種類(2軒)
これ仲良し仲間でなかったら絶対に出来ないでしょ!!
楽しかったぁ。
今回も様々なハプニングがあったけれども、大成功!
素晴らしい時間になった。
こんなツアーは一生、来続けたいと痛感する。
その為にも日々の鍛錬なのだ。
あそこが痛い、調子が悪いなんて言うのは絶対にイヤだから!

 

3

 

4