「スリランカ」タグアーカイブ

巨匠の気分でカレーはいかが?!

ジェフリーバワという崇高な建築家がいた。
バワは南国建築家として多くの名作をスリランカをはじめバリ島やインド、そして世界中でも特に南国に数多くの作品を残している。
よく思い描く南国スタイルの建築物と言えば、氏の影響やコピーと思って間違いないと言われる程に、多くの名デザインを残している。

氏のデザインは土地がもつ自然の美しさ、歴史、文化を最大限に引き出し、内と外、人間と自然の境界線を取り払うことがテーマ。
彼の手掛けた空間は、佇んでいるだけで本当に心地いい。
プールの先がいきなりストンと切れて見えて、そのまま海と一体化して見える様なインフィニティープールなる手法も氏の代表的なスタイルの一つだ。

DSC00680

氏は1919年にオランダ人の母親とスリランカ人の父親の間で生まれた。
セイロンと呼ばれた時代に19才からイギリスのケンブリッジに留学をしていて英文学を学んだ後に法学を学び、弁護士に。
裕福な家庭で仕事をする理由もなく、イタリアではビィラを購入して生活。
と言う事で相当な美意識の高さであったことは想像がつく。
20代の後半でセイロンの戻ることになり、その時にセイロンに大きな敷地を購入して自分で建築図面を引こうと思ったが知識が無さ過ぎを感じて製作が出来ない。
そこから再度、イギリスに渡って基礎から建築を学んで、実際に建築家デビューをしたのが38才と言う、かなりの遅咲き。

DSC00609

そしてルヌガンガ(塩の川と言う意味)という場所に少し高台でペンドータ川を望む事ができる24エーカーの土地を購入して、そこに楽園を作る事を決め、生涯に渡りそこの地に様々な個人的な建築物やギャラリー、ゲストハウス、ステューディオ、夕焼けを見る場所、当然に農園や水田までをデザインして11人の専任ガーデナー(庭師)もいたそうだ。そして43年間もかけて作っていったのが氏の桃源郷“ルヌガンガ”なるバワの別荘なのだ。

DSC00716

さてそこで氏はどんな生活をしていたのであろうか。
スリランカ人が愛する食・・・カレーに違いない。
なんとこのビィラでは予約をするとランチを用意してくれるのだ。
ここのカレーは美味しいスリランカのカレーの中でもトビきりな美味さだった。
その作り方も極めて丁寧で、とても満足のいくものであった。

このランチをしている場所の庭から続くベントータ川の光景からバワはインフィニティープールのアイデアを思いついたと言う事だ。
(その川にはホンドゥアネイチャーランドなる名称の“島”も付いていた。)
そんな思いを馳せながらバワが食事した同じ場所でお食事が出来るなんてなんて幸せなことでしょ。

ランチコースはコーンスープ(格別に美味かった)からスタート。
レッドライス(ローカルライス)、ビーツ、バナナ唐揚げ、そしてここから6種類のカレーが続く。
ブラウンチキンカレー、パイナップルカレー、海老のカレー、キューカンバーモージョー(スリランカ風やや甘め野菜の酢豚。
(オニオン、キャプシコ(唐辛子)キャロット、ナス、マンゴーチャツネ、ダルカレー(スリランカの定番中の定番で朝から出てくる。)インゲン豆カレー(ゴトコラなる薬草とココナッツパパダ)と11種類の料理が続いた。それはそれは美しく素晴らしいランチとなった。

DSC00691

そしてこの屋敷のツアー、ランチを含めて30ドル。
これはお得感イッパイ。
ハウスツアーも我々だけの為の時間だった。
アナタもルヌガンガで巨匠・建築家の気分を味わってみたら!!

DSC00669

Lunuganga ルヌガンガ

Dedduwa Lake,Bentota、SLIRANKA

℡+94-91-4287056

http://lunuganga.com

入場料1250Rs ランチ 3000Rs(入場料込) 要予約

宿泊も可能(全6室)

 

※ちなみにここルヌガンガはゲストルームが一般にお泊まり出来る様になっている。
それぞれが趣向をこらした部屋なのでそれも楽しいかと思う。
(宿泊には食事も付いている。)全6室

※現在はバワの財団になっていて、様々な収益でこのルヌガンガも維持管理されていると聞く。
素晴らしいことです。

 

※場所はバワの作品であるAHUNGALLA / HERITANCE AHUNGALLA HOTELからクルマで小一時間。
相当に山奥で複雑な道であった。

DSC00629

旅 スリランカ

スリランカ 覚書!

テキトーに楽しもうと思っていたスリランカ。
あまりに深く、あまりに感動なのでまちがいなく今回が下見になると。
結局、深い文化と歴史がある場所は何度来ても楽しいに違いない。
【1日目】 06月07日(日)
スリランカ航空 UL455 ビジネスクラス(ちなみにエコノミー12万円、ビジネス25万円)
13:20 NRT 成田 (ターミナル2)
19:10 CMB コロンボ 
所要時間: 9時間20分
《ひたすらに映画見まくり!
空港到着後、英語ドライバーHenry氏にピックアップしてもらってホテルへ。
ホテルは空港から30分のジェットウイング。
ここもバワの作品で最近リノベしたホテル。
巨大なプールが印象的。》
NEGOMBO / JETWING LAGOON
PAMUNUGAMA ROAD, TALHENA NEGOMBO 11500 SRI LANKA
1泊 朝食付き DXルーム1室
スリランカ①
—————-
【2日目】06月08日(月)
朝食後、チェックアウト。
ホテルに9:00お迎え。
一路ダンブッラへ。(150キロ、3時間半)
《カンダラマのバワの名作ホテルは長さ1キロの巨石と密林の中をぬって建てられた素晴らしいホテル。
築20数年だけどヤレ感が素晴らしい。
自然との一体感が芸術的!》
《チェックインして少し和んでから、夕方にシギリヤロックへ(25キロ、30分位) 涼しく・すいている時間帯にシギリヤロック観光が正解っ!
日中に登ったら即死する。》
DAMBULLA / HERITANCE KANDALAMA
KANDALAMA LAKE FRONT DAMBULLA SRI LANKA
1泊 食事なしスーペリアルーム1室
スリランカ②スリランカ③
—————-
【3日目】06月09日(火)
ダンブッラの寺院(世界遺産)を見てから、キャンディーへ移動。(100キロ2時間半)
《ランチは朝飯時にビュッフェで作ったサンドイッチ。
キャンディの山の中のホテルは公共交通機関なんて絶対無し。
少し高地なせいか湿気もなくとてもRelax  Enjoy!
プールサイドで昼寝。
メシは選択の余地なくホテルでアラカルト》
KANDY / TREE OF LIFE NATURE RESORT
YAHALATENNA KANDY 2000 SRI LANKA
2泊 朝食付き DXルーム1室
スリランカ④
—————-
【4日目】06月10日(水)
アーユルヴェーダ体験。
《実際の本気なアユールベーダは3泊とか一週間らしい。
今回はそこまでは無理なので体験アユールベーダ。
ドクターの問診を受けてオイルマッサージにヘッドスパ。
食事も様々な制限(その人に必要ななモノだけの食べ物)らしい。
いつか体験したい。》
【5日目】06月11日(木)
朝食後、9:00  チェックアウトしてお迎え。
一路、アフンガッラへ移動。(230キロ、4時間)
《建築家バワの処女作。
晴天だったけど海はかなり荒れてた。
プールサイドで和む。》
AHUNGALLA / HERITANCE AHUNGALLA
GALLE ROAD, AHUNGALLA BEACH, BENTOTA, SRI LANKA
2泊 朝食付き DXルーム1室
—————
【6日目】06月12日(金)
ルヌガンガのランチツアーに参加。
《熱帯建築家の第一人者らしいスリランカ人ジェフリーバワの理想郷は”ルヌガンガ  なる24エーカーの大庭園。
そこに様々なスタイルの庭園、ゲストハウス、ストゥーディオ、ギャラリー、そして自邸(別荘)を43年間かけて作った大人の城。
ルヌガンガは塩の川という意味で、その川沿いの素晴らしい展望の良い丘の上に母屋が建っている。
丘から水に向かってドロップする景色から世界のリゾートホテルが取り入れたインフィニティプールのアイデアになったそうだ。
(プールからいきなり海面が続く様に錯覚する、プールのフチが無いように見えるデザイン。)
是非、予約入れて訪れてね。
ランチ付きコースが超オススメです。
お一人11品のカレーなどで25ドル程度。
親切なガイド付き。
最高でした!
ちなみにここに宿泊出来ます。
本宅からグラスルームなど確か6部屋。
巨大な本宅で2万円チョイと言ってた。
例えばこんな場所に泊まるならば尚更にドライバー&クルマの確保が必須》
《ここも選択の余地なくホテルのビュッフェ》
スリランカ⑤
—————
【7日目】06月13日(土)
朝食後、8:00にチェックアウト。
一路、ゴールへ移動。
(40キロ、1時間)
《マドゥのリバーツアーに突如参加!これ熱帯雨林って感じのマングローブ林から広大な景色の川を登るんだけど、かなりダイナミックな景色で満足。
一人3.000R》
《ジェットウイングライトハウスは素晴らしいホテルだ。
唸るデザインがいっぱい!
都会では考えられない真のリゾート建築物。
サービスはマァマァ。
安いんだから文句言うなっ!
食事も三食、抜群だった。》
《夕方になって涼しくなってから世界遺産 GALLE/ゴールの街を散策。
トゥクトゥク乗ってブラブラ。
カワイイ雑貨屋さん、小さなホテル、BARなど旧市街に発見。
素晴らしい街。
アマンも出来てました。》
GALLE / JETWING LIGHTHOUSE
DADELLA GALLE, GALLE, SRI LANKA
1泊 朝食付き DXルーム1室
《AHUNGALLA / HERITANCE AHUNGALLAに二泊してGALLE / JETWING LIGHTHOUSEが一泊になったけど、同じ時間ならば逆がいい!
ゴールのジェットウイングは素晴らしかった。
ただ全てのホテルにに最上なサービスは求め無い事。他の国のリゾートから比較したら値段も数段に安いのだから納得いきます。
人々がスレてないから気持ちはいいですよ!》
スリランカ⑥
—————-
【8日目/最終日】06月14日(日)
コロンボ市内の建築家バワの自宅兼お仕事部屋のNumber11 見学ツアーに行く予定を変更。
日曜日はツアーは朝の10:00しかなくすると早朝にGALLEを出なくてはいけない。
そして深夜のフライトまでコロンボの街で時間を持て余すのは必至。
なので中止して次回の宿題。
11:00にコロンボに向けて出発。》
《コロンボの町は想像以上に美しかった。
アジア的なクチャグチャ感が少なかった。
カフェも雑貨屋さんもいい感じ。
ただ巨大なホテルがニョキニョキ作られてた。
ここも変わっちゃうのかなぁ? 
スリランカ航空 UL454
23:30 CMB コロンボ 
《今回分かった事。
スリランカの移動のアシがかなりキモ!
いろいろ回るならばトータルでクルマの手配が楽で正解と結論!
一番長い移動だったキャンディからアフンガッラまで約5時間。
多分、セパレートでクルマを手配したらそれだけでも相当に高くつくかと。
今回のトータル8日間で8万円、多分、走行は1.500キロ近く。
普通、ドライバーとガイドは別なのにヘンリーは両方、お見事に親切、丁寧にやってくれた。
決してキレイな英語では無いけれど意思の疎通は出来ます。
ヘンリー(ちょっと日本語、英語のドライバー)
henrypallewela10@gmail.com
直接もお願い出来ます。》
—————
0615()
11:50 NRT 成田空港
所要:  8時間50
スリランカ⑦JPG スリランカ⑧

建築家ジェフリーバワを訪ねて!

2015年6月7日   旅には目的があると面白さが増すのは事実だ。
同じ場所に行くのでも目的があるとグッと変わる。
アートにどっぷりハマりにニューヨークへ、古代遺跡を見学にアンコールワットへ、美食を極めにスペインのサンセバスチャンへ、サッカー観戦しにブラジルへ、ガーデンショーを見にロンドンへ、サーフィンをしにロンボク島へ、その目的は何でもいいわけ。結局、行くならば文化や歴史がある場所が楽しいに決まってる。
実はこのスリランカ(昔の名前はセイロン)は完全にスルーしてた。
ただのサーフポイント、インドの斜め下、紅茶の産地程度の知識。
ついこの間まで内戦とかあったしね。
津波もあった! そんな程度。

でも意識し始めると不思議で様々な事柄か目に耳に入り込んでくる
特に建築家ジェフリーバワは調べるほどに興味を持つようになった
なにせ別名は南国建築家。
その土地で何かを建てるならば、その土地の気候、地質、様々な地元しかわからない事が絡むから地元の人間を使うのは王道

そんなジェフリーバワの作ってきたリゾート建築法は世界中で真似され、どんどんと手法は広がっていった。
氏はものすごい美形にしてボンボンで若かりし頃からケンブリッジに留学。
良いものを沢山、見てたんでしょうね。
20代後半まで世界中でぶらぶら。
法律科だったのに20代の後半から建築に目覚めて実際、建築家デビューは38歳。
相当に遅咲きだけど、作った作品が本当にスゴい。
そんなバワの作った建築物を見るのもスリランカの目的の一つ。
スリランカ5

ホテル(ジェットウイング&ヘリタンスリゾート)のそれぞれ二つ、どれも強烈にスゴかった。
スリランン4
今回はバワが46年間かけて作り上げた理想郷ヌルガンヌも観れたして大満足。
神々は細部に宿ると言っだのは建築家・ミースファンテルローエだけど、バワの作品に生で触れて泊まったら、本当の神々が宿っていそうな細部が見えてきた。
せっかくのリゾートだから何もしないのも良いけれど、こうやって目的を持って、そこでリゾートでホテルホッピングってのも実にオススメだ。

俺はホテルのメシ=不味い! と決めつけてたけど、、ここはメシも美味しい。
手の抜かれていないスリランカの料理ばかりであった。
スリランカ2
北海道の一回り小さなサイズのスリランカ。
69.7%が  ブッティスト(仏教徒)12.7%  キリスト教(カソリック)そして7.5 %   ヒンドゥー(残りはその他)と言う真面目な人々。
世界遺産も6つ、周りは素晴らしいインド洋、そして緑深い山々。
メシはもちろん美味しいし安い。
日本からたったの9時間の楽園!
ハワイも良いけれど、少し逆方向に飛んだらハワイより少しは不自由だけど、確実に異次元体験の出来るスリランカは本当にオススメです。
スリランカ3

旅の行程表&メモを旅レポートに作っておきます。
スリランカ1
僕のリマインダーにもなってます。
夢リストに追加いかがですか?

追伸

今回は8日間あったけどサーフィンのチャンスは残念ながら無かった。
それ以上に魅力的なアクティビティー出会った事と実際、海はものすごい荒れ模様。諦めつきました。(笑)