「ソバ」タグアーカイブ

ネットの勝利か! 八ヶ岳の麓の蕎麦屋“いち”

世の中はインターネットの時代なのだと痛感した。長野に向かう途中で美味い蕎麦を食いたいと思いネットで検索。(実際にはiPhoneのSiriに話しかけた。『近所の美味しいお蕎麦屋さんを教えて?』と・・)そして、検索で出てきたのがこの蕎麦屋。iPhoneの地図&ナビを使ってその店に向かう。

ネットの勝利か! 八ヶ岳の麓の蕎麦屋“いち”

ナビはとんでもない農道を走る様に指示。そして角を鋭角にまがりお墓の脇を抜けて7分後に到着したのは看板も出ていないレベルの農家。納屋があって広大な敷地に築年数は2万年位の木造家屋。恐らくは病院か何かだったのか、入り口もかなり個性的。そんな古民家を利用して作られたお蕎麦屋さんがココだ。

ネットの勝利か! 八ヶ岳の麓の蕎麦屋“いち”

入れば、かなり牧歌的な景色が見える大きな部屋。メニューを見れば美味しそうなお蕎麦が!! 早々に注文して食ったけれど本当に美味しかった。 そして二階はなんと見晴らしの良いカフェ。そのカフェが相当にユニークで席数は30席かそれ以上。なのに店員さんは不在。そのシステムは全く新しい。

ネットの勝利か! 八ヶ岳の麓の蕎麦屋“いち”

一階の蕎麦屋のレジでコーヒーまたは紅茶を注文。トレイにコーヒーのサイフォンと、なんとコーヒー豆(ひく前の豆!)、そしてマグカップが渡される。そしてそれを持って二階に上がると小さな机が置いてあり、そこには熱湯が入った魔法瓶。そこから一緒に渡されたヤカンにお湯をいれて、コーヒーミルを使って自分で豆をゴリゴリと。そして引いた豆をサイフォンに入れて熱湯を注ぐ・・・要は自分でコーヒーを入れて飲むのだ。

ネットの勝利か! 八ヶ岳の麓の蕎麦屋“いち”

これが意外や意外、楽しい作業で美味しいのだ。当然にパフォーマンス性も充分。しかし何故、人に入れてもらうコーヒーよりずっと美味しく感じるのでしょ!? とにかく、こんな素晴らしい店を知れて本当に良かった。そしてこんないい店をネット検索で知ったのが新鮮で感動だったなぁ。まぁ、このホームページもネットだけどね。

ネットの勝利か! 八ヶ岳の麓の蕎麦屋“いち”

  • ICHI いち 蕎麦屋 & カフェ
  • 山梨県北杜市高根町箕輪1830 電話0551-47-4173 営業時間11:30から 水曜日定休
  • http://www.ichi-yatsugatake.com/

インターネットよ!ありがとう!! 金沢の真面目で小さな蕎麦屋!

石川県の金沢に出かけていた。聞くところによると、金沢、富山という2県の人々が日本の中での幸福度ランキングが激しく高い地域なのだそうだ。(ちなみにボクは沖縄だと思ったら、沖縄はかなり下のランキング) そんな幸せ感がいっぱいな金沢で蕎麦が食べたくなった。実は蕎麦は毎日でも大丈夫な程に好きなのだ。

インターネットよ!ありがとう!! 金沢の真面目で小さな蕎麦屋!

宿泊していたホテルのコンシェルジェ(なんでも手配をしてくれるサービス)に『美味しい蕎麦屋は何処!?』と聞いてみたら『該当無し!』とのつれない答え・・・ビックリだ。 文化都市・金沢はどうなってるんだ!? という事で登場するのが”ネット検索”だ。早々に検索をしてみたら出てきました! 地図を頼りに歩いて行ってみた。 店構えは・・・オーラは無い、全く無い!笑う程に無い! まぁ、とにかく入店してみたら、なんと食券の自動販売機が!! 不安・・・ とにかく着席して食券を買って待つ! カウンター5席には男性のお客が4人。なにか一体感がある。全員、ニコニコしながら蕎麦が出て来るのを待っている。 聞けば、みなさん県外から来た人々でネットで検索をしたら、ここがヒットしたとの事・・・そんな時代なんですねぇ。

インターネットよ!ありがとう!! 金沢の真面目で小さな蕎麦屋!

そして、待つ事、数分でお蕎麦が出てきた。 その蕎麦、なにかただ者で無い空気! 一口食えばわかる香りのいい蕎麦! 御主人は数種類の塩を用意していて、その塩だけで蕎麦を食す事を勧めたのでトライすると実に香りがたって美味しいのだ。 先程のホテルマンの該当するお店はありませんという言葉・・・鵜呑みにしなくて良かった。 ひとしきりすると店のオヤジが現れて、いやに愛想が良い。色々と質問してみたら、とにかく『ウチはネット様々です!』という。

インターネットよ!ありがとう!! 金沢の真面目で小さな蕎麦屋!

御主人は脱サラでこの店を出したのだが、当然に予算的にもキツくてこの場にだしたのだ。しかし僻地でも、店構えが悪くても、近所の評判が無くても、わかる人がわかる人の為に書き込んだクチコミでちゃんとお客様が来て下さるとの事。立地が決して良い店でもない、そんなお店が、ちゃんとした食事を出す事により、こんなに盛況な店になっているとは素晴らしい事だ。 インターネットバンザイ!!

  • 蕎麦 やまぎし 石川県金沢市此花町3-2  TEL072-232-6060
  • 営業時間 11:30~14:30 定休日 毎週水曜日
  • http://www1.ocn.ne.jp/~sobayama/
  • 蕎麦粉10割 白(普通盛り)700円 大盛り 900円 蕎麦粉10割 田舎(普通盛り)700円 蕎麦粉10割 粗挽き入り 普通盛り 700円

ついに出会った。沖縄の基本。

沖縄は実に深い文化がある。独自の文化、アメリカの影響、台湾、韓国にも近いし、なにより本土の影響も混ざっている。”沖縄ソバ”というものがある。どちらかと言うとそんなに特徴があるモノではなく悪いけど”間抜けな麺類”と位置付けていた。うどんでもなくラーメンでもない。そしてソバでもないような・・・・。やる気があるんだか無いんだかわからない。沖縄人は顔と体毛は濃いのにいったい何やってんだぁぁ。そんな意気地なしな食い物だったのだ。しかし、それは間違い。ここで、沖縄県人に謝罪します。ゴメンナサイ!!こりゃ美味いもんだという事を認識できる店があった。

ついに出会った。沖縄の基本。

今まで出会っていなかっただけのこと。ところが沖縄人(シマンチュー)でもなかなか知らない店だ。”てんTOてん”という店。いったいどんな意味の名前なんだろうか。(聞いてくるの忘れた。)場所は識名という那覇から程近い住宅街の細い路地をはいって2回転位した、2度と行けそうに無い不思議な場所にある。店構えは、とてもデザイン的で素晴らしい。外観は打ちっぱなしのコンクリートの優れたモダンなデザインでそれを蔦(つた)が絡まりまくり、まるで四角い巨大植木というかんじ。御主人は建築家でその奥様が自宅の1階を改築してお店にしたので、とても開放的で誰か友達の家に来たような感覚になる。入った瞬間に”この店当たり!!!”と感じた。そして店は沖縄の本物の味を残したいということで相当なこだわりをもっている。

ついに出会った。沖縄の基本。

昔ながらに木灰の上澄みをこねて作る麺と鰹節と豚等のダシで作る”沖縄そば(何故かスバという)”(600円)と無農薬の古代黒紫米のオニギリ(150円)また、ブクブクー茶という沖縄版カプチーノ。(500円)(ミルクは使っていないがお茶がドドーーンと泡立っている。)など、まさに沖縄の伝統的文化。爽やかな異次元体験です。どこにも本物と偽者があるがコレを食わなきゃ沖縄スバは語れない。御馳走さん。レジ横に売っていた食材も不思議な美味しそうな物が沢山あったゾッ!!。

  • “てんTOてん”(テンツーテン)
  • 営業時間 11:30~16:00 月曜日休業
  • 沖縄県那覇市識名4-5-2  TEL098-853-1060
  • 行き方は店に問い合わせてください。とてもじゃないが説明できない。でも那覇からそんなに遠くないので行ってみる価値大です。